人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ビルの谷間にも秋

f0047623_13233742.jpeg
いつもの道が 秋色を帯び ひときわ美しく見えた!! (一台のアルファロメオのお陰?)


隙間が増えた枝越しに 高層ビルを見上げる
f0047623_13244954.jpeg
必ず時間通りに現れる人との学びの時間も 後二回
この仕事につきものの“別れ”
何回経験しても 慣れることは..............無い


仕事と仕事の隙間に 街を歩く
f0047623_13262355.jpeg

f0047623_13263752.jpeg
高温が続いた年は 草木も疲れを見せている
f0047623_13273949.jpeg
それでも体内時計を合わせ 黄色味を増していこうとする銀杏並木


f0047623_13285744.jpeg
空中庭園の桜は 絶妙な美しさで葉を落とし
次の仕事前に しばし静かなひとときをくれた

今日も様々な環境で頑張っている多国籍の若者たちが待ってくれている

審議不足のまま 見切り発車を強行する国の姿勢に   近い将来出会うであろう人々の処遇に思いが至り 心が痛む


さて!私は私の仕事を頑張ろう


by mother-of-pearl | 2018-11-30 01:23 | 美しいもの | Comments(4)

800 DEGREES neapolitan pizzeria SHINJUKU

f0047623_09373835.jpeg
日本一号店が新宿に開店 と言う朗報を知りつつ
なかなか立ち寄る機会が無いまま 月日が流れた

( ベガスでの過去記事はこちらから

半年に一度の術後検診が アッと言う間に終了
余裕を持って予定した午後の仕事まで 3時間余りもある
f0047623_09414470.jpeg
そうだ!南口に回ろう!!
空き時間にレストランに向かう危険極まりない行動に出た
f0047623_09393672.jpeg
11時開店10分前 既に“女子会”と思しきグループが並んでいた
開店と同時に インテリアに懐かしさを感じる店内に入る

初めまして 新宿店 ようこそ日本へ!!
f0047623_09454795.jpeg
先ず ピザの台を選んだ後 数種類からピザのタイプを決める
1人で一枚平らげる予定の今日は トッピング無しのベーシックで

ラスベガス店とは逆回りながら 好みで選ぶ様々なトッピングのコーナーが懐かしい
あーこれこれ!!と ウキウキする品揃え
f0047623_09541450.jpeg
ピザの焼き上がりを待ちながら 味わうブラッドオレンジジュースが美味しい!
(酸っぱいものは天敵ながら このオレンジは大丈夫)
f0047623_10182249.jpeg
きた!きた!!
いっただきまぁ〜す!!

1人の食事は時に寂しいけれど 蕎麦とピッツァは1人が良い!
おしゃべりなどせずに パクパク パクパク
.......!!!.........!!!!!.............!!!!!!!!!!..................
ごちそうさま〜〜〜 ってなスピードで
華氏800度 つまり 摂氏400度以上のカマドで
トロトロに焼き上げたチーズが固まらないうちに

f0047623_11534105.jpeg
店内のインテリアをじっくり眺める間も無く
f0047623_12465495.jpeg
ラスベガス店とは少し違い エレガントなシャンデリアを見上げ
f0047623_12022961.jpeg
テキパキと働く姿に爽やかさを感じ

f0047623_10262475.jpeg
店を後にした


(ダイエットは 再来週から たぶん)




by mother-of-pearl | 2018-11-29 12:36 | 美味 | Comments(2)

ポプリ 幾星霜

熊明子先生の薫陶を受ける
遂に 遂に!!

f0047623_09251204.jpeg
ラベンダーと薔薇の香りに満ちた講義室で 至福の5時間を過ごした

熊井明子先生 日本にポプリと言うカタカナ表記でpotpourri を広めた第一人者

30数年前 四国の片田舎で3人の子育てに専念していた頃
社宅の庭に咲く野性味溢れるつるバラを何とか残そうと試みていた
ドライフラワーにすると 「オクサン 花 枯れてますよ」と揶揄された頃
花びらを瓶の中に納め 香りを保って楽しめるポプリの世界を 本で知った

日本の気候に合わせ 乾燥の最後の段階で白熱灯の下に置き 虫の卵などを死滅させる方法を編み出した方
f0047623_13193976.jpeg
著者の熊井先生は 差し上げたファンレターには必ずお返事をくださっていた
関東に越した時 ポプリのクラスに参加したい とお願いし一番弟子の先生を紹介してくださったのは30年以上前のことだった

お陰で素晴らしい師に出会えた幸せを 直接お伝えできる機会を得た!


