夕陽を追いかけた10分間

f0047623_09424484.jpeg
今日最後の仕事の場所に向かうバスの窓から 沈みかけた夕陽が見えた

着いた建物の二階の窓から見えるはず
階段の最後の二段目で 沈みゆく夕陽の上端が光って消えた!
f0047623_09500510.jpeg
東京湾の彼方に穏やかな空が広がり 息を整えながら しばらく眺めていた
f0047623_09440150.jpeg
冷たい風が吹く日は 僅かな陽だまりの暖かさが身に染みる
『今日も一日暖かさをありがとう』
そんな穏やかな気持ちをもらい もうひと頑張り!と階段を下りる

穏やかで暖かい気持ちが続いていたのには訳があった

昼のクラスが始まる時 人事部長自ら案内して新しい人が加わった
接客レベルの日本語を学ぶクラスでは それぞれが難なく日本語で自己紹介をする
インドでほぼ独学で日本語を学んだという彼女は一度だけ来日した事があると言う
5年前に福島での復興ボランティアとして滞在した時の経験を話してくれた
思わず私は『ありがとうございます!』と頭を下げた
日本での仕事は初めて という彼女を採用した会社の期待と 彼女自身の日本への期待に応えられるよう
年明け早々 身の引き締まる思いを頂いた

みんなと一緒に 頑張ろう!
f0047623_09564663.jpeg



by mother-of-pearl | 2019-01-09 01:41 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ryuboku.exblog.jp/tb/30303095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2019-01-09 12:11
世界は美しい!
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-09 20:02
saheizi-inokoriさま
はい、見れば見るほど世界は美しいですね。

若者たちの美しい想いを預かっている責任も感じます。
Commented by smallcountry at 2019-01-10 02:14
太陽(夕陽)を追いかけてしまう気持ちがよく分ります。私もよくやります^^ (最近は朝陽を探していますが^^;)

若者の真っ直ぐな瞳を、どうぞそのまま、その先の世界へ
導いてあげて下さいね。^^
Commented by unburro at 2019-01-10 17:09
美しい夕陽、希望という名の若い人、それを見守る貴女の眼差し。
素敵な贈り物を頂きました。

年明け早々、不安な気配に満ちたこの世界ですが、
国や民族を越えた良心や、若い人々の可能性を信じよう、と
思います。

ありがとうございます。
とっても、いい気持ち!
です♪
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-10 17:14
smallcountryちゃん
朝日を追う、とは更に健康的な暮らしですね。
根っからのフクロウ体質なので朝日を拝むのは徹夜明け、くらいな不良ロージンです。

smacちゃんとの思い出が点在する“あの28階”で活躍する若者たちです。
彼らの熱い思いを守る手助けに全力を尽くします!
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-10 17:50
unburroさま
希望を感じ取ってくださってありがとうございます。
毎日出会う方々は全て異なる言語と文化の中で健闘しています。
管理職クラスの方々でさえ我が子と変わらぬ年齢である事が増えましたから、応援したくなりますよね!

そちらも清々しい若者たちとの暮らしに新たなページを加えられたようで素敵ですね。
厭世的な意味ではなく今年も、日日是好日、と今を生きていたいと思います。
<< クイズ: ある時は小僧 ある時... 念願叶ったラクレット >>