<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ゆずり葉

仕事先から次の仕事先へ
相当な距離の移動が日常化している日々

とは言え 行き先の所番地を頼りに フリーウェイを走るロサンゼルス生活でのストレスとは雲泥の差

20秒の遅延を詫びる都市での移動は まるで魔法の絨毯で旅しているようなもの 
楽勝 楽勝!!

f0047623_12064837.jpeg
小さな草むらに目をやり足を止める数秒は ささやかな気分転換

f0047623_12080473.jpeg
日に日に青空の面積が拡がり キリリと冷たい空気が快い
f0047623_12033670.jpeg
鮮やかな色の対比を見せるゆずり葉は クリスマスの季節に相応しい

子供の頃 『若芽の成長を“見届けた後” 落葉する ので 代々続くようにとお正月飾りに使う』
というような話を母から聞いたことを思い出した
『ん? 若芽はどこ?』

腑に落ちないまま 長年が過ぎていた
帰宅後 ネットで見つけた写真(⬇︎)を見て
ああ!こういうことねー!!
f0047623_13341788.jpeg
いやはや ようやくすっきりしたわ〜(^。^)
次世代の成長をこの目で見届けられたら 
それは確かに有り難いことに違いない


道端の葉っぱを見かけ 我が身に置き換えて 様々な思いがよぎる


上を見 下を見て キョロキョロ歩く癖は
子供の頃からずっとずっと変わらない、、、良くも悪くも(^_-)

f0047623_12091478.jpeg
おやっ! こんな所にいたの??
やった!! 楽しみが増えた〜〜〜!


f0047623_12110543.jpeg



さて 先を急ごう

ある 晴れた日に ひと駅分 歩いた時の雑感さまざま







[PR]
by mother-of-pearl | 2017-12-14 02:02 | 心に響く | Trackback | Comments(0)

Olive tree

f0047623_07443192.jpeg
樹齢二百年を越える古木に 出会った!
f0047623_07490719.jpeg
仕事で通りかかる商業施設の広場に植えられていた
f0047623_07504615.jpeg
お菓子の家を見つけ歓声を上げる子供達を 優しく見つめているようだった

f0047623_07534299.jpeg
小道を歩み 近くに寄ることができる
『ここまで来る道を よく耐えたね!これからずっと安心して根を張れるといいね!』
幹に手を触れることはできないものの しっかり対話できる距離が嬉しい
(見るだけの距離の方が 寧ろ 安心できる)

たっぷり陽射しを浴び 移植のショックから立ち直っていますように!!


シルバーグリーンの葉が好きで 我が家でも1メートルほどのオリーブの鉢を育てている
日々 目にしたくて玄関付近に置いたものの 明らかに日照不足
実付きは限りなくゼロに近く この秋思い切って陽当たりの良い裏側に移植した
新たに 実付きの小さい一本を求め 隣に植えた

身近に そして 仕事先でも オリーブの木を見られるようになった!

共に 移植という試練に耐えた木々が 根を張り 枝を伸ばしていきますように!
f0047623_08231499.jpeg
(舞浜駅 イクスピアリ オリーブと噴水の広場)








[PR]
by mother-of-pearl | 2017-12-13 01:43 | 美しいもの | Trackback | Comments(2)

Biscotti 美味しい午後

f0047623_18484739.jpeg
玄関のドアに年代物のリースを掛ける

久しぶりにどこにも出かけず 家を“温める”日曜日
(買い物は 土曜日にかっこママチャリ”に積めるだけ買い込んで終わらせた )

ソファのクッション全て外し 部分敷きのラグの表も裏も 念入りに掃除機をかける

腰痛防止のサポーターを巻き そ〜っとソファを動かし 押入れの中にも掃除機をかけ なんとなく先延ばしにしていた不用品にケジメをつける

小さなクリスマス飾りを 少しずつ飾りつけ
f0047623_18504074.jpeg

f0047623_18505444.jpeg

大人達の暮らしの中に やや可愛いスポットを作っていった一日
f0047623_17294663.jpeg
オーブンでは 手間いらずのお菓子が焼き上がり
部屋中に良い匂いが漂ってきた

二度 焼いた という意味のBiscotti
ザックリと材料を混ぜ 平らにのばした固まりを焼き
一旦取り出し 粗熱を取って 薄切りにする
切り口を上にして天板に並べ 2度目は焼き時間10分程で出来上がり

お料理名人の友からもらったレシピは もう10年近くになる

f0047623_17380237.jpeg
濃い目に淹れたコーヒーで ひと休み

たまには こんな日曜日もいいものです





[PR]
by mother-of-pearl | 2017-12-10 18:28 | 美味 | Trackback | Comments(2)