午前中の2時間は 暮らしに彩りを添える様々な知恵を 経験談を交えながらのお話が続く

お年を召しても尚 凛とした張りのあるお声と優雅な話し方に耳を傾けていた

映画監督であった亡きご主人 熊井啓氏とのエピソードなどに心が和む場面もあった

講義が始まる前に 先ず午後の作業に使うラベンダーの束を水に浸けておいた
f0047623_13273724.jpeg
ラベンダーバンドルズは生のラベンダーが手に入る時にしか作れない と勝手に誤解していた
このやり方なら一年中バンドルズが作れることが分かり とても嬉しい!

今日はメモ用紙の他に『針と糸と鋏を持参』との事で 針仕事が大の苦手な私は緊張していた

「以前は 正倉院御物の中の匂い袋を作ったこともありましたね」、、、そう!それです!!難儀でしたよー
f0047623_13375150.jpeg
左上の袋は お弟子さんの1人が 正倉院の匂い袋の原点を辿り韓国の宮廷の匂い袋を再現したもの

「今日はテトラ型のサシェ(小袋)にラベンダーと小豆を入れてお手玉代わりにつかいます」
f0047623_13360974.jpeg
と お手本を見せてくださる
お手玉が動く度に い〜い香り!

f0047623_13402363.jpeg
1人1人に材料のリバティの布とラベンダーと小豆が配られた

f0047623_13424562.jpeg
は〜い! 何とか完成しましたよー!!

尖った先にエッセンスオイルを垂らす仕上げの部分は 帰宅後の宿題
香りの好みは人それぞれなので 帰りの電車内で 匂い公害にならない為の配慮

(エッセンシャルオイルを昼用 夜用で割合を変え 香らせてお手玉をする.......実は認知症の改善に役立てば と作ったもの)

バンドルズを作り始める
f0047623_13452459.jpeg
柔らかくなった奇数本の茎を折り曲げ リボンで編んでいく
f0047623_13470062.jpeg
上が私の先生(30年前熊井先生直々に紹介してくださった熊井先生の一番弟子)
先生の熟練度は一目瞭然!
センス 腕 の違いはアキラカ!!

f0047623_13492433.jpeg
それぞれのテーブルを回り1人1人に声をかけてくださる熊井先生

「あら!素敵なピンクね!私もその色 大好きよ」と話しかけてくださった

f0047623_13522349.jpeg
遠くは北海道から受講の為 上京している講師として活躍する皆さんの中で 服装まで1人リラックスしている私

熱意に溢れた一日に参加でき 久しぶりに学ぶことの楽しさを味わった

熱く火照った心のままの帰り道 足を止め 美しい夕焼けを眺めた
f0047623_13540011.jpeg

年長けて また越ゆべしと 思いきや
命なりけり 小夜の中山
ー 西行法師









by mother-of-pearl | 2018-11-28 21:22 | 美しいもの | Comments(2)

C K’s Kitchen 再び

CK’s Kitchen (学芸大学)でのディナー

始まりのひと皿は スモークサーモンのポテトガレット
f0047623_09284555.jpeg
メニューに加えて頂いた大好きなひと皿
自家製スモークされた信州産の新鮮なサーモンと カリカリ食感がやみつきになるガレット

f0047623_01073139.jpeg
パテ ド カンパーニュは お皿の縁に盛られたペーストや柚子胡椒やみじん切りの玉ねぎなどを添えながら頂く
・・・・ワインとの相性抜群の一皿に 出だし好調!!

f0047623_09331491.jpeg
絶対外せないマッシュルームのスープ
1994年に初めて出会って以来 私にとって ずっとNo.1のままの絶品!

f0047623_01093789.jpeg
カラッと揚げた新鮮なメバル 丁寧な調理法で油気を落としたっぷりの野菜と共に
美味しいソースには微かに豆豉の風味がした(味覚の鋭い友人の言葉)
f0047623_09371082.jpeg
そして 待望のラムラック!!
焼き加減もソースの味も 付け合わせの野菜も 全てがとろけるような至福のひと皿

f0047623_09385096.jpeg
デザートを楽しみながら サーブされたコーヒーの美味しさをゆっくりと味わった

細やかな配慮が行き届いたディナーを 大切な友と楽しむことができた夜

初めて会ったとは思えないほど 話しが弾み 終わりたくない極上のひとときを過ごした










by mother-of-pearl | 2018-11-26 01:28 | 嬉しかったこと | Comments(4)

ボヘミアン•ラプソディー

f0047623_10404393.jpeg
久々に 映画にどっぷり

f0047623_10415094.jpeg

一世を風靡したフレディマーキュリーとクィーンのメンバーが目の前に!!

