<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

すっかり大人のkids! ( in LA)

f0047623_635874.jpg

『久しぶりに会えないかな~?』
『もちろん!!!』
『じゃ いつものCPKで!』

手術後 杖が必要だった頃の姿は見せたくなくて 連絡を取らずにいた

かれこれ2年ぶりの再会!

                         
f0047623_651851.png

                        (写真掲載許可もらっています)

『ニイチャンは来ないかも・・・まだ寝てるみたいだから・・・』
時間通りに現れたオトウト君は 申し訳なさそうに そう言った
『そうかもね でも大丈夫 大丈夫 君に会えたから』

と 話していると まだ寝ているはずの夜型人間の”ニイチャン”が 登場!
『ありがとう!!!起きて来てくれたんだね~』
『いやあ なんか 掃除のおっちゃんがうるさくてサ~』
などと 照れ隠しに言い訳をしながら 来てくれる!

・・・相変わらず 素直には言わない”ニイチャン”
でも来てくれた (^^)/

積もりに積もった話の中で 彼ら2人で始めた音楽ビジネスが順調に進んでいることを知る
来年の夏には 彼らが主催する音楽フェスティバルを予定しているとも
『決まったらチケット用意するから 来てね』
『了解!!』

14歳 15歳の二人に出会った夏を思い出す
一年間 LAを離れた私が学校に戻った時 2年目のクラスにいた彼ら
でも何故だか ”問題児”扱いされていた 
週2日のクラスの後で 補修授業を取る彼らの担当となり 再び共に学ぶ日々を得た

『宿題もやってくるし 何も問題ないですけれど?』と報告しながら 彼らとの授業を楽しんだ

東京にも やって来た
地下鉄の乗り方を一度教えただけで 後は自分たちで サクサク東京の街を闊歩した逞しさ!
私たち世代の音楽ファンには ”伝説的なライブハウス”のWhisky a go-go にも招待してくれた

f0047623_6141749.jpg

”子供”の頃から ジャンクフードは避ける賢い子たちだった
今でも 健康志向の意識が高く 筋肉トレーニングに励む彼ら

あっという間に別れの時間
力強いハグで またね!

f0047623_7493753.png

おみやげの”鳩サブレ”のバッグを片手に 二人で午後の打ち合わせ中

帰宅後すぐに お礼のメールが届いていた・・・・そんなところが素敵だと 嬉しくなる

一見 やんちゃ坊主だった二人は すっかり落ち着いた頼もしい青年に成長していた


     (来年の夏 彼等が主催するイベントが 今から楽しみ♪♪)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-28 01:48 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

またね LA & ただいま TKY

f0047623_2521020.jpg

最終日の夕方 ガソリンスタンドで給油中 夕暮れの空を眺めていた

f0047623_2523173.jpg

いつものピアスから 旅用のピアスにつけ替え 夜間飛行に備えた

(下がるタイプのピアスは 機内のヘッドフォーンの着脱で失くしてしまっこともある)



空港のWiFiを使い 帰国後の仕事のスケジュール調整を続けた後 12時間のフライト 

遅れて離陸したにも拘わらず 予定時刻より早めの到着
手際の良いおもてなしに 今回も快適な時間を過ごしたANA機に ありがとう!

f0047623_2531928.jpg

しっとりと身体にまとわりつく湿度は まるで高価な美容液のように あっと言う間に手肌の乾きを修復した
f0047623_253323.jpg

帰り着いた駅でおにぎりを買い 自宅に戻り自家製(去年製)梅干しと共にかみしめる

『ただいま~!!』


f0047623_2565498.jpg

心の片隅にオークの木陰を残し

f0047623_2571252.jpg

午後から またいつもの高層ビル群に紛れ込む
いつものように ”動き続けながら 時差ボケを調整”する!




