カテゴリ:日々の出来事( 16 )

梅 2018

f0047623_13444636.jpeg

「今年も梅干し 要る?」
「要る!おねがいします!」

それなら とスーパーに並んだ青梅をカゴに入れた
梅干しにはちょっとあおいな とは思ったものの
次週の買い物までは待てず 家で追熟させれば いいか!

苦手なんです
身体に良かろうが とにかく苦手なんです
酸っぱい食品の代表選手の梅干しクン
君には罪は無いけれど
子供が食べたい と言わなければ 絶対 作らないわ

塩漬けし 梅酢が上がってきたのを 娘に見せて
白梅酢として残してもいいんだよ と教えたり
塩揉みした紫蘇と梅酢が遭遇する劇的な瞬間を見せたり

そんなことの為に “伝承作業”をするんですけど ね

例え こんな風に教えなかったとしても 今はクックパッドなどでレシピが手に入る時代ではありますが
母の失敗談などは 聞く機会はなかろうか と、、、、

たっぷりと上がった梅酢を見守りつつ
赤紫蘇が店頭に並ぶ日を逃さぬよう
仕事帰りに 足繁く 食品売り場に立ち寄っている今日この頃であります











[PR]
by mother-of-pearl | 2018-06-19 01:44 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(6)

Spring party vol. 2

f0047623_11341053.jpeg
あら?白い花を生け変えてくれた?

花の水を変えようとして 色とりどりの花々が
まっしろの花々に変わっていることに気付いた

f0047623_11343216.jpeg
家中の小さな瓶に 折々の花や小枝を飾ってくれる娘に尋ねた

「お花 変えてくれたんだねー」
「え?そこ やってないよ?」
「......でも 花が変わってるよ??」
サンタさんにしては まだ早過ぎるし......
最近名前を知ったばかりのエリシマムを眺める
f0047623_01290666.jpeg

え〜?!そんなことがある?
室内で咲いた分は陽当たり不足で白くなった??

油菜科つまりよく見る菜の花の仲間だから たくさんの蕾の集合体
後から咲いた真っ白の花々も楽しめて なんだか得した気分になれた!
f0047623_10403746.jpeg
外で咲いているエリシマム達は ずっと色とりどりのまま


陽射しがパワフルになり 春先に植えた香菜やグリンピースも伸び続けている!
f0047623_10431622.jpeg

f0047623_10433268.jpeg

両親の庭から持ち帰った実生の山椒の木は 今年も元気&美味しそう!!
f0047623_10444481.jpeg

人の細胞も夏モードに切り替わり 眩しい日差しに目を細める!!







[PR]
by mother-of-pearl | 2018-04-29 14:33 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

幻想的な朝

f0047623_11361755.jpeg

f0047623_11370819.jpeg

f0047623_11381097.jpeg

f0047623_11383724.jpeg
雨が降り続けた後 神秘的な朝の風景に出会った

湿度には滅法弱い
湿度さえ低ければ 暑くても頑張れるのに

家を出た後 駅に着く頃には既に髪がバクハツするし
なんだか全身気だるくなって 朝から湿気た海苔みたいになる

けれども この朝の風景は 全く別の世界に紛れ込ませてくれた

好き 好き!
いつもの風景が まるでサイファイ(SF)映画の始まりのように見えた

ビルの高層階の人々は 窓外の景色を眺め
どんな気分で今朝の仕事を始めているのだろう

いや もしかしたら そんな風景に気付きもせず
昨日からの続きを始めているのだろうか

想像力を巡らせ わずか10分余りの時間を楽しんだ後 仕事場に到着!!



窓外を眺める間も無く仕事を終え 再び外に出てみると

景色はすっかり変わっていた

f0047623_11391657.jpeg

高層ビル群を見上げるのが 大好き
鉄とガラスとコンクリートの巨大な固まりが 様々な形で立ち並んでいる

カッコいいなあ、、、

(こんなことを呟いているから “九州男子”とか言われるの ね〜 )


...........................................................................................,
一週間が終わる金曜日の帰り道

乗り換え駅のホームのベンチで 記事をアップしている自分
まるで “帰宅拒否症候群”のサラリーマンみたいジャン!と 一人ツッコミを入れ 

立ち上がった

さて お家に帰ろうかなぁ ♪♪
烏は鳴いてないけど、、、、(^。^)


皆さま 良い週末を!