........そんな気持ちになれる映画に浸り 何度も感動の涙が浮かんだ

離れた席にいた娘からは 「寝てるのかと思った」と言われる程 打ち込んで観ていた

ネタバレ気味ながら 感動した場面のひとつを
人気が低迷した時期に日本公演をした時の事をフレディが語る場面
言葉が通じない国で演奏することを心配した彼に 日本のファンは会場全体で歌い続けて応えた

🎶🎶 泣ける( ; ; )🎶🎶

(実際の日本コンサートの様子は 残念ながらカットされたらしいけれど セリフで十分伝わった)


様々な独創的な音楽作りをした彼らの録音現場も再現してくれた
「あともう1トラックあるから 〇〇の音を重ねよう!」と16トラックで音を重ねる様子

妹夫婦の家で 真空管プレーヤーでLPレコードの再生を初体験した娘に
またひとつ より豊かな音楽再生が可能であった時代を熱く語れた!!
(まぁ 一気に言われても理解は難しいよね)

CDは平均的な周波数で上下をカットすることで実現した音源
今はその物体ですら要らない と考える世代は
骨伝導だけで音楽を聴くことを 偶には止めてみない?

懐古趣味ではなく 少しでも原音に近い再生が 今また可能になっている嬉しい事実も伝えた


1985年前後の時代=子供達の父親は海外単身赴任中で留守が 計3年も続いた頃
私にとっては苦闘のワンオペ時代だった
偶々 夜更けのテレビの画面に映し出されたのはLive Aid!!
モジャモジャ頭のボブ ゲルドフの熱い呼びかけに賛同した数々のミュージシャンの登場に
田舎町で一人 感動の涙にくれた夜を思い出す
すっかり健康的に復活したエリック クラプトンの隣りで マーク ノップラーのギターが唸る!


そんな事を思い出しているうちに 会場全体が一体化したWe will rock you!!! の名場面が 映画館に蘇った!!

公開されている予告編もお楽しみください 
(フレディも似ているけれどブライアン メイもそっくり!)

四国の田舎町で運転中に カーラジオから フレディが病を公表した事を聴き その直後に 彼の死を聞いた
車を走らせながら 涙がポロポロこぼれた日の事を思い出した
もう少し後なら 救えた命だったのかもしれない



素晴らしい映画に出会えたお陰で 彼らが遺した音楽を再び聴いていこう!!


映画 ボヘミアンラプソディー
お勧めです!!
















by mother-of-pearl | 2018-11-24 22:38 | 嬉しかったこと | Comments(2)

真夏のアリゾナで見つけたクリスマス

f0047623_18431995.jpeg
早くも都会の街ではクリスマス商戦開幕
我が家のキッチンの片隅にも少しだけクリスマス色を添えた

真夏のアリゾナで見つけた小さなオーナメント
⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

アリゾナの真ん中で 君を想う.........

...........君って だれ?

とんでもない失敗談を分かち合うには彼女が一番!!
予想もしなかった砂漠の真ん中で ふいに  心の友 を想った

乗り継ぎ便で ヤラカシテしまった真夏の悲劇
アリゾナ州フェニックス
灼熱の街に 置き去りにされ 貴重な一夜を無為に過ごした翌朝
『転んだからには 何かを掴んで起き上がる!』スピリットでフライト待ちのフェニックス空港を隅から隅まで歩いた
ネイティブ・アメリカンの工芸品やターコイズのアクセサリーなどが並ぶ店で見つけた小さなクリスマスオーナメント
f0047623_18440005.jpeg
キャンピングカーで移動オニギリ屋をしながら アメリカ大陸横断する!
なぁんて 荒唐無稽な話にも付き合ってくれそうな心が柔軟な友

(Airstream というキャンピングカーは憧れだったけれどエアストリーム高すぎるわ!)


今年のクリスマスのオーナメントは決まり!!
即座に 彼女と自分用に2つ買った

ヨーロッパの中でも歴史的な文化の中心地に住む彼女は 息子さんと楽しみながらオーナメントを飾ってくださった
f0047623_11511318.jpeg
(彼女のブログ記事からお借りした写真)


我が家にも また控えめなクリスマスが近づいてくる
f0047623_20433093.jpeg
 (これ 電気が点くよ? あ ホントだ!、、、娘から気付かされ点灯!!!)

🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄


by mother-of-pearl | 2018-11-23 21:22 | 美しいもの | Comments(2)

2018年11月18日

ある『ねずみさん』の90歳の誕生日

f0047623_22025359.jpeg

90年前の11月18日
蒸気船ウィリー と言うタイトルのアニメーションがこの世にデビューした
再現された画像を観ながら 最上の音質で楽しむことができた

偶然とは言え 完璧なタイミングに感謝

(『ねずみさん』の本拠地では一緒に写真を撮りたい人の列が“11時間待ち!!” .....だったとの事)
f0047623_22063921.jpeg
1週間前には 眼下の緑の広場で出会ったばかり
今日は 舞台の上から人々を魅了するBrad Kelleyさん

16年に亘り 人気を保ち続け650公演を指揮する偉大な功績を残した

コンサートの中休みで 勇退を惜しむ声をあちこちで耳にした
(勿論 後でご夫妻にも伝えた)

Keep going!!!!
新たなプロジェクトが動き始めている
f0047623_10052620.jpeg
Disney World Beat 2019年4月始動!

来日中の奥さまと客席から公演を楽しみ 楽屋にてしばし歓談の後 日が暮れた街に繰り出した

f0047623_22090578.jpeg
後5分で点灯するのを見に行こう!と急ぎ足

5.4.3.2.1.....!!!!!!
f0047623_22104814.jpeg
歩きながら煌めく電飾を楽しみ
f0047623_10102274.jpeg

f0047623_10104006.jpeg
夜空に向かって咆哮する姿を見上げ
f0047623_10115364.jpeg
ちょっと急いでいるサンタさんにも遭遇した盛りだくさんな日々が終わった
f0047623_10133897.jpeg


🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁

僅か4日の間で自然に満ちた田舎と最先端の都会の真ん中を行き来し
大勢の親族や友人との再会を果たした

盛りだくさん(過ぎ?)な予定を一緒に行動してくれた娘に

心からお疲れさま と ありがとう!!(^。^)






by mother-of-pearl | 2018-11-18 23:57 | 嬉しかったこと | Comments(0)

故郷 満腹

f0047623_12160397.jpeg
朝霧が谷を這うひとときを見つめて過ごした穏やかな朝
f0047623_20142331.jpeg
数えきれないほどの 活力の源を貰った3泊4日の密度の濃い時間を思い返していた


f0047623_12200197.jpeg
妹の家の庭で 久しぶりに見た石蕗の花
f0047623_12390422.jpeg

f0047623_12393216.jpeg

f0047623_12395324.jpeg
5月に続き 今回も料理の腕を振るい 大歓待してくれた妹夫婦
f0047623_12414957.jpeg
同行した娘には 『LPレコードに針を落とす』という全く新しい音楽の楽しみ方を 見せてくれた
曲は 『勿論』マイルス•デイビス 🎶

f0047623_12203342.jpeg
大好きな烏瓜の実を見つけたのは 同窓会の会場の近く
f0047623_12211890.jpeg
母と暮らしてくれている妹夫婦の家では 穏やかな時間を過ごしている母に会えた
妹2人とそれぞれの伴侶達にも会い
叔母2人と共に叔父を見舞い、、、、

何かに引き寄せられたように 再会を繰り返した濃密な時間を過ごした

さて メインは高校の同窓会

半世紀近くの時を経て蘇る高校生時代のあの日この日
90歳を超えて尚 矍鑠と壇上に立ち 心に沁みる挨拶をしてくださった恩師の姿に感動
本を著した友...........には 「サインして〜!!(^。^)」路線で
前もって購入して参加したのは私だけだったので 喜んで署名してくれた
教職を早期退職し 法曹の世界を目指したのだと言う
「勉強するのが好きじゃからなー」の一言に
「そうじゃったん??!」と皆が一斉に反応する
自転車通学で真っ黒に日焼けし 体格の良かったダンシは曹洞宗の寺を守る人でもある
宗教だけでは救いきれない と弁護士を目指し
司法浪人中
まだまだ役に立てる時間はある!と断言する明るい表情に心を打たれた


人生が始動する前に出会った友は 皆 重みのあるそれぞれの道を歩んできた穏やかな表情を見せ
互いを愛おしむ優しいオーラに満ちていた

友に会い 家族に会い 故郷の町並みにも再会

f0047623_12170076.jpeg

f0047623_12171619.jpeg
懐かしい人々との再会の時間を思い返しながら空港に向かった

f0047623_12214678.jpeg
心の水平軸を確かめることができた気がする













by mother-of-pearl | 2018-11-18 20:02 | 心に響く | Comments(0)

故郷へ

f0047623_14164778.jpeg

一冊の本をバッグに入れ 西へ飛ぶ

同じ大学に進学した4人を除き 高校卒業以来 初めて再会する同級生達に会いに!

