翌朝のサーモンパイ

f0047623_16513961.jpg

我が家に滞在中のお客様は クリスマスの夜はお出かけ
東京時代のバンド仲間の家で 本格的なクリスマス・ディナーを楽しんで帰宅した

翌朝の朝ご飯に 『残り物だけど サーモン・パイ食べる?』
『はい食べます!!!ナニコレ??チョーうまい!!!』
『ね~ 私も美味しくできたと思う(^^)』


ただ今 一名様 滞在中!!!!


5月下旬から始まり ヨーロッパ各地そして全米でのコンサートツアーを続けていたCody Carpenter君
f0047623_15264347.png

ヨーロッパ各地から美しい風景の写真を送り続けてくれていた
f0047623_1520353.png

f0047623_1522084.png



f0047623_15273256.png

全米のみならず熱心なファンが多いヨーロッパ各地でも素晴らしいコンサートが続いたらしい
巨匠 John Carpenter氏に楽屋でお会いできた夜の感激が甦る

12月17日のテキサス州ヒューストンで今年の全ツアーを終えた後
LAに飛んで帰ったその足(翼?)で 21日に来日した


礼儀正しく寡黙な青年は 今回もまた 毎食毎食目を輝かせて美味しそうに食べ
一人で駅まで歩いて行き 都内各地での友人との約束に出かけていく毎日
全く手がかからないお客様 というより もう家族の一員になった感じさえ

折り良く 今回は年末に向け 私の仕事が一段落した時期なので
”和食の朝ご飯”も作る余裕があり 食事をしながら たくさんの話を楽しんでいる
f0047623_14484416.jpg

前夜のチキンカツがとても気に入ったらしく 翌日のランチはチキンカツをはさむ
           (私はまたいつものように 挟んでは食べず全部バラバラに盛り付け)
ランチプレートには 2人共通の好きな食べ物 ハッシュブラウンを作ってみた
クックパッドを見て作ったものの 2人して なんか違うね???
片栗粉を加えるレシピが多かったが 彼が即座に調べた英語のレシピでは逆に水に晒して澱粉を減らす・・・
じゃ やってみる と試した方がシャキシャキ感があり 英語版のレシピに落ち着いた
             (クックパッド 信じ過ぎず 色々なレシピを試すのが大事)

f0047623_151344100.jpg

また ある日は地元産の新鮮な蕪が手に入り 蕪尽くしのディナー
鶏ひき肉のハンバーグの付け合わせに蕪をグリルし スープも蕪
            (おぞましい盛り付けで 失礼)
             

時差ボケと寒さで『風邪を引いたらしい』と言うので 先ずは口からビタミンCを!!をせっせと果物も添える
『2日で大丈夫だ!』と元気復活!!!  


和洋を問わず鮭が大好きな彼の為 食卓に鮭の登場が増えた
脂がのって美味しいけれど 養殖の鮭は避けた方がいいんだよね ダジャレも交えて
f0047623_14543982.jpg

『最近は蕎麦が大好きになった』そうで 成田到着後 蕎麦を食べたとのこと
・・・ということで お蕎麦の日もあり 
我が故郷の名物料理“鶏天と野菜の天ぷら”を添えて

『魚や鶏肉は食べるけど 最近は牛・豚は食べないことにした』
『じゃ羊は?』と聞いてみると『食べない・・・』
『そういう場合は ”四足は食べない” って言うんだよ』と日本語を伝授 (^^)/


半年以上のツアーの間 ”日本に行きたい病”を抑えてがんばり続けた彼は ただ今日本満喫中!!
我が家を起点に ちょっと長目に大好きな日本を楽しんでいます!!!!





お母さんからも しっかり頼まれたことだし・・・(^_-)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-27 21:13 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(0)

聖夜  そして  静夜

f0047623_16303635.jpg

玄関に灯りをつけ
f0047623_1631121.jpg

あちこちの小さな灯りのスイッチを入れ
f0047623_16331713.jpg

夜更けに仕事を終えて戻る娘を待つ 
f0047623_1634185.jpg

『クリスマスなんだけど 何故かサーモンパイ・・・・』
熱々のパイをオーブンから取り出し 3連勤の慰労に彼女好みの甘めの白ワインを開ける

『今年はアンジェリーナじゃないけど モンブランはモンブランだよね♪♪』
初めて地元のデパートでクリスマスケーキを予約し 仕事帰りに特設会場に行った
長蛇の列におののいたものの 見事にさばく効率的なシステムに感心しながら 小さな箱を受け取った
(長時間労働で こんなにも多くのケーキを作った人達を思い浮かべていた・・)

f0047623_16394650.jpg

“マヘリア・ジャクソン”の歌うクリスマス・ソングに耳を傾けるのは 年々ぶりだろう


プリズム効果で不思議な光の輪を描くキャンドルを見つめ 
久しぶりに夜更けまで話していた静かな夜
f0047623_16411536.jpg






///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-26 16:48 | 心に響く | Trackback | Comments(2)

