カテゴリ:美味( 58 )

久しぶりに 頂きまぁす!!

f0047623_13564140.jpeg
念の為に 2日以上冷凍保存した後 解凍

さて!お待ちかね 今年初めての いくら漬け
いくら丼では余りにも贅沢過ぎなので 小さな塗りのお椀で.......

f0047623_13592833.jpeg
頂きまぁ〜す!!!


せめて 頂く時は アタマで色々考えてではなく 
目と口で 存分に楽しみましょう!!

〈頭で考えること〉
仕事帰りに寄った鮮魚コーナーに 今でも少しだけ 生すじこのパックを見かけた
f0047623_09104723.jpeg
“味つけしてから冷凍してください”
確認したのは去年までは無かった表記

何時間冷凍すればいいのか が足りないなぁ
何故なのか は書きたくないのだろう
自分で調べる人ばかりじゃないのに.......と やや不安

10年以上前に住んでいたアメリカの魚屋では 
“(天然物の)鮭は24時間以上冷凍してから 解凍•調理 と食品衛生法で決められていた

.......色々 ね 知らずに食べたり飲んだりしていることは 山ほどあるのでしょうねー

ぶつぶつ...................



お詫び: 前回 オーシャンベリー などと勝手な造語でお騒がせ致しました f^_^;)












[PR]
by mother-of-pearl | 2018-09-20 01:55 | 美味 | Trackback | Comments(0)

オーシャン ベリー ??

f0047623_09425661.jpeg

ま 言うなれば、、、大海原の粒々ベリー

去年は余りの品薄で 一度っきり
今年は(去年は扱いを取りやめていた)デパ地下にズラリ!!

今年は 『味付けした後 冷凍保存してください』の注意と共に売られていた

素手で処理する前に 24時間以上冷凍してからの方が安全じゃない?と思いますが ね
ただ 家庭用冷凍庫では丸ごと冷凍では温度が下がりきれないのだろう

と言うことで 今年は漬け込んでから冷凍庫へ

大好きだけど コレステロール値が高くなりそうなので

ほどほどに................楽しみます!!


〈追記 実は鮭のイクラのことです!紛らわしくてすみません〉
〈ようやくアニサキス問題の注意喚起が公になり始めました〉






[PR]
by mother-of-pearl | 2018-09-16 22:42 | 美味 | Trackback | Comments(8)

雨の日のブルーベリー仕事

f0047623_14300168.jpeg
細い枝ながら懸命に実り続けてくれたブルーベリー
自転車を止める度に 少しずつ採り貯めては冷凍
雨の土曜日は 今年2度目のジャム作りに最適な日

先ずは瓶を煮沸消毒し 待機
f0047623_14381808.jpeg
マルコリーニのラベルを 未だに剥がせない私f^_^;
f0047623_14340696.jpeg
きっちり200グラムのブルーベリーに対し
f0047623_14345560.jpeg
砂糖は30%
f0047623_14352552.jpeg
はい! 計算し易い60グラム
f0047623_14362095.jpeg
ブルーベリーだけを加熱し アクを取り 砂糖を加える

出来上がったジャムを大切に流し入れ
鍋に残った僅かなジャムも捨てられない!!
少しの水で洗うように溶かし 氷で割って美味しく頂いちゃいました(^。^)

f0047623_14412991.jpeg

今年も ありがとう!!

雨が上がったら ブルーベリーの木の根元にお礼の追肥しなきゃ





[PR]
by mother-of-pearl | 2018-09-16 00:28 | 美味 | Trackback | Comments(2)

久しぶり! サンマさ〜ん

f0047623_09522131.jpeg

2年ぶりに再会(?)したサンマ さんま 秋刀魚!!!
久しぶりに脂の乗った味を堪能した

今年は“庶民的な価格”に落ち着いて ひと安心
最寄りのデパートの鮮魚コーナーは長らく改装中だった
昨日 運良くオープン記念セールに出くわした

2尾で500円程のパック売りの横で
「1尾オマケだよー」と賑わっていた対面販売コーナー

生きの良いサンマ3尾 お買い上げ!!

