<   2016年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

拡がる静けさ 根津美術館 (その3)  

f0047623_144568.jpg

分かれ道・・・分岐点・・・
そこに立った時 どちらを選ぶかで後々の人生が変わる
f0047623_13312680.jpg

で 間違いなくこちらを選んでしまう いつもの私・・・・(苦笑)

勾配がきつくても変化に富んだ道を選ぶに決まっている自分を熟知しているから こそ
長い間 ここに戻って来れなかった・・・ん だよね

     ずい分むかし 同じタイプの友人に勧められ笑いながら読んだ《負け犬の遠吠え》の一節を思い出す
     止めとけばいいのに 絶対”面白そうだけど困難な方”を選び 平穏な幸せから遠ざかる・・バカだなあ

f0047623_13345194.jpg

この美しい庭園を借景にできる住宅を 半ば羨ましく見上げる・・・
f0047623_13353468.jpg

f0047623_1417073.jpg

美しく重なり合う緑の数々
f0047623_14173277.jpg

表情の違う石を敷き詰めた小道が続き
f0047623_1418255.jpg

清々しい水音に耳を澄ます

f0047623_13382560.jpg

深山の広々とした湖さえ想い描かせてくれる池の畔に立ち止まる
f0047623_13393256.jpg

近づいてくる波紋の主を興味深く眺めていた
f0047623_13402351.jpg

f0047623_13403918.jpg

毎年 満開の時期に合わせて 国宝が公開される計らいが嬉しい
ただ 静かに尖った葉先を楽しめるのも一興か と・・・

f0047623_1342383.jpg

『オニヤンマ~!!』との子供たちの声に目をやると 久しぶりに見たトンボ
・・・・『シオカラトンボだよ?』と ムカシ昆虫採集マニアだったオバサンはつぶやいた

f0047623_13443070.jpg

f0047623_1344494.jpg

f0047623_1345929.jpg

お茶の素養があれば いつか ここで催される茶会に参加する夢も持てたであろう・・・
f0047623_13463366.jpg

いやいや とうの昔に”お茶の道”を辿ることは諦めてしまった身
美しい所作を身に着けた人々を 眺めるに留めよう
f0047623_13464921.jpg

f0047623_1347332.jpg

それにしても 全てが美しいディテールに ただただ 息を呑む

f0047623_13515824.jpg

ほぼ一時間余り ゆったりと楽しませてもらった後 再び美術館に戻った
f0047623_13525383.jpg

美術館と庭園の他に 心のこもった案内を心がけてくださった館員さんたちも素晴らしかった
f0047623_13541587.jpg

『蚊がたくさんいますから お使いください 申し訳ありませんね~』
こんな心遣いも

f0047623_13552319.jpg

ロゴデザインは私が最も好きな隷書であることも知った 嬉しいエンディング


f0047623_143155.jpg

ゆったりとした勾配の道だけに頼らず 庭園を楽しめたことが 何より嬉しかった


長々とお付き合いくださり ありがとうございました
さて また新しい週が始まる
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-31 14:04 | 気分爽快 | Trackback | Comments(4)

静けさの底   根津美術館(その2)

f0047623_12252067.jpg

f0047623_12254965.jpg

美術館を訪問し 興味を持って眺めるのは 美術品ばかりではない

先ず 椅子

どちらから座っても良いように より多くの人が分け合って座れるように 普通 背もたれは無く
f0047623_12313638.jpg


ゆったりと心を鎮める場所を与えてくれる

       (以前 パリのオルセー美術館を訪ねた時も 建築家ガエ・アウレンティーがデザインしたに違いない と
f0047623_12302085.jpg

        館内の”座り場所”を見て回った・・・・・・変わり者 やっぱりね)