できること と できないこと (My first Quilt!!!)

f0047623_2025453.jpg

どうしてこんなに手芸が苦手なんだろう・・・・私 (T_T)

私が編み棒を持つと 妹たちがクスクス笑って見ていた
『もうすぐ ほどくよ・・!』と
マフラーでさえ まっすぐ編めず 何段か進むと ほどいてやり直し!!
多分 二段目のすくい方がおかしいんだね と理屈では分かっていたけど

家庭科の授業で ”仕方なく”こなしていた作品は 全てオモシロストーリーつき
やれと言われれば やることはやるんです なんとか

編み棒で編んだ靴下(奇跡だよ まったく!)は 左右で出来上がりサイズが異なり
提出の前夜 必死でアイロンで伸ばしてみたり
靴下なんて最悪でしょ?2つも作るんだから・・・・(そんなレベル)

人生最初で最後のゆかた作りは 縫い目の印をつけるヘラが強すぎて 破れてしまった!
ブラウスを作れば 型紙通り切った(つもりだった)のに 右袖が二つできてる~!!!!

そんな”武勇伝”は数知れず・・・ やれやれ
教室では真面目に過ごし ベンキョーはこなしていたが
実は ナイフで木切れを削り トンカチでサクサク箱を作るのが得意で
一人田んぼ道を歩いては 虫を見つけたり蜘蛛の巣に見とれたり
ポケットはどんぐりや貝殻でいっぱいの子だった

幼稚園児の母親は皆手芸が得意 というカテゴリーに突っ込まれる 新たな恐怖時代を過ごしたなあ
『クリスマス会は”オカアサマ”の手作りプレゼントを』だって・・・
お道具入れのバッグは作ったものの(ミシンで直線縫いはOKなので)
それに刺繍やアップリケなんて 無理! 
布用のクレヨンで息子が好きな消防自動車ジプタを描いた 
(そんな私にリング・ピローを頼んだ息子 勇気あるなあ と今も冷汗)

_________________________ マエフリ 長すぎ!_______________________________

な・の・で! パッチワークなんて もう考えただけでも卒倒しそうな世界
布を”型通り”に切って また 縫いつないでいくんでしょ????ひゃあ!!!

でも だからこそ(?)憧れは募るばかり

大好きな友達が ”大草原の小さな家”のローラ・インガルスの優しいお母さんに思えてくる

ジャーン!!!
f0047623_12452044.jpg

信じられないことが起こった
f0047623_12461069.jpg

ようやく 家の修繕が落ち着き 初めて長男の奥さんのお母さまを お招きできた日
彼女は 『気にいって頂けるか心配ですが』とおみやげのバッグを手渡してくださった

開けてびっくり!!!!!浦島太郎の玉手箱より 舌きりスズメのつづらよりすごい!
f0047623_1249614.jpg
 
ひと針 ひと針 手縫いの大作を眺めているうちに 感激の余り涙が出てしまった

裏返して 更に感動! そこには 私と縁がある弦楽器の模様が!
f0047623_12503870.jpg

彼女が大切に育てた娘さんと 私が大切に育てた息子が出会うより はるか前に創った時
既に何かのご縁が そこに芽生えていた

そう二人で語り始めた 奇跡のランチタイム・・・・

キャンドルに火を灯す頃まで 楽しい時間が続いた
f0047623_1252307.jpg



補修終了後に お客様が続いたおかげで 否応無しに片付けが進んだ・・・
街はクリスマス一色の週も半ば 次は 懐かしい顔が訪ねて来ます
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-20 02:15 | 美しいもの | Trackback | Comments(0)

いらっしゃい (卒業おめでとう) 

おめでとう!!!!!
f0047623_11213478.jpg

子供達とひと夏を過ごし 初めてのアメリカを体験させてくれた街 ボルティモア

英語を話せるようになりたい!そう思わせてもらった
あの夏 Heat Wave(熱波)の中で 私は 奥底に潜んでいた自分を見つけ出した・・・・

彼女に恩返しをする機会が巡ってきたのは約4年前
日本の大学で通信教育を受講し始め 我が家に滞在し年に数回スクーリングやテストに通った
ご高齢のお母さまを訪ねることも大切な目的のひとつだったに違いない
私より少し年上の彼女が やりたかったことがあるの!と改めて学び始める姿はまさにアメリカン
何歳になっても学びたければ そこからスタートするポジティブアメリカンに 彼女はなっていた

仕事を続けながら膨大なレポートに取り組み 来日しては受講を続けた彼女
制限年数内に 無事に卒業することができた!!!!

