欧州の思い出 ゲント編

ブルージュからブリュッセルに帰る途中 立ち寄ってくれた街 GENT(ゲントあるいはヘント)


f0047623_12395422.jpg
水に映るフランドル伯の居城

車を停め 水路脇の石畳の道を進み 城が最もよく見える場所に導いてくれた

f0047623_12393734.jpg

f0047623_12424111.jpg
f0047623_12433924.jpg
長時間ドライブで幼い子が疲れないように 程良く小休止を取る間 水に映る街並みを静かに楽しむ
f0047623_12430839.jpg
少し歩くだけで 様々な美しいドア飾りが見つかる楽しさ
f0047623_12474594.jpg
f0047623_12481389.jpg
f0047623_12452461.jpg
この旅の間に出会った中で 最も美しいと思った宿り木

ヘント は、ベルギー・フランデレン地域のオースト=フランデレン州にある都市で、同州の州都。 南東に位置するブリュッセル、北東に位置するアントウェルペンに次ぐベルギー第3の都市。南西に位置するフランスのリールにも近い。花の都市という異名を持つ....Wikipedia より)


再び静かに走らせ始めた車の中で 隣りの席では静かな寝息を立てていた
小さい身体で 一緒に 色々な所に出かけ たくさんの物を見てくれて お疲れさま!
f0047623_12495049.jpg
窓の外には ずっとずっと美しい彩雲が 並走してくれ 帰り道の無事を守ってくれているように思えた


f0047623_12510345.jpg
ブリュッセル市内に帰り着く
僅かな滞在期間にも拘わらず この凱旋門を見ると家に帰った気分になったのが不思議


今日もまた長距離ドライブと楽しく貴重な思い出の時間をありがとう の気持ちでいっぱい








# by mother-of-pearl | 2019-01-18 00:37 | 美しいもの | Trackback | Comments(2)

欧州の思い出 ブルージュ編(夜の部)


f0047623_12234023.jpg

f0047623_12221327.jpg
f0047623_12224387.jpg
冷たい風が吹く街を 皆であちこち眺めながら歩いて行く
f0047623_12254079.jpg
f0047623_12264628.jpg
寒空の下を歩くうち だんだんお腹も空いてきた  先を歩く息子について行った先はスペアリブのお店Bones
f0047623_12285981.jpg
f0047623_12303111.jpg
暖かい室内に 快いざわめきが拡がっている店で ガッツリ”蛋白質”を補給!
f0047623_02261092.jpeg
子供の入店OKのお店では お絵描きセットが用意されていた
f0047623_13120067.jpeg
小さい人も初めての骨付き肉に果敢に挑む!
f0047623_13124624.jpeg
美味しいお肉を堪能した後は 身体も温まり 夜の街を散策
f0047623_12321383.jpg
f0047623_12344939.jpg
大鍋で湯気を上げる本格的なホットワイン
f0047623_14301214.jpeg
デザートは やっぱりワッフルだね!


f0047623_12353901.jpg
美しいクリスマスの季節に この街に立っていることを 不思議に思い 感謝でいっぱいになる

寒さ・・・・・は 全く感じなかった夜




# by mother-of-pearl | 2019-01-17 00:36 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)

欧州の思い出 ブルージュ編 (昼の部)

港を見学した後 更に車を走らせ 大きな水門が見えて来た
着いたのは水の都として知られる街 ブルージュ

f0047623_14552038.jpeg
美しく水面に映る風景を大勢の観光客がカメラに収めている 
20年前の夏訪れた時は この水上ボートに乗り ガイドさんが三か国語で案内することに驚嘆!

ホテルの窓から見えた運河沿いに歩いてみた
f0047623_10493655.jpg
f0047623_10501685.jpg
この街も歴史を刻んだ石畳が続く (サンダルで失敗した夏の経験から今回はしっかりウォーキングシューズ!)
f0047623_10593776.jpg
足元を見つめて 同好のマンホールの蓋好きの友想った
石畳の道に鉄の蓋の重厚さがよく合うこと!
f0047623_10521167.jpg
あちこちに 名物のムール貝料理の店が並ぶ!
(息子夫婦は共に貝類アレルギーなので誘えないのが残念)
f0047623_10534129.jpg
お腹が空いた訳ではないのに 『ブルージュのワッフルも試してみないとね!』と妙な言い訳を作り 店先でひと休み
f0047623_10554319.jpg
注文を受けてから 用意してある団子状のタネを挟んで焼き上げる様子を見て 楽しんだ 
あれ??  ちょっとグルテン効きすぎかな?
ブリュッセルの地元の朝市で食べさせてもらったワッフルが やっぱり美味しいと再確認できた