[PR]
by mother-of-pearl | 2018-04-25 17:55 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

マイクロファーム

極小規模農場 あるいはキッチンファーム
(ウフフ.....何と大袈裟な!)

f0047623_08555455.jpeg
人参の収穫(?)が近づき どうやって食べようかと思案中
同時に次世代に選ばれた蕪のヘタを並べる
f0047623_08585677.jpeg
近づくと こんな感じ⬇︎
f0047623_08591234.jpeg
1週間もすると こ〜んなに伸びて⬇︎⬇︎ 可愛い!
(今朝も元気な蕪のミナサン)
f0047623_11455675.jpeg
...........................................................................................
子供の頃からの“収集癖” が 今も健在
ナツメグ グラインダーは2001年にロサンゼルス暮らしを始めた時以来の“戦友”
その左奥に見えるまん丸の物体 石じゃありません
家の前一帯にマンション建設が進んでいた頃
コンクリートの基礎打ち工事中の置き土産
左端の緑は 冬の最中に家の入り口にポロリと落ちていた
どこから来たのか不明ながら 槇の葉に違いなく 今も生きている

こんなガラクタ ミュージアムを眺めながら 日々料理している
..............................................................................................

さて 収穫した人参は?
f0047623_09081070.jpeg
刻んで 残り物のガルバンゾビーンズ(ひよこ豆)のスープに散らす
f0047623_17494115.jpeg
懐かしく思う程の人参の香りが フワッと広がった

豆苗の二毛作や貝割れ菜ベイビー ズ
あるいはグラスいっぱいに白い根を張るミント
大御所の風格(?)さえ漂う小ネギ 等々


台所の窓辺には 入れ替わりで 小さな緑が再生エネルギーを発散中!!

蕪のミニミニ葉っぱは そのうちお味噌汁を彩るはず (^。^)














[PR]
by mother-of-pearl | 2018-04-14 11:52 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)

春はすぐそこ.......たぶん!

f0047623_17494499.jpeg
今日はお彼岸の中日
乗り換え駅の花屋さんには お墓参りの花束が並んでいた

朝のうちに空模様が怪しくなり お彼岸とは思えない寒さ!
f0047623_17522887.jpeg
f0047623_17525937.jpeg
f0047623_17532479.jpeg
シャトルバスの窓ガラスを激しく伝わり落ちる雨 雨 雨

f0047623_17545838.jpeg
静かに佇む椿に目をやり 深呼吸して仕事に向かう
祭日で多くの同僚が休日の日は 会議が少なく勉強に集中できる とのことで
自主的に出勤した外国人社員さんと静かなオフィスで今日も勉強!

f0047623_17574044.jpeg
昨日はこんな風景を見かけ 喜んだばかりなのに.....

f0047623_18003392.jpeg
明日 天気になぁれ!!

ダラダラと冬物コートをしまわずにいて 正解だった と密かにホッとした寒の戻り

早めに帰り着き 熱いお茶でひと息入れるのは 寒い日ならではの喜び
最近ず〜っと大好き が止まらない『京都紅茶』を淹れ
f0047623_22170765.jpeg
ほのかな色合いが美しい京都のお菓子 うすへに(薄紅 でも無粋な濁点は無し)を味わう

うっすらと 雪が舞い降りたような はかなさを楽しんだ





墓前に花を手向けることはできなかったけれど

心の中で 「もうすぐ帰ります」と 父に語りかけたお彼岸の中日











[PR]
by mother-of-pearl | 2018-03-21 22:17 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

ビルの谷間で見つけた LOVE

f0047623_19473988.jpeg

都会の真ん中で 愛を叫ぶ.........のかな?

何故 ここに?
と 毎回苦笑してしまいそうになる場所に 真っ赤なLOVE

恐らく日本中で最もビジネススーツ姿を見る機会が多い場所のひとつ西新宿エリア
そのど真ん中にある新宿アイランドの前
“インスタ映え” する角度を探して 写真を撮っている人々をよく見かける

VとEの間をすり抜けられたら愛が成就する、、、とか??
(一目で無理!な人は どうするの?)

