カテゴリ:心に響く ( 274 )

Home sweet home........狭いながらも

f0047623_12013804.jpeg

月が変わり 時の流れが少し落ち着いた
文字通り “狭いながらも.......” の我が家でゆったり週末を楽しんだ朝

大切な人を偲ぶ法事に参列する為 5月は二度も空を飛んだ
生まれ故郷とは言え 大人になってからは一度も住んだことが無い場所
懐かしい人々との再会や文句無しの美味しさを楽しめる時間は 何にも代え難い喜び

そうではありながら 先週末の一泊二日の短時間の往復は かなり堪えた
日曜日の夜帰宅し 月曜日の朝から仕事、、、
海の向こうから帰ったその日に仕事に行く事に比べれば ずっと易しいはずだった
1週間が終わる金曜日までを 長く感じる程のダメージ
その最大の理由は 畳に正座しなければならなかった事

股関節置換手術後 衰えていた周辺筋力もリハビリで復活させてきた
「正座も短時間なら大丈夫」但し 横座りとか股関節の内転は不可!
つまり短時間の正座まではなんとかできるものの 膝を崩すことができない!

お経を聞き お説教を聞き 皆で会食が始まる
ず〜っと 正座以外に選択肢が無く 腰を支えようと異常なまでに腹筋を駆使し過ぎたようだ

羽田空港に降り立ち 帰途につきながら 異常に固まった腹筋がまるで鉄板のようだった

ひゃ〜〜!!つ か れ た〜〜〜!!

椅子に座る暮らしに変えて久しく 正座しか無い場所を避けていたので 衝撃が大きかった

5月初旬の父の法事では弟が気遣い 椅子を用意し 椅子席の会食にしてくれたので助かった

座布団を敷けば 大人数に対応できる便利な和式の暮らし 私には無理だと痛感した出来事だった

昔のお年寄りは ただただ我慢していたのだろうか
お寺さんの講堂でのお説教など 拷問だったんじゃない?と密かに思っている


次にこんな機会があるなら ヒンシュク&ヒナンゴーゴー覚悟で バランスボールでも持参するしかないかなぁ
f0047623_01415133.jpeg
帰りの空港で買った小袋入りのザボン漬けを食べながら
f0047623_01420381.jpeg

マ イッカ!!





[PR]
by mother-of-pearl | 2018-06-03 01:29 | 心に響く | Trackback | Comments(4)

ほたるかご と ばあちゃんの思い出

f0047623_10265743.jpeg
帰省先で立ち寄った農産物の販売店で 目が釘づけになったものが もう一つ
藁で編んだほたるかご!!!!

棚に飾ってある蛍かごを見て 一気に祖母と過ごしていた遠い日々が甦ってきた

妹が運転する車に乗り 周囲の麦畑の美しさを話していた
「もうすぐ麦秋だねー あの黄色が また良いよね!」と

麦の収穫が終わると麦藁は飼料にしたり 畑に鋤き込む為 ザクザク切られる
「蛍かご 作るから 切ってない麦藁をおくれ〜(=ください の意味)

ばあちゃんに教えてもらいながら ちょっとずつちょっとずつ編み上げていく

、、、でも 何故か仕上げ方を思い出せない
ばあちゃんが仕上げてくれてたんだきっと

生まれてから5歳直前まで 祖父母の家の隣りに住んでいた
(実はそこも祖父母の家の一部だった)
弟が産まれる直前に 同じ町にある家に引っ越した
しばらくはお風呂が使えない家だったこともあり ほぼ毎晩お風呂を貰いに行き 夜道を帰った

5歳を前に弟が産まれ 母は弟を 父は妹を抱っこして夜道を歩いた
あの時 「あ 私は自分で歩いていかないといけないんだな 」と幼いながら心に決めた
ず〜っと心に刻まれている初夏の夜のこと

毎朝 幼稚園に通う道で祖母の家に寄り お弁当を見せる
卵焼きが入っていないと祖母が焼いて入れてくれた
ずっと大切に守ってくれた祖母の影響力は大きく 祖母のように学び 海を越えて生きる人になりたいと思った

祖母から母に渡った指輪を 随分前に貰った
祖母も母も私より小柄なので指輪のサイズ調整を諦め ペンダントトップにデザインした
片方失くしたピアスのブルーオパールと合わせた
f0047623_00172687.jpeg
祖母のオパールを身につけ 空を飛ぶ
f0047623_00181216.jpeg
若くして命を全うした祖母の50周忌に参列する為に
f0047623_00195195.jpeg


