<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

紺碧 やがて 茜色 

f0047623_23374272.jpg

目にも心にも優しい緑豊かな大地が見え始める

わずか半日で 広大な海を飛び 二つの国を結んでくれて ありがとう


f0047623_23395050.jpg

空気(=空席)を運びたくない航空会社は 他社とのコードシェア便という形で運航することが多い
日本の航空会社から正規購入したにも拘わらず 帰りはアメリカの航空会社のフライトとしてチェックイン
機体も乗務員も もちろんアメリカの会社・・・・・・・う~ん・・・・・・多くを語りたくはないが 次回は 避けたい!

過剰な〝おもてなし”を欲することはなく 寧ろ サバサバしたアメリカ国内便を快く利用している
が しかし 簡略化することと 手抜きをすることを勘違いしたような機内サービスには 落胆を隠せない

機内サービスの手順を知らない訳ではないので 多忙な時間を避け ギャレーまで足を運び
席番号も告げた上で 機内販売品を依頼したのに・・・・・あれ?来ないなあ・・・結局 来なかった!
あらら!!『やる気ないね~』 『いっぱい買おうと思ってたのに 残念だね~ (って うそだけど)』

着陸前には 機長から機内設備の不備(全トイレが使用不能)についてのお詫びのアナウンスがある
なんだか 色々と心がささくれるフライトだった
(思いっきり 笑える映画 頭が空っぽになるやたら騒々しい映画を見続けたので ま いっか!!)

帰宅後 機長の言葉に従い 航空会社のサイトから利用者情報を入力してみた
結局 先ずはメンバー登録しないと苦情の受付すらできない状況が判明した

形式だけのお詫び・・・・ なら   要・ら・な・い   ただ もう〝次回が 無い”   だけ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふ~っと 深く息を吐き出して    前に行こう!!

翌日は 普通に仕事に戻り 夕焼けに間に合う時間に帰宅した

f0047623_2358431.jpg

f0047623_23585281.jpg

f0047623_23591474.jpg


どこにいても 夕焼け空は 日々の思いを美しく燃やし尽くしてくれるね!

さて 明日もまた新しい気持ちで・・・・・




////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2013-11-18 00:10 | 気分爽快 | Trackback | Comments(8)

Thank you Betty

f0047623_17281760.jpg

                 

広い広い緑の丘が 星条旗に埋め尽くされる週末

f0047623_1685930.jpg

真新しく名前を刻まれたプレートに花を手向け 静かに手を合わせる


11月11日 Veterans Day 復員軍人の日はアメリカの休日
この期間 公営の墓地では ボランティアの手で全ての墓標に国旗が飾られることを知った





f0047623_16154742.jpg

悲しみに耐える人たちを 言葉もなく ただ抱きしめ 私より先に海を越えて届けられた花に目を落とす
(遺された人が悲しまないように 敢えてピンクを入れたプリザーブドフラワー)

f0047623_15503885.jpg

車の音を聞きつけ 彼女はいつも この扉から迎え入れてくれた
『珍しい人が来たわね~』ユーモアたっぷりの明るい声で・・・・
f0047623_1694130.jpg

壁の両側に美しく飾られた写真を見ながら 家族の歴史を繰り返し話してくれた
『曾祖父のいかつい顔に合うフレームを探すのに時間がかかったのよ・・・』

f0047623_1554361.jpg

初めて出会った頃 既に80歳を超えていたのに インテリアをガラリと変えて喜んでいた笑顔
常に 美しく折り目正しく生き 暮らしを楽しむことを 身をもって教えてくれた

f0047623_15562343.jpg

ガレージの中の洗濯・乾燥機の側には 忘れてはならない手順を確かめる美しい手書きの文字
90歳を超えても尚 凛とした暮らしを維持し続けた見事な日々の証が 大きな家のあちらこちらに残されていた
f0047623_15584996.jpg

私からの手紙や写真の全てを しっかりと残していてくれたこと
数回会った私の子ども達にも 優しく接し 温かい思い出を残してくれたこと
『もっと“彼女”を知りたかったわ』・・・・そう 言ってくれていたこと

貴女から 教わったたくさんのこと 共に笑い合った日々の思い出を久しく心にとどめていきます

THANK YOU, BETTY!!! We will never forget you!

f0047623_16104947.jpg
 
大切に時間を過ごしたこの家は 貴女が大好きだった家族に受け継がれ まもなく幼い子供達の笑い声が響きます

築き上げた心のバトンタッチが見事に実現されていくことを 見せてもらいました




f0047623_1623827.jpg

一期一会の夕焼け










                          (LAのお友達には 声をかけずに帰ります また次回 明るい顔で会えますように・・・・・)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2013-11-11 16:28 | 心に響く | Trackback | Comments(10)