えつらん ちゅうい~~!!!

春夏秋冬 街を歩いていると 様々な人や物に出会う
f0047623_23461476.jpeg
紅葉した大木のてっぺんがハート型に見えた!!

f0047623_23485641.jpeg
緑のクッションが落ち葉を優しく受け止める道を急ぎ

f0047623_23503168.jpeg
次に移動する電車に乗り込んだ
吊り革に手を伸ばし あれれ??届かない! 誰かがひとくくり上に上げているのに気づき。。。。

f0047623_23524908.jpeg
うわっ!! 何かいる!!

閲覧注意!!                昆虫系が苦手な方は ここまで。。。。(^.^)/~~~





f0047623_23541007.jpeg
さっきの落ち葉がこんなところに????あるはずない。。。。。あれれれれ?????生きてる???


f0047623_23550176.jpeg
表面がつるつるに見えるプラスティック製のハンドルを 重力に逆らった体勢でじわじわじわじわ移動する
いつ ボタッと落ちるのではないかと 冷や冷やしつつ目を離せずにいる
うわ~!こっちに来てる!!! 飛んで来たからと言って きゃ~!というほど虫嫌いではないけれど
他の人の方に飛んで行ったら それはビックリ大騒ぎになるだろうな
驚いた拍子に 叩きつぶされてしまうかも 
など ハラハラしていた
f0047623_23552346.jpeg
案外 落ちないものなんだな~ (最近知ったばかりの『分子間力』という言葉で説明できるのか)
ずっとずっと 気になって 見つめているうちに
f0047623_23561177.jpeg
もう 着いちゃったー

下車する時に 紙切れか何かに移らせて 外に離そうかな・・・・・と自問自答を繰り返していた

結論・・・・・・『このまま 旅を続けさせてあげよう! 出たかったらドアが開いた時 飛んでいくだろう・・・たぶん』


アケビコノハ  という蛾であることを 初めて知った
きっと 毎日の森の生活に飽き飽きした一匹が 大冒険しているところだったのだろう

・・・・様々な”乗客”に遭遇する日々の通勤電車 

つり革をひとつ巻きあげた人に 蛾を落とさずにうまく上げましたね と聞いてみたかった な

...................................................................................................................................................................









[PR]
by mother-of-pearl | 2017-12-02 17:42 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://ryuboku.exblog.jp/tb/28792522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2017-12-02 21:22
とんだ未知との遭遇でしたね。
Commented by mother-of-pearl at 2017-12-03 00:47
saheizi-inokoriさま

まさに『未知との遭遇』体験でした。
約15分余りの事でしたが、短編映画を観たような心の動きでした。
まるで体操選手の吊り輪の演技のようにも思えました。
Commented by pallet-sorairo at 2017-12-03 10:41
わぁ、なんてラッキーな!
なかなか巡り合えない?こんな昆虫に、
それもこんなところで出会えるなんて!!
アケビコノハ、山友のサイトで見たことがあります。
それにしても、そうと知らなければ確かに閲覧注意! ですね(^^ゞ
つり革持ち上げた方、相当な度胸?と優しい気持ちをお持ちの方だったでしょうか。
どんな方だったか想像するのもまた楽しいですね(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2017-12-03 10:42
追伸
幼虫は、さらに芸術的で、
こちらは、さらにさらに閲覧注意です(^^ゞ
→http://www.insects.jp/kon-gaakebikonoha.htm
Commented by mother-of-pearl at 2017-12-03 12:08
pallet-sorairoさま

この遭遇を『ラッキー』と思ってくださるpalletさま!嬉しいお仲間ですね。
様々な生き物(大小問わず)と共に育ちました私には、本当に嬉しい遭遇でした。

幼虫の情報もありがとうございます!
色合いが、アケビの花の色なのはさすが擬態の雄、ですね。

正に一期一会の遭遇でした。

(Dランドを楽しみに湧いていた家族連れや若者達が気付かずに下車して行って
蛾目線で、ホッとしたオバサンです。)
<< 1000日余りの歩み 友あり 南半球より来たり >>