カテゴリ:嬉しかったこと( 476 )

ともだち 

f0047623_03151297.jpg
『散歩がてら いつもの公園に行ってみましょう』

外遊びが可能な季節になって以来 よく出かけるという場所に連れて行ってもらう
f0047623_03154393.jpg
一人で遊び始めたところに 今日はお友達がやってきた!
すぐにシーソーに乗り始めた二人
f0047623_03184734.jpg
ちょっとお兄ちゃんかな?と思われる少年に くっついて遊び始める
f0047623_03191069.jpg
何をするのも いっしょ!いっしょ!!
f0047623_03203775.jpg
後になり 先になり・・・・ 一言も話してはいないのに 楽しそう
f0047623_03212859.jpg
そのうちに オニイチャンは自転車に乗り始めた! かっこいいなあ
f0047623_03221699.jpg
見ている方が呆れるほど 元気に元気に ただただ後ろについて走り続ける
ホントにビックリする程 走り続ける

・・・・・・でも ね ・・・・さすがに 疲れたよね~
f0047623_03232416.jpg
自転車を降り 心配そうに立ち止まるオニイチャン
何か 話してる(?)のかなあ
f0047623_03243007.jpg
大人なら さしづめ『一緒に飲もうぜ!』。。。ってところかな?
f0047623_03260199.jpg
オニイチャンが初めてのぼれたら 思わず拍手をしている!!素直でいいね~
f0047623_03275672.jpg
次の日も 同じ時間に二人で遊べて 本当に楽しかったね

f0047623_03285287.jpg
公演の端っこのベンチで 本を読みながらお孫さんのお守りをしていたおばあちゃん

Je ne parle pas français
『私はフランス語を話せません』というフレーズを心の中で繰り返した後 
意を決して話しかけたら なんのことは無い 英語でお話ができた
夏休みが始まり この坊やのお姉ちゃんが公園の隣りのジムの体操教室に通う間
いつもここで待っているのだと話してくれた
『日陰のベンチがあればいいのにね』と 毎日長い待ち時間を過ごすのも大変そう
結構夏休みが長くて 働く若いご両親だけでは なかなか大変なんだ とか
2日続けて楽しくお話ができ TOKYOに帰る時は良い思い出を持って帰ってね!と言ってくださった

はい 心いっぱいに 可愛らしく楽しい時間の思い出を頂きました 

f0047623_03344914.jpg
ちょっと疲れた帰り道は ママに抱っこをおねだり・・・
f0047623_03353141.jpg
大切に 大切に 異国で子供を育てている彼女の後姿に 思わず胸が熱くなってしまった


f0047623_03364085.jpg
たくさんの樹々に 彼女と孫息子を しっかり守ってくださいね・・・と語りかけずにいられない



f0047623_03374489.jpg
帰り着いた家の入り口のフロアに 小さな虹が!!!!

海外で子育てという年月を過ごしている息子家族との時間を体験し

きっと きっと みんな大丈夫だよ ね との確信を得た


自分にはできなかった事をやり遂げている彼らを頼もしく思い
若い世代の温かい家庭作りをこの目で見る幸せを満喫した








 









[PR]
by mother-of-pearl | 2018-07-14 06:14 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

カンブルの森で 昼食を


f0047623_21431204.jpg
カンブルの森の木立をくぐり 美しい湖畔に辿り着き 静かに待ち合わせの時間を待つ
f0047623_21443611.jpg
初めての場所まで運転してくれたお蔭で 間も無く20年ぶりの再会が叶う
f0047623_21460950.jpg
小島のレストラン LE CHALET ROBINSON レ•シャンブレー•ロビンソン までは小舟に乗って渡る
f0047623_21482975.jpg

湖面を渡るそよ風に吹かれながら アルデンヌ地方での夏 20年前の美しい旅の思い出が甦る
アルデンヌ地方に住居を持っていた友人と出会ったのは東京の雑踏の中
静かな哲学者を後に息子1夫婦にも紹介できていたことにも 今に繋がる不思議な糸を感じる

f0047623_21500363.jpg
メールのやり取りは続いてはいたものの 再びこうして出会う機会があろうとは!!
f0047623_21553622.jpg
満員のテラス席で語らいながら 静かな室内に目をやり
f0047623_21570420.jpg
深い味わいのカフェを楽しみながら 寸暇を惜しんで話し続けた
f0047623_22202081.jpeg
かつて獨協大学の客員教授として来日した頃 微力ながらお手伝いする好機に恵まれた
西田幾多郎の『善の研究』”序文”だけの翻訳にかなりの時間がかかった事を思い出す