f0047623_12114139.jpg
一人でぶらぶら散策したもうひとつの目的は たくさんのレースのお店を覗いてみること

かぎ針編みのレースではなく ベルギーのボビンレースは どちらかといえば織り物に近いように思う

我が家はレースを飾る雰囲気ではないので 買わないのは明らかながら 目の保養・・・
f0047623_12130981.jpg
・・などと思いつつ 『せっかく来たんだし~』と言い訳はすぐに見つかり しおりをひとつ 記念に買った!! やっぱりネ
f0047623_12145527.jpg
レース編みのボビンの形??と思う形のワッフルもあり あれこれ眺めて楽しんで歩いた
f0047623_12173176.jpg
日暮れどきの水辺は 底冷えがしてきた
f0047623_12182553.jpg
夕暮れの街にカリヨンの音が響くころ 石橋を渡り そろそろホテルに帰ろう!!!



# by mother-of-pearl | 2019-01-16 00:26 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)

欧州の思い出 港編


f0047623_11022804.jpg
ブリュッセルからブルージュ方向に二時間余り北に車を走らせ
連れて来てくれたのは 北海に面した広大な港湾都市
f0047623_11025671.jpg
車の窓から巨大な輸送船が見えてきた!!
f0047623_11053284.jpg
f0047623_11060166.jpg
潮風が冷たい岸壁で 言葉にならないほどの感動で胸が熱くなった
f0047623_11085171.jpg
岸壁の砂に残された大きな靴跡に混ざり 冷たい潮風に吹かれながら仕事で走り回る息子の姿を想像していた
f0047623_11103705.jpg
様々な積み荷のうちの”大丈夫そうなもの”だけを 写してみた ・・・こんな壮大な仕事をしているんだなあと ただただ感動
休暇中に家族を連れて来る為に 事前にセキュリティ部門と交渉し 許可を取っていてくれた
f0047623_11063163.jpg
『いつもより早く家を出る時は ここまで来てたんだね~』と温かいまなざしで見つめてくれる人に支えられて
これからも 北風に負けず 仕事 がんばれ!!!!

母親の狭小な経験では想像もできない程 大規模で複雑で大きな責任を負った仕事の一端を知った

大切な職場を見せてくれて ありがとう!!
I'm proud of you!!!!



# by mother-of-pearl | 2019-01-15 00:10 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)

欧州の思い出 ブルージュ 音楽編 

余りにも時間が経ってしまったものの 美しい時間の思い出に しばし お付き合いください

f0047623_10002353.jpeg
美しい広場には常に楽の音が響いていた
f0047623_10291987.jpg

宿に荷物を置き 息子達はひと休みしていた時間 昼寝が苦手なバアバ(苦笑)は一人で再び 広場を歩いた
f0047623_10304579.jpg
寒空の下 楽器を奏でるのは また一段と大変な事は 素人目にも明らか
一人の青年が奏でていたのは 無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード
f0047623_10312371.jpg
名のある演奏家の演奏をコンサート会場やCDで聴くのとは 違った感動が身体中に沁み渡る

生涯忘れない演奏となる音楽に出会えた街

一人歩きの街中で閉店中の楽器屋さんも見つけ 相当時間 外から覗き込んでいた不審な東洋人一人・・・
f0047623_10005642.jpeg

f0047623_10011841.jpeg
あの青年もこちらの楽器屋さんにご縁があるのだろうか
f0047623_10205220.jpeg
ウィンドウ越しに並んだチェロを見つめながら 色々と想いを巡らす
f0047623_10215565.jpeg
f0047623_10221628.jpeg
翌朝美しい店内を訪れ この街で長年の念願であった指揮棒を一本 手に入れることにしよう🎶🎶
f0047623_10235173.jpeg

皆で歩いた3度目の広場は 美しい光に満ちていた
f0047623_10013141.jpeg






# by mother-of-pearl | 2019-01-14 09:59 | 心に響く | Trackback | Comments(4)

案外 苦手な事

f0047623_23284466.jpeg
全く初めての所に一人で出かけて行く......のは平気なのに
同じ組織や会社の人が大勢集う中に入っていけない.......の です
意外〜〜!と よく言われるが 所謂 away感が苦手

と言うことで200人余りの社員さんが集う会にご招待頂きながら 小一時間もたず
ムニャムニャとお礼を伝え会場を後にし 寒空にバスを待っていた

帰りは遅くなるよ と伝えた日には きっと一人の時間を楽しんでいるはず
ちょっとどこかで時間を潰してから帰ろう
f0047623_23365826.jpeg
駅前のひだか屋に入り 知らないサラリーマンさん達と相席のカウンターに座った
単品で420円のとんこつラーメン ^_^

千円に満たない夕食を 「ここは私が!」とやり取りしている会話が温かい

知らない人の渦の中で 飲めないフリして烏龍茶のグラスを持って立っていた時より ホッとした
いや 話し掛ける努力をしなかった訳じゃないんですよ?
大音量でBGM(そもそもbackの音量じゃない)が流れて 話にならなかった.......のは辛かっな

と 全く雰囲気の異なる2つの場所を比べながら
一杯のラーメンを食べ終えた
こんな時間に仕事している人 仕事が終わって暖を取る人 が大勢いる

私は そろそろ帰ろうかな!