いよいよ 久しぶりの再会を心から楽しみにしていた展示物に会いに行く
f0047623_12333578.jpg


紀元前の中国 殷の時代の青銅器 (当然ながら展示室内は撮影禁止)
f0047623_1235385.jpg

f0047623_1236680.jpg

諦め悪く 入口付近から 精度の低いカメラで”雰囲気だけでも”と 撮ってみた

饕餮 文 爵(とうてつ もん しゃく)Jue with Taotie Design
f0047623_12385410.jpg

紀元前13~11世紀 青銅器

新しい展示室を得て 厳かな光を浴びた青銅器の数々の中で 
かつて 幾度も足を止め 向かい合っていた一番小さな器

(文字など覚えられるはずもなく 手持ちの紙きれに書き写す とう てつ もん しゃく・・無理!)

20世紀が終わりを告げ 21世紀を迎えようとしていた頃 私自身の心も大揺れに揺れていた

仕事の空き時間に 何度もこの美術館を訪れ 一人 古代中国の青銅器の前に佇んだ

永遠より永く思える三千年もの時を越え 見知らぬ国に辿り着いた青銅器の前に立つと
自分の一生の持てる時間の 何と短いことか・・・と思えた
深く静かに息を整えているうちに 重い空気を振り払い現実の暮らしに戻って行くことができた
                   根津美術館/ 考古

ひと様々な楽しみ方があるのだろう と言葉を交わすこともない人々とすれ違うことが
静かな美術館訪問の楽しみのひとつになった

15年の時を経て 海山を乗り越え 遥かな距離を羽ばたき 再び この場所に立てた時
ただただ微笑んでいる自分に 深く安堵した   
『お蔭さまで心身ともに元気になりました』  誰にともなく そうつぶやいた

(心の中で ね・・・・こんな薄暗がりでブツブツ言ってたら 周りの人が遠退くこと請け合い)


新しい美術館は 展示もより一層美しくなり 多くの若い人や海外の人も訪れていることが嬉しかった
f0047623_1344321.jpg

f0047623_13101338.jpg

(スマホ片手の若者たちではないようで ホッとしたり)


涼しい館内から 窓の外に目を移せば そこにはずっと変わらない緑を湛えた庭園が待っている!
f0047623_137513.jpg



最後は 庭園 散策 編!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-30 12:41 | Trackback | Comments(8)

15年ぶりの訪問

f0047623_143226.jpg
f0047623_1432411.jpg

15年ぶりに ようやく訪れた場所
f0047623_1434557.jpg

改築前とは様子が変わり 目に映るもの全てにときめきながら歩いて行く

f0047623_147416.jpg

                  根津美術館

f0047623_1473519.jpg

胸のすくような見事なデザインのアプローチを通り 入口前の開放的な美しさに足が止まる
f0047623_149131.jpg

シャープなデザインの壁の一部は 引き出せば傘立てになっていた!
f0047623_150352.jpg


改装中から大きな期待を寄せていた隈研吾氏のデザイン 
建物の外から既にその意匠を楽しみながら 入館した
f0047623_153155.jpg
f0047623_1535668.jpg

深く息を吐き 心を鎮め 初めて歩くロビーを 全身で楽しむ

同行してくれた娘とは ここで別行動
一時間半後に またここでね!と それぞれのペースで美術館を堪能する

f0047623_1573499.jpg

ロビー内の展示物は撮影可
f0047623_1582567.jpg
f0047623_158593.jpg
f0047623_1593093.jpg

f0047623_2211338.jpg

f0047623_201042.jpg
f0047623_204343.jpg
f0047623_2188.jpg

ゆっくり ゆっくり それぞれの年月の長さに想いを巡らし 
どんな経路を経てこの大都会の真ん中まで辿り着いたものなのか・・・

f0047623_23180.jpg

ロビーのあちこちに配された心地よいソファーでひと休みしては また近づいてみる

・・・・それだけで もう既に一時間以上経ってしまった
(まだ展示室の1つにさえ入っていない!)

