2018年 05月 26日 ( 1 )

ほたるかご と ばあちゃんの思い出

f0047623_10265743.jpeg
帰省先で立ち寄った農産物の販売店で 目が釘づけになったものが もう一つ
藁で編んだほたるかご!!!!

棚に飾ってある蛍かごを見て 一気に祖母と過ごしていた遠い日々が甦ってきた

妹が運転する車に乗り 周囲の麦畑の美しさを話していた
「もうすぐ麦秋だねー あの黄色が また良いよね!」と

麦の収穫が終わると麦藁は飼料にしたり 畑に鋤き込む為 ザクザク切られる
「蛍かご 作るから 切ってない麦藁をおくれ〜(=ください の意味)

ばあちゃんに教えてもらいながら ちょっとずつちょっとずつ編み上げていく

、、、でも 何故か仕上げ方を思い出せない
ばあちゃんが仕上げてくれてたんだきっと

生まれてから5歳直前まで 祖父母の家の隣りに住んでいた
(実はそこも祖父母の家の一部だった)
弟が産まれる直前に 同じ町にある家に引っ越した
しばらくはお風呂が使えない家だったこともあり ほぼ毎晩お風呂を貰いに行き 夜道を帰った

5歳を前に弟が産まれ 母は弟を 父は妹を抱っこして夜道を歩いた
あの時 「あ 私は自分で歩いていかないといけないんだな 」と幼いながら心に決めた
ず〜っと心に刻まれている初夏の夜のこと

毎朝 幼稚園に通う道で祖母の家に寄り お弁当を見せる
卵焼きが入っていないと祖母が焼いて入れてくれた
ずっと大切に守ってくれた祖母の影響力は大きく 祖母のように学び 海を越えて生きる人になりたいと思った

祖母から母に渡った指輪を 随分前に貰った
祖母も母も私より小柄なので指輪のサイズ調整を諦め ペンダントトップにデザインした
片方失くしたピアスのブルーオパールと合わせた
f0047623_00172687.jpeg
祖母のオパールを身につけ 空を飛ぶ
f0047623_00181216.jpeg
若くして命を全うした祖母の50周忌に参列する為に
f0047623_00195195.jpeg


「ばあちゃん ただいま!」










[PR]
by mother-of-pearl | 2018-05-26 23:28 | 心に響く | Trackback | Comments(8)