<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夢の音楽会 

                             東京国際フォーラム
                             Disney On Classic 2009
f0047623_7215150.jpg

その夜 私は 温かい善意に満ちた心の中に包み込まれていた 
f0047623_7221249.jpg

2001年9月 大国が崩れ落ちそうになった頃 時を同じくして 私の"流木”生活が始まった
戸惑いと驚きと落胆に塗りこめられた心で 言葉の通じない国で 文化的背景の異なる人々との生活が始まった
ドボルザークの“新世界”の第四楽章(トロンボーンが炸裂する劇的な楽章)が鳴り響くような 激動の日々が始まった


そんな日々の中で 一人また一人と 心を和らげてくれる人々と出会ってきた年月
彼らの優しさが 明るいカリフォルニアの青空のように 私の心の雲を追い払ってくれた
偶然 教える機会を得たコミュニティーカレッジのクラスにいたのがブラッドさん(コンサートの指揮者)
真っ白なシャツをフワリとはおり 風のように座っていたピュアな青年 コーディ(キーボードの天才)

こよなく日本を愛する二人の思いが実り ついに東京の地で 二人を引き合わせることができた夜!

同行したのは 東京に戻ってから 奇跡のような幸運でめぐり合えた 素敵な人々
本場ウィーンのコンサートで音楽を知り尽くした二人をも 魅了したディズニー・オン・クラシックの実力
私のふるさとの旅を共に楽しんだボストンとスウェーデンからの二人は 新しい仲間との出会いを楽しんでいた      
f0047623_215256.jpg

                                     ↑ブラッド・ケリー夫妻
“夢のような時間”という言葉を 心の底から実感できたひととき

  深い教養とユーモアが魅力的なGさんとその友人(本当に魅力的な女性)
  旅の仲間の若い二人
  LAで出会った頃は まだ少年の面影が残っていたCODY 
この素晴らしい仲間たちが同じ時間を過ごし それぞれ心から楽しんでいる幸せを分かち合えた至福のひととき

一歩一歩 諦めず 歩み続けていれば こんな素晴らしいご褒美ももらえるのだ と本気でそう思えた夜


*********************コンサートの余韻に浸っている頃******************   
『素敵なコンサートのお返しに』 と Gさんから アフタヌーン・ティーへのご招待を頂く 
                                  (間髪入れぬ このスピードが素晴らしい!)
f0047623_723343.jpg

翌日から 日本全国ツアーに出かけるブラッドさんご夫妻と “嵐の前の静けさ”そのものの時間を楽しむ
奥さんとは LAのご自宅でお会いしていた頃より もっとたくさんの話を楽しめ またLAでね と笑顔で別れる
いつでも どこでも 同じ笑顔で接してくれる二人が大好き!
f0047623_7252014.jpg

                                                        美味しい贈り物でした
[PR]
by mother-of-pearl | 2009-11-30 07:25 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(10)

夏の思い出

f0047623_253988.jpg

夏の終わり  里帰りのLAの家は いつになく たくさんのゲストの声で溢れた

f0047623_255789.jpg

まるでワンルームのようなレイアウトの我が家は お泊りのゲストのためのスペースがなく・・・
ずい分前に 大親友たちがLAに訪ねてくれた時に 必死で考えた結果の解決策

天井から鎖を下げ それに長いポールを吊るし カーテンでスペースを仕切る

完全ではないけれど それなりのスペースを楽しんで頂けるといいのだけれど・・・・?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・ということで この夏の もう一組のゲストのお二人・・・・・・・・・・・・・・



東京のDランドに 数々のお仕事を残してこられたアーティストのお二人

2つの大プロジェクトを通じて巡り合った日米の“魔法使いたち”が ついにカリフォルニア・オークの下に集結!
f0047623_265666.jpg
f0047623_275787.jpg

アーティストたちは 食に関しても 素晴らしいセンスと技量の持ち主で
おそばやにがりまで持参し 手作り豆腐を使った 美味しいお蕎麦ランチを作って下さった!
f0047623_283615.jpg
f0047623_29137.jpg

彼は 我が家の魔法使いと同じく ナイフも創る
f0047623_2103184.jpg

共通の話題があれば 言葉の障害は 全く問題にならず 二人は工房にこもり ナイフを仕上げていた




                           彼等の夢が叶った素敵な 夏の日の思い出!!
[PR]
by mother-of-pearl | 2009-11-25 00:05 | 美しいもの | Trackback | Comments(8)