秋刀魚がメインの献立
茶碗蒸しの出汁を取り 冷ましておく
何故か食べたくなったポテトサラダも作りつつ
秋刀魚に塩を振り 焼くまでの間にほうれん草をサッと茹でる

炊きたてご飯大好きな娘の為に 1カップだけのご飯が炊き上がり
私は私で 大好きな玄米ご飯をおにぎり一個分 解凍して頂く
魚中級者の娘には腹骨の無い方を 私は意図的に内臓まるごと焼いた頭の方の半身
脂の乗った身の甘さとほんのり苦味がマッチして最高
(捕食行動が特殊な秋刀魚は 消化管ごと頂けます 下に記事コピーあり)

いっただきまぁ〜す!!

f0047623_13294853.jpeg
去年の実りを凍らせたカボスの絞り汁
初めて使ったブリュッセルから持ち帰ったマヨネーズ

色々な味を楽しみながら 話に花が咲き
久しぶりの秋刀魚を楽しんだ夜


何事にも “適正価格” って ありますよね

この夜は これまたお久しぶり のイクラ仕事にも精を出した





魚くんに聞きました
[PR]
by mother-of-pearl | 2018-09-15 08:38 | 美味 | Trackback | Comments(4)

KALDI さまさま!

今年の夏 一大イベントだったブリュッセル訪問
大事に楽しんでいた“思い出の味” が段々なくなっていく.......
f0047623_11194663.jpeg
香港のホテルから頂いた紅茶を淹れ 外回り掃除の後のティータイム

スーパー カルフールに連れて行ってもらった時
以前small countryちゃんからお土産に頂いたスナックを見つけた
サクサクウェハースの中に様々なチーズ味
f0047623_11200402.jpeg

あー 遂に最後!! と寂しく思っていた時に KALDI で発見!
f0047623_11214366.jpeg
メーカーは違っていても ほぼ同じスナック

有難い 有難い!!
f0047623_11221165.jpeg
安心して最後のひとつを パクッ!!

近くに KALDI が無い場所では 暮らせな〜い
.......と 本気で思うほど すっかりお世話になっていますョ

色々な食材を 世界各地から 本当によく探してきてくれますねー
しかもリーズナブルな価格で というのが凄い

メキシカン料理 タイ料理 韓国料理 そして今 色々とお世話になっているのがインド料理
ビリヤニとかタンドリーチキンとかバターチキンカレーとかとか....
写真撮る間も無く お腹に収まってしまいます

助かってます(^。^)
新たにKALDI カテゴリー作ろうかな と思うほど です










[PR]
by mother-of-pearl | 2018-09-10 01:07 | 美味 | Trackback | Comments(4)

ジタン•サラダ

f0047623_11343495.jpeg
ジタン•サラダ!! (^。^)

出かける前に 腹ごしらえ
f0047623_11344987.jpeg
タジンという北アフリカ辺りの料理名に似てる?
実は 超簡単 時短サラダ

レタスは千切りではなく 他の材料に合わせ細かくザクザク刻む
KALDIで手軽に調達できるフェタチーズ
コンビニからはミックスビーンズ
スーパーからは調理済もち麦

常温•冷蔵の違いはあれど どれも保存の利くものばかり

全部をチャカチャカ混ぜて フェタチーズが浸かっていたオリーブオイルを回しかけるだけ
f0047623_21584748.jpeg
フェタチーズとオリーブの塩味だけで 十分
f0047623_22011277.jpeg
大粒の葡萄(藤稔)数粒を輪切りにして散らす
すると一気にギリシア風サラダに!!

f0047623_11404388.jpeg
レタスのシャキシャキ感
数種の豆それぞれの風味
もち麦のプチプチ感
塩味の効いたフェタチーズの深い味わい
そして 優しい甘さの葡萄

様々な味や食感がひと皿に盛り込まれ 楽しみながら噛みしめる

Bon-appetit !!!!!!