何度か加筆を重ねた西田が 序文の終わりに引用した句『命なりけり 佐夜の中山』
それが西行の句の一部であることを 恥ずかしながら初めて知った
あれから 西行を(少し)読み 続いて白洲正子さんの西行を読むことにもつながっていった


年たけて また越ゆべしと 思ひきや 命なりけり 佐夜の中山

正に 正に 命なりけり・・・・・・・

20年の時を経て大切な友に再会でき しかも愛する子供夫婦と孫がこの街に住むことになろうとは

f0047623_22063861.jpg

      Life is wonderful!!!!  
          
    感無量

                       À bientôt (またね!)











[PR]
by mother-of-pearl | 2018-07-07 14:54 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

ブリュッセル市内観光


f0047623_13531827.jpg
地下駐車場から地上に出ると陽射しが眩しいブリュッセルの街
f0047623_14243731.jpg
建物の間から見える尖塔を目指して歩く
f0047623_14262477.jpg

f0047623_14274841.jpg
ランチを前に美しく整えられたレストランが並ぶ通りを進んで行く
f0047623_14285227.jpg
広々として空間に出る!  Grand Place グラン・プラス
f0047623_14300019.jpg

f0047623_14303737.jpg
f0047623_14315250.jpg
f0047623_14322799.jpg
圧倒的な質感を誇る石造建築を見上げ その細部の美にただただ感動し続ける

観光名所もはずさない・・・・(^_-)-☆
f0047623_14342451.jpg
Manneken Pis いわゆる”小便小僧”の像 
思ったより ちっちゃい
f0047623_14360193.jpg
Everard't Serclaes セルクラース像
その足元に触れると”良いことがある”らしい像の前では写真を撮りたい人々が列をなす
そこ邪魔しちゃダメだよと小さい人を諭した我が息子1を グイッと押しのけるオッサン!
他民族が入り混じる国(土地)では 押し合いながら強く生き抜く必要があること
一瞬の出来事で ”良い人”モードから”負けてはいません”モードにスイッチを切り替える
『私の息子に何するんですか!』てな勢いで...その息子は私を守ってくれているんだけどね

カリカリしてたら足元に触ったくらいじゃ幸せにはなれないよ?? ニコニコしなきゃ なんてね
f0047623_15054578.jpg
Tin Tin タンタンの冒険シリーズのキャラクターが並ぶ店先
このロケットは ベルギーの旅ではアステリックスの他に欲しいものだった
『ちょっと寄っても良い??』。。。。。むかしと逆転し息子の足を止めまくる母 (^^ゞ

程良いサイズのロケット ゲット!! 
はい 自分へのおみやげ完了  ........とか 言いつつ 絶対 また何か買うと思うけれど
f0047623_15115559.jpg
名物ベルギーワッフルの甘々バージョンが並ぶ  
f0047623_15134481.jpg
繊細で美しいレースもベルギーでは外せない.................但し ベルギー製はお値段も高級
f0047623_15152690.jpg
何と言ってもベルギーはビールでしょ!! それはそれは多くのタイプのビール店が並ぶ
f0047623_15102704.jpg
    
ブリュッセルでは外せない有名レストラン LEONでランチを御馳走になった
(魚介で有名だというのにソーセージを頼む肉食ぶり 本場のコロッケも美味しかった)
f0047623_15193317.jpg
街角にはタンタンのスポットも描かれている
f0047623_15283388.jpg
Le Pain Quotidien
ロサンゼルスで友人に会う時は好んで出かけたベーカリーカフェ 実はベルギー発祥のお店
まさしく”本物”に出会えて 嬉しい! ・・・ここなんだね~~ 妙に懐かしい 
f0047623_15202329.jpg
Galeries Royales Sain-Hubert ギャルリ・サンキュベール
ヨーロッパ最古のショッピングアーケード
天井のガラス越しの柔らかい光を楽しみながら 数々の高級ショップを覗いて歩く

(サンフランシスコのお洒落なフェリービルディングはこのアーケードを真似ているのかも・・とも思った)

明るい陽射しいっぱいのグランプラスとの対比が美しく 歴史を重ねた文化の奥深さを感じた

ブリュッセル市内観光の中心部を効率よく漏れなく楽しませてもらい 
僅か半年の間に数々の出張者も案内し とちかんを得ていることに感心しつつ 大満足の午後を過ごした













[PR]
by mother-of-pearl | 2018-07-06 21:23 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

