煌めきと静けさ.........LV memory

爆弾低気圧に影響された乱高下でやや酔い気味で到着 
その後の時差ボケ調整に いつもより手こずった一週間がようやく終わった
珍しく ”快適ではないフライト”を経験し 見事 全てのアカデミー受賞作を見逃した帰路でもあった
(ああ・・・シェイプ・オブ・ウォーター スリー・ビルボード ブラック・パンサー チャーチル・・・全部あったの!)

さて もう少し 現実離れした思い出を・・・・
f0047623_13205742.jpg

f0047623_13242657.jpg
キラキラと光りを反射するシャンデリアの数々に 目も心も奪われていたひととき
f0047623_13215722.jpg

f0047623_13230392.jpg
美しく煌めくダイニングテーブルで どんな会話が弾んでいたのだろう・・・・・

f0047623_13231718.jpg

f0047623_13353019.jpg

f0047623_13275907.jpg
饗宴の後 静けさを取り戻した邸宅で 手摺りを滑る手の主は どんな思いで螺旋階段を上ったのだろう
f0047623_13291342.jpg
この土地の昼の陽射しは 庭に椅子を置き 読書を楽しむには余りにも激しすぎる
空調を効かせた薄暗い室内が 最も贅沢な空間なのかもしれない
ところ変われば・・・・と 高温多湿の国から来た私は 心を反転させてみる
f0047623_13213378.jpg
”寂しくは無い”孤独な時間を作る為に 潜り込んだ砂漠の街で 今回見つけた新たなイベント
ちょっと懐かしい時代の有名歌手の(元)邸宅が公開されている と知り 出かけてみた
f0047623_13304592.jpg

ショービジネスの世界でスーパースターがウゴメク街で 名声を得た天才的な歌手 Wayne Newton

彼の邸宅が 現在では一般公開され 自家用ジェットや多くの馬も見られる と知り 興味を持った
とても優秀なガイドさんの案内に耳を傾けながらも 余りにも現実離れした調度品の数々 想像を絶する資力に圧倒され
だんだん心が冷えていくのを感じた (・・・・素直に楽しめない自分に 時々手こずる)
『プライバシーが欲しい と彼と家族は別の場所に住居を求めた・・・』という説明さえ 何故か心には届かなかった
(・・・・そもそも・・・プライバシーが欲しい人が自宅を公開はしないだろう・・・・と)


授業中に 先生の話をちっとも聴いていない生徒そのものの自分に苦笑しながら 今回のターゲットを決め ついて回った
今回は 『シャンデリア』と『空飛ぶ飛行機』

過去の栄光の物語には 余り興味は湧かず ひたすら美しいガラスに宿る光を撮り続けたひととき
(相変わらず ヒカリモノ が好きだなあ・・・・・・)



(次回は 窓から空を見上げて撮っていた飛行機の数々にお付き合いください)
.............................................................................................................................................................














[PR]
by mother-of-pearl | 2018-03-11 14:13 | 美しいもの | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ryuboku.exblog.jp/tb/29644084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2018-03-12 16:23 x
和多志はガラスが好き。特に古めかしい派手ではないステンドグラス、
動かれへんよぉになる。けど、なかなかお目にかかれません。
あぁ、妙な時間に眠くなる時差ボケから未だ、フッカツ出来ない。;;
Commented by mother-of-pearl at 2018-03-13 02:53
蛸さま
ガラス、瑠璃は多くの人を魅了し続けていますね。
私もステンドグラスを見つけると立ち止まってしまいます。
自分でやってみたくて道具も少しばかり持っているのですが、
当時はまだ子供達が幼く、ガラスの破片が危なくて中断したままです。

ゆっくりとフライトの疲れを癒してくださいね!
Commented by hanamomo08 at 2018-03-13 21:33
こんばんは。
美しいものは心にしみいりますね。
何度も、何度も拝見しました。
お金をかけたもののよさと言うのがつたわってきますね。
美しいものを見せてくださってありがとうございました。
Commented at 2018-03-13 21:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mother-of-pearl at 2018-03-13 22:23
hanamomo08さま
こんばんは。おっしゃる通りで、正にお金の力を随所に見る場所でした。
この豪邸を手に入れ住んでいた年月の話より、ここを離れた経緯が気になりながら
ガイドさんについて回りました。
まるで映画の中の場面に飛び込んだような、現実離れした時間を体験しました。

美しく輝くシャンデリアの数々を堪能させてもらいました。
小さな小さな規模の自分の暮らしが、逆に愛おしくなってしまいました。
Commented by mother-of-pearl at 2018-03-13 22:33
鍵コメ2136さま
コメントを頂きありがとうございました。
美しいものは大きさや値段の高さに比例はしない、と思います。負け惜しみではなき。
素晴らしいものに出会えた時、すぐに分け合う人がいないのが一人旅でもありますね。
<< 大豪邸で 仰ぐ空  LV me... LA memories (2)... >>