人気ブログランキング |

カテゴリ:嬉しかったこと( 507 )

再び 風になった日 (LAの思い出)

f0047623_15420456.jpeg

サンタモニカから更に北を目指し マリブの海岸線をひた走る

13年以上前に バイク後部座席に乗り 風になる快感を楽しませてくれた友
不思議なタイミングで 今またこの街に戻っていると知り 再会を果たした
嬉しい事に 偶々 私の憧れだった車を所有していた (マツダ ロードスター 米名 MAZDA Miata).
“カリフォルニアでオープンカーで走る”というささやかな夢を叶え 幌を下ろし 海岸線を走ってくれた
(髪は風で揉みくちゃになったけど)
f0047623_15454801.jpeg
サンタモニカの海を左に見ながら走り続ける
f0047623_15464749.jpeg
右側の崖の地層は 何度見てもカッコイイ!
(行ったことは無いのに 『カッパドキアみたーい!』と毎回思う)

海岸線を北上するとマリブ地域に変わる
(崖の上に豪邸が点在する LAでも 超がつく高級住宅地)
(MARVEL映画のアイアンマンの邸宅が描かれているのが この辺り....但しCGによる映像ではある)
海岸線から右に折れて 曲がりくねった山道を進む
f0047623_21354797.jpeg

f0047623_15534369.jpeg
You are here. の文字を見ながら
『思えば遠くへ来たものだ』と 感慨深くこの10年以上の時の流れを思っていた

今自分がどこにいるのかを考える事も無く
運転技術も地理感覚も すっかり信頼できる友の存在に感謝する
.......バイクも車も 見事に操る頼もしさ

夢のようなドライブを楽しんだひと日が終わる
f0047623_21422418.jpeg

f0047623_15573016.jpeg
大好きな椰子の木が並ぶこの街に
あと何回 戻って来れるのだろう

小さな旅が終わる頃 いつも同じ事を思う

永遠に続くものなんて 何も無いのだから



ただ 余り感傷的にはならず しみじみと またひとつ夢を叶えた喜びを 噛みしめた

夢は叶うものではなく 叶えるものだ と思うから

また次の “灯り”を 高く掲げ 焦らず 弛まず 進んでいこう

...........次の夢は 何にしようかなぁ............












by mother-of-pearl | 2019-03-12 21:41 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

日常に戻って 早速 非日常

f0047623_17364745.jpeg
白いチャペル

f0047623_20171634.jpeg
非日常の極み
f0047623_17370740.jpeg
西海岸の時間をギュッと縮めて駆け抜けた理由は この場に加わること
f0047623_17374051.jpeg
甥っ子の晴れ姿をこの目で確かめ その母である妹の慶びを分かち合う為 ネェチャンは飛んで帰ったのです
着陸した時間から15時間後には 式場に向かう電車の中 (-_-)zzz

乾杯の泡が 爽やかに上る

f0047623_20181480.jpeg

f0047623_17390186.jpeg

f0047623_20190004.jpeg
2人で手作りしたキャンドルと 1人1人に宛てたカードも用意されていた

若い2人が時間をかけ 知恵を絞り 心を込めた温かい祝いの宴を心から楽しんだ
f0047623_17393895.jpeg
甥が担任するクラスの子供達からの微笑ましいメッセージの数々で 日々の仕事ぶりが伝わってきた
教員であった父から娘である私達 そして孫へと 教師の道が繋がっていることを嬉しく思った

f0047623_17384567.jpeg
おめでとう! 朗らかな家庭を築いてください

立派な社会人になった姿を見せてもらい 心温まるひとときを過ごした



帰国後 24時間以内の予定も無事終了

さて “本格的な日常生活” に 戻ることにします!













by mother-of-pearl | 2019-03-10 17:35 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

場所を変えた日常 LA編 ( 友達ー4 &5 )

「ディナーはメキシカンに行こう!」
f0047623_16491335.jpeg
我が家から離れた場所のレストランを予約してくれた友人は 愛車FIATで迎えに来てくれた

Highland Park は丘を上り下りする地域に個性的な家が並び 小ぶりなレストランも多く 
もう一箇所好きな場所のSilver Lakeにも似てアーティスティックな雰囲気を醸し出すエリアに変貌している