「ばあちゃん ただいま!」










[PR]
by mother-of-pearl | 2018-05-26 23:28 | 心に響く | Trackback | Comments(8)

昨日の次は今日

f0047623_02243672.jpg
使わないようにしている言葉 アンチ・エイジング 

”歳も身のうち”

何故 自分の年齢を厭う? 生きてきた年月が物理的に現れるのは当然
昨日の次は今日 今日の次は明日 多分、、、と時を重ねて辿り着いた今を 愛おしく思う
時には全てを投げ出して消えてしまいたい!と思う事もあった
知恵を絞り体力を尽くして今に繋げている結果の符号が年齢

樹齢数百年の樹が 芽生えたばかりの若木のようにピカピカなのは奇妙なもの
とは言え ”お預かりした”この身をお返しする日まで 心をこめて手入れをしていよう

・・・・・と 言うことで ようやく自分に許したものが 資生堂の化粧水 オイデルミンG
出国前の空港の免税店で思い切って求めていたものを 遂に解禁!
f0047623_02250187.jpg
美しいボトルに惹かれて買った 
動機は・・・・完璧に”パケ買い” だったm(__)m
f0047623_02322170.jpg
箱の中の説明書が日本語を含め七か国語で表されているのに驚いた
オイデルミンGのGはグローバルのG
この化粧水はフランスで製造され 多くの国で愛用されているらしい

空港では免税で買える他 同型のミニチュアボトルのおまけまで付いていた
詰め替えて旅のお供にするにも この形が嬉しい

今年の誕生日を迎え 遂に自分に許した一本の化粧水
う~ん!!!さすがにしっとり感が素晴らしい

普段はドラッグストアの化粧水をバシャバシャ使っている身
なかなか買えない&買わない・・・・そんな憧れの物は 手に入れるまでの過程を楽しめる

今年の誕生日は 長い間欲し買った物が一気に集まったねえ!!!
f0047623_02390955.jpg
あれれ???なんだか どちらもまあるい瓶の蓋が似てる???

自分が好きなものを極めると 同じようなものが集まってくるらしい
               
さて! アンチ•エイジング とは言わず アヴェック•エイジング といきましょう!

アヴェック avec はフランス語で 共に の意味だから (^_−)−☆





[PR]
by mother-of-pearl | 2018-05-22 22:22 | 心に響く | Trackback | Comments(4)

七島藺 思い出

子どもの頃 真っ直ぐに立ち並ぶ藺草の畑の真ん中を歩いて学校に通った

霧深い朝 辺り一面に白く美しいレースがかかっていた!!!
夢のように美しい 幻想的な風景が 今も鮮やかに蘇ってくる

..........,.,あんなにもたくさんの蜘蛛達が 巣を張り 虫を食べて生きていることを
たった一度だけ この目で見ることができた朝

                  (以下 七島藺のサイトからお借りした写真)
f0047623_10215178.jpeg

f0047623_12023168.jpeg

f0047623_12031645.jpeg

子供の背丈にもなる藺草の田んぼの真ん中を歩くと まるで自分が縮んだようで本当にワクワクした

小学校2、3年生の頃のこと
ある夏の夜 家族で訪ねた祖父母の家からの帰り道
ふと目を向けた農家の軒先で 両親と作業をする友達に気付いた
断面が三角形の七島藺はそのままでは太くて仕上がりが荒く(粗く)なるので真半分に割く作業がある
ピアノ線を一本張ったような道具で藺草を真半分に割く
言うは易し の作業を10歳にも満たない同級生が黙々とやっていた!
薄暗い土間で 七島藺を編む姿はず〜っと私の目に焼き付いて離れなかった
授業中手を挙げて発表するタイプでは無かった友達が 眩しく思えて仕方がなかった

あの頃は受け継ぐ田圃を持つ同級生がたくさんいた
どっしりと構え 実業を担っていくはずの友達に比べ 農家でも商家でも無い自分は
ただひたすら勉強で成果を上げていくしかないんだなぁ と幼いながら考えるキッカケになった思い出の出来事だった

f0047623_18250018.jpeg
このくらいの頭でも そんなことを考えていたんだねぇ








[PR]
by mother-of-pearl | 2018-05-18 01:01 | 心に響く | Trackback | Comments(4)