長らく支えていたご主人と共に来日し ”勉強無し”で我が家を訪ねてきた

おめでとう!!そして お疲れさまでした

f0047623_117454.jpg

丸の内 中通りのライトアップが始まった日に 二人を案内できたのも幸運のひとつ!

f0047623_11194121.jpg

”あの夏” 私の子供と彼女の子供を連れて ワシントンD.C.を訪ねた
去年の夏 その子供達2人(左から2人目と3人目)が伴侶を伴い 東京を訪れた時夕食を共にしたレストラン
彼等から大好評を得た同じレストランに行きたい との絶っての希望を叶えた
f0047623_11121649.jpg

見事に作られたひと皿 ひと皿が 丁寧に運ばれてくる喜びを 満喫して頂いた
(たくさんのお料理は写真を撮ることもなく 胃袋と心におさまりましたm(__)m )

f0047623_11133722.jpg

長い長い時間を経て 深くつながり 次の世代にも受け継がれていく友情



おびただしい数の人々が行き交う巨大な駅を見下ろしながら感慨にふけった
ひとつの人生と もうひとつの人生が 微かな偶然で巡り会い つながっていく
 
私の人生のシナリオを書いてくれたカミサマに 心から感謝した夜
                 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-18 12:17 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

暮らしながらの補修 完了

早朝の地震や 思わぬ降雪に見舞われながらも わずか3日間で完了!!
f0047623_19495975.png

安心して歩けなかった床は
f0047623_19502273.png

しっかりと基礎から補修が終わり 一番好きだったパターンが復活した床材に貼り換えた!!

廊下も床材を取り換えてもらった
f0047623_19534268.png


徹底的に磨き直す機会を得たペンダントライトは ピシッと仕上がった天井から吊るす
f0047623_2014060.png

f0047623_1956486.png




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回もまた驚きのスピードで 効率的に多くを仕上げてくださった大工さんチームに感謝するばかり

短期間に大量の食器・食料・小物などを移動し ”思いつきで”ペイント作業まで入れてしまった
長年使用していた風呂のガス釜が壊れてしまうハプニングまで同時進行!!
追い打ちをかけた異常な寒さで 仕事に行くのが辛くなる程疲れてしまった・・日もあった

なんとか全てが終わり ソファーの覆いをはずしクッションを置いた居間を ほっと見渡す
f0047623_2041992.jpg

ひと区切りついた週末の夜 久しぶりにCDで好きな音楽を流し・・・・・
(もし5分あれば ご一緒にどうぞ ♩)
f0047623_205827.jpg

甘く仕上げたブラウニーをひと切れ・・・・・今夜はクリームも添えよう
f0047623_2061861.jpg

『おつかれさまでした~!』と 小さなライトを見つめる



これまでも これからもずっと この小さな古家を労わりつつ 自分流に住み続けていきます


長々とお付き合い頂き ありがとうございました m(__)m
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-16 21:26 | 気分爽快 | Trackback | Comments(8)

暮らしながらの補修工事 (その3)

f0047623_19281387.png
f0047623_19284168.png

床と天井の補修 
台所と洗面所の天井は 古家に移り住んで以来 手つかず状態(ペンキの上塗りのみ)
新たに貼り直す為に 初日に大工さんが新たに基礎となるボードを貼り終え
翌日は内装屋さんが サクサクと仕上げ材を貼っていく 


f0047623_19292738.png

補修が終わった床板の僅かな段差をならす為に塗ったモルタルを 短時間で乾かしていく内装屋さん
午後5時が過ぎても 翌日の仕上げを効率的に済ます為 しっかりと仕事を終わらせるプロの仕事ぶり

カセットガスに取り付けた用具を見ながら 
『それは刺身をあぶりにしたりデザートの仕上げに使えそうですね!』
『ホームセンターで買えますよ』と お得情報を頂いた
f0047623_1930931.png

コーディネーターさんもチームの一員として働き続けている

f0047623_19312714.png

観測史上初という11月の積雪の日 

既に床材を貼り終えたスペースに灯油ストーブを置き
家中の暖房をフル回転にし室内作業の皆さんを応援する

大工さんご夫婦と内装屋さんとコーディネーターさんがカウンターに並び
皆で温かいコーヒーやお茶と共に 様々なお仕事先での面白い経験談に花が咲き
楽しいお茶の時間も過ごせた (^^)
f0047623_193478.png

午後のお茶の後 大工さんと内装屋さんが並んで仕上げ作業を眺めた時間は 
まさに圧巻!!!!!!!