ふと見上げた中二階には 根津氏の彫像が静かに人々を見守っていた
f0047623_253493.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
駅から10分以上歩く場所にある美術館を 長い間訪れることができなかった
『杖無しで しっかり歩けるようになるまでお預け』 そう心に決めていた

うそのようにサクサクと歩を進めることができる喜びが大き過ぎて
館内にいるだけで満足して時が過ぎていきました

それを見る為だけに何度も通った大好きな展示物に辿り着く前に ひとまず 休憩

予想以上に 隈氏のデザインに圧倒されてしまった・・・・

展示そして庭の散策と続きます
もうしばらくお付き合いください




////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-25 02:10 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(10)

暑中お見舞い・・

f0047623_14163951.gif

“Hi!”


熊さんからのご挨拶!

(写真はネットからの借り物)
(偶々 熊に遭遇した撮影者が手を上げたら なんと熊さんからも返礼あり!という まさかの瞬間をネット配信)


既に十分暑い日々
梅雨?もう明けた??


お互いに色々と気を付けながら 過ごしましょう!


冬はすぐそこ!! な訳はないけど・・





**************************************
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-20 13:54 | Comments(8)

A Queen of the Night

f0047623_12493259.jpg

カリフォルニアの乾いた大地で 今も元気に咲き誇る大輪の白い花

かつて 愛犬が元気いっぱいに駆けまわっていた裏庭に咲き
今は鉢に移され ダイニングの窓から眺めることができる

その隣りにも見事な赤い花が!
f0047623_12495841.jpg

BETTYさんが遺してくれたひと鉢が 今年は見事に花をつけていた

月下美人という和名を 乾いた大地で思い出した

凛とした姿に 未だ見ぬ遠くの友を想った・・・・・
間もなく身体の”治療”に立ち向かう彼女

行ってらっしゃい&がんばって!と 大きなエールを送りたい!!!


そして大勢の“ブログの妹達”

家族が寝静まった夜半に 各々の貴重な想いを綴り続けている姿が浮かぶ

今日も素敵な刺激をありがとう


明日も また美しい花を咲かせてくださいね
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-15 13:25 | 美しいもの | Trackback | Comments(6)

たし算 後 ひき算 単純計算式

いやはや・・・・車社会 大盛り食生活 気楽な休日暮らし・・・

結果は ”火を見るより明らか・・・・” アララ!なことになりまして・・(;´д`)トホホ

f0047623_10492350.jpg

飽食休暇の後は お決まりの ”お助けキャベツ・マン”の出番です!
ついでに”キャロット・マン”にも登場願いましょう
f0047623_1050591.jpg

添え物野菜の千切りよりずっと幅広 言うなれば 十切り キャベツをせっせと刻み
キャロットは柔らかさ重視で 敢えてセンンツキを使い 繊維を崩して切る
f0047623_10521187.jpg

冷蔵庫で スタンバイ

ある日は  麺の半量は”十切りキャベツ”で
f0047623_10534686.jpg

暑い時には 熱いものを・・・・・と中華麺でエナジー・チャージ!!

また ゆったり日曜日の朝は カリカリに焼いたマフィンに載せてみよう
f0047623_10571093.jpg

マフィンは フォークでグサグサと割ってから焼くと カリカリ感が増す
f0047623_10584348.jpg
 
自己流ニンジンサラダ(キャロット・ラペ)クランベリー入りと クリームチーズ
(別々に盛り それぞれの味を楽しむ)

濃い目に淹れたコーヒーに氷を浮かし
f0047623_21434320.jpg
 

                     いただきます!