「ただ今〜!」
f0047623_23444523.jpeg
「お帰り! 楽しかった?」
案の定 頃合いを見て 甘味とお茶を用意して待っていてくれた
「うん! 楽しかったよ!」と 罪の無い嘘をつき 娘が買って来てくれた銘菓あも を頂く
f0047623_23475602.jpeg

⬇︎の記事はそんな夜の 飲み直しの一杯だったのです...

f0047623_23481819.jpeg
一杯で有効に酔えた訳 です

仕事帰りのサラリーマン(男女を問わず)は こんな思いや時間調整を よくやっているのだろう

そんな夜もある



# by mother-of-pearl | 2019-01-13 21:27 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(6)

思いがけない贈り物 チーズ編

f0047623_14142403.jpeg
ブリュッセルから直行便で帰国したのは夕方
早朝到着が多かった羽田空港利用とは状況が異なり 今回は荷物の当日配達は無理だった
2つのスーツケースを転がして帰ったので 冷蔵品もすぐに取り出せ冷蔵庫に直行
f0047623_14155967.jpeg
あれ?あれれ??右のチーズ買った?
深く考えもせず冷蔵庫に納め ほぼ2週間が過ぎた

ひと息ついた金曜日の夜 大事なチーズにナイフを入れた
f0047623_14163341.jpeg
真ん中から切っていくのが私流
以前は中心から放射状に6Pチーズのような切り方だったけれど 最近はこちら
真ん中から切っていき 同じ形の断面をくっつければ乾燥を防ぎ易い

チーズの真ん中の層に散りばめられたトリュフの粒々が本当に良い香り!

「お宅用のチーズを間違って持ち帰ってない?」
今更!な時期になってメールしたら
「持ち帰ってもらう為に買ってあったよ?高いものじゃないし」との返信

小さい頃から変わらないねー
いつもいつも 優しい言葉は照れ臭くて面と向かっては言わない
控え目に 黙って やってくれるんだね
今ではその奥さんも同じタイプの人で 2人揃って静かに優しさを伝えてくれる

f0047623_14573062.jpeg
冷蔵パックで持ち帰ったチーズと
f0047623_14464961.jpeg
義理の弟お手製のスモークチーズも一切れ添えて キャンドルを灯した

f0047623_14471150.jpeg
本格的に始動した仕事の一週間が終わり ほっと一息ついた夜更け

一杯で十分 まわるまわる!🌀🌀
飲み残しの飲み残しでこれ以上はさすがに不味くなるワインを冷蔵庫に納めながら呟く
「明日は寒くなりそうだし ビーフシチューにでも使おうかなぁ」

明日のメニュー 決まり!! 寝よっ!
f0047623_14530615.jpeg






# by mother-of-pearl | 2019-01-12 01:13 | 心に響く | Trackback | Comments(2)

クイズ: ある時は小僧 ある時はボンさん なぁんだ?

ひ 膝? 当たりーー!


その膝小僧=膝ボンさんをヒッサビサに擦りむきました!
しかも両膝 バッタリ 同時に
f0047623_19351898.jpeg
この道の ね 自転車走行車線を真面目に走っていたのですよ
そしたら 例に漏れず 幅寄せしてくる車がありまして ね
というか 幅寄せしなくても車に接触の危険は常にあり
こんなに狭い幅で白線引いた人! あなたの彼女とか奥さんをここで走れと言える??といつも思ってますよ
白線の真上をにサーカスのように上手に走ったとしても身体右半分は車道に出てます!
余りに危険だったし 車運転者のようなドライブレコーダーなんて無いから 接触すればやられ損
なのでやむを得ず歩道に入ろうとしたら 段差があり 自転車ごとコケましたヨ
我ながら笑っちゃう程 見事に 同時に膝をついた
まぁ立ち上がれたし ズボンの膝も破れて無いし
何より仕事に行かなければならなかったのでそのまま駅に続行
駅のトイレでそ〜っと見たら アリャリャ! 両膝擦りむけてる!!
ひっさしぶり〜 何十年ぶりかしらね 膝ボンさん擦りむくなんて

翌日 さすがにスネの筋肉がこわばっていますが 歩ける

『自転車走行車線について』 色々調べてみました

こんな説明を見つけましたよ!
もう遅いけど!!
まだ70歳ではないけれど!!
ここまで知って自転車に乗っている人がどれだけいるのかな プンプン!!!