メキシカンの家族が経営するレストランには本物がズラリ!
先ず選んだのはピリッと辛みが効きたスープ
大きなミートボールと人参が柔らかくて美味しい
f0047623_16542733.jpeg
メインが運ばれる前に 前回11月に会った時に話題になったお土産を渡す
f0047623_17025515.jpeg
イギリス人である彼女は 『KitKat は私の国では1種類だけど日本には色々あるんだって?』

『そう!例えば こんな感じ!!』と4ヶ月遅れで実物を渡す
いつもいつもいつもいつも........お世話になり 優しさをいっぱい頂く彼には 頑張って見つけた日本のウィスキー🥃

揚げたてのコーンチップスと美味しいサルサは 既にお代わりも終わりそうな勢い
f0047623_17073385.jpeg
さて!熱々のメインが並んだ!
『皿が熱いから気をつけて!!』と本気で叫ぶ
メインの魚やステーキに豆と米料理が添えられる
全てを盛った皿ごとオーブンで熱したように端っこがチリチリ焦げている

一年前この地域の流行りのラーメン屋さんに行った時 帰りに彼女の家の前まで送った

今回明るいうちに迎えに行け 素敵な家の前を見ることができた
この黄色と白の縁どりは アメリカの家では一番好きな外壁のスタイル
ニューファンドランド犬が愛らしく彼女を守っている
f0047623_17130759.jpeg

f0047623_17185297.jpeg
外壁とコーディネートしたような黄色と白のエンゼルトランペットが魅力的
ラベンダーとローズマリーのブッシュも美しく勢いがある
f0047623_17213688.jpeg
あー 憧れの庭作りを実現しているねー
f0047623_17221814.jpeg
反対側には元気良くアーティチョークが葉を広げている!
花の時期に来れたらいいなぁ
(その姿は超大型のアザミ)

『次は 是非中に入ってね! お茶を淹れるからね』

本格的なブリティッシュスタイルのハイティー??
なんて勝手な想像は止めよう
だって 私が日本人だからと言う事で 正式なお茶会を期待されたら エライ事だから ね! (^_−)−☆

よくある偏見 (お互いさまに どの民族に対してもあること)
ある時 庭の外の道を掃除していたら よく散歩で見かけるオバサンが話しかけてきた
『家のベッドルームのペイントしようと思うんだけど 風水的には何色がいいのかしら』みたいな質問
日本人ですが、、知らん、、ですよ そんなこと
金運を上げたければ 西に黄色 とか言っちゃおうかな! 愛より金はどう? なんて そそのかす?

ジョーダンはそのへんにして

彼女に初めて会ったのは 一年余り前 のこと
初めてなのに 大げさに騒ぎ(?)たてて友情を誓う訳でもなく 始めから自然に会話を楽しめた人
プロフェッショナルのジャーナリストとして活躍する人は 普段の話は誇張が無くて話易い

また次も会えるのを楽しみに しばしのお別れ
f0047623_17413791.jpeg


一期一会の街角で 夜更けの交差点を渡った








by mother-of-pearl | 2019-03-07 13:47 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

場所を変えた日常 LA編 ( 友達ー2 & 3 )追記あり

f0047623_16021585.jpeg
Another Broken Egg Cafe で11時15分に!
前日 場所と時間を指定してくれた彼女
時間通りに道の向こう側に現れた
f0047623_15171633.jpeg
時間前には到着している“日本人”と
“日本人よりちゃんとしてる”彼女の息子さん
カフェの前で 既に話が始まっていた
f0047623_16201925.jpeg
壁に埋め込まれたプレートを見つけ
『これはBurbank 初の市役所として1916年に建てられたそうだから百年以上前の建物なんだねー』とか
f0047623_15174488.jpeg
実は彼は 有難い事に今回LAX空港まで迎えに来てくれ 道道ずっと“日本語で”四方山話をしていた
私の短期滞在中 この日しか無いかもしれないから と優しい理由をつけて迎えに来てくれた
(いや もう 本当に有り難くて 次の来日では 毎朝焼き魚定食を作るよ!)

偶々予定が変わったらしく もう一度会えるなら と お母さんとのランチに合流してくれた

さて! 初めての Another Broken Egg Cafe
独特の形の色とりどりのマグが ディスプレイされた入り口
f0047623_15210571.jpeg
可愛いらしいマグに 深煎りでとても美味しいコーヒーが注がれる(しかもお代わり自由!)
f0047623_15220256.jpeg
それぞれ好きな物をオーダーし 話が止まらない
f0047623_15225043.jpeg
文字通り素顔のままなのにこの美しさ!
(2度目だというこのカフェでも ウェイトレスさんが嬉しそうに話しかけているのを見て 女優さんなんだ!と思い出す)
(簡単に呼び出しちゃってスミマセンねー)


今回もお互いの子供達のこと 仕事のことをたくさん話し 短くも満ち足りた時間を過ごした
何と息子1と繋がっているらしくブリュッセルの孫のことまで見てくれていてビックリ!