1000日余りの歩み

f0047623_12134914.jpeg
清潔で開放的なロビーに立ち 深呼吸をする

術後の痛みと闘っていた頃 窓の向こうの工事現場を眺めていた
今はすっかり完成し あちこちに立派なビルが立ち並んでいる
f0047623_12171293.jpeg
受け付け後 指示に従いX線写真を撮る
f0047623_12185784.jpeg
10分も待たずに 手術箇所と背骨も含めた撮影が進められる

手術を決める頃は 固い寝台に乗ることさえ痛みが走っていた事を思い出した
不安いっぱいで見上げた放射線撮影機器がFuji film 社であることに気付き
遠くの国に駐在員として暮らす友人夫妻の笑顔が浮かび励まされた気がしたものだった

f0047623_12211498.jpeg
順調に撮影が終了した後 僅か10分の待ち時間
で整形外科医の診察を受けられる

今日は全てがサクサクと進む
(そうではない日も たまにはあった)

お陰さまで 全て順調に回復 とお墨付きを頂いた
f0047623_12233351.jpeg
支払い窓口で「(10分程)お待たせしますが あちらでも、、、」と自動支払い機を勧められた
今では機械でもカード払いができるようになっていたので 支払いも2分かからず!
f0047623_12262178.jpeg

あらら!早く進み過ぎて 午後からの仕事までの空き時間をもて余し気味 苦笑

f0047623_12281607.jpeg
入院時は なかなか落ち着いて座れなかったカフェに座ってみる
コンビニでハガキを買い 母と叔母に宛て短い便りを綴る
f0047623_14060356.jpeg


f0047623_14062130.jpeg
カップの泡が少しハート型に見えたのは 気のせい??

退院が近づいた頃 初めて外を歩く練習の日
恐る恐る指示に従い歩いた道を辿ってみた
f0047623_14092411.jpeg
職員さんや地元の人が自由に楽しめる柑橘類が並んだ小道
f0047623_14113349.jpeg
f0047623_14124216.jpeg

f0047623_14130935.jpeg

心から ありがとうと呟き 午後の仕事に向かった

千里の道も 一歩から、、、
千日余りの日々が過ぎていくものなのですねー

さて 次は二千日を目指して歩き始めるとしましょう
....................................................................................



[PR]
by mother-of-pearl | 2017-12-09 12:12 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(8)

えつらん ちゅうい~~!!!

春夏秋冬 街を歩いていると 様々な人や物に出会う
f0047623_23461476.jpeg
紅葉した大木のてっぺんがハート型に見えた!!

f0047623_23485641.jpeg
緑のクッションが落ち葉を優しく受け止める道を急ぎ

f0047623_23503168.jpeg
次に移動する電車に乗り込んだ
吊り革に手を伸ばし あれれ??届かない! 誰かがひとくくり上に上げているのに気づき。。。。

f0047623_23524908.jpeg
うわっ!! 何かいる!!

閲覧注意!!                昆虫系が苦手な方は ここまで。。。。(^.^)/~~~





f0047623_23541007.jpeg
さっきの落ち葉がこんなところに????あるはずない。。。。。あれれれれ?????生きてる???


f0047623_23550176.jpeg
表面がつるつるに見えるプラスティック製のハンドルを 重力に逆らった体勢でじわじわじわじわ移動する
いつ ボタッと落ちるのではないかと 冷や冷やしつつ目を離せずにいる
うわ~!こっちに来てる!!! 飛んで来たからと言って きゃ~!というほど虫嫌いではないけれど
他の人の方に飛んで行ったら それはビックリ大騒ぎになるだろうな
驚いた拍子に 叩きつぶされてしまうかも 
など ハラハラしていた
f0047623_23552346.jpeg
案外 落ちないものなんだな~ (最近知ったばかりの『分子間力』という言葉で説明できるのか)
ずっとずっと 気になって 見つめているうちに
f0047623_23561177.jpeg
もう 着いちゃったー

下車する時に 紙切れか何かに移らせて 外に離そうかな・・・・・と自問自答を繰り返していた

結論・・・・・・『このまま 旅を続けさせてあげよう! 出たかったらドアが開いた時 飛んでいくだろう・・・たぶん』


アケビコノハ  という蛾であることを 初めて知った
きっと 毎日の森の生活に飽き飽きした一匹が 大冒険しているところだったのだろう

・・・・様々な”乗客”に遭遇する日々の通勤電車 

つり革をひとつ巻きあげた人に 蛾を落とさずにうまく上げましたね と聞いてみたかった な

...................................................................................................................................................................









[PR]
by mother-of-pearl | 2017-12-02 17:42 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(5)