先ずは 市内散策


f0047623_13571624.jpg
f0047623_13574509.jpg
f0047623_13585404.jpg
f0047623_13593201.jpg
清々しい夏の風を楽しみながら 初めての街を歩いて行く
慣れた足取りで先を行く後ろ姿を頼もしく見つめながら 石畳の道を進む
f0047623_14020684.jpg
BROCANT つまり蚤の市!  さすが 母親のツボを心得ている!!
f0047623_14033290.jpg
早速 広場に ”放牧”してもらい あちこち覗いて回る
『いくらですか?』とか『英語で大丈夫ですか?』とか僅かなフランス語をブツブツ復習しながら
f0047623_14051572.jpg
f0047623_14075036.jpg
出会うものですな~!!!!ほぼ会場を一回りし終わる頃 ドッサリフィギュアを並べたご夫婦に遭遇
この膨大なひと山から 目指すキャラクターを見つけてしまった! 
それは かなり古い漫画本のアスてリックスのキャラクター達
f0047623_15280783.jpeg
(ネットからお借りした一例写真)
アステリックスについての面白い記事です)

どこかで小さい物を見つけられたらいいなあ と”小さく”望んでいたことが叶ってしまった!
(旅に出る前に何かを買おうという目的はほぼ持たない私としては 珍しいこと)
(何故なら不慣れな旅先の知らない街角で探し物をするのは かなり時間を無駄にするから)

売り主と”会話を楽しみつつ”手に入れたフィギュアを眺める私に 若い二人は呆れ顔
『もういいの?』
『はい!!完了!!!』
f0047623_14154748.jpg
彼らはカフェで私を待っていてくれた
そこで孫と半分こしたオレンジジュースがと~っても美味しかった!!!!(て 写真なし)

思い残すことなく 一期一会の場所を後にした

ブリュッセル観光名所に続く・・・・・・・・・・(^^)v





[PR]
by mother-of-pearl | 2018-07-05 14:18 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)

まさか! の西へ


f0047623_15023896.jpeg
ま まさか! ではありますが
その まさかの西へ向かう翼に乗り 久々の成田空港から飛び立つ
ここ数年は羽田空港からの夜中発の便が多かったので
離陸後 眼下の緑深い田んぼの景色が新鮮に映った

迎えてくれた息子1家族との再会
半年ぶりの孫息子が 空港の出迎えゲートで走り寄ってくれて大感激!!
覚えてくれてたんだね!!

f0047623_15052492.jpeg
フランス語圏らしいスーパーなどを 早速 楽しませてもらっている
f0047623_13472816.jpeg

しかもこのタイミングで!サッカー対戦国にいるとは
f0047623_13480953.jpeg
静かな集合住宅に歓声が湧き上がった瞬間!

f0047623_21044785.jpeg
私たちは 『え~~~っ!!!!!』
f0047623_21055008.jpeg
こちら時間では夜8時からのゲームだったので テレビ観戦で...........良かった〜〜
f0047623_13492141.jpeg
善戦ぶりを見せてもらいました
f0047623_22484168.jpg


こちらの暮らしを落ち着いて過ごしている若い2人+1人の家で 幸せな時間を体験中!!
20年ぶりのベルギーの夏




[PR]
by mother-of-pearl | 2018-07-03 22:56 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(8)

歩き回った香港 (いつの間に香港 その6)

f0047623_13424380.jpeg
『週末は雨』の予報に反し 今朝も『ありがとう 香港!』

前日数時間しか一緒にいられなかった友人とホテルのロビーで待ち合わせ 最終日の数時間を楽しく過ごした
如何にも香港!の坂道を上り 彼女の友人の家を訪ねる
f0047623_13434020.jpeg

f0047623_13482697.jpeg
スタイリッシュなインテリアの室内から 新観光名所が見下ろせた

f0047623_13504576.jpeg
警察署の跡地を利用した 観光施設 大館 TAI KWUN
f0047623_13521206.jpeg
アート発信基地的な企画満載の興味深い場所に変身していた
(それもそのはず バックは香港ジョッキークラブ!)
f0047623_13544553.jpeg
その後(冷たい)塀に沿って坂道を上がり
f0047623_13560738.jpeg
静かなカフェで 焼き立てのパイナップルケーキを味わう
f0047623_13572995.jpeg
プラスチックのストロー不使用を始めていた

f0047623_13590141.jpeg
ただひたすら彼女に続いて坂道を下り 地下鉄中環駅(セントラル)を目指す
f0047623_14004368.jpeg
彼女無しでは 手も足も出ない地元の人で賑わうレストランで飲茶
f0047623_14021697.jpeg
名都酒楼 (金鐘駅すぐ)