週の半ばに帰国し 即日仕事に戻った後 ようやく迎えた週末で深呼吸しています
もうしばらく LAの思い出におつきあいください m(__)m 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-26 06:52 | 気分爽快 | Trackback | Comments(8)

Orpheum Theatre in LA (コンサート レポート)

f0047623_6141685.jpg

ようやく日が沈む午後8時前 開場を待つ人の列が劇場周辺をぐるりと取り巻いていた
f0047623_7251372.jpg


JOHN CARPENTER  LIVE RETROSPECTIVE
f0047623_61713100.jpg

SOLD OUTの文字通り 長蛇の列の後ろにつく

8時に開場となり 入場するものの 9時からの開園まで まだまだ時間がある
f0047623_7285585.jpg

珍しく物品販売のコーナーも設けられており ”例外的”にその列にも並んだ・・・

(例外的にピザ食べて・・・アイスクリーム食べて・・・パンケーキにはシロップかけて・・・)
(例外づくしのこの頃は 自分の中での基準がおかしくなってるなあ と自虐的に反省)

The Orpheum Theatre Los Angeles
f0047623_6323295.jpg

歴史的には”若い”この国・この都市ではかなりの風格を感じる美しい劇場
着席し 既に興奮状態にある多くの聴衆の”大音量”のざわめきの中で 開演を待つ
(いやあ・・・・体がでかい人は 声もドデカイ・・・・はっきり言って『うるさ~い!!』)

f0047623_635088.jpg


f0047623_6352936.jpg

f0047623_6355541.jpg
f0047623_6361910.jpg

f0047623_6393323.jpg

Sold Out前にチケット入手できただけでも幸運だった とは言え・・・・・
Codyからは最も遠い席で (;´д`)トホホ しかもライティングが眩しく ちょっと残念

ま いっか~!   な写真が多くて 申し訳ない・・・

f0047623_6491879.jpg

ホラー映画は見ない(見られない)と抵抗する私に Codyは色々とお勧め映画を紹介してくれていた

その中のひとつ ”They live" は 地球を侵略し人々が洗脳され続ける中で 黒眼鏡をかけていれば
その実態が見え 洗脳を免れる という 資本主義に基づいた消費経済の横行への強い警告
サングラスをかけると『考えるな テレビを観てろ』『買え 買え もっと買え』『金は神だ』と見えてくる
単純なストーリーながら この国にあって既にこの警告を発していた巨匠カーペンターに敬服

そして いよいよ佳境にさしかかった時 巨匠からへのメッセージ
『みなさん 今夜はコンサートに来てくれてありがとう』
『帰りの運転には 気をつけてくれよ・・・・クリスティーンがそこにいるぞ!!』
"Be careful on your drive home. CHRISTINE IS OUT THERE!!"
に 会場が湧きあがる!!!
名作”CHRISTINE" が最後に登場
f0047623_733221.jpg

クラスでいじめられ通しだった少年が手にいれた愛車は 1958年式の真っ赤なプリモス
”彼女=クリスティーン”は 自分を大切にしてくれるオーナー少年の為にかつて彼をいじめたヤツラを殺していく・・・・
f0047623_753613.jpg

f0047623_775426.jpg

燃え盛る怒りの炎に包まれる”クリスティーン”に ファンのテンションもマックス!!
f0047623_710219.jpg


 (事前に会ったCodyによると 北欧の都市でのコンサート会場には同型の車を完全に再現し
  出待ちをしていたコアなファンもいたのだ とか)

映像が映し出される度に大きな拍手が沸き起こる中で 次々と自作の曲を大切な子供達と再現する
巨匠の心を ふと 想像してみたり
・・・あるいは 3月の滞在中 一緒に食事を楽しんだ後 使った食器は自分で洗ってね と指示を出したりしたことなど
ステージの背景に映し出される”ハードな”映像から目を逸らしながら 心は劇場の宙を舞っていた

見事な演奏でサポートするバックバンドのメンバーの演奏も 心から楽しんだ
f0047623_7171269.jpg


楽屋に彼とお父さん(巨匠)を訪ね 真夜中のダウンタウンを後にした
f0047623_7233449.jpg




♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫

彼等の音楽の一部は オフィシャル・ビデオでお楽しみください!!!!!
John Carpenter "Escape from New York"
♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫

[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-20 06:19 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)