日本志向が強い息子さんが また日本に住むことになるかもしれないから と 日本語のレッスンを再開したという

少なくとも 私よりは少しオネエサンで 私よりずっとバリバリ仕事を続け 私よりスーパー細い凄い友達がいる事は 何かにつけて 有難い刺激を頂けます!!

(........私より云々 って比べては 申し訳ないハナシ........)


《 追記 》
お礼のメールを出した翌朝 彼女からも嬉しいメールが届いていた
“息子さん”からは その日のうちに 既に数回メールの往復が完了 (彼とは90%日本語で)

本当に素敵な親子に出会えたものです





by mother-of-pearl | 2019-03-06 16:13 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

場所を変えた日常 LA編 ( 友達—1)

f0047623_13185225.jpg
友達との再会 第一弾は Brad Kelleyさん 
到着直後に『もし明日時間があれば・・・』のいきなりメールに快く答えてくださり 急遽 我が家で再会

去年のコンサートを楽しみ 楽屋訪問でご夫妻とお会いした後 まだまだコンサートツアー継続中に私は訪欧
16年の長きに亘る Disney On Classic コンサートの指揮者として有終の美を飾った日のお祝いは 今日まで先延ばし


去年のコンサートツアーの合間に 日比谷のゴジラスクエアを楽しんだ時の話に花が咲いた
f0047623_13234728.jpg
日比谷ミッドタウンのゴジラスクエアを訪ねたり 好物の“日本的な中華料理”チャーハンとギョーザを楽しんだりした


『生まれ故郷とロサンゼルスと東京』を比べ一番好きな場所は何処?に対して同じ答えを確認し 
観光客としてではなく東京という街にいることの面白さを 改めて語り合った

f0047623_13154421.jpeg

新しいコンサートDisney World Beat 開始を目前にして 色々と心躍る話を伺った後

『じゃ また来月 東京で!!』と 手を振る

あちらでも こちらでも 会える友達がいること
どこにいても 機動力を持つ(つまり 自力で移動できる)友達であること

本当に ありがたい!!










by mother-of-pearl | 2019-03-04 06:58 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

はぁと型の贈り物

f0047623_13480753.jpeg
思いがけなく届いた美しい色とかたち

誕生日でも無いのに なんだろう??
そ〜っと蓋を開けると 優しい色合の花々が咲いていた
f0047623_13483597.jpeg

優しい香りが ふわりとこぼれ出る!!
f0047623_11290320.jpeg

カレンダーに囚われずに生きていよう.....とは言ったものの

やはり 目に見えるかたちで届けられた想いは 嬉しいものです

素直に
ありがとう





by mother-of-pearl | 2019-02-14 00:14 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

わくわくワッフル!

日曜日の朝は ワクワクしながら幕を開けた!!
我が家で 初の焼き立てワッフルを食べられたから!

故郷の妹の家で焼いてくれたワッフル
f0047623_17063474.jpeg
f0047623_17070187.jpeg
息子1夫婦が 夏と冬に食べさせてくれた本場のワッフル
f0047623_17101471.jpeg
家でワッフルが焼けたら良いな

ず〜っと 直火式にするか 電器にするか 考えていた(ネット検索で見つけた直火式)
f0047623_15282399.jpeg
震災の後の大々的な停電で 電気に頼り過ぎない暮らし(古典的なストーブとか卓上コンロの確保とか)を目指している身には答えは明らか.......
しかし『そんな緊急事態にワッフルを焼かんでも.....』との内なる声も聞こえてくる
更に『駅前の家電量販店のポイントも十分貯まってるし...』との ダメ押しの声がささやく

できるだけ小ぶりの物を見比べては悩み 三回は行ってみた
f0047623_14303539.jpeg
サイズは申し分無いがピンクとブルーの2色だけで渋り ほぼ同額の他社の“白い”ワッフルメーカーを手に レジの列に並んでいた
まだグジグジ迷ってる自分........踵を返して 売り場に戻る!
結局 色は妥協してでも ⬆︎ を選んだワケは
“鯛焼き型のプレートが付いていたから!”
(悩んだ割には呆気ない理由で選ぶ自分に苦笑)

買わなかった方には“ドーナツ型のプレート”がついていた
(ドーナツを食べるなら やはり揚げドーナツでしょ とアクマが囁いた)
f0047623_15285566.jpeg
溜まっていたポイントで入手できたのは有難い
遂に手に入れたワッフルメーカーを下げ 冷たい夜風の道をウキウキ帰った!

