2018年 05月 16日 ( 1 )

七島藺 おみやげ

故郷の町に空港ができた頃 私はもうそこにはいなかった
かつての『陸の孤島』は道路も整備され 帰省するのに便利になり 本当に有り難い

Uターンした妹がいるお陰で 空港近くの農業物産のお店に立ち寄ってもらえた
f0047623_01320319.jpeg
『帰省する度に懐かしいからと物を買わないように』と自問自答を繰り返す中で 
今回 意を決して手に入れたものは 七島藺で編んだ籠
柔道場の薄緑色の畳の匂いを思い出す七島藺が籠に??
f0047623_01325521.jpeg

f0047623_01332204.jpeg
作り手の名前だけではなく 連絡先まで書かれている!
ズッシリと安定感のある籠は なんだか“ブコツなジョシ”の自分が重なり 苦笑
f0047623_01342249.jpeg
様々な形に編まれていて 驚いた
最近 人気ブロガーさん達が使っている形の鍋敷きも 奥の方に見える
たっぷりとした大きさの四角い籠にも惹かれたものの
籐やアケビの蔓とは違い 本来は平らに編む素材の藺草なので 角があれば強度が不安 と 丸籠を選んだ
果物やパンを盛るのに使おう

他に選んだのは 刀豆(なた豆)とアクリルたわし
f0047623_01350218.jpeg

f0047623_01353525.jpeg
アクリルたわし という名で 可愛らしい色と形の編み物もたくさん並んでいた
タワシとしては 勿体なくて使えない!
f0047623_01355791.jpeg
しばらく ここで我が家を眺めていてね

近くて遠いふるさとの思い出は 日々の生活を送る為の潤滑油


七島藺(しっとうい)は豊後の国 国東地方だけで育てられている藺草の一種

故郷に住む意気高い人達が保存に力を入れていることを知った

こちらで 七島藺 様々な美しい使用例と 七島藺ができるまで を ご覧ください

(幼い頃の 七島藺の思い出に続きます)



[PR]
by mother-of-pearl | 2018-05-16 01:37 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(0)