朝のキッチン

f0047623_1413408.jpg

レモン・バーベナの枝が 爽やかに香りを放つ朝のキッチン

f0047623_14141162.jpg

束のまま活けられていた花の茎を切り 庭の草花を加える

笑い声に満ちたひとときの余韻が残る朝

夜中のうちに洗い終わった食器も全て元に戻し すっきりと 次の朝が始まった


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小さな計画は 真夜中のキッチンから始まった

『そうだ!スザンヌは餃子が好きだと言っていた』
むかし 持ち寄りパーティーの時 いつもの”寿司系”ではなく餃子を作った時
『お金払うから また作って!!』と言っていた彼女の一言を思い出した
f0047623_13453483.jpg
 
餃子の皮(50枚入り!) 小さいながらも白菜(レジの人は『初めて見る野菜!』と驚いていた)

皮は手作りで 白菜はキャベツで代用しようと思っていたらローカルのスーパーで見つけた!!

真夜中のキッチンでゴソゴソ・・・
f0047623_13492286.jpg

同行した娘は 今ではすっかり手馴れて作るようになり 共同作業が進む

f0047623_1349481.jpg

寝るまでの時間に軽く冷凍し 袋に入れて冷凍保存

これで一品 上がり!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0047623_13512090.jpg

このひと夜の楽しみの為に・・・着々と準備を続けていた

前菜は ズッキーニのガーリック焼き・サーモンパテ・いちじくの生ハム巻き
クランベリーやナッツもたくさん入ったサラダ
IKEAの冷凍食品コーナーで手に入れたサーモン(ノルウェー産なので美味しい!)のパン粉焼き
ほうれん草のガーリックバター炒めを添えて

などなど・・・・

”宴”が始まれば あっという間に皆のお腹に消えていくので 写真は撮り難い

そして 既にデザートの時間!!
f0047623_1355484.jpg

夜でもコーヒーが平気な人もいれば そうでない人も
カフェイン無しのハーブティーには 庭のレモン・バーベナを淹れた


誰よりも信頼できる友人達を見送った後は いつも名残惜しく なかなか家の中に入れない
f0047623_1358759.jpg
f0047623_13582751.jpg


またね

そう 小さく声に出して ドアを閉めた

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-17 14:11 | 気分爽快 | Trackback | Comments(6)

ロング・ドライブ

f0047623_15494732.jpg


何度見ても飽きないロケットに会いに行った

片道1・5時間の(私には)ロング・ドライブ

カリフォルニアでの運転は 長袖を着ていてもジリジリと日差しが照り付ける
アッという間に ”こんがり キツネ色”・・・・・えらいことです!(*_*)


f0047623_14301724.jpg

もうひとつ 大好きな”オービット”もカメラに収め
f0047623_14312160.jpg

若い人には”ゆる~い”乗り物でも 妥協してくれて 60分待ちの列に並ぶ
f0047623_14324583.jpg

・・・・実際には30分余りで乗れて それなりにキャアキャア 楽しむ

カリフォルニアには珍しく曇り空になり 園内を歩くには有難いお天気
f0047623_14341626.jpg

何やら 子供達を巻き込んだショーが始まるらしい
f0047623_14352864.jpg

ダースベーダー登場での拍手大喝采は 思わず苦笑してしまうほど
・・・・このキャラクター ”悪者”なんだけど なあ~
特にアメリカ人のオジサン達は 映画でも乗り物でも 無邪気に大喜びする
f0047623_14375774.jpg
 
一体 どっちがワルモンなんだかイイモンなんだか分からなくなる熱狂ぶり
f0047623_14391297.jpg

目の前の柵に立ち上がっていた子供達は キャストの『危ないから膝で立ってね~』に素直に従う
(エライ素直だな~と感心しつつ コンクリートの上で膝が痛いだろうな と心配になる)
f0047623_14404641.jpg

新作に登場したキャラクター(カイロ・レン)まで現れ ストーリー展開はまだ早いでしょう?
と気を揉んでみていると さり気なく霧の彼方に消えた・・・・やれやれ 次の作品でがんばって!
f0047623_14431019.jpg

衣装を着けイベントに参加できた子供達も そうでない子供達も”アメリカ式のチャンバラ”に夢中!

f0047623_14451011.jpg

ぷらぷら園内を歩いていると こんなキャラに出くわすことも!