一夜明け 日曜日の朝 さて!作ってみよっかなぁ〜!

ホットケーキミックス100グラム
卵 1個
牛乳 100CC (今朝は牛乳が残り少ないので 水で代用)

通電し プレートに少量のバターを塗る
生地を流し込み 上側のプレートを閉める

ふわぁ〜っと 周りから蒸気が上がる
ぎゃ! 生地も漏れてる!!

四角いプレートいっぱいに流したら 多過ぎることを学んだ ヨ

f0047623_14444008.jpeg
できた!!! できた!!
人生初のワッフルが焼けた!! あー嬉しい😆😆😆
f0047623_14505921.jpeg

小さな決意 大きな幸せ!  
いや......ワッフル一枚焼いて 幸せって 大げさですが (^_−)−☆

................................................................................................................
(電化製品は白か黒かメタリックが良い.....とか言ってる割にはお皿もカップもブルー!!)









by mother-of-pearl | 2019-01-28 00:05 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

欧州の思い出 ルクセンブルク編

地理で習った“ベネルクス三国”のひとつルクセンブルク

べはベルギー
ルはルクセンブルク
ネ、、、は何?と思った
かなり後になってオランダをネーデルランドと呼ぶことを知り ようやく合点がいった

さて そのルクセンブルグにも 足跡を残すことができた!!

朝霧が立ち込める街を出発!
車窓からのテキトー写真ながら 幻想的な墨色の風景をお楽しみください
f0047623_13221560.jpg
f0047623_13224237.jpg
f0047623_13552956.jpg
f0047623_13555402.jpg

f0047623_13564514.jpg
ようやく朝日が輝き始める頃 高速道路脇の樹々に宿り木を見かけるようになり 一人でワクワクしていた
f0047623_13583319.jpg
f0047623_13585759.jpg
あ~!!!と思った時は 既に時遅し!
シルエットでかなり頻繁に宿り木を見ることができた
参考までに ネットからお借りした宿り木の写真↓↓↓↓
f0047623_01592137.jpeg

途中で休憩場所で 足を伸ばして辺りを歩き回る
f0047623_14005008.jpg
f0047623_14010758.jpg
長距離トラックの運転手さんも タバコ休憩中

f0047623_02005577.jpeg
凍てついた草むらの地表には ポコポコとモグラが顔を出した跡が見えた
f0047623_14022825.jpg
f0047623_14032139.jpg
朝日を浴びて凍り付いた霜が ほどけていく時間
f0047623_14040713.jpg
さて!ルクセンブルグまで 運転再開 がんばってね!!
f0047623_14045595.jpg
到着した巨大ショッピングモールで あれこれ 眺め 食事をし 楽しい時間を過ごした
f0047623_15153205.jpg
f0047623_15155790.jpg
長い列で辛抱強く待ち 焼きたてのピザを持って来てくれたパパに Merci!!!!

ユーロで統一されてはいるものの (旧)国によって酒税が異なり ここではブリュッセルよりお得な一本を購入
バニラ風味のジン・・・・美味しいのか?とは思いつつ 
f0047623_14065992.jpg
玩具屋さんではあれこれ試して 楽しむ!!

ブリュッセルへの帰り道 窓から見える風景に心が和らぐ
f0047623_14100303.jpg
f0047623_14102442.jpg
信号待ちで止まっただけの とある町の交差点 
道の奥に広がる街並みが目にとまり 足を踏み入れることもなく過ぎ去って行く風景に 何故か胸がキュンとした瞬間
f0047623_14103981.jpg
f0047623_14140499.jpg
煙たなびく風景に ・・・弱い   火を点け 火を消す人の暮らしがそこにある
f0047623_14153076.jpg
f0047623_14154686.jpg
リエージュのサインが見え ブリュッセルが近づく
f0047623_14165287.jpg
道路脇には 孤高の風車がそびえ立つ
f0047623_14184339.jpg
帰り道 地元のスーパーに立ち寄り 買い忘れは無いか?と尋ねてくれる
f0047623_14413356.jpg
・・・・買いたいものは持ち帰り困難なものばかり・・・・じっくり眺めて楽しみました

