Afternoon Tea    午後のお茶

f0047623_15332829.jpg

春の陽射しが戻ってきた日 午後のお茶を楽しんだ

f0047623_1545283.jpg


     何よりも 先ず

       プティ・フールに 目が・・・・



f0047623_15455065.jpg



    あれもこれもと
         目移りするばかり・・・



f0047623_15461027.jpg


      色々な種類のサンドイッチ


f0047623_15463752.jpg


      全部試してみたくなる・・・・


f0047623_15465491.jpg




      色鮮やかなフルーツも美味しそう





パサデナのハンティントン・ライブラリーでは 様々な庭園や
美術品の展示のほかに バラ園の中にあるティールームで 
ビュッフェ・スタイルの食事を楽しむことができる 何種類もの
紅茶の中から お茶が選べ 小ぶりのスコーンも 美味しい



美味しいもので 心もお腹も満たされた後 日本庭園を歩く
f0047623_16165814.jpg





f0047623_16173837.jpg












映画『SAYURI』のロケが行われた場所

f0047623_16185679.jpg




薄紫色のジャカランダの花が咲く頃に 
また この並木をくぐり お茶に来よう




   トム・ぺティの♪Free Fallin' を 口ずさみながら
   ヴェンチュラ・フリーウェイを走り抜け 職場に向かう

f0047623_1732282.jpg






これまで何度も私の話に耳を傾け 
そっと 背中を押して下さった方と 
貴重なひとときを楽しんだ午後
[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-25 17:07 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(14)

BLUE

子供の頃から 私の服は 青 と決まっていた 何故か・・
迷わず選ぶ色は いつも ブルー
大好きな色だから Blue Mondayさえ 私には意味が違う

どこにいても 目を向けるのは 必ず 青い 何か・・・・・・
f0047623_5455720.jpg

            欲しいなあ・・・・・こんな色の車・・・・
f0047623_5471492.jpg

            住んでみたい 家
f0047623_4531761.jpg

            静かに時を刻む バカラ

f0047623_4581328.jpg

            黄色をさし色にした音楽スペース
f0047623_552643.jpg

            コレクションの鉛筆削り
 
f0047623_5492076.jpg

            透き通るピッチャーの青

f0047623_5505812.jpg

          そして ValleyのNatsuさんへのプレゼント!
          『雲のレースで 可愛いもの 創って下さいね』

        限りなく 心を浄化してくれる 空の色 
            全てを 洗い流してくれる 水の色
[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-24 06:01 | 美しいもの | Trackback | Comments(8)

Musee Royaux des Beaux-Arts de Belgique      ベルギー王立美術館

ふいに 手に入れた オフの一日

何度も読み返しているブリューゲルの本とコーヒーを手に
ようやく晴れた青空を見上げ 庭のテーブルに 座る
f0047623_853580.jpg


ベルギーの友人が住む アルデンヌ地方の町(Rahier)を
訪ねた夏を思い出す シェークスピアが 『真夏の夜の夢』
題材を得た地方とも言われる 緑豊かな美しい所だった
f0047623_1033244.jpg

友人の家は 16世紀に建てられた石造りの古い農家
Les Colombages(コロンバージュ) という 壁の表面に
部材が出る様式で 彼の家は 絵葉書にもなっていた↓
f0047623_10324564.jpg

日本人の画家が滞在中で この家と周辺を描き続けていた
f0047623_1033526.jpg

帰国後 しばらくして 明石から招待状が届き 新幹線で
画家の個展に出かけ 思い出の一枚を求めた  

友人は Louvain-la-Neuve大学の哲学教授 ベルギー
には新旧の名前がつく二つのルーヴァン大学があり この
国の 複雑な民族(言語)の対立も聞いた   絶え間ない
思索の為に 日に何度も“散歩”する彼に付き合い 美しい
丘や林を歩いた夏 林を吹き抜ける風にポプラの葉が揺れ 
さざ波のような音になり 耳を傾けるうちに ベートーベンの
『田園』が聞こえてきた気がしたのは 不思議な体験だった 
丘一面に拡がる小麦の穂の鮮やかな黄色を眺めていると
ゴッホが描いた黄色に納得がいったのも この夏の体験

滞在中 隣接するドイツの村モンショアや 世界一小さい町
デルビュイの美しさを堪能 ミューズ河の畔で 美味しい
ムール貝とフリッツ(フライドポテト)を楽しんだり 更に車を
走らせ リエージュやゲントの他にも 水の都ブルージュや 
北端の海辺の町オステンドにも行き 思い出深い旅となった

ブリュッセルでは彼の実家に滞在し 元外交官のご両親の
気品に満ちた 美しい暮らしぶりに接することもできた

ブリュッセルで最も心に残ったのが ベルギー王立美術館

次の学期は 『美術の中の哲学』も講義するという“教授”の
説明を受け 一枚一枚の絵を鑑賞できた至福の時間を得た
ひときわ心に残った一枚を ミュージアム・ショップで買った

       『 イ カ ロ ス の 墜 落 』
f0047623_9281096.jpg

蝋でとりつけた翼が太陽の熱で溶け 目指した太陽に届かず 
無残にも イカロスが墜落してしまう場面を描いている

f0047623_9323356.jpg



        ドッボーン!




