七島藺 思い出

子どもの頃 真っ直ぐに立ち並ぶ藺草の畑の真ん中を歩いて学校に通った

霧深い朝 辺り一面に白く美しいレースがかかっていた!!!
夢のように美しい 幻想的な風景が 今も鮮やかに蘇ってくる

..........,.,あんなにもたくさんの蜘蛛達が 巣を張り 虫を食べて生きていることを
たった一度だけ この目で見ることができた朝

                  (以下 七島藺のサイトからお借りした写真)
f0047623_10215178.jpeg

f0047623_12023168.jpeg

f0047623_12031645.jpeg

子供の背丈にもなる藺草の田んぼの真ん中を歩くと まるで自分が縮んだようで本当にワクワクした

小学校2、3年生の頃のこと
ある夏の夜 家族で訪ねた祖父母の家からの帰り道
ふと目を向けた農家の軒先で 両親と作業をする友達に気付いた
断面が三角形の七島藺はそのままでは太くて仕上がりが荒く(粗く)なるので真半分に割く作業がある
ピアノ線を一本張ったような道具で藺草を真半分に割く
言うは易し の作業を10歳にも満たない同級生が黙々とやっていた!
薄暗い土間で 七島藺を編む姿はず〜っと私の目に焼き付いて離れなかった
授業中手を挙げて発表するタイプでは無かった友達が 眩しく思えて仕方がなかった

あの頃は受け継ぐ田圃を持つ同級生がたくさんいた
どっしりと構え 実業を担っていくはずの友達に比べ 農家でも商家でも無い自分は
ただひたすら勉強で成果を上げていくしかないんだなぁ と幼いながら考えるキッカケになった思い出の出来事だった

f0047623_18250018.jpeg
このくらいの頭でも そんなことを考えていたんだねぇ








[PR]
by mother-of-pearl | 2018-05-18 01:01 | 心に響く | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ryuboku.exblog.jp/tb/29791034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by unburro at 2018-05-18 11:00
七島藺!
シットウイの畳、というものは聞いたことがあり、
「琉球畳、ってしっかりして良いよね〜」
なんて、分かったような顔で言っていたのに、
七島藺、七島と書いてシットウと読むという事すら知りませんでした。

大変な手間を掛ける仕事なのですね。
我が家もそろそろ畳替えをしないといけない時期なのですが、
家具を動かす、というか(実際に家具を動かすのは畳屋さんなので)
動かせる状態にするのが大仕事なので、ついつい後回しになっています。
七島藺の畳表…凄いお値段なのでしょうね…

マンゴーの入った籠、気になっていました♪
いい仕事ですね。

スラリと長い脚の少女!
七島藺のように伸び伸びと育ち、知識と教養を身につけ、
才能を磨き、世界へ羽ばたいた素敵な物語を、
いつか、聞かせて下さい。
Commented by mother-of-pearl at 2018-05-19 00:04
unburroさま
故郷の七島藺をご紹介できて嬉しいです。
畳の張り替えた日のワクワクする匂いを懐かしく思います。
が、おっしゃる通り国産の畳表を職人さんの手で入れ替えもらえば相当かかりますね。
まるで2年毎の車検に備えて貯金するようなものだ、と若い頃は負担でした。
この家の床張り替えの際に畳の部屋を諦めました。

変身した七島藺を見つけ、これなら共存できる!と嬉しくなりました。

痩せっぽっちだったのはこのあたりまでで、
それ以降の人生は有り余る程の“断熱材”を身に纏って生きております。
いつかお会いする機会を頂けるのを楽しみにしています!
Commented by hanamomo08 at 2018-05-20 20:58
こんばんは。
雨のお見舞いをありがとうございました。
美しい手仕事による道具は身近なところに置いておきたいものですよね。
美しいです。
何年か前、いつも立ち寄るギャラリーで藺草展がありはじめて本物の藺草を見ました。
畳みの部屋は小さい頃はいっぱいあったので見ていたのでしょうが、その作業工程の大変さに驚いたのを覚えています。
夏用のランチョンマットを求めてきました。
今度ご紹介しますね。

でも七島藺は知りませんでした。
ぬくもりのあるものですね。

アクリルたわし私も使っています。
元気だった義母が編んで私にくれたものです。
伝線したストッキングをつないで編む準備もしております。
これも丈夫で汚れ落ち抜群です。

今のmotherさんが美しいのがわかりました。
スタイルのよさも脚の線の美しさも!
Commented by mother-of-pearl at 2018-05-21 01:53
hanamomo08さま
大変な雨が降り、さぞかしご心配なさったことでしょう。ご無事で何よりでした。
思いがけない形で懐かしい七島藺に再会できて嬉しいです。作り手さんの情報も
添えられていますので、近いうちにお礼の気持ちを手紙でお伝えしようと思います。
momoさんがお求めになった藺草のランチョンマットをご紹介頂くのを楽しみにしています。

アクリルたわしは既にお持ちでしたか! 私は初めて手にしましたので、なんだか
もったいなくて使えません。ストッキングの再利用とは良い考えですね!

この写真は胃腸が弱く細かった子供の頃で、今は面影も無くすっかり変身!
脚の線の美しさ、とはほめ過ぎで。。。このまま想像の中に置いておきましょうか。
<< ごちそうさま!そして ありがとう! 七島藺 おみやげ >>