13歳以上70歳未満の人は 自転車で歩道を走れないんですよ?知ってた??

以下 参考までに引用します
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自転車が歩道を通行できる条件」を挙げてみます。
  1. 歩道に自転車の「歩道通行可」の標識がある場合
  2. 運転者が13歳未満、もしくは70歳以上の場合
  3. 運転者が安全に車道を通行できない程度の 身体の障害を有する場合
  4. 安全のためにやむを得ない場合

4.の「安全のためにやむを得ない場合」については法律上の規定はありませんが、「交通の方法に関する教則」などでは以下のような例が客観的に認められればよいとされています。 

  • 車道が狭く車の横を通行するのが困難な場合
  • 自動車の交通量が著しく多い場合
  • 車道に路上駐車車両があり、車道が狭くなっている場合
  • 道路工事で車道の左側通行が困難な場合
  • あおり運転や幅寄せなどの危険運転をする車がある場合

やむを得ない場合というのはあくまで「客観的」な判断が必要で、「車道を走るのが怖い」といった主観的な理由は認められないので注意が必要です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

法律云々より何より 気をつけないとねーー

休み明けの一週間が ようやく終わった

安堵の宵を楽しむには 明かりを落として 火を灯す.............

f0047623_23393884.jpeg

皆さんも どうぞ 良い週末を!!



# by mother-of-pearl | 2019-01-11 23:18 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)

夕陽を追いかけた10分間

f0047623_09424484.jpeg
今日最後の仕事の場所に向かうバスの窓から 沈みかけた夕陽が見えた

着いた建物の二階の窓から見えるはず
階段の最後の二段目で 沈みゆく夕陽の上端が光って消えた!
f0047623_09500510.jpeg
東京湾の彼方に穏やかな空が広がり 息を整えながら しばらく眺めていた
f0047623_09440150.jpeg
冷たい風が吹く日は 僅かな陽だまりの暖かさが身に染みる
『今日も一日暖かさをありがとう』
そんな穏やかな気持ちをもらい もうひと頑張り!と階段を下りる

穏やかで暖かい気持ちが続いていたのには訳があった

昼のクラスが始まる時 人事部長自ら案内して新しい人が加わった
接客レベルの日本語を学ぶクラスでは それぞれが難なく日本語で自己紹介をする
インドでほぼ独学で日本語を学んだという彼女は一度だけ来日した事があると言う
5年前に福島での復興ボランティアとして滞在した時の経験を話してくれた
思わず私は『ありがとうございます!』と頭を下げた
日本での仕事は初めて という彼女を採用した会社の期待と 彼女自身の日本への期待に応えられるよう
年明け早々 身の引き締まる思いを頂いた

みんなと一緒に 頑張ろう!
f0047623_09564663.jpeg



# by mother-of-pearl | 2019-01-09 01:41 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(6)

念願叶ったラクレット

f0047623_15561748.jpeg
表面を熱したチーズを トローリと削り落とす
遂に 遂に 本格的なラクレットに出会えた

ハイジが食べていたラクレット
いつか食べたかったラクレット
大きな丸いチーズのラクレット

暖炉の炎で表面を熱しとろけたチーズをナイフでこそげてパンに乗せる!
ハイジのおじいちゃんがやったような食べ方をしたかったラクレット

..........出かけたレストラン ヒルトン東京ベイ アチェンドのメニューに そのラクレットがあった!!

迷う事なく 『ラクレット おねがいします!』
他に何も要らない
ただ ラクレットに集中します!!
ポテトと野菜中心のものもあったけれど 選んだのはソーセージと厚切りハムが盛られた一品
厚切りのパンも2切れあり まさにハイジの気分

目の前でトロトロのチーズをたっぷり削ってくれる
おじいちゃん ではなくて 素敵なマネージャーさんが!
トロトロチーズをたっぷり削る
f0047623_15571184.jpeg
もう一回 削る!!
f0047623_15573443.jpeg
わぁ〜!そんなに たくさん?!
f0047623_15581334.jpeg

いっただきまぁ〜す!!!

熱々のうちに美味しく頂く
サラダもデザートも要らず ただ ひたすら 味わい尽くし 食後のコーヒーで 我に返った

アルプスの山々に見立て 駅の階段をセッセと登らないと ネ (^_-)









# by mother-of-pearl | 2019-01-08 01:55 | 美味 | Trackback | Comments(6)