買わなかったもの 行かなかった所 会えなかった人 のことは さっぱり諦める 
それが 通り過ぎる時間の積み重ねである旅の極意
f0047623_14201088.jpg
一番美味しいワッフルを食べられる広場が なんだか ”我が町”のような気分になった 充たされた日々

地図でしか知らなかった場所に たくさんの足跡を残せたことに感謝 感謝











by mother-of-pearl | 2019-01-19 01:58 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

欧州の思い出 ブルージュ編(夜の部)


f0047623_12234023.jpg

f0047623_12221327.jpg
f0047623_12224387.jpg
冷たい風が吹く街を 皆であちこち眺めながら歩いて行く
f0047623_12254079.jpg
f0047623_12264628.jpg
寒空の下を歩くうち だんだんお腹も空いてきた  先を歩く息子について行った先はスペアリブのお店Bones
f0047623_12285981.jpg
f0047623_12303111.jpg
暖かい室内に 快いざわめきが拡がっている店で ガッツリ”蛋白質”を補給!
f0047623_02261092.jpeg
子供の入店OKのお店では お絵描きセットが用意されていた
f0047623_13120067.jpeg
小さい人も初めての骨付き肉に果敢に挑む!
f0047623_13124624.jpeg
美味しいお肉を堪能した後は 身体も温まり 夜の街を散策
f0047623_12321383.jpg
f0047623_12344939.jpg
大鍋で湯気を上げる本格的なホットワイン
f0047623_14301214.jpeg
デザートは やっぱりワッフルだね!


f0047623_12353901.jpg
美しいクリスマスの季節に この街に立っていることを 不思議に思い 感謝でいっぱいになる

寒さ・・・・・は 全く感じなかった夜




by mother-of-pearl | 2019-01-17 00:36 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)

欧州の思い出 ブルージュ編 (昼の部)

港を見学した後 更に車を走らせ 大きな水門が見えて来た
着いたのは水の都として知られる街 ブルージュ

f0047623_14552038.jpeg
美しく水面に映る風景を大勢の観光客がカメラに収めている 
20年前の夏訪れた時は この水上ボートに乗り ガイドさんが三か国語で案内することに驚嘆!

ホテルの窓から見えた運河沿いに歩いてみた
f0047623_10493655.jpg
f0047623_10501685.jpg
この街も歴史を刻んだ石畳が続く (サンダルで失敗した夏の経験から今回はしっかりウォーキングシューズ!)
f0047623_10593776.jpg
足元を見つめて 同好のマンホールの蓋好きの友想った
石畳の道に鉄の蓋の重厚さがよく合うこと!
f0047623_10521167.jpg
あちこちに 名物のムール貝料理の店が並ぶ!
(息子夫婦は共に貝類アレルギーなので誘えないのが残念)
f0047623_10534129.jpg
お腹が空いた訳ではないのに 『ブルージュのワッフルも試してみないとね!』と妙な言い訳を作り 店先でひと休み
f0047623_10554319.jpg
注文を受けてから 用意してある団子状のタネを挟んで焼き上げる様子を見て 楽しんだ 
あれ??  ちょっとグルテン効きすぎかな?
ブリュッセルの地元の朝市で食べさせてもらったワッフルが やっぱり美味しいと再確認できた

f0047623_12114139.jpg
一人でぶらぶら散策したもうひとつの目的は たくさんのレースのお店を覗いてみること

かぎ針編みのレースではなく ベルギーのボビンレースは どちらかといえば織り物に近いように思う

我が家はレースを飾る雰囲気ではないので 買わないのは明らかながら 目の保養・・・
f0047623_12130981.jpg
・・などと思いつつ 『せっかく来たんだし~』と言い訳はすぐに見つかり しおりをひとつ 記念に買った!! やっぱりネ
f0047623_12145527.jpg
レース編みのボビンの形??と思う形のワッフルもあり あれこれ眺めて楽しんで歩いた
f0047623_12173176.jpg
日暮れどきの水辺は 底冷えがしてきた
f0047623_12182553.jpg
夕暮れの街にカリヨンの音が響くころ 石橋を渡り そろそろホテルに帰ろう!!!



by mother-of-pearl | 2019-01-16 00:26 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)