表情や歩く速度や言葉の異なる人々が行き交う場所を通り抜けていくのは楽しい

待ち合わせに選ばれることが多い場所は 案外相手を探すのが難しい
例えば
渋谷駅のハチ公前(ハチは思ったより ずっと小さいよ?)
➡︎「分かりやすいように ハチ公の尻尾に触ってるよ」って友達に言ったら
「やめてよ〜〜恥ずかしいから〜」と拒否された

六本木交差点のアマンド前(狭過ぎて うわっ!探すの無理!ってなるよ?)
➡︎「交差点の筋向かいにある交番前にしない?分かり易いし安全だからね」
これはうまくいった

西新宿の新宿アイランドのLOVEの前
ここは忙しなく歩く人が多く 立ち止まる人が少ないので 大丈夫かな?

、、、テヘヘf^_^;)
Vにする?Eにする?それとも愛を裏側から眺めてようか?
いや なんだか もう 照れ臭くて3分も立っていられないわ〜〜
オバサン達の待ち合わせには不向きかも
ホントは だぁれも気にしちゃいないんだけどね

f0047623_11372179.jpeg
そんなことをあれこれ考え ビルの谷間の街を楽しみながら 歩いて行く

さて 仕事!!







[PR]
by mother-of-pearl | 2018-02-18 11:26 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

い む は な

『おかあさ〜ん い む は な って な〜あ〜に〜〜??』

f0047623_17431209.jpeg
(写真は 記事とは関係ありません)

改札口に向かって帰りを急ぐ雑踏に 元気な声が響いた

いむはな??

振り返った先には
f0047623_17473229.jpeg
イ ム 花 ...........ねぇ 確かに (^。^)

花は読めたんだね

坊やの明るい声で 一気に心が弾み 微笑みと元気をもらった
f0047623_08395920.jpeg

f0047623_08402144.jpeg

f0047623_08434627.jpeg
乗り換え駅の花屋さんでは イ ム 花 とは違う名前で売られていた
f0047623_08424900.jpeg

f0047623_08430828.jpeg
ひぐらしブーケ
この花束を抱えて行く人達の 優しい姿を思い浮かべ 家路を急ぐ

f0047623_08460315.jpeg
お花屋さんの店先には 早めの春が咲き始めている








[PR]
by mother-of-pearl | 2018-02-16 01:40 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

季節を分ける日に

f0047623_09442032.jpeg
《 2018年2月3日午後9時28分 +9時間後 日本では春が立つ 》

鬼を身近に感じながら育ってきた
f0047623_09455398.jpeg
粗く積み上げられた石段は “鬼の石段”と語り継がれ
あちこちに“鬼の仕業”を目にし “鬼と呼ばれた存在”に想像を巡らせながら育ってきた
f0047623_09502547.jpeg
息を切らして登り詰めた先で 鬼を懲らしめた不動明王や大日如来さまに出会える所

(上2枚はネットからお借りした熊野磨崖仏の写真)

粗い仕上がりは全て鬼のせいにしているらしい
子供心にも容易く理解できる昔語りだった
「異国から流れつき山中に棲んだ人を鬼と呼んだのかもしれないね」母はそう話してくれた

確かに紅毛碧眼の大柄な人々と関わる事の多い今 母の説明は妙に腑に落ちる.........
圧倒的な体格の違いは感じながらも 溢れる優しさも知っている
困った時は必ず手を差し伸べてくれる“大きい人 ”
鬼 なんかじゃない! 困った存在だったのは言葉が通じなかったからじゃない?

※ 豆撒き 節分 についての一節をWikipedia から引用した

 厄払いのために、普段と違う服装で社    寺参拝を行う。いつもと違う扮装をすれば、魔を追い払うことが出来る、と信じられたことから始まったもの。

東京の浅草、四ツ谷、京都の花街、大阪の北新地などでは、芸者やホステスが、通常の芸妓衣装ではない、様々な扮装をする。※

え? だとすると ハロウィンで街に繰り出したワカモノ達は 今日こそ出番じゃないのかなぁ??


f0047623_09551632.jpeg

店先に並んでいた煎り大豆を買ってみた

結局 今夜も   「鬼は〜外〜〜!!........」とは言えないのに

ましてや 太巻き寿司にかぶりつき一気に食べる なんとことはしません 絶対に

日本中を大寒波が襲っている今 窓や扉を開け外気を取り入れる?

