欧州の思い出 港編


f0047623_11022804.jpg
ブリュッセルからブルージュ方向に二時間余り北に車を走らせ
連れて来てくれたのは 北海に面した広大な港湾都市
f0047623_11025671.jpg
車の窓から巨大な輸送船が見えてきた!!
f0047623_11053284.jpg
f0047623_11060166.jpg
潮風が冷たい岸壁で 言葉にならないほどの感動で胸が熱くなった
f0047623_11085171.jpg
岸壁の砂に残された大きな靴跡に混ざり 冷たい潮風に吹かれながら仕事で走り回る息子の姿を想像していた
f0047623_11103705.jpg
様々な積み荷のうちの”大丈夫そうなもの”だけを 写してみた ・・・こんな壮大な仕事をしているんだなあと ただただ感動
休暇中に家族を連れて来る為に 事前にセキュリティ部門と交渉し 許可を取っていてくれた
f0047623_11063163.jpg
『いつもより早く家を出る時は ここまで来てたんだね~』と温かいまなざしで見つめてくれる人に支えられて
これからも 北風に負けず 仕事 がんばれ!!!!

母親の狭小な経験では想像もできない程 大規模で複雑で大きな責任を負った仕事の一端を知った

大切な職場を見せてくれて ありがとう!!
I'm proud of you!!!!



by mother-of-pearl | 2019-01-15 00:10 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ryuboku.exblog.jp/tb/30303465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by smallcountry at 2019-01-15 23:05
港は感動しますよね。これだけ飛行機がメジャーになっても、力持ちの船は不可欠。全てがサイズが大きくスケールの違いに圧倒されます。コンビナートや港の景色は大好きです。
↓ヨーヨーマを知ってチェロを好きになりました。初めて買った彼のアルバムが無伴奏組曲。色々と被っていることが発見出来て嬉しい^_^
Commented by takoomesan at 2019-01-15 23:36
子供の成長?そんな言葉じゃ収まらない。
立派になったあの小さかった君、満足と言う言葉でもでも未だ足りない。
何て言ったらいいんだろぉ?
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-16 02:35
smallcountryちゃん
空港が大好きですが、巨大な輸送船を間近に見る機会があり、感動しました。
しかも乗組員は少数である事にも驚きました。
岸壁に並ぶ膨大な数の車両を見て海上輸送の役割を再認識しました。

ヨーヨーマがお好きでしたか!実際に見たステージ上の彼は笑顔の柔らかさがとても印象的な人でした。シルクロードと銘打ったコンサートは様々な楽器との演奏が素晴らしかったです。
ウィーンで聴く機会があったら素晴らしいですね!
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-16 02:40
takoomesanさま
本当に、おっしゃる通りですね。
うまく言葉に表せない程大きな感動です。
あの子が、、と思って感慨深く見ている横に、何だか似ている小さい人がいる。
こんな時間を迎えられたとは有難いことです。
Commented by hanamomo60 at 2019-01-19 06:16
食いしん坊の私は美しい砂を見て『お菓子』だ!と思いました。

仕事をしている場所を案内してくれる優しさ。
母親だったらなんだか泣けてきますね。
息子さんはどれだけ優しい方なのだろうと思いました。
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-19 21:15
hanamomo60さま
確かに〜!靴底の跡がついた砂はエンボス加工された砂糖菓子のように見えますね。

成人した子供の社会人としての姿を見る機会はなかなか無いものですが、とても貴重な時間をもらいました。
そうなんです!!母としてはジワっとしました。
<< 欧州の思い出 ブルージュ編 (... 欧州の思い出 ブルージュ 音楽編  >>