カリフォルニアで京都の紅茶

今回 海を越えるに当たり やりたかったこと
f0047623_14011098.jpg
京都のお茶の老舗が創り出した紅茶を カリフォルニアの空気の中で頂くこと
それも はんなりと優しい州浜のお団子 を共に頂きたい
f0047623_14012909.jpg
------という訳で届いた時にくるまれていた柔らかな手触りの和紙に大切にくるみ お友達の優しい思いと共に空を飛んできた
紅茶を飲むには これが一番好き!と気に入っているノリタケの器で
(10年以上前 Thrift shop=古道具屋 でただ同然で転がっていたのを ”救出”した美しい紅茶茶碗)
f0047623_14014516.jpg
緑色の茶葉の爽やかな香りが微かに残る とても爽やかな風味の紅茶を ゆっくりと味わう
f0047623_14020296.jpg
東京でもお会いした大切な友をお招きし たくさんのことを語りながら 香り高く穏やかな時間を過ごす
                  (日本の小さな家ではこんなに引いたアングルで写真を撮れないな ぷぷぷ!と一人苦笑い)

f0047623_15020856.jpg
 
                     Mr. Brad Kelley (Disney On Classic Concert, 2018)


日本のファンの皆さんに 心を込めた日本語を伝えたい・・・・・と話す彼にお勧めしたのは Book of Tea(茶の本)
あるいは 最近 ベガスでの鎧兜の展覧会で私の心をワシヅカミにした秀吉のことば などなど・・・・・
   I came like the dew I vanish like the dew -(Toyotomi Hideyoshi (1536-1598)

露と落ち 露と消えにし我が身かな  (浪速のことは 夢のまた夢・・・・←ここは英訳を省いたのね)

まあ でも これは余りに儚すぎる し 渋すぎる?  

幸運にも数日前に手に入れたばかりの素晴らしい一冊について 熱く語ってしまった
『武士道 というのは戦士のことだけではないことを理解している英語の本を見つけた』
『サムライの妻たちについても言及した立派な本があった!』と 



語り継がれる文化とは 博物館のガラスのケースに収まっているものではなく
今に繋がっている 生きたものとして 見つめていきたい し 伝えたいとも思う

椿堂さんのホームページTsubakidoを見ると 京都は 今も昔も変わらず 時代の最先端を牽引し続けていることを感じる


異国でありながらホテル滞在ではなく 好きなように飲み・食べ・片付けることができるのは至福の時間
(どこで暮らしていても『ただ今 旅の途中』と仮想できるのならば こんな気分を楽しめるのだ と最近気付いたばかり)



短い時間ながら ”旅=場所を変えた日常” は まだまだ つづく..................(^_-)-☆








[PR]
by mother-of-pearl | 2018-02-27 16:11 | 美味 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ryuboku.exblog.jp/tb/29616866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2018-02-27 19:02 x
”旅=場所を変えた日常”  ほんまにそぉ思うゎ、
どこにいっても自分は生きてるんやしね、
Commented by mother-of-pearl at 2018-02-28 02:01
蛸さま
”旅=場所を変えた日常”。。。この言葉は若いブログのお友だちから学びました。
今では自分でも納得して使っています。

お互いに、言葉や顔ぶれの違う場所での暮らしを楽しみましょう。
Commented at 2018-02-28 21:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mother-of-pearl at 2018-03-01 03:22
鍵コメ2132さま
優しい風味の紅茶は、今大好きな紅茶になりオンラインで注文致します。
まさに真反対のラプサンスーションが好きなどという極端な嗜好の私には逆に衝撃的な爽やかさです。
本当にごちそうさまでした。州浜は実はコーディ君にも分けてあげました。
ほんのりとした優しい味が分かる人にしかあげないんだよ、と勿体をつけて(^_-)-☆

ごちそうさまでした。そして素敵な企画を期待しています!
さて、お遊びはおしまい!今夜空港に戻ります。
<< 久しぶりの運転 Celebration of ... >>