<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おみやげは?

えいさ~ん!!   A3~??
f0047623_21304142.jpg
               

はい えい ですけど 何か?

えいさん 裏返ってみてください
f0047623_213195.jpg


はい A3 裏返りました! で 何?


....................................................................................................
LAのサイエンス・センターで 何かおみやげは・・・・・とツーリスト気分を味わっていると
ふと 目に止まったのは これ

受け取った人は ????な 顔をしていた   

一応 水族館などもあるサイエンス・センターなので~ こんなものも売ってました
(本当は ”赤ちゃんペンギン”を ずっと探しているのだけれど なかなか可愛いのに出逢わない)

何しろ この冬 けっこうお気に入りだった あるプリンターのCMを思い出し
結局 自分が欲しかったから 買った というお粗末
(おみやげ とは 自分が買うプロセスを楽しむ部分も大きい というのが持論なので ね)



次は 鮫 だな!   (これ 分かる人は そのCMも 御存じですね)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2014-03-28 02:04 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(10)

くぐり抜け 仰ぎ見た雄姿

f0047623_16212895.jpg
f0047623_16214510.jpg
f0047623_1622571.jpg


その巨大な物体の真下をくぐり 見上げ 感嘆のため息をつき そして また歩く

f0047623_16244766.jpg


数々のミッションを終えた スペースシャトル エンデバー 

東海岸から はるばる飛行機の背に乗り 人々の歓声を浴びながら 西海岸に辿り着いた
f0047623_16255117.jpg

f0047623_16261553.jpg
f0047623_16264144.jpg

f0047623_16273485.jpg
f0047623_1627577.jpg
f0047623_16281616.jpg

様々な作業を伴いながら
f0047623_16304183.jpg

笑顔で迎える人々の中を進んでいった・・・・・・・(館内で上映されたビデオから)

f0047623_163295.jpg

25回のミッションを終えたシャトルを迎えるプロジェクトには 多くの人が携わった
一人一人がその名を記し このプロジェクトは26回目のミッションである と書いた

館内で説明してくれたボランティアの男性が そう話してくれた

f0047623_16345410.jpg

場所は ロサンゼルス・オリンピックの跡地に造られたエクスポジション・パーク内のサイエンス・センター   (10ドルの駐車料金の他は 入館料は無料)

ロサンゼルス国際空港から そう遠くない場所にありながら なかなか出向く機会がなく
今回 空港から直行し ようやく その雄姿を仰いだ


『私はアポロのファンだから・・・・』と シャトルは ジェミニに続いて3番手 くらいに考えていた
f0047623_16371063.jpg

そんな私の想いは 

壮大な計画の下 宇宙へ向かう飛行物体を創り上げた科学者・技術者たちと
知恵と勇気の極みを体現し 乗り込んでいった飛行士達の存在と
そして 今 目の前に 宇宙の旅から帰還したエンデバーの迫力の前に

呆気なく 吹き飛ばされた!

f0047623_16394348.jpg

館内には アポロ・ソユーズや火星探査機も展示されていた

間近に寄って 飽きることなく見つめていたのは宇宙飛行士達を 金属をも溶かす高熱から守った断熱材

蜂の巣状のくぼみ ひとつひとつに樹脂を注ぎこんだのは 女性の手だった という・・・・

様々な想いが交錯する密度の濃い時間の中で 日常を忘れ 小さな蟻になった気分で もう一度くぐってみよう

f0047623_165525.jpg





もう 言葉は要らない・・・・・・・・・・・・


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

でかした TUNDRA!!!
[PR]
by mother-of-pearl | 2014-03-18 17:40 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

青い空

f0047623_15223683.jpg


いきなりの青空に 頭も目も心も 舞い上がる!

寒かったんだよ 先週は    そんな言葉が嘘のような いつもの青空

f0047623_15244237.jpg

いつもの場所に車を停めて いつもの銀行に寄り 届いていた小切手を現金化する (放っておくと失効するので ね)
f0047623_15263710.jpg

見なれた通りに 『ただいま!』と 声をかけ 
f0047623_15272171.jpg

真っ先に足を運ぶのは いつも ここ  店中に漂う深入り珈琲の香りを 思いっきり吸い込む

『今 何がお勧め?』と会話を楽しむため(だけ?)に 声をかけ いつもの珈琲豆1パウンドと お勧めも少し
『コーヒー 一杯 どれにする?』 豆を買うと今でも必ず一杯のコーヒーを楽しませてもらえる
f0047623_15292160.jpg

