案外 苦手な事

f0047623_23284466.jpeg
全く初めての所に一人で出かけて行く......のは平気なのに
同じ組織や会社の人が大勢集う中に入っていけない.......の です
意外〜〜!と よく言われるが 所謂 away感が苦手

と言うことで200人余りの社員さんが集う会にご招待頂きながら 小一時間もたず
ムニャムニャとお礼を伝え会場を後にし 寒空にバスを待っていた

帰りは遅くなるよ と伝えた日には きっと一人の時間を楽しんでいるはず
ちょっとどこかで時間を潰してから帰ろう
f0047623_23365826.jpeg
駅前のひだか屋に入り 知らないサラリーマンさん達と相席のカウンターに座った
単品で420円のとんこつラーメン ^_^

千円に満たない夕食を 「ここは私が!」とやり取りしている会話が温かい

知らない人の渦の中で 飲めないフリして烏龍茶のグラスを持って立っていた時より ホッとした
いや 話し掛ける努力をしなかった訳じゃないんですよ?
大音量でBGM(そもそもbackの音量じゃない)が流れて 話にならなかった.......のは辛かっな

と 全く雰囲気の異なる2つの場所を比べながら
一杯のラーメンを食べ終えた
こんな時間に仕事している人 仕事が終わって暖を取る人 が大勢いる

私は そろそろ帰ろうかな!

「ただ今〜!」
f0047623_23444523.jpeg
「お帰り! 楽しかった?」
案の定 頃合いを見て 甘味とお茶を用意して待っていてくれた
「うん! 楽しかったよ!」と 罪の無い嘘をつき 娘が買って来てくれた銘菓あも を頂く
f0047623_23475602.jpeg

⬇︎の記事はそんな夜の 飲み直しの一杯だったのです...

f0047623_23481819.jpeg
一杯で有効に酔えた訳 です

仕事帰りのサラリーマン(男女を問わず)は こんな思いや時間調整を よくやっているのだろう

そんな夜もある



by mother-of-pearl | 2019-01-13 21:27 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ryuboku.exblog.jp/tb/30360781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by unburro at 2019-01-14 00:32
ああ〜
ラーメン、食べたい!
深夜に、ラーメンの写真は、反則です!

「あも」美味しいですね。
少し前まで、京都の古い町に住むご婦人たちが、
お餅のことを「あもさん」と言うのを時折、聞いたものですが。
最近は、もう聞きませんね。
「あも」だけでも、もっちりした語感ですが、それに「さん」をつけると、
一層柔らかくなって、上顎に餅が張り付くような粘り、を感じたものです。
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-14 00:38
unburroさま

ごっめ〜ん!! そうよねー、夜中のラーメンは罪でした!
いつでも大歓迎、な不思議な食べ物ですよね。危険でもある。

あも、はつくづく銘菓だと思います。
地元のデパートにお店が入っているので、年に二、三回は頂きますよ。
我が家では、あも さま!とお呼びしましょう。
Commented by saheizi-inokori at 2019-01-14 11:11
知らない人たちは美しくいい人に見えますね。
かくありたいと思う人柄を勝手に重ねて見ていることが多い。
それでちょっと深入りするとたちまち当たり前の生の人間が見えてきます。
中途半端に知っている多くの人たちの集まりって、僕も好きじゃないなあ。
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-14 11:34
saheizi-inokoriさま
勝手にストーリーを作り上げて見ているだけの知らない人たち。
対面での仕事をしていると私的な時間では人との距離をおくようになってしまいました。
ある意味”付き合いの悪い人間”と化しています(苦笑)
Commented at 2019-01-19 06:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-19 11:14
鍵コメ0630さま
全く同じ気持ちで、この記事を書きましたので、私だけではないと思えちょっと安心しました。
知らない場所には平気で行けるのですが。
お友達と会うのもちゃんと顔を見て話せる4人までと密かに決めております。
一人で仕事してから尚更その傾向が強まった気がします(苦笑)
<< 欧州の思い出 ブルージュ 音楽編  思いがけない贈り物 チーズ編 >>