口数少なく仕事に集中する”職人さん達”が お互いの段取りを熟慮して作業を進める様子を
じっくりと見せて頂いた至福の時間となった

いよいよ 完成!この間 僅か3日!!!!今回もまた驚きのスピード
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-16 02:34 | 気分爽快 | Trackback | Comments(2)

暮らしながらの補修工事 (その2)

美しい空間で様々なひらめきをもらった日(友人宅での一泊

中でも 彼女のアイディアだったという食器棚の奥に色を加えること
f0047623_0135010.jpg

東海岸の家を飾っていたという優雅で柔らかな色合いの食器を引き立てる色選びに ため息が出た

・・と よそ様の暮らしを羨んでも何も変わらないので・・・・
『そうだ!私も塗っちゃおう~っと!!!』

私の”お値段以上・・・”の食器棚には 彼女の協力も得たFIESTAの食器が目立つので
もっとポップな色合いに!
f0047623_22224952.png

↑ これが  ↓ こうなりました!! って 結局 同じブルーを塗っただけですが(^^ゞ
f0047623_22235450.png


f0047623_22272719.png

キッチンの壁にピン止めしていたピザの空箱の”黄色”が映えるように
(California Pizza Kitchen・・・今はパッケージも変わってしまった)

・・・・真夜中のキッチンで まだまだ遊ぶ!!・・・・・・

ペイントが終わる頃 しっかり用具一式を洗う作業が待っている
洗い流してしまう前に そこいらへんを塗ってしまう悪~~いビョーキが再発

天井の張替工事の為にペンダントライトや換気扇もフードごと全て外されていた
隅々までピカピカに磨いてくれたのは娘
そのかたわらで 私は天井から外されたライトのカバーを磨きあげることができた
f0047623_22313542.png


工事一日目の夜中にできることは このくらいにして 寝ます!
(年末の大掃除の難関が 早目に終わってほっとした)


(その3) 工事二日目へつづく・・・
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-14 19:19 | 気分爽快 | Trackback | Comments(0)

暮らしながらの補修工事 (その1)

f0047623_3225493.jpg

真夜中のキッチン

翌日から始まる床補修工事に備え カウンター内の食器・食料・その他諸々を移動し終えた
椅子の後ろ辺りの床に『踏むな!危険』の張り紙が必要になってきた頃
少しずつ蓄えてきた予算がようやく追い付いてきた

f0047623_3225490.jpg

このチームにお願いするのは もう3度目になる
(2度目のキッチン・シンクの総入れ替え工事は ブログアップできないまま 過ぎてしまった)

早朝 予定時刻より早く大工さんご夫婦は既に外で待機していた
”あの地震”が起こった日の朝 コーディネーターさんは渋滞に巻き込まれ やや遅れて登場

『電車動いてるみたいだから やっぱり私は仕事に行きますね』
『気を付けて行ってらっしゃいね』
友達のように気さくに言葉を交わし 用意したお茶道具の場所を伝え 鍵を預けて出かける・・・
こんな信頼関係を築けていることに 今回も感謝 また 感謝!!

三人がきっちりと後片付けをしている頃に帰宅でき 一日で床の基礎部分は既に完了していた!!
f0047623_3225484.jpg

換気扇は取り外してはいても 埃除けの養生シートをそっとはずし 料理はできることが有難い

食器棚を移動した後の塗り残しの壁が露わになり(↓) あらら!!!
『今夜やるっきゃないよね!』
ペンキ塗り一式を取り出し ビニールシート付のマスキングテープ(百均で調達)を貼り始める
f0047623_3225489.jpg

あれあれ??既に淡いブルーに塗ってあった右手の広い壁と色味が違~う!!!!
・・・ということで 結局脚立を引っ張り出し 壁2面を塗ることになってしまった
f0047623_3225577.jpg

f0047623_3225623.jpg

ペイント一式が出て ローラーを持つと ムラムラと遊び心が湧いてくる・・のが困った癖(^^ゞ

f0047623_3225525.jpg


さて! 空っぽの食器棚 どうしようかな~~~~??? (^_-)-☆


(その2)へ つづく

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-12 21:58 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