日本昔話的な“爺さん婆さん”の年齢になって気付いたことあれこれ

お正月様を迎える為 と障子の桟を洗い張り替えて家中を清める

爺さん婆さん2人で餅こをつく まるで老々介護を見通した昔話だなぁ 

等々 

伝統行事の多くはかなり自虐的•マゾヒスティックだなあ..........と

素直じゃない私はブツクサ考えている

f0047623_09443527.jpeg

今夜は 大切な器に煎り大豆を盛り ポリポリ頂くだけになりそう

食べ物を投げる........なんて やはり できそうに無いので

多過ぎて もう歳の数なんて とても頂けません

少なめに盛っています

                   

あ!数えてる??   

コラコラ!!退場〜〜っ!!!(^。^)






[PR]
by mother-of-pearl | 2018-02-03 08:43 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

残り物 ちょっとずつ

日曜日の午後 遅めの昼ご飯にしよう

余り暖房が効かない台所に立つ時間は最短で

昨夜の残り物を少しずつ、、、お皿に盛る

松花堂弁当風に盛り付けられる!と15年前 アメリカのWorld Marketで手に入れた時は$12
後に バックスタンプが無いだけで全く同じ物を日本では なんと3コインで買った(¥300)

色々と重宝している四角の皿
f0047623_13183351.jpeg
先ずは 春巻き一本をザクッと切り 貴重なレタスを添え 甘辛ソースを垂らす
解凍した雑穀米のおにぎりから湯気が立ちのぼる
ゴボウのマヨネーズ和えとわさび漬けは “誰方かが作ってくださったもの”

野菜の旨味だけの中華スープを温め直す

「腹ペコで空き巣に入った家の台所にこのスープがあったら 即改心するわ〜〜」
だって! 何という想像力!

寒空の下 防寒対策万全で飛び出して行った娘のストーリーを思い出し 微笑む

静かな昼下がり スマホの小さな画面から流れる曲は
Dawes の A Little Bit Of Everything

( ※曲を張り付けることができませんでした、、、残念!)


♪♪ 残り物をちょっとずつ という曲では無いのですが ね ♪♪


さて “無いよりマシ” レベルの水中ウォーキングに出かけるとしましょうか
また 目一杯の一週間が始まる前に











[PR]
by mother-of-pearl | 2018-01-28 13:55 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

即 “日常”

f0047623_20415508.jpeg

f0047623_20421778.jpeg

f0047623_20425507.jpeg

f0047623_20443831.jpeg

f0047623_20450814.jpeg
すっかり青空が戻ってきた街を歩く
f0047623_20461538.jpeg
但し 足元には注意を払いながら

雪かきされた後の道路はすっかり乾いていて
何事も無かったかのように 人々が行き交い 車が走る

仕事先の皆さんの“大雪の日”の出来事に耳を傾け それぞれの無事を確かめ合った

様々な国の人達の感想を興味深く聞くうちに “日常”とは何だろう と考えてしまった

あれ程混乱したものの 膨大な数の人々の力で 短時間で都市機能を回復させる街
仕事とは言え 最悪の天候の中で昼夜を問わず出動する人々に 今回も頭が下がった

たくさんのことを 様々な視点からクラスのみんなと話した
f0047623_20524060.jpeg
日没後の冷え込みが厳しく ギューギュー詰めの満員電車が暖かく感じられた
(みんな 大変だったんでしょうねー と心の中で語りかけていた)

満員の通勤電車では それはそれは色々な小競り合いが日常的に発生するけれども
たまに大変な状況に放り込まれると なんだか同志のように思えるのも事実

今日は偶々 何駅か座れたから
こんなゆとりあることが言えるのかも.....プププ ( ◠‿◠ )


さて 明日はどんな日かな??









[PR]
by mother-of-pearl | 2018-01-24 22:15 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(6)