ありがとう を ありがとう

f0047623_13520500.jpeg
美味しそうに熟れた贈り物が届いた
f0047623_13592630.jpeg
遠くから優しさを届けてくれた2人に ありがとう
f0047623_22381172.jpeg
大雨の中 大好きなプレッツェルを買って帰ってくれた娘は
「本当はこのプレッツェル売ってるレストランでご馳走したかったんだけどね」
大雨で外出の予定を取り止め 家に留まったのは私
「母の日だって 料理するよ?」と帰りを待つ
f0047623_22393472.jpeg
好物のスモークサーモンとサラミソーセージは
間も無く迎える誕生日に 有り難く頂くことにした


元気でいてくれと ありがとう と最近会えたばかりの母に伝え

母である楽しさを味合わせてくれて ありがとう
と子供達に伝えよう

そんな事を考える一日
f0047623_22422270.jpeg

ありがとうの気持ちは一年に一度では足りない








[PR]
by mother-of-pearl | 2018-05-13 23:12 | 心に響く | Trackback | Comments(2)

振り返りつつ 前へ

f0047623_13061084.jpeg
時代も場所も不確かな空間に紛れ込んでしまったかのような風景を探す
f0047623_13081393.jpeg

f0047623_13084581.jpeg

f0047623_13094418.jpeg

f0047623_13100536.jpeg
むかしむかし祖父母を訪ねた夏休み
これらの建物全てに興味深い品々が並び
あちこちに寄り道しながら歩いていた

この町から人々が消えた訳ではなく 商業の中心地が移動しただけ
f0047623_13145758.jpeg

f0047623_13153849.jpeg

f0047623_13092402.jpeg
祖母に連れられて歩いた道を こんなに近かった?と驚きながら辿ってみた

f0047623_08585225.jpeg
あ〜あそこにカッコイイ車が〜〜
ちょ ちょっと待って〜
f0047623_13193039.jpeg
あ〜青いルピナス 可愛い!テキサスボネットみたい!!
f0047623_18003762.jpeg
ふわぁ〜!!みかんの花って良い匂いだねー!

相変わらず道草を喰い あちこち立ち止まっていると 
「ネエちゃ〜ん 先行くよ〜」と 子供の頃と変わらない妹の声
f0047623_13234401.jpeg
私達きょうだいだけではなく いとこ皆んなに心をかけてくれる叔母が駆けつけてくれた
早々と母が戻って行った後の家で叔母を囲んでむかし話を楽しんだ
f0047623_13272703.jpeg

f0047623_13274363.jpeg
後何回この風景の中に戻って来るのだろう、、、
f0047623_13284543.jpeg
『そげえ急いじ どけ行くかえ 飛ばすんなぇ』
方言で注意を促す標識を読みながら いちいち爆笑した空港への道
もう一日居たかったけれど連休最終日は全便空席無し
泣く泣く(?)1日早い便で帰った
f0047623_13312392.jpeg
整備が終わった機体に乗り込む
f0047623_13321709.jpeg
思うことは山ほどあれど 大きく息を吐き出し 満席の機内の席に座った

帰りの便は通路側
窓外の景色が里心を掻き立てる窓側には座らない

また!........があることを願いつつ 週明けの仕事に心を切り替えた




(戻ってから既に一週間が経ち ようやく週末を迎えた)







[PR]
by mother-of-pearl | 2018-05-11 18:04 | 心に響く | Trackback | Comments(0)

Return to the east!!! (帰京)

f0047623_12391910.jpeg

f0047623_12400231.jpeg
東に向かう翼に乗り 日常の暮らしに戻ってきた
多くの機体が並ぶ空港が大きな活力をくれる

忘却の彼方に消えぬよう 訪れた場所を思い起こす
f0047623_12422874.jpeg
去年の夏には小さい人の二礼四拍手一礼を微笑ましく眺めた場所
f0047623_12495089.jpeg
ゆっくりゆっくり歩く母を支えながら 弟と妹と共に訪ねる事ができた
弟は母と共に 参道近くのお茶屋さんで待っていてくれた
妹は30年ほどの月日が流れての参拝だったと言う宇佐八幡神社
f0047623_12492191.jpeg
柱上部に丸い輪がある鳥居は神仏混交の証し 知ってた? と妹に教えてもらった!
知らなかった!全く知らずに命を潰えるところだった!
f0047623_12535028.jpeg

f0047623_12540786.jpeg
改めて地域の中の鳥居を見直してみると 確かに!!