ひとり静かに祝う (術後2年の日々)

f0047623_0131428.png

長い間信頼してきた人から新しい場所に異動した と手書きの知らせが届き
彼女の笑顔が甦った場所を訪ねた

f0047623_0133675.png

穏やかな輝きのカトラリーはチタンメッキのものだと教えてくれた
『私の体にも同じ部品が入ってます!』
今日も楽しい会話から始まり 注文を終えてナプキンを膝に広げる

メニューにあれば逃せないのが”ケイジャン”風味の料理
ニューオーリンズのスタイルだというエビの一皿にはパンが添えられている
ピリリと辛味とオレガノの風味の効いたスープも残さずパンですくい取る
f0047623_0135811.png


今日はメインに鮭を選び 先ずは添えられた野菜から楽しむ
蓮根とごぼうは薄く薄く切られ 美味しく素揚げ(チップス)されている
f0047623_0142446.png

鮭の下には美しく焦げ目のついた蕪がのぞいていた
(この日 ブログで蕪について読んでいたので彼女に教えてあげたくなった)
f0047623_014432.png

繊維質の多い外側は大胆にカットし 茎や葉もこんがりと美味しく料理されていた

メインの肉や魚はもとより 野菜についても熱く語ってくれる
軽井沢の農場で生産し運んでいるのだとか

ウェイター・ウェイトレスさん達は 担当の席に固定されてしまう訳ではなく
食材などについて話していると 他の人がそっと後ろから皿だけを受け取り下げていく
目配りの効いたサービスの心地よさ

さて デザートに選んだのはチーズケーキ
f0047623_0224534.png

ベリーのソースが大胆に描かれ 目も楽しませてくれる

一口食べたら なんだかいっぱいにクリスマス!!が拡がった
表面に振られたシナモンの味が クリスマスのクッキーを思わせてくれたらしい
少しずつソースと合わせながら私も絵を描いてみた
最後の甘味を振り切る(?)為に ミントの葉を含んで終わる
f0047623_023846.png


ランチにセットされている食後のコーヒーも 一杯一杯豆を選び 心をこめて淹れている

これまで深煎りばかりを好んできた私に 新鮮な驚きをくれた一杯のエスプレッソ
快い酸味が生きていて 納得の美味しさに 思わずバリスタさんとの話が弾む 
f0047623_0233532.png

食事の最後の最後まで 美味しさと楽しさを満喫させてもらった後 
次回に心を繋ぎ 午後の仕事に向かった
f0047623_024266.png

”彼女”が 幸せそうな笑顔で何人ものスタッフを紹介してくれる度に 私まで嬉しくなった


店を出る時 彼女やスタッフが 角を曲がるまで見送ってくださっていた
振り向いて彼等におじぎをし またね!と手を振った


術前であれば 駅から徒歩10分は遠慮したであろう距離を
今はもう何の不安もなく 歩いて行けるようになった
2年かかった復活を ひとりささやかに祝った日


(カロリーを消化すべく 表参道から渋谷駅まで歩いて行けた!)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-11 02:11 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)

さらばガラパゴス

f0047623_16545728.jpg

f0047623_16545842.jpg

街を歩きながら ふと目にした風景を”携帯”で撮り そのままブログにアップ



風前の灯・・・と感じつつ 未だに 所謂”ガラケー”を固守し続けている

海外の友人には ”ガラパゴス的発展”を見せている日本の携帯電話が理解できない
特に USA(United States of Apple)人には理解不能の機能のお蔭で
不便を感じることなく通話・メール送受信・ブログ閲覧・更にYouTube
更には”ワンセグ”(意味は分からないまま)にてTV視聴・・等々まで楽しんでいた

最近 何故かマイページにログインできなくなった!!!!
エキサイトのお知らせにも ”ガラケー締め出します”なんて書いていないし・・

ログイン状態でお友達のブログにコメントを残せず 毎回URLなどの入力が必要になった
”自分”として即刻コメントへの返信ができない のが最も残念なこと
父の教え『返事はすぐにしなさい!』がこびりついているので(苦笑)

仕事の合間の日中でも 皆さんのブログを訪問しコメントを残したり
頂いたコメントに 余り時間をおかずにお返事を書いたりできていた利便性が 消えてしまった

帰宅後 PCに向かうのは翌日の仕事の準備の為
その後に さてブログ!という程の余力に欠けることが多いので(というか夜遅すぎ)
日中の空き時間を有効に活用できていた暮らしは とても有難かった

が それも間もなく終わりそう
次第に iモード携帯ユーザーを取り巻く円陣が狭められているのを感じる



これから益々 ブログアップの頻度が下がりそうではありますが どうぞお見捨てなく・・・
(と PCからアップしている土曜日の昼下がりであります)
(携帯写真を添付送信しPCに取り込み そこからブログアップ・・・ああ手間かかり過ぎ!!)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-12-03 13:27 | Trackback | Comments(2)