次の約束に向かってすぐに歩きたいところを ひと呼吸
f0047623_15324174.jpg

濃い目の珈琲を味わいながら 見上げた小さな空にも椰子の木が見える幸せ
f0047623_153309.jpg

この角度の眺めが好きで いつも この席に座ってた

f0047623_1538772.jpg

通りに出ると 向かいの建物の上で仕事中の人でさえ 訳もなく楽しそうに見える ここは(南)カリフォルニア

約束の時間が近づき 足早に通りを渡り もう一軒のカフェへ
生憎 席がふさがっていたのが幸いし 思いがけなく 彼らがビジネスを始めたばかりのオフィスに行けることになった!
f0047623_15391719.jpg

そう!あのとんがり君達は 様々な出来事を乗り越え 学業を修め 音楽活動を続け 遂に 自分達のオフィスを持っていた

出逢った頃は 14歳と15歳の少年だった君たちと こ~んなに長くつながっていられることを 心から幸せに思う
そう 正直に伝えると やっぱり 照れるオニイチャン
f0047623_1543292.jpg

学校の近くの交差点 『ここ 大好きなんだよね~ 特に夕暮れ時が 好き』
f0047623_15444291.jpg
 
駐車場まで送ってくれた弟くんの車 助手席が破れてた・・・・堅実に暮らしていることを悟る
別れ際に ポツンと言った 『これ 父の車なんです』
『そうだったんだ~ じゃあ ずっと大事に乗らなきゃね!』

お父さんが急逝した頃 弟くんが半年ほど落ち込み続けていた時は 珍しくオニイチャンが一人で会いに来てくれたこともあったね

・・・・もう 大丈夫だね 

f0047623_15484423.jpg

カリフォルニアの少年達が しっかりと大人になっていく手応えを感じた夕方
また 必ず会えると信じられるハグは 幸せでいっぱい!


f0047623_15515444.jpg

そして 『そろそろ閉店で~す』と 声をかけられるまで 笑顔が絶えない大好きな人と過ごした時間


とっぷりと暮れた夜道 好きなFMの音量を上げて 家路を急ぐ



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2014-03-09 16:02 | 気分爽快 | Trackback | Comments(4)

贈られた時間

f0047623_5595193.jpg
f0047623_601689.jpg

凍えた身体と心を 優しく解きほぐすような 暖かい陽射しに恵まれた日

冬枯れの木立の向こうに 仕事を始めたばかりの頃 何度となく通ったビルを懐かしく見上げる


f0047623_604257.jpg

美しい形を見せる建物の間を 清々しい気持ちで歩いていると
心にしみわたるようなセミ・アコースティックのギター演奏が流れてきた
ヘブン・アーティスト と称する ギタリストは ダニエル・コフリン         (4分余りお時間があれば・・♪

見事な音色の音楽を聴かせてもらった

f0047623_6175.jpg

仕事の後 この大好きな街で 15年ぶりの人を待つ

f0047623_18281818.jpg

15年前に一度会っただけの彼女を見間違えることもなく 時の隔たりがあっと言う間に埋まっていく・・・・

3歳直前の女の子が 素晴らしい両親に出逢う瞬間に立ち会ったその時 
部屋の隅で別れの涙に溺れそうになっていた彼女が忘れられずにいた15年の月日
(職業としての立場をはるかに超えた愛情で子供達と過ごしていた天使のような女性)

15年経った今だから 伝えられる数々のストーリー
それを聞きながら 彼女の頬を伝う涙は もう悲しい涙ではなかった
『そうだったんですか』
『そんなにしてまで あのお二人はあの子を大切にしてくださっていたのですか』
『知らなかった・・・でも今 それを知って 本当に幸せです』

今は伝えられないこと 伝えない方がいいこと 知らないで時が過ぎる方が良いことも たくさんあるのが人生

秘められたストーリーも 記憶が朽ち果てる前に伝えられることもある ・・・という人生の至福の瞬間を味わえた日



静かなカフェで 新しい友を得た時間



きっとまた幸せなお話をお伝えします・・・・貴女らしい美しい笑顔で またお会いしましょう!

『またね』




間もなく 私は海を越え 幸せいっぱいの女の子とその両親に 彼女の消息を伝えにいく

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2014-03-07 06:24 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)