今日も暑さに負けず 元気に過ごしましょう!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-10 13:51 | 心に響く | Trackback | Comments(6)

持ち帰り組 VS 残留組

f0047623_1102649.jpg
f0047623_1113212.jpg

濃いめのコーヒーが合う ラッセル・ライト 2客
10年以上前 アンティークショップで見つけたもの
美しいフォルムと質感で思わず手にした 
バックスタンプから名前を調べ ラッセル・ライトの名を知った

でも 敢えてコレクションはスタートしないようにした・・・・(高くなりそうだった・・から)

衣類にくるみ そっとスーツケースに入れた

f0047623_113057.jpg
f0047623_1132670.jpg

古道具屋の一角で埃にまみれていたティー・カップは 滞在中のティータイム用にLA残留決定

f0047623_114193.jpg

赤いグラスはヤード・セールで手に入れたもの
箪笥の肥やし・・ならぬ カップボードの肥やし  
美しいけれど 飲み物の色を楽しめないことに気付く・・・(遅い!)
f0047623_1145091.jpg

コツコツ 格安価格で買い溜めてきたコレクティブルズ
白いミルクグラスの中から 妹宅へのおみやげを選んだ


持ち帰れないもの・・・・・
少しずつ 少しずつ 整えてきた大好きな空間
f0047623_1155341.jpg
f0047623_11672.jpg
f0047623_1164185.jpg
f0047623_1162985.jpg




アンティークショップで厳選し 新たにコレクションに加わったFIESTA 4つ
もちろん ”持ち帰り”組!
f0047623_118081.jpg

温かいスープに スナックに と 活躍しそう

嬉しいことに 彼女から手渡されたバッグにも もう一枚!
f0047623_2141560.jpg

『息子があなたに出会えたことを本当に嬉しく思う』・・という温かい手書きのカードと共に
素敵なスカーフに包まれて贈られたFIESTAも もちろん 持ち帰り組 決定!




”あちら”に置いて来たものとの再会を楽しみに 仕事と暮らしに集中する日々
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-09 21:05 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

キッチン付きバカンス

さて・・・どこにいても一日三食  残念ながら変わらないね

食レポ(番外編)は 自宅編

そう   お腹が空けば作りますよ キッチンがあれば ね(^_-)-☆

f0047623_14403860.jpg

庭のアボカドの大木を見上げ・・・・何 作ろうかな~
f0047623_14412822.jpg

去年は休憩中の感ありだった無花果は豊作!
お隣さんのレモンと花粉が混ざってしまったらしい ”ライ・モン” 香りはライム

毎日の朝食に そしてサラダに 木熟れの果物の美味しさを堪能した 
f0047623_1443521.jpg

                       
お決まりのおにぎりも せっせと作り (減塩対策に 塩でむすぶのは止めましたよ)
f0047623_14454393.jpg


塩分を気にしながらの ナンチャッテ和風料理も
f0047623_1448163.jpg
 
         (友人達とのディナーの為に仕入れたノルウェーサーモンを塩鮭風に仕上げた)

f0047623_14484222.jpg

去年 家族で日本旅行を楽しんだ他州に住む友人のために レシピ伝授の オムライス
『東京で食べたオムライスが忘れられない』と何度も聞いていたので手順の写真を送った

f0047623_14505883.jpg

f0047623_14495012.jpg

残りご飯の処理のチャーハンや 小腹が空いて おいなりさんも

なんだか 日本にいる時と変わらない日々だったなあ・・・・と思い返している
これも『どこにいても 私は私』の一部?

『キッチンがある旅をしたい』 なんて 20年くらい前は言っていたことを思い出し 苦笑

そろそろ 夢のホテル滞在のバカンスも望んでみましょうか・・・・・言霊を信じて
f0047623_2221918.jpg

f0047623_2223958.jpg

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-05 02:27 | 美味 | Trackback | Comments(10)

食べ過ぎ警報から 注意報へ .........(in LA)

食レポ (3)

f0047623_1485096.jpg

Kids達を待つ間 新たになったメニューを楽しむ California Pizza Kitchen
f0047623_14264887.jpg

f0047623_13473119.jpg


最近は 小さいサイズのピザにサラダのランチメニューが加わり 
食べきりたい私には 有難い!