「70年安保改正の年 君達がどう行動するのか見ているよ」
生徒会室で いつも私達の思考回路に刺激を与え続けてくださった恩師達にも会えると聞いた

急速に蘇る友の名前から 一冊の本に辿り着いた
この本の著者は同窓会発起人の一人なので きっと会えるはず

「署名をお願いできますか?」でいくのか
「サインしてもらえなぁい?」でいくのか

会場に入った瞬間 決めよっと!!
何しろ 『高校生の私が下校中 一回でもたこ焼き屋に寄る』か どうかで同級生達がカケをしていた と後々聞いた程の
カタブツ女子だったので ね(^_−)−☆

(ちなみに 下校時に買い食い の経験はゼロ!
お小遣いなんて貰った事が無かったので ね!)

「m-of-pちゃん アンタ変わったなぁ」と言われるだろうな
何しろ 本人が一番驚いてますから........

楽しみっ!!



今夜 仕事の後 羽田空港に直行します







by mother-of-pearl | 2018-11-14 02:16 | 心に響く | Comments(0)

ふらり 週末 (有楽町編)

カラッと晴れた日曜日
金 土 二日間 ゆったり休んだ後は ふらりと都内へ
f0047623_02024096.jpeg
爽やかな秋晴れの東京国際フォーラム
f0047623_02041939.jpeg
乙部なるみさん に久しぶりに会える場所
美しいカードの他に 新作の一筆箋なども購入
他のお客さんも絶え間無く さすがの人気ぶり
ゆっくりお話するのは 近々開かれる個展会場で!
f0047623_02072903.jpeg
そしてもう一人 約束の時間前には必ず現れる友達に手を振る
コンサートツアーの合間に時間を頂いたBrad Kelley さん
f0047623_02084272.jpeg
なるみさんにご紹介できた!
なるみさんのブリティッシュアクセントに気付き ダウントンアビーの話で盛り上がる
f0047623_02111746.jpeg
この角を曲がると........と楽しいサプライズが待っている日比谷ミッドタウンのエリアへ案内した
f0047623_02123480.jpeg
Disney On Classic concert 2018
Brad Kelley コンサートポスターも発見!
f0047623_02125813.jpeg
昼と夜とでは雰囲気がガラリと変わる界隈で
「この雰囲気が好きなんだよねー!」と満面の笑み
最新の高層ビルと庶民的な賑やかさが入り混じり ワクワク感に満ちた場所は私も大好き
(さすがに 一人ではこんな時間には来ませんから)

f0047623_12072404.jpeg
早めに着いた丸の内中通り
5時半からのイルミネーション点灯を待ち
ブリックスクエアの美しい空間を眺めながら 話はノンストップ
f0047623_02134437.jpeg
さて!! 今年もキラキラ輝き始めました
f0047623_02140929.jpeg
丸ビルでは大勢の人が 様々に色が変化する大型ツリーを楽しんでいた
f0047623_02144598.jpeg
15年に亘るコンサートツアーで 一度の欠場もなく約650コンサートの偉業を成し遂げると言う
多くのファンに惜しまれながら 一旦タクトを置く寂しさは隠せないけれど
来年から新たに始まるコンサートについてずっとず〜っと熱く語り続けてくれた
寧ろ私は 金管が炸裂するビッグバンドジャズのコンサートに 期待が湧き上がる🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶
詳細が発表されたら必ずお知らせします
きっときっと 聞き応えのある『大人のコンサート』になります!

って まるで 宣伝部長?

ゆるぎないシンメトリーを体感できる 数少ない場所
f0047623_12422135.jpeg
東京駅から皇居に向かう方向
f0047623_02150751.jpeg
週末のコンサートでの再会を楽しみに 東京駅に向かって歩き始めた
f0047623_12435520.jpeg
昼でも 夜でも 美しい場所を 心ゆくまで歩いた週末









by mother-of-pearl | 2018-11-12 01:59 | 嬉しかったこと | Comments(2)