結び直された水引

さて 桐箱の中です
f0047623_22270797.jpeg
桐箱を見つけた時期は去年の年末 クリスマスに因んだ水引を掛けてくださった
新たな扉を開ける息子への餞に........と ようやく手渡せる日を迎えたのはクリスマスイヴ

f0047623_22294016.jpeg
そっと蓋を開けた息子には 予想もしていなかった対面となり 驚かせてしまった
f0047623_23283636.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼が小学生の頃 家族総出で作家さんのお宅を再訪し ご夫妻から大歓待を受けた日

「僕はこれ!!」と指さした

..........これ って アナタ!! ネ ネダンが!!

弟も妹も 兄に続いて それぞれ指さす

あらら ら ら !

息子2人が生まれた街で出会った作家さん
次男が生まれたばかりの頃 走り回る息子1を連れ 息子2はおんぶで出かけたギャラリー
楠木に彫られた観音像に魅せられ 一週間の会期中4日通った展覧会だった
考え抜いた末 大決断で手元に置くことにして以来 ご夫妻との交流が始まった
仏師として素晴らしい仏さまを彫る他 様々な作品を創り続けた 中野清光氏
出会った場所は 沼津市のほさかギャラリー

毎年欠かすことなく頂戴した版画の年賀状 そして奥様からの手書きのお手紙はLAにまで届いた

沼津を離れた後 関東に移動した時 学齢期に達した子供達と共に懐かしいお二人を訪ねた
三人それぞれが別々の小さい仏さまを指さした後 いつかの日の為に と内緒で手元に取寄せておいた
20年以上前のこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
思いがけない贈り物を手にした息子1は しばらく沈黙した後
『帰ってから頂くことにします あちらでは空き巣被害も想定内のことなので 盗られたくないから』

f0047623_00272018.jpeg
水引は 再び 結び直された

再び手渡せる日まで

どこにいても 誰の手の中にあっても
中野先生ご夫妻の柔らかな笑顔が重なっている
f0047623_17492529.jpeg


                               (機が熟するに必要な時間の長さは 測り知れないものですね) 




[PR]
by mother-of-pearl | 2018-01-10 01:26 | 心に響く | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ryuboku.exblog.jp/tb/29183936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Buddy 桐の箱 >>