*****************************************************************

f0047623_1350966.jpg

Zeke's はテキサスBBQが美味しい店
(このサイト↑ は私がいつも行く店!! 店内左手奥が好きな席!)
毎回一度は行きたい理由のひとつは 何年も変わらないマネージャーとチーフウェイターの笑顔

******************************************************************
f0047623_1354368.jpg

ディナーにお招きした友人は お返しのランチに招待してくれた

今まで何度も訪ねているのに 彼等がFIESTAを日常的に使っていたことに初めて気付いた!!

******************************************************************
そして今回も”入り浸った” ローカルのカフェ  (短期間に3回も!)

f0047623_14103533.jpg

混雑を避けて出かけても 並んでいる
f0047623_1411273.jpg

オーナー夫妻の素晴らしい理念のひとつに 若きアーティストの支援があり
今回は ぺインターを取り上げ 掲示や販売に力を貸していた
f0047623_14125436.jpg

手入れの行き届いたハーブガーデン
f0047623_14133278.jpg

最後に訪れた夕方 何故か『デボラに会える!』の確信通り 車を停めたその前にデボラが立っていた!!!
f0047623_14145598.jpg

メニューの撮影が行われている隣りで またね!とデボラと短く言葉を交わす

今回は このお店の主軸商品のパンも数種類試し 大満足!
地域の食文化だけではなく文化的なレベル向上にも貢献する素敵なカフェ
お洒落なカフェやレストランが集まるSilver Lakeから 越してきてくれたことに感謝

美味しいパンを求めて遠出をする必要が無くなって 本当に嬉しい




思い切り楽しんだ外食レポ 6月編 ひとまず 終了
もうひとつ ”自炊レポ in LA" に お付き合いください m(__)m

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-04 00:31 | Trackback | Comments(0)

食べ過ぎ警報 発令中 (2)・・・(in LA)

食レポ (ハンバーガー編) 
f0047623_8504450.jpg

期待通りの 青空+椰子の木 そして ダークローストのコーヒーの香り・・・・
f0047623_8524568.jpg


今回も忙しいスケジュールの中 時間を割いてくれた”彼女”と楽しいひと時を過ごす
爆走トーク・・・・の合間に 彼女も登場する一冊にサインをしてもらったり・・・
f0047623_123888.png

「ああこの頃は編み物に夢中だったのよね~」
確かに 美しい彼女の写真の片隅に編み棒が映っていた!

”息子さん”の晴れ舞台の話で 大いに盛り上がった

今回も(!) 彼女のFIESTAコレクションから おみやげを頂いた
「もう何をあげたか忘れちゃったから かぶってるかも・・・」
いえいえ 何度でも”かぶってください” (^◇^)  ありがとう!!!

娘と一緒に行っても 大抵の所で私達の行動パターンはいつも同じ
「じゃ 一時間後に この場所でね!」
と それぞれの好みの場所で別行動!
f0047623_8573613.jpg

ひたすら書店で時間を過ごしていたらしい娘に対し
私は URBAN OUTFITTERS や Pier1 Imports  ....etc....をウロウロ

待ち合わせ時間に合流し 『お腹が空いたねえ!』

f0047623_931363.jpg

f0047623_933852.jpg


一度は試してみたかった UMAMIBURGER
空港でも目にし Cody君もお勧めの店に初めて入ってみた
店内は レストラン&バーの内装 お値段も”高級”
炭火焼きの厚めのバーガーは ガブリ!とはいかず バラシてから頂く

美味しい!確かに 美味しい!!

ただ・・・バーガーに10ドル以上・・・次は無いかな~

f0047623_995452.jpg

「食べたら歩かなきゃ!」

ほどよく曇り始めた通りを 再び 歩き始める




(車社会のLAでは 相当覚悟を決め 歩く機会を見つけないとアッという間に・・・・)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-03 11:48 | 美味 | Trackback | Comments(2)