自撮り棒なんて持ってないし 使ってはいけないし

存分に遊んで帰ってくる”子”を待つ間 セルフタイマーで自撮り・・・
f0047623_11404721.jpg

ベンチの手前のゴミ箱に置いたカメラが 風でぐる~んと周り 爆笑した後の一枚でした!


元気に 爆走中!!


明るいうちに また一時間半ドライブして 帰りましたとサ (^^♪


ホントは結構緊張するフリーウェイのドライブ!!!
(メーター表示の70とか80はマイル表示なので×1.6㎞だと時速120㎞前後で走っている)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-15 14:56 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)

こちら カリフォルニア

f0047623_14544268.jpg


一日の仕事を終え 夜中の空港に向かい 大きく深呼吸をして機内に乗り込んだ

週明けから珍しく”夜になると眠い”(これは私には異常)のが変だと思っていたらどうやら風邪引き
こんな状況で飛行機に乗るのは辛いな との心配をよそに 異常な速さでひどくなり そして治った!

やれやれ・・・・

夜間飛行は 例外的に機内でも数時間は眠れた  (普段は機内では日頃読めない本を読んだり で全く寝ない・・・)

そして ただ今カリフォルニア

乾いた大地に立つと俄然元気が復活し 呆れるほど単純に元気になる(^◇^)

f0047623_14561924.jpg
 
剪定されることもなく 大きく育ってしまった庭の紅葉は美しい木漏れ日を見せてくれている



・・・母の状況によってはキャンセルも覚悟していたこの旅を実現できたことに 先ず感謝・・・・

到着翌日 運転免許証の更新に出かけ 再びハンドルを握る快適さを楽しんでいる

ノロノロ仕事の代名詞のように言われるDMV(陸運局)が驚きの変化を遂げており
予約時間に行くと 手続き・支払い・視力検査と指紋採取の後 写真撮影して 30分で終了!!!
どの友達に話しても 『そんなに早い?』と驚くほど やれやれ ほっとひと安心

ただ今公開中のディズニーアニメ ”ズートピア”の中では キャラクター全てが動物であり
DMVの職員は”ナマケモノ”で表されている アメリカ人なら大受けのキャラ
『DMVの人達はあのアニメを見て 俺は違うぜと思ったのに違いない!』とメールしたほど!!



今回の旅の最重要ミッションは ”あの若き友人”の大舞台をこの目で見ること ♩♩♩

ヨーロッパ公演(アテネ・バルセロナ・コペンハーゲン)を既に成功させ 一旦LAに戻っていた
f0047623_15342216.jpg

JOHN CARPENTER CONCERT
f0047623_15344260.jpg

写真は公式サイト(中央下部のEvent feeds )より

週明けから始まるアメリカでのツアーに出発する前に「会いましょうか」と声がかかる
訪れたギリシア・スペイン・デンマークの人々や街の様子を活き活きと話してくれ
なんと お昼を御馳走してくれた!!!
『あの子が・・・・ねえ!!!』と感嘆する親のような心境を味わう自分に苦笑い (*'▽')

彼のお母さんから『日本の母』と呼ばれる身としてはCan't miss it! 逃す訳にはいかない 
18日の夜のLAコンサートが 本当に楽しみ!!!!!







いつものスーパーで食料を買い込み 料理を楽しみ たくさんの友人達との再会も楽しんでいきます
(風邪でぐずぐずしてるバアイじゃない!)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-12 15:03 | 気分爽快 | Trackback | Comments(6)

とびっきり美味しい誕生日

f0047623_23483110.jpg

真っ白のクロスの上に 磨きこまれた銅のカップ 

空港からの帰り道 都内で娘と待ち合わせ 彼女の誕生日を祝う


f0047623_23494656.jpg

絶大なる信頼を ”微塵も”裏切らず 常に進化し続けるシェフが作る一皿目は真鯛のカルパッチョ
f0047623_23522384.jpg

これだけの為にでも足を運びたくなる ポップオーバー
・・・・何度尋ねても 販売の予定は無い・・・という名品を大切に味わう
(言うなれば シュークリームの皮の味のパン)
f0047623_2354112.jpg