心の中の 風景

             心が キュンとする 光景
f0047623_2132457.jpg

当たり前のように 車を止め 仕事帰りに あるいは 仕事の合間に買い物をしていた場所 

                                 夕暮れ時の風の温かさ  

                                 店の中に一歩踏み入れた瞬間の 匂い

                                 明るい人々の笑い声

なんでもない瞬間に やられます・・・・・・時々 ね


                                            
                                    
                             これは お気に入りのIKEAに入る前の駐車場から見上げる空
f0047623_2134287.jpg

                              (・・・・大好きなジョージア・オキーフが映画になったらしい・・・!)
                              (日本にも来るのかな??)



     
雨が続く街角で ふと 晴れた青空の街を思い出し ちょっと元気を取り戻す 

                       勢いよく傘をさして 雨の町を歩き出す

                           

                           
[PR]
by mother-of-pearl | 2009-11-20 13:23 | 気分爽快 | Trackback | Comments(8)

穏やかな日には・・・・

慌しく動き続けた夏が終わり 素敵な人たちの笑顔と一緒に過す 晩秋の日々

少しだけ 足を止め 休息の時間を楽しむ日曜日

何年も一緒に過している物たちを ゆっくりと 見直していく
f0047623_2164192.jpg

                         ランプ
f0047623_2172395.jpg
f0047623_2175190.jpg

                         鍋の蓋
f0047623_2181550.jpg

                         折りやまを揃えたフキン
f0047623_2183665.jpg

                         パリのHABITATから はるばる持ち帰った道具たち
f0047623_219132.jpg

                         銀座松屋で求めたプラスチックのコップ
f0047623_2192713.jpg

                         この夏から加わった GAPのシャツにアイロンをかける
f0047623_2194497.jpg

                         GAPの赤い糸が 好き


思いがけず 良いお天気に恵まれ 外回りの大仕事を片付けられた日曜日の午後

                             ほっと安堵のコーヒータイム


                                     何よりの幸せを感じるひととき
[PR]
by mother-of-pearl | 2009-11-16 01:19 | 心に響く | Trackback | Comments(12)

風景 

f0047623_2534382.jpg

目に映る風景を あるがままに受け入れて ただ 静かに時を過す
f0047623_254916.jpg

幼い頃から 繰り返し 目に映った光景の彼方から 遠いむかしの自分が甦る気がした

かつては 蒸気機関車が通っていたこの駅に 父や母と共に 何度 降り立ったことだろう

母が編んでくれたオレンジ色の毛糸の上下を着ていた私は 父の膝の上に座っていた
向かいの席に 座っていた 若いアメリカ兵が 私にキャラメルの箱をひとつくれたこと
『覚えているはずがないよ おまえは3歳だったんだから!』と よく言われた
でも 覚えてるよ? あれは 今でもパッケージが変わらない 明治のミルクキャラメルだったもん!

                                           (参考までに明治製菓のキャラメルはこちら)

この時 ちらりと記憶に残った異国の人の住む国に いつか自分が住むことになるとは・・・・人生の不思議

かつて祖父母の住む町だったところが 今では 母を訪ねる目的地になった

色んな国から帰り着いたとき いつも同じことを思う駅
『この駅だけだよ!エスカレーターが無いのは~!!』 
無いのはエスカレーターだけではなく 重いスーツケースと格闘していても手を差し伸べる男性もいない!
・・・・・そこのところが ・・・・・・・・・・・・本当にザンネンな国だと 思う

この駅 名前は U S A なのになあ・・・・・・

f0047623_3241558.jpg

小学生 中学生の頃 何度もくぐった山門には 懐かしい仁王様が 立ちはだかったいた
無骨で ちょっと背が低い姿に 妙に親しみを感じ 磨り減った石段の丸みに 緩やかな年月の流れを思う

山寺でのひととき

f0047623_3243628.jpg

遊びなれた海辺に 空港ができた今も 瀬戸内の波は どことなく優しい

                                     月が昇るまでの ひととき 空っぽの心を楽しむ



飛行機の離着陸を眺めながら “何もしない” 贅沢な時間を持てた 旅の終わり

遠くから
[PR]
by mother-of-pearl | 2009-11-12 02:49 | 美しいもの | Trackback | Comments(14)

CEPAGE

                                         葡 萄 の 季 節 
f0047623_3121698.jpg

絞ったジュースも 発酵させたワインも カラカラに干したレーズンも 全て 大好きな葡萄

そんな秋の一日  待望のイベントに参加!!!