[PR]
by mother-of-pearl | 2018-09-07 07:34 | 美味 | Trackback | Comments(0)

CK’s Kitchen

長年 一番信頼しているシェフ 加藤 政勝さん
遂にオーナーシェフとして昨年オープンしたレストランCK’s Kitchen を訪ねた

懐かしい笑顔でシェフ自らがお持ちくださった前菜
f0047623_13422701.jpeg
脂の乗った鰯のトロリとした甘味と新鮮な蛸の歯ざわりを楽しむ
f0047623_13412856.jpeg

続くは 冷たいスープ
f0047623_13450562.jpeg

随分前に「東京ではなかなかケイジャン料理が食べられない」と嘆いたのを覚えていてくださり
ケイジャンスパイスが効いた鶏肉団子の柔らかな歯触り
そしてスナップえんどうの爽やかな色と食感
味だけではなく 食感のコントラストにも技が生きる

続いて魚のひと皿は真鯛
f0047623_13480928.jpeg

新鮮な真鯛を堪能しつつ パリパリに炙られた鱗まで美味しく頂く
和食の技もサラリと取り入れる加藤シェフが創り出すプレートの上のアート
メインの食材はもとより ソース 添えられた野菜 全てが美味しい!

肉料理はビーフかラムから選びます
f0047623_13491128.jpeg

f0047623_13492275.jpeg
娘が選んだのは モチロン ラム しかも骨つき

ビーフを選んだ私と 一口ずつ分け合い わぁー やっぱり最高だねー!!

100%味わい尽くした娘曰く
「 骨付きラムは食べ難い事を覚悟しているのに 
加藤さんのラムは焼き加減が完璧で 心残りなく食べられるのは凄いね! 」

ね〜!! 本当に 素晴らしいシェフなのです!

f0047623_13510232.jpeg
デザートは 彼と交流の深い方が 奇遇で近場にオープンなさったケーキ屋さんから

奥様との会話もはさみながら 長い長いお付き合いを語り続ける
(他のお客様がみえてからは お話は控えめに)

CK’s Kitchen (最寄駅は学芸大学)(以下4枚の写真はネットから拝借)
f0047623_13515015.jpeg
f0047623_13520200.jpeg
入り口に掲げられたカリフォルニア州旗が目印
f0047623_13523444.jpeg
店内のカウンター席の椅子が とても優しい色
f0047623_13533423.jpeg

1994年 六本木のHardrock Cafe の裏手で 私はカリフォルニアに出会った
長いお付き合いが始まった場所は 今や伝説の名店 東京SPAGO
優しいラベンダー色の壁が印象的な素敵なインテリアの店内で
キビキビと働く皆さんのシャツは この柔らかなピンクだった
f0047623_19133254.jpeg
終わりは 突然やって来た
2001年 人生の大波乱の果てにボロボロになっていた私は海の向こうに飛ぶ事を決めた
しばしのお別れを告げに行った時 大切な人達が閉店決定の混乱の中にいることを知った
皆との楽しかった思い出が詰まった宝物のベースボールキャップを荷物に詰め 
私は大海原を越え 大混乱の最中の大陸に向かった

ロサンゼルスのSPAGOはその当時も今も健在

年に2回帰国する度に 加藤シェフと当時のお仲間の行く先々を訪ね続けた
そのお陰で数々の名店を知ることもできた
キャリアを重ね続けた東京の名店の名前を連ねるのは 控えることにします
今が最高の方ですから

洗練された食とホスピタリティを教えて頂いた 私の食のバイブル存在です(^。^)


🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴

もしも アクセスの良い所にお住まいの方がいらっしゃれば
是非 是非 一度 ランチからでも お楽しみください

上記のディナーでさえ 5千円ほどで頂けるなんて 奇跡のような幸運なのです

はい 自発的な“回し者” です (^。^)

どうぞ ご贔屓に!!

🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴🍴






[PR]
by mother-of-pearl | 2018-09-02 19:35 | 美味 | Trackback | Comments(6)

無国籍料理で晩ご飯

f0047623_20170644.jpeg
冷蔵庫の中からゴソゴソ取り出したのは
昨夜の春巻き作りで残してあった皮 2枚

久しぶりにチュニジア(あるいはモロッコ)の簡単料理を作る
その名は ブリック

チュニジア人の友人が「日本では春巻きの皮を使うんだよ」と作って見せてくれたレシピ

缶詰のツナとみじん切りのパセリ そこへ生卵を割り入れ 半分に折り 油を引いたフライパンで焼く
私は 卵の扱いが不安なので春巻き同様 水溶き小麦粉を塗り安全を確保する
f0047623_20230918.jpeg
今日はパセリは無いけれど 冷蔵庫にあったゆでたポテトを入れた


傍では 刻んだ夏野菜たっぷりのラタトゥイユがコトコト煮えている
今夜はカボチャも入れた

ブリュッセルのスーパーから持ち帰った平らなパスタ(フェットチーネ)を少し茹で 
サッと茹でた薄切りズッキーニとパプリカと
スモークサーモンを混ぜた冷製パスタ
味付けは シーザーサラダドレッシングに少しマヨネーズを加えた超手抜き!

f0047623_20273179.jpeg
思いつきの無国籍料理の晩御飯

無理矢理まとめれば 『 環 地中海 料理 』
チュニジアのブリック...フランスのラタトゥイユ....イタリのパスタ....ね?

夢に見ていた砂漠の薔薇を いとも簡単に持って来てくれたチュニジアの友
今はお国で立派な仕事をしているらしい
いつか どこかで 会えるといいなぁ..........


また暑さが戻ってきた今週も 水分塩分補給に気をつけながら 頑張りましょう!






[PR]
by mother-of-pearl | 2018-08-21 20:16 | 美味 | Trackback | Comments(0)

遠い空の彼方を想う昼下がり

f0047623_14162507.jpeg
ドイツ語表記のハーブティーを頂いた

水出しハーブティーにして 暑さ対策に愛飲中

ベルギーから持ち帰った1枚を冷蔵庫から取り出し

f0047623_14184567.jpeg
心は遠い空を遊泳中


ガラスカップのコースターは LAの元職場の近くにあったアートショップで買った
「ドイツ製なんだよ」と説明されたもの
f0047623_16282666.jpeg
実店舗を閉店しオンライン販売に変えたオーナーさんはアーティストの親子だった
世界中から選び抜いた品々の中に 日本からは織部が選ぶ審美眼
縮緬の風呂敷で自らが包んだワインボトルを飾ってあったUtopia design
私にとっては正に小さな美術館だった

今でもPeet’s Coffee に立ち寄る度に道の向かいに目を向け 当時を懐かしむ

ベガスの町外れのアンティークショップでは「来月で閉店」と告げられた
滅多に見かけなくなったラッセル•ライトの器が 美しく重ねられていた
道を挟んで全く雰囲気が異なる2軒をよく訪ねていた
深緑色の小皿と穏やかな灰色のカップ&ソーサーだけでも 買って良かったと思う
f0047623_16292510.jpeg
今は消えてしまった場所ながら わずかに我が手の中に残ってくれた小さき物たちを
f0047623_16294501.jpeg
愛おしむ







[PR]
by mother-of-pearl | 2018-08-12 11:15 | 美味 | Trackback | Comments(2)

夏の朝

f0047623_18090471.jpeg
ヨーグルトに作ったばかりのブルーベリージャム そして皮ごと食べる桃を添え 朝ごはん

f0047623_18113735.jpeg
桃と共に買ってきたブルーベリーに
今年も 僅かに採れた庭先のブルーベリーを加え ジャムを作る
f0047623_18141180.jpeg
大切に使い続けている思い出のボトルの出番
f0047623_18153433.jpeg
形 サイズ ラベルのデザイン 全てが気に入り
そのまま使っているのはピエール•マルコリーニのジャム瓶
f0047623_18174628.jpeg

.......毎朝食べるので 消費が早い早い!!


この暑さは やはり尋常ではないですね

夏バテ という言葉と無縁だと思っていたのに
完全に 典型的な ネッチューショー 
しかも一週間も続いて ダレダレ

子供の頃から夏は苦手だったけれど
最近の暑さは きっと皆んな苦手ですよねーーー

お互いに 頑張って夏を乗り切りましょう









[PR]
by mother-of-pearl | 2018-08-03 01:07 | 美味 | Trackback | Comments(4)