包丁の修繕

《 刃物苦手な方は閲覧注意...........包丁の写真オンパレードです 》

“所帯”を持って以来 父から贈られた包丁を使い続けている
それに加えて この10年余りは 息子1が置いていった包丁も頻繁に使っている

f0047623_21040832.jpeg
研ぎ続け 使い続けているうちに 乾燥が上手くいかないのか 柄が割れてしまった!!
何とかしなきゃ と思うばかりで 月日は徒らに過ぎていく
f0047623_21064506.jpeg
合羽橋道具街の包丁専門店で 予算や日数を尋ねたこともある
持って行くにも 受け取りに行くにも 時間が取れず
なかなか一歩が踏み出せず またグズグズ時が過ぎていた
f0047623_21065861.jpeg
ようやく同じ市内で研ぎと柄の取り替えをお願いできるお店を見つけた!

そっと包んで持って行き 「よろしくお願いします!」
お店の方は 呆気なく 「明日の夕方にはできてますよ」
あら?!そんなに早く?

閉店時間の6時までになかなか行けず 結局1週間後に 受け取りに行った

「刃が曲がっていたので修正しておきましたから」
f0047623_21174682.jpeg
素人の研ぎ方で きっとおかしな癖がついていたのだろう
せっせ せっせと歪めていたのか! と反省
f0047623_21172339.jpeg
スッキリした新しい柄に取り替えてくださっていた
お支払いは 研ぎと柄の交換 合計で2千円!!
や やすい、、、
合羽橋まで二往復分の交通費より安いじゃない!!ラッキー(^。^)
f0047623_21181962.jpeg
今夜も気持ち良く サクサク野菜を刻む!

ありがたい!ありがたい!!
刃がまっすぐに直った事は 俎板の当りで実感できる
遠くに住む息子1にも「立派に復活したよ〜」と報せなきゃ!

大分県中津市の 中村刃物 野呂山
( 包丁だけではなく 鍬や鎌や斧や鉈など 品揃えが魅力的 )

これからも息子から受け継いだ包丁を 大切に使い続けよう











[PR]
by mother-of-pearl | 2018-06-10 00:37 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ryuboku.exblog.jp/tb/29842359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2018-06-10 12:50
ちゃんとした包丁をちゃんとした俎板で使う。
憧れていた暮らしです。
Commented by mother-of-pearl at 2018-06-10 15:29
saheizi-inokoriさま
この包丁は刃物としての価値というより、
これを息子に贈ってくださった方のお気持ちと
それを使いながら、一人でこの家を守っていてくれた頃の
息子の思いを受け止めたくて、手入れしています。

IKEAで購入した竹のまな板は期待以上に安定感があり使い易いですよ。

九州の片田舎の刃物と北欧の製品が仲良く働いています。
Commented by hanamomo08 at 2018-06-16 08:07
息子さんにまつわるエピソード、心が温かくなりました。
こうやって物に手を入れながら使っていく暮らしって本物ですね。
今の日本に欠けている部分です。
 昨日北欧スエーデンの暮らしを描いたドキュメンタリーを見ました。
夜は少し灯りを楽しむ暮らしをしてみようと思いました。
日本の家の照明は明るすぎますね。
Commented by mother-of-pearl at 2018-06-18 00:22
hanamomo08さま

たくさんのコメントを頂きありがとうございます。

日本を発つ前に家族でやって来た時、「包丁の柄が凄いことになってるね」と一言。
申し訳ない気持ちでいましたので、やっと安心しました。

これから益々物の量を減らしていかねば、と思います。
より少ない物で心はゆったりと暮らせたらと望んでいます。
天井灯を消し、卓上の灯りで穏やかに過ごす夜を、たまに楽しみましょう!
<< 雨の日のクレープ Flowers in town... >>