神も仏もあり な地域ですっぽりと目には見えない大きな存在に守られて育ってきた幸せを 改めて感じた

六郷満山 開山1300年
f0047623_13015949.jpeg
(公式サイトからお借りした写真)
あちこちで目にした印象的なポスター
僧侶と神官達が向かい合う美しい光景
登下校の道で地域の神社に礼をし すぐ隣の“権現さま”には手を合わせ なかなか忙しかった事を思い出していた

f0047623_13400139.jpeg
宇佐神宮のお札は既にお祀りしてあるので 今回は火気を司る荒神さまにおいで頂くことにした
f0047623_13415417.jpeg
「ここが私の一番好きな場所」と入り口近くの宝物館で足を止めた
かつては一面の蓮が花開き 私の極楽浄土のイメージはここから と妹に話した

f0047623_13451119.jpeg
あくまでも穏やかに広がる水平線の美しさに またしても心を奪われた

時間にすれば15分くらいのこと
様々な予定が立て込み 一日一日体調や気持ちが変わる母の様子を見つめる中で
お天気にも恵まれた天与のひとときを過ごした

そして 父の17回忌は無事に終わった









[PR]
by mother-of-pearl | 2018-05-07 22:53 | 心に響く | Trackback | Comments(2)

Celebration of Life  偲ぶ会

f0047623_16123412.jpg
遠くの街まで出かけたのは 今回の最も大切な行事に参加するため
またしても 親切で万能なお隣のスザンヌのお世話になり 彼女の車に同行することができた
f0047623_16125046.jpg
なんでもない!と笑顔で一緒にでかけてくれた先は 私達の大切なご近所さんを偲ぶ会 Celebration of Life
スザンヌ夫妻ともう一軒のご夫婦と私は よく集まって一緒に遊んだ
亡くなった彼女はスザンヌとまるで姉妹のように仲良く過ごしていた
車椅子生活になっていたご主人の世話をしていた彼女の突然の訃報を受け取ったのは去年の暮れ
『偲ぶ会の情報が分かり次第 知らせるからね』とスザンヌからのメールを頼りに待っていた
f0047623_16114641.jpg


私が到着した翌日 彼女達が住んでいた家の前に 大型の引っ越しトラックが停まっているのを見た時
もう彼女はそこにはいないのだ という現実がひしひしと押し寄せてきた
ちょうど居合わせたスザンヌに挨拶もそこそこに『家を空けることになったの?』と尋ねると
悲しい顔で『もう 詳しいことは聞かないで・・・』とうつむいた

家族関係が複雑に重複するこの国では 残された多くの子供達の間で起こる争いごとを 目の当りにしていたらしい
『そうね 彼らが決めることだからね・・・』
会場への道すがら かなり込み入ったことも話してくれたけれど 大部分は私の理解力を越える英語で よく分からないまま
そして 聴きなおす必要もない と思った

f0047623_16121057.jpg

偲ぶ会........のイメージとは ちょっと違っていたけれど 150人を超える人達が集まった
もちろん 懐かしいご近所さん達も来ていて 『久しぶり~!!』と声をかけられる嬉しい瞬間も

f0047623_16135402.jpg

会場に掲示された数々の彼女の写真 ひとつのボードにはたくさんのご主人との思い出の場面も
左下の写真が 斜め向かいの家に立つ見慣れた二人    
あ~~~ もう いないなんて 信じたくない..........................

家族や友人からの心温まる思い出のエピソードが次々に語られるうちに 司会者が質問した
『この中で Simi Valley Corvettes (シミ・ヴァレー・コルベット)のメンバーはどのくらいいますか?』
驚いたことに5、60人が手を挙げた!!!

そうだったんだね~!!!!

f0047623_16144462.jpg
f0047623_16145834.jpg
f0047623_16151295.jpg

会場の駐車場に着いた時 車の集まりの日?と不思議に思いつつ 居並ぶ車にカメラを向けずにいられなかったほど
その訳が ようやく理解できた!!! 彼ら夫妻はコルベットの愛好者だった
ハーレーダヴィッドソンの話はよく聞いていたけれど コルベットも???!!!
生前に もっともっと話を聞いておけば良かったなあ

f0047623_16131808.jpg
スザンヌのお蔭で 見知らぬ人達との小さな会話をつなぐことができ 亡き人を偲んだ時間
f0047623_16140817.jpg
話しかけるのは無理だよと説明され 遠くから後ろ姿を見送った彼(遺されたご主人)は 翌日故郷のミシガンに移ると聞いた
かつてハーレーを乗りこなしていた人は 今も 立派に”二輪”に乗りこなしているよ ね 