『ビーツ 好きだって言ってましたよね(^_-)』満面の笑顔で登場したシェフ
よくそんな昔の一言まで覚えていてくださったものです!
f0047623_23553790.jpg

特にお願いはしていなかったのに 私達の心は既に読まれていた!!
1995年に味わって以来 ずっとずっと揺るぎのない味 マッシュルームスープ
何度か挑戦して作ってみたものの 完敗   今夜も大満足の美味しさに笑顔がこぼれる


f0047623_2359017.jpg

メインのひと皿 新鮮なサーモンは コクのあるソースとの相性が素晴らしい
f0047623_001931.jpg

かつて高校生だった娘を初めて連れて行った時 彼女を虜にしたラムが登場した!
しかも ポークまで添えられて!!!

・・・・・サーモンのあたりで既に満腹しているのに この美味しさで完食してしまった

”別腹”なんて言えないボリュームで 運ばれてきたデザート
f0047623_024834.jpg

こんなに美味しいお祝いは無いね~ (^^♪

デザート皿の手前には 先ほどお渡しした九州土産のお菓子まで添えられている!

下の階のカフェでの名物でもある8時間の水出しコーヒーを用意してくださった!!
別の日にこのコーヒーを楽しみに連れて来なければ と思っていた心は 読み取られていた
f0047623_062774.jpg

『8時間もかけて作るんだって』 まるで自分が淹れたかのように説明する母に 娘は苦笑

いつの間にか 窓の外にはネオンが輝き始めていた
f0047623_0263094.jpg


『初めてお会いしてからもう20年になるんですね・・・・』
私の中では 未だに彼を超える人はいない CHEF KATO
f0047623_095950.jpg

味覚を守るため 氷水など飲まないというストイックな姿勢で前進し続けるプロフェッショナル


怒涛のような数週間の区切りの夜を 美味しく満たして頂きました
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-09 00:13 | 美味 | Trackback | Comments(4)

ただいま! HND!!!!!

f0047623_20292786.jpg

多くの人が行き交う空港ロビー    国内線・国際線を問わず大好きな空間


雨の中の離陸後 無事に爽やかな青空のHNDに到着した
(HNDは羽田空港の略 ちなみに成田空港はNRT ロサンゼルス空港はLAX・・・)

肩の重荷が少し軽くなった帰り道 少しだけ寄り道をしたくなりエスカレーターで上階へ

f0047623_20353465.jpg

展望デッキに上がれば見えるはず!と 上ってきた訳は
f0047623_2111424.jpg

(・・・・また飛行機~??? ・・・・って言わないでね!!)
降機した後 バスで到着ゲートに向かう途中 『あのジェットがいる!!』と目に留まった
しかも2機も見えたのに走行中のバスからでは 殆ど見えなかった

国内線では各一機ずつの特別仕様の機体が二機 そこにいるのを見逃すわけにはいかない!

到着ロビーから帰りのモノレールに行く足を翻し 展望デッキまで寄り道を決めた
(大人でよかった~とつくづく思った瞬間 『早く帰るよ!』と急かされることもなく)




f0047623_20362073.jpg

短期間に何度も利用した空港で 今日は駆け抜けることもなく 歩いてみる

これから旅に出かける人 迎える人を待ち切れず早く着いてしまった人
たった今 誰かを見送った寂しさを紛らわしている人・・・・・・・

多くの人影を遠くから眺めていると たくさんの小説を読んだような気持になれる
f0047623_20364318.jpg

人の数だけ物語が溢れている空港で 今 私の物語も 新たなページをめくった




ただいま・・・・・・また この空の下で働けそうです!

ヒコーキ 飛行機 ひこうき
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-08 01:01 | 気分爽快 | Trackback | Comments(4)

思いが溢れる週末

f0047623_2317685.jpg

この日を迎えられるとは・・・・・・・・・



きょうだい4人全員が顔を揃えたのは先週末のこと

入院6週間後 初めて外泊許可の下りた母との時間を過ごせた

母は『みんなが顔を揃えてくれるなんてね~』と何度も何度も繰り返した

入れ代わり立ち代わり母を訪ねてはいたものの まだまだ現役で仕事をしている身には
帰省のタイミングを合わせるのは難しく 父が亡くなって以来のことだった

数週間前 病院で顔を合わせることを想定して皆で帰省の予定を揃えた
あの時は まさかこんなに元気に回復した母を囲んでの集まりになるとは思いもしなかった
f0047623_23182452.jpg

(グラスを持つ母の右手・・・数週間前 病院にかけつけた時は 弱弱しく握り返していた手!)