チェックアウトを済ませた後 香港駅に向かう
何しろ 香港駅には全ての航空会社のチェックインカウンターがあり
搭乗手続きを済ませ 荷物の預け入れまで完了した後 身軽に残り時間を楽しめる
利便性の高さを誇る国際的観光地としての香港を最後の瞬間まで歩き回る

スーツケースを預けた後 香港駅の中二階にある
添好運(ティム ホー アン)で焼肉まんをテイクアウトしたのです

真夜中のフライトまで まだまだ歩けますよ〜!

対岸の九龍半島側に渡り 娘が希望していた場所を訪ねます
f0047623_21275919.jpeg



長々お付き合い ありがとうございます
次 で香港の旅は終わります!
香港の旅 は ね(^_-)








[PR]
by mother-of-pearl | 2018-06-29 21:25 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)

それぞれの楽しみ方 (いつの間に香港 その5)

f0047623_09491868.jpeg
頭上遥かに見つけたタマゴ型ヒーロー (^。^)
あれ?蜘蛛男?!

香港在住の友人と3人で一緒に昼ご飯を楽しんだ後 娘お勧めのアトラクションに同行
f0047623_09560654.jpeg
キャッ! “ホンモノだ!”
(本物 の定義は この際置いといて......)
並んで写真撮影 珍しく 自分のカメラでも一枚撮っても良い と言う太っ腹な配慮
f0047623_09582424.jpeg

f0047623_09583626.jpeg
3D映像のスリル満点のアトラクションにお付き合い  
(実は この手のアトラクション 母はほぼ何も見ていません、、です)

午後から急な仕事が入ってしまった友人は また明日!とここで香港島に戻った

この後 娘と私は再び別行動 2時間後の待ち合わせ場所を確認し
f0047623_09503837.jpeg
娘は 《 鉄 男 》へ
f0047623_09514694.jpeg
母は 《 宇宙 山 》へ

そして また しつこく岩石の美を堪能する私
f0047623_10580238.jpeg

f0047623_10590877.jpeg
玄武岩のような美しさの岩石
(一定のパターンの繰り返し こういうデザインに弱い!)
f0047623_10595289.jpeg
ただ 割れた部分を見ると ガラス質も含んでいて摩訶不思議な岩石群
f0047623_11002897.jpeg

f0047623_11010311.jpeg
陽が落ちて尚 張り付いて見続ける
f0047623_11012718.jpeg
完璧な角度で月が昇り 宵の明星が輝いていた!
f0047623_11025597.jpeg
ピノキオがクジラと戯れ どこの国の子供達も元子供達も 笑顔で帰って行く所

人が創造したものの素晴らしさをを丸一日 味わい尽くして 帰路につく

f0047623_12083844.jpeg
一日中 地下鉄のパスが使えるのも嬉しい
f0047623_12082616.jpeg

夕食の時間も惜しんで帰り着いた部屋
f0047623_12103298.jpeg
振りかけ持参でどうするんだろう?と思っていたら 何とお湯を注いでご飯ができる!!
f0047623_12115883.jpeg
用意周到な娘に 感謝感謝の ひと幕で 香港2日目が終わった

f0047623_12142006.jpeg




[PR]
by mother-of-pearl | 2018-06-29 02:20 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(0)

岩石群 (いつの間に香港 その4)

続いて ターザンツリーハウス島内の岩石群に目を移す
f0047623_09311733.jpeg

f0047623_09313451.jpeg

f0047623_09320524.jpeg

f0047623_09322459.jpeg

f0047623_09330028.jpeg

f0047623_09331678.jpeg

f0047623_09334150.jpeg

f0047623_09341146.jpeg

f0047623_09343887.jpeg

f0047623_09350447.jpeg

しみじみと 感慨深く 一寸たりとも見逃すまいと ありとあらゆる岩石を眺めて歩く
底面も 側面も 頭上も...........
f0047623_09375089.jpeg


大樹も岩石群も 全て 人の手になるものだから



ようやく この目で確かめることができた感激で 胸がいっぱいになり
対岸に戻るイカダから見る島がウルウルとボヤけてきた


(大量の写真にお付き合いくださって ありがとうございました)



[PR]
by mother-of-pearl | 2018-06-29 01:28 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(0)