あきれるほど涙がこぼれた後は 帰り道の空の青さとスザンヌの明るさに救われた

それにしても 国が違い宗教や習慣が違うと 人とのお別れの仕方もずい分と違うものだ とつくづく思う
ここには何もMUSTはなく 時間をかけ心を砕き できるだけ明るく見送ろうとする遺された人たちの熱い思いだけを感じた
黒い服じゃなくてもいい 泣かなくてもいい ずっと居なくてもいい ただただ彼女を温かく送る気持ちだけを持ち寄ればいい


帰り着いた家の前で 主が消えた彼女達の家をしばらく見つめていた
f0047623_17143476.jpg










[PR]
by mother-of-pearl | 2018-02-26 23:03 | 心に響く | Trackback | Comments(2)

結び直された水引

さて 桐箱の中です
f0047623_22270797.jpeg
桐箱を見つけた時期は去年の年末 クリスマスに因んだ水引を掛けてくださった
新たな扉を開ける息子への餞に........と ようやく手渡せる日を迎えたのはクリスマスイヴ

f0047623_22294016.jpeg
そっと蓋を開けた息子には 予想もしていなかった対面となり 驚かせてしまった
f0047623_23283636.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼が小学生の頃 家族総出で作家さんのお宅を再訪し ご夫妻から大歓待を受けた日

「僕はこれ!!」と指さした

..........これ って アナタ!! ネ ネダンが!!

弟も妹も 兄に続いて それぞれ指さす

あらら ら ら !

息子2人が生まれた街で出会った作家さん
次男が生まれたばかりの頃 走り回る息子1を連れ 息子2はおんぶで出かけたギャラリー
楠木に彫られた観音像に魅せられ 一週間の会期中4日通った展覧会だった
考え抜いた末 大決断で手元に置くことにして以来 ご夫妻との交流が始まった
仏師として素晴らしい仏さまを彫る他 様々な作品を創り続けた 中野清光氏
出会った場所は 沼津市のほさかギャラリー

毎年欠かすことなく頂戴した版画の年賀状 そして奥様からの手書きのお手紙はLAにまで届いた

沼津を離れた後 関東に移動した時 学齢期に達した子供達と共に懐かしいお二人を訪ねた
三人それぞれが別々の小さい仏さまを指さした後 いつかの日の為に と内緒で手元に取寄せておいた
20年以上前のこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
思いがけない贈り物を手にした息子1は しばらく沈黙した後
『帰ってから頂くことにします あちらでは空き巣被害も想定内のことなので 盗られたくないから』

f0047623_00272018.jpeg
水引は 再び 結び直された

再び手渡せる日まで

どこにいても 誰の手の中にあっても
中野先生ご夫妻の柔らかな笑顔が重なっている
f0047623_17492529.jpeg


                               (機が熟するに必要な時間の長さは 測り知れないものですね) 




[PR]
by mother-of-pearl | 2018-01-10 01:26 | 心に響く | Trackback | Comments(0)

もう いくつ 寝ると〜

f0047623_09560348.jpeg
慌ただしく秒針が進む日々が続く

林檎の香りに満ちた台所で コーヒーを淹れ 1日が始まる
f0047623_09591042.jpeg
友の優しい手書きの文字から穏やかさが伝わってくる
今朝は贅沢にも無花果を一粒丸ごと頂きます!
今頃は 飛行機に乗り込んでいるはずの 3人を想いながら

楽しかった時間を思い出す
f0047623_10041656.jpeg
一緒にたくさん遊び
f0047623_10173525.jpeg
持参したお弁当を 皆んなでパクパク
f0047623_10045234.jpeg

f0047623_18423342.jpeg
遊び疲れ腕の中で 眠りにつき しばしお昼寝タイム

引っ越し作業で忙しい二人の手伝いに出かけ
出発前に もう一日 息子家族と共に過すことができた

f0047623_10110744.jpeg
生まれた時からずっと一緒だった車にバイバイするのが悲しくて泣いていたね
我が家の3人も むかし同じ反応だったことを思い出した

f0047623_10131585.jpeg
3人仲良く 大きな変化を乗り越えていけるね!
頼もしい後ろ姿を見送った

行ってらっしゃい
新しい世界を楽しんで


もういくつ寝ると〜♪
また会える日までのカウントダウンが始まった



[PR]
by mother-of-pearl | 2017-12-29 10:29 | 心に響く | Trackback | Comments(4)