イカロスの大惨事に気付かず 丘の農夫や船上の漁師は
淡々と 日々の仕事に忙しい・・・・・・・

この絵に描かれた事実に 衝撃を受け立ち尽くしてしまった

当時 抱えきれない程の混乱の中にいた自分から しばし
“タイム・アウト!”したくて ベルギーの旅に出た私だった

・・それでも 日はまた 昇る・・・・・・そうか・・・そうなんだ!

一枚の絵が 再び 現実の生活に立ち向かう勇気をくれた

 

            ページを進めよう
f0047623_9465666.jpg

           もう一枚 大好きなブリューゲル
            バ  ベ  ル の  塔

  ん?     あれ? ・・・・・・・・・・・なんだか・・・・・・似てる?
f0047623_9513562.jpg

これは Alan Lee の 描く ミナスティリス の 城

『ガンダルフさま!バベルの塔を駆け上ったのですか!』

ロード・オブ・ザ・リング(ス)の一場面 魔法使いガンダルフが
ミナスティリスの城を 馬で駆け登って行くシーンは 想像上の
塔に過ぎなかったバベルの塔の 坂道や人々の生活を現実に
見せてもらえた貴重な場面で 心が躍った! 
(Alan Leeは 数々の『指輪物語』の本の中で 最も美しい
イラストを描く画家)

(ふたつの絵が似ているかどうかの愚問は この際無しで・・)




久々の休養を たっぷりと楽しんだオフの日が 暮れていく
[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-22 10:00 | 心に響く | Trackback | Comments(10)

Rainy night     雨の夜更け

f0047623_16574550.jpg

全てが 青の底に沈んでしまったような夜

『LA 雨降らないんじゃなかったっけ?!』
帰りの車の中で KLOS局のDJがつぶやいていた

LAは 人も街も 雨に弱いねえ・・・・・・・・・・・・・・・





f0047623_1742716.jpg






雨の夜は
雨の夜の過ごし方を




ふと 聞きたくなった
Donald Fagenの声
                  
              素敵な思い出に浸りながら
                       こんな夜もいい・・・     
[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-21 17:22 | 心に響く | Trackback | Comments(10)

Daffodils 黄水仙

f0047623_5181735.jpg


テーブルからこぼれ落ちるほどに 咲いた黄水仙たち

Trader Joe’sで一束99セントの黄水仙を三束買った
水切りをして活け そっと キッチンの片隅に置く・・・・・
二日後の朝 キッチンから驚きの声が聞こえる やった!

美しく咲きほころぶ黄水仙に みとれてしまう

ギリシア神話のナルキッソス(ナルシス)の 美しさが
時を隔てて 今 目の前に現れたような気分を味わう


そのむかし ポツリポツリと ギターを弾き始めた頃に 
よく歌ったのが ♪Seven Daffodils(七つの黄水仙)

    ♪僕には大きなうちもなく 広い土地もない
     たくさんのお金をあげることも できないけれど
     僕は 君に 七本の黄水仙をあげよう・・・・・

そんな一節が好きで よく口ずさんだ歌が いまここに

30本の黄水仙を あなたに贈ろう・・・・・・・・・・・・・
穏やかな日々を ありがとう!


Thirty Daffodilds for my WIZARD!
[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-21 05:36 | 美しいもの | Trackback | Comments(12)

Happy days     楽しかった日々

f0047623_172556.jpg







とびっきりの楽しさの後 


静かすぎる 朝の食卓


f0047623_17252413.jpg






明るい笑い声を
あ り が と う!





f0047623_17255442.jpg

                  ま   た   ね
[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-17 17:40 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(8)

C'est la vie!!!!!!!! 人生こんなもんよ!