それぞれが思い思いに持ち寄った食べ物を 台所で調理する
はるか彼方の記憶の世界を掘り起こしては笑い声に満ちた 一期一会の夕食

懐かしい故郷の味の数々  そらまめ 採れたてのタケノコとわらび 茹でたばかりの蛸!!

幼い頃のそれぞれの好物をさり気なく用意してきた一人一人の思いが熱く伝わってくる
f0047623_1321547.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
到着した空港のロビーで”発見”した懐かしい酒造の一本
f0047623_1332816.png

                           (萱島酒造のサイトからお借りした写真)

夏限定というひや酒(720ml)を一本と 羽田空港で見つけた『ブリマグロのカマの煮つけ』を持参

『ねえちゃん もうおみやげはいいから・・・ね』   =甘いものは要らないからね 
と解釈し 選んだ”辛口のおみやげ”は やはり好評!!


萱島酒造の五代目ご夫妻の奥様と私たちきょうだいは 子供時代 書道教室で席を並べたお友達

彼女の消息を二人の妹たちから聞きながら 懐かしい思い出話が続いた幸せな夜


お蔭様で 母は退院の日を迎え 長く続いた一人暮らしにピリオドを打ち
末の妹夫婦家族との暮らしが始まりました

感謝でいっぱいです


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-05 18:36 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)

雲の上は いつも青空

f0047623_2213106.jpg

降りしきる雨の中 滑走路で離陸を待つ

様々な形の雨粒を見つめる

f0047623_22152636.jpg

夜は見事な光を放つ誘導灯が 滑走路でしぶきを浴びている

アンドリュー・ワイエスの絵のような草むらを眺めていた

機体がぐんと動き始め いざ 空へ!
f0047623_22192115.jpg


空へ 空へ・・・・・・雨雲をくぐり抜け 上昇を続ける
f0047623_22235730.jpg



f0047623_22242479.jpg

分厚い雲を抜けると そこには いつも青空が広がる

地上でどんなに雨が降っていても 雲を突き抜ければ 必ず青い空が待っている

上昇する力さえ失わなければ 


f0047623_22265143.jpg

今日の旅のお供は小さい頃からずっと好きなビスコ
小さな袋がパンパンに膨らみ 気圧が下がっていることをもの語っていた 

今日の私は 心も耳も 大丈夫
         大きな心配を抱えて搭乗した日 堪らなく耳が痛くなったこともあった

f0047623_22325629.jpg

温かいコーヒーを飲み終わった頃 ふと外を見やると なんと美しい富士が見えた!!!

f0047623_223452.jpg

方向は考えずに席を取ったのに 往復の空路で富士を見ることができた旅

ほぼ毎週飛び続けた日々も そろそろ安堵の幕が下りる

f0047623_2237490.jpg

床下でゴトゴトと着陸前の車輪が出る音がし始め 機体は降下を始める
f0047623_2239392.jpg

地上が見えるとスピードの凄さが実感できる
f0047623_22401030.jpg

空気抵抗を増やすために 翼の一部が立ち始め
f0047623_2241680.jpg

・・・・思わず覗き込む!

f0047623_22421891.jpg

f0047623_22424462.jpg

一刻を争って降機する必要の無い時は 楽しい楽しい飛行機ウォッチング!!!

f0047623_22444772.jpg

いつ見ても ゾクゾクする はたらくオジサンたち

何度も何度も往復してくれた機体に 心から感謝の気持ちを伝えたい

f0047623_2246367.jpg

逸る心と距離のギャップを埋めてくれたフライング・ヒーロー

頼もしい姿に なんだか胸が熱くなった・・・・・

**********************************

有難いことに 母が退院の日を迎えました!

本当に本当に 嬉しく思います

見守り続け パワーを送り続けてくださって ありがとうございました

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-02 23:07 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)