再会! (いつの間に香港 その3)

いつの間に ふらっと行ってきた
とは言うものの 主な目的はありまして.....
f0047623_13315764.jpeg
《 ↑ ネットからお借りした写真》
香港ディズニーランド ターザンツリーハウス

10年ほど前に訪ねた時 急な大雨で唯一のアクセスであるイカダ(ラフト)の運行がキャンセルとなり
対岸から「目の前まで来たのに 会えないなんて、、、」とチープなメロドラマのような気分を味わった
以来 香港行きの正当な(?)動機を心の奥深く潜めてきた
f0047623_13454816.jpeg
ジャーーン!!
これです!! これを見に来たのです!

大変マニアックな写真が続きますが
どうぞ お付き合いくださいませ ませ!
(これでも ほ〜んの一部なのですが)では!
f0047623_13535517.jpeg

f0047623_13541666.jpeg

f0047623_13570197.jpeg

f0047623_13582840.jpeg

f0047623_13591460.jpeg

f0047623_13594679.jpeg

f0047623_14011504.jpeg
鳥の巣
f0047623_14014175.jpeg
ベイビー ターザンが使っていた揺りかご
f0047623_14023338.jpeg
ターザンの両親が遭難した難破船のマスト
f0047623_14042324.jpeg

f0047623_14045607.jpeg
圧倒的な存在感を放つ大樹に ようやく再会することができた 
樹皮や苔生した樹 そして無数に垂れ下がる気根の数々に圧倒されながら
後続の人々に道を譲り 隅から隅まで 味わい尽くす

娘と別行動にし それぞれ行きたかった所で好きなだけ時間を過ごすいつものパターン
同行者に気兼ねすることなく 撫で回さんばかりに大樹を味わい尽くす

f0047623_16210108.jpeg
向こう岸に戻るイカダを 何便やりすごしただろう、、、えへへ(^。^)

イカダで渡る以外にアクセスが無い
それは狭い島の絶対人数を管理するには 不可欠な方法であることに ようやく気づいた
私のように中々戻らず 島に“潜伏”する人は そんなにいないのだろうし


さあて!次は岩石に目を移すことにしようかな!!

(はい マニアック写真 まだ続きます)




[PR]
by mother-of-pearl | 2018-06-28 16:16 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(0)

映画館で観た映画 Over drive

f0047623_13531135.jpeg
映画館に足を運んで 映画を観に行く
滅多に無いこと が あったんですよ

f0047623_13542432.jpeg
車の下に潜り込んで 瞬時に判断し 車を復活させるスーパーヒーロー達

メカニック チーム

f0047623_13555482.jpeg
トヨタのヤリスが 悪路を駆け抜けていく!!
東京お台場からレインボーブリッジを走り抜けるシーン
日本各地で 「あー あそこ知ってる!!」と地元やファンを沸かせるに違いないシーン満載!

f0047623_13582301.jpeg
実は解説本の一冊を 上映初日に手に入れていた
観に行ける頃にはきっと無くなっている と思ったから の

当たり!
f0047623_14003620.jpeg
日程をやりくりし 実際に映画館に行けた日には
売り場に“グッズ”は残っておらず 「あの日 買っておいて良かった!」と 小さくVサイン

キャーキャー言っている割には メカニックの事
あるいはWRC(Workd Rally Championship) の事は無知な自分
予備知識を溜め込んでから観られたのは 良かったと思う
f0047623_16205681.jpeg
キーホルダーは 2個入りなのが嬉しい!
以前MAZDAの工場見学で買ったロータリーエンジン型のものの メッキが剥げてきたので
f0047623_00201850.jpeg
心機一転 キーホルダーを交換しようっと!!


あ、、、映画の感想?

カッコ良いシーンと爆音の連続で 思った通り ワクワクし通しだった
そして 予想通りに 見るからにイケメンの主人公2人が 私には問題、、、
ストーリーに集中できな〜い!! から

私が見たいのは 油汚れも気にせず 緊張感をみなぎらせてタイヤを交換し
車に潜り込み 壊れた部品を瞬時に交換するメカニックの動き

汚れた作業着を着替えて帰る先のこと 等を描くストーリーが欲しい

ロサンゼルス育ちで 俳優になるべくしてデビューしたイケメンじゃ 私には入ってこないんだわ〜

なんて ね!!

(ネタバレにならぬよう極力抑えたので 悪しからずかっこ



[PR]
by mother-of-pearl | 2018-06-15 00:30 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)