C'est la vie (セ・ラ・ビ)    (・・ブラピじゃないよ)  
好きなフランス語のひとつで (多分)“それが人生さ!”
というような意味だろうと 解釈している

今日は まさに この言葉通りの日だった

Burbank空港(正式名称はもっと長い)の真横を通る道が
通勤路なので よく 着陸寸前の飛行機が 車すれすれに
横切る場面を見かける (実際はそんな高さな訳はないが)

まるで 空飛ぶくじら~!!と 感動してしまう場面なので
いつか写真に撮りたいと思い続けている 勿論 走行中は
危険 かつ 無理なので 一直線の道の かなり手前から
赤信号で停止する度に カメラをONにして『今日は来るか
なあ』と待っているが チャンスはなかなか 巡って来ない

今日は カメラを持っていなかったので 『絶対 来る!』と
予感していたら やっぱり 来た!あ~あ! (*≧m≦)

ベストショットは 青空に SouthWest航空の赤の機体
と勝手に決めているので 今日撮りそこなったのはセスナ
だったからベストじゃなかった・・と 負け惜しみ (⌒▽⌒ゞ

ま、いっか!(これを称してあっこさんのジャマイカ主義)
f0047623_16221050.jpg

これは以前 まだ明るいうちに帰宅できた時に 空港横の
スーパーの駐車場に車を停めて 撮ったもの 
飛行機は 夕闇の着陸ではなく 勢いよく青空を突っ切って 
飛んでいて欲しいので これは・・・・・・・ジャマイカン・・・・・

f0047623_1723849.jpg

[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-17 16:52 | 心に響く | Trackback | Comments(6)

Totally Cool !     

f0047623_12554669.jpg

高校の授業を終えて バスに乗って勉強に来る男の子
すべて かっこよくなければいけない、その子が ある日
ポン と大きな包みを机に置いて 『これ、どうぞ・・・・・』
開けてみたら 新芽が出たばかりの葡萄の苗が 一鉢
高校の園芸コーナーで栽培されているものを もらって
来たとのこと 教科書もノートも持ってくるのが面倒だと
言うほどの彼が わざわざ 袋をさげて来てくれたとは!

一本の葡萄の木の命を預かるのは 責任重大だなあと
言いつつも いつか ワインができたら一緒に飲もう と
二人で笑った

彼と一緒に 勉強し始めて 約半年になる

典型的なイマドキの若者を相手に 初めはかなり戸惑う
こともあった 第一 若者言葉がわからない!え?何て
言ったの?真似てみると 『それは言わない方がいい!』
と慌てて止めることもあった(ハッハッハ!わざとだよ!)
彼の口癖は “Totally!!!”
f0047623_13131152.jpg

f0047623_13135461.jpg

言葉を勉強しながらも 色々なことを 一緒に話してきた

忍者のかっこよさを追求しつつ 忍者学校の規則を一緒に
考えることで たくさんの文法を勉強したね(忍者の先生は
ストロベリーファンタを飲んでもいい というのは笑えた!
アメリカ人らしい発想だったのは 『忍者の生徒は 忍者の
先生のレポートを書かなければいけません』 というところ)

大好きなアニメ 『ブリーチ』のこと コンピューターのこと
将来のこと 今やりたいこと やりたくないこと だんだん
目が輝いてきて キミの良さがしっかり見えて来る頃には
もう お別れが近づいてきた

無意味にみえることも きっと いつか 実を結ぶ

f0047623_13175028.jpg

ゆめを あきらめないで ください 
そして かっこいい人になってください

You can do it!!!!


才能と可能性を秘めた若い世代を目の前にする日々
             しみじみ 幸せな仕事だと 思う

(注:本人にブログ掲載する写真を見せ 了解済みです)
[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-15 13:39 | 心に響く | Trackback | Comments(10)

Blue Sky ...........Hail        青空 のち 雹 

f0047623_1419183.jpg
f0047623_14192954.jpg
f0047623_14195040.jpg



青い空と白い雲 そして 美しい緑

当たり前のように 美しい日々を享受していたことの
幸運を しっかりと知らせてくれたのが 今日の天気

昨日に引き続き LAでは あり得ない程の荒れ模様

f0047623_14313631.jpg

とうとう 雹(ひょう)まで 降ってきた!
フリーウェイ210脇の山々にまで 雪が積もるのは
過去5年間で初めての経験だった!しかも午後から
完全なブラック・アウト!つまり 停電・・・・

初めて ル・クルーゼのお鍋でご飯を炊くことになった

f0047623_1440247.jpg

暖炉が大活躍し 好きなキャンドルを思いっきり灯して
ロマンティックな夕ご飯・・・・の前に 停電は解消したが
電気なしでも 大丈夫な我が家の生活に ちょっと安心

それにしても 寒い!!!明日 天気になあ~れ!
(明日 コンサートなのに なあ・・・・・)
[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-12 14:42 | 心に響く | Trackback | Comments(10)

Quiz    ここは どこ?

こ  こ   は        ど   こ    ??????

f0047623_1934598.jpg
f0047623_19342185.jpg
f0047623_19345523.jpg
f0047623_19352359.jpg






ヒント その1
f0047623_19372683.jpg
f0047623_19382440.jpg
f0047623_19385115.jpg


はい! その通り!!!

f0047623_1940846.jpg
f0047623_1940405.jpg
f0047623_19405536.jpg



50周年 おめでとう!!!!!
f0047623_19413299.jpg

[PR]
# by mother-of-pearl | 2006-03-11 19:43 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(5)