<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ゆっくり 

f0047623_028774.jpg



空気が乾ききって 心までパサパサしているのを感じた日

そんな時は フォークで刺したり ナイフで切ったものを食べるのではなく

ゆっくりと 一箸 一箸 口に運ぶのも いいね

f0047623_157625.jpg

突然 食べたくなった ほうれん草の白和え

ザルで裏ごしして少しのお味噌とすりゴマを混ぜた豆腐で あり合わせの材料を和える
すり鉢を出すことすらせずに あっと言う間に作った 超簡単な手抜きの白和え
f0047623_0283134.jpg

箸に載せられた 一口分の食べ物の中に たくさんの滋養が含まれているのが嬉しい

お豆腐 こんにゃく 人参 ほうれん草 ごま・・・・そして 味噌

青菜のお浸しも もちろん美味しいけれど お豆腐が全てをまろやかにつないでくれる この優しい味は まさに 和 の極み


                 ・・・・まあ そんな固い話じゃなくて

                 ・・・・単に 和食がいいなあ と思った夜

f0047623_15165557.jpg

f0047623_15201564.jpg

f0047623_15175011.jpg


                 「 いただきます  」


                 そっと 両掌を合わせ 感謝する

                 美しいしぐさ と 穏やかな言葉




今日も美味しく食べ 明日もお元気で!



(嫌いなものは 滋養にはならないから 食べなくていい!!私は そう思う)
(体の声に耳を傾ける・・・からには 体を研ぎ澄ましておきましょうね!・・そこ・・大事よ)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2011-01-24 15:33 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(16)

光と陰の中を歩く

f0047623_1140471.jpg
f0047623_11412515.jpg
f0047623_1142815.jpg

真っ白い朝を迎えた翌日 大好きな街角に佇んでみる

冷たい風の中で 小さな花たちがきりりと咲いていた
f0047623_11434692.jpg

f0047623_11442577.jpg


美しいレンガの広場には かすかにアメリカ西海岸の光が差し込む
f0047623_11493553.jpg
f0047623_11495785.jpg

A16 は 爽やかなスタッフの快いサービスと 美味しいピザを楽しめる店
(まるでサンフランシスコにいるような気分を楽しませてもらえた分だけ この店では時々チップを渡す)
(日本のお店でチップを渡す時は お店のルールを確かめてから・・の方がいいです・・ここはOK)
f0047623_11561094.jpg


そして また 光と陰の温度差を確かめながら レンガの道を歩く
f0047623_11581338.jpg

f0047623_1158484.jpg

f0047623_11592048.jpg

光を存分に浴び 真冬でさえ花を咲かせた枝を見つめながら 隣に立つ息子に 心の中で語りかけた

            「充分に光を浴びれば冬にでも花を咲かせるつぼみもあるんだね」
          
            「でもね 時がくれば きっときっと他のつぼみも花を開かせるんだよ!」


寒さと陰をしっかりと溜め込んだ後 暖かい季節を迎える日が必ず来ることを 伝えたかった真冬の午後



久しぶりに 息子2と街を歩いた日
いつもは華やかな所を好まない彼も この日ばかりは 美味しいピザに笑顔がこぼれ
珍しく(?) 都会の散策に付き合ってくれました


たまには “大人になった子供とデート” も いいものでした






                        更新が滞っているのに 立ち寄ってくださる皆さん  ありがとうございます                       
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

それから・・・・
[PR]
by mother-of-pearl | 2011-01-20 08:50 | 心に響く | Trackback | Comments(14)

ラナンキュラス ・・・・ そして 心の連鎖

f0047623_13473239.jpg




街にクリスマス・ソングが溢れていた頃 
冷たい海風が吹きつける街を歩きながら ふと立ち寄った店で手にしたキャンドル
温かい色合いに一目惚れ!お世話になった方と自分の家に と買い求めたラナンキュラスの花束
遠く凍てつく欧州の大地で 同じ色を飾った方がいた  嬉しい心の連鎖
全く同じ日のことだったので 画面を見ながら微笑む

火を灯すにはしのびなく・・・・今でも冷たい窓辺を明るく照らしてくれる黄色の花束
ラッピングの紙の色調と黒いリボンがなんとも良い組み合わせ・・・と自己満足!
Lazysusanは 暮らしに素敵な彩りをくれるお店)




しばらくして ちょっと重いギフトを携えレッスンに出向いた部屋には テーブルの上にドンと紙袋が置かれていた

ここでも 心がつながっていた

ちょうど同じ日 お互いに 一年の努力を労う心の交換日となった
(・・・・というより 私の方が エビ・タイ 状態になってしまったけれど・・・・)
f0047623_11152829.jpg

自宅でボトルの包みを開けて びっくり!!!ありがとう!!!!!ダンケ・シェーン!!!
f0047623_11193379.jpg

心がポッキリ折れてしまいそうな事件が起こった直後だっただけに そのタイミングに感激も百倍!


物を頂いたからではなく (いえ 勿論有難く頂きましたが) その心の機微が 何より嬉しいできごとでした



         さて 大切な思い出いっぱいのTEMENTを開ける“特別な日”は いつになるのでしょう~~~~





/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2011-01-07 07:13 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(16)

今年もよろしく・・・

f0047623_18154171.jpg

新しい年が始まった夜 ざわめきが去った部屋で 安堵の光を見つめる幸せ
f0047623_18164866.jpg

温かいハートをたくさん飲み干して 今年もたくさんの微笑みを創り出していきましょう




もうダメかも・・・・と弱気になってしまうことも起こったけれど 
どんな時にも 必ず 力づけてくれる人がいて 癒してくれる物が そこにある

年の瀬にお花をアレンジしてくださった新しい出逢いに思いを馳せる
f0047623_18134434.jpg
f0047623_18142341.jpg

お花を生ける器(透明のガラス)を説明する私に その人はセロファンを渡してくださった
f0047623_1832812.jpg

幾層にも折り重なった透明な造形の中に宿る無数の気泡を眺めながら
暮らしに新しい風を迎える気力が湧いてくる・・・・

仕事中心の日々が数年続き 友人に「まるでオッサン生活よ~」とボヤイた時
そうだ!そこだね!!打破しなきゃいけないのは!!と突然 やる気になった私

                 (筆者 注:「オッサン」とは♂である必要はなく 仕事のみ たまに飲んで憂さを晴らすだけ の種族)

多分(!!・・・多分ね)今年は 音楽と学びを 暮らしに取り戻します・・・多分!
f0047623_183750100.jpg

・・・・・と 静かな居間で穏やかな時間を過ごしながら 「三日くらいは続くといいな」の決意を固める!!


                 (・・・って 今日はもう1月3日だよ~!!おやおや~~!!)


f0047623_18263933.jpg

年々簡略化してはいるものの 今年もまた祝いの席を共に過ごせた喜びに感謝し

大切な器を使う幸せを重ねられました
f0047623_1827225.jpg

年月を重ねる ということは 決して悪いことばかりではありません ね


お互いを思いやる心を重ね 温かい手を重ねていきましょう




                        今年も よろしく!!!!




//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2011-01-03 18:30 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(18)