ワインのレクチャーとお料理の見事なマリアージュを楽しむクラス CEPAGE
f0047623_3131530.jpg

国産のワインも楽しませて頂けるという今日のクラスにふさわしく  ・・・・・美しい和のしつらえに迎えられる
f0047623_316153.jpg

f0047623_3133046.jpg

なにしろ・・・・ワインを頂くのは大好きだけれど 『美味しい!』 とか 『好き!』 とか 『いい冷え具合』 くらいしか
ボキャブラリーが無い上に とてつもなく記憶力に乏しい私は 最大限 2本の銘柄しか覚えられない(*≧m≦)
・・・・つまり 一本新しい銘柄を覚えたら 以前の一本は忘れてしまう・・・のです(オホホ!)

そんな私が ワイン6本も楽しませて・・・いえ・・・・味あわせて頂けるクラスに参加です!!
f0047623_3141932.jpg

今日の生徒は総勢12名 その殆どの方は パリでクラスを受講していらした方たちばかり
・・ということで パリ在住経験者が多く みなさん とっても美しく スタイリッシュな方ばかりで ため息~!!


このクラスの素晴らしいところは ワインレクチャーだけではなく コースのお料理全ても 先生自らが作ってくださるということ!!
f0047623_3144264.jpg

                         先ずは  鶏ささみとキノコの梅肉・バルサミコビネガー マリネ
f0047623_3152849.jpg

                         続いて  白身魚と白菜・わかめの白ワイン&オレンジジュース 蒸し                                    パリからご持参の レモン風味の塩が添えられていた
f0047623_3163458.jpg

                         メインは スパイシーミートボール クスクス添え                                    
                                    大好きなクスクスが ミックス無しでもできる!と教えて頂いた!                            
f0047623_3165293.jpg
f0047623_3172598.jpg
















そして 圧巻は・・・・・!  パリ直送の大好きな青カビチーズを堪能させて頂いたこと!!
添えられたパンのセレクションも 素晴らしい!
                                  
                                     もう身も心も メロメロにとろけそうな至福の時間~~~~!!!            
f0047623_318674.jpg

                      しめくくりのデザートは さっぱりとした甘さの 柿の梅酒ゼリー
                                      室温でも準備に支障がないようにと 寒天を使われる配慮が素晴らしい     
f0047623_318554.jpg

長野のワイナリーから選び抜かれたワインたちに フランスのワインも加わって・・・・
(善光寺 - あずみアップル - ヴィラデスト - シャトーメルシャン - LES ALLES DE CANTEMERLE -SAUTERNES)

初めて参加したクラスは 総勢12人という大人数のファンが揃っていました

講師 自らがワイナリーを訪ね ご自分で選び抜いたワインを揃えてくださり
軽快なテンポで 必要充分な情報を教えてくださるクラスは 本当に充実していました
                                    (・・・と言う今 既に 頂いたプリントを見ないと忘れちゃってるんだけど・・・ね!)
(ディナーやランチでご一緒した時は スローな私に合わせてくださっていたんだなあ・・・と 気付いた)

大半の参加者はパリで既に何度も受講していらしていて このクラスの人気ぶり
そして 今後のインターナショナルな発展ぶりに 大きな期待を寄せています




参加希望者が殺到する 人気クラスに参加させて頂いたことに 改めて感謝しています
 
                           詳しい情報は 先生のご説明を・・・・・!

                             MERCI!!!ピノちゃん
                                              (先生をちゃん付けで失礼します!)
[PR]
by mother-of-pearl | 2009-11-08 16:22 | 美しいもの | Trackback | Comments(12)

里の秋

f0047623_14362734.jpg

                            実りの秋を迎えたふるさとの祭り
f0047623_1437225.jpg

                            若い二人と空を飛び 秋の日本を訪ねた週末
f0047623_14383774.jpg

                            水しぶきと 鼓動と共鳴する太鼓の響きと 燃え盛る松明の炎
f0047623_16163684.jpg

                   

                            国の内外の友に心から誇れる本物の祭りを 共に楽しめた夜

f0047623_14405041.jpg

                            幼い頃の子供達が自在に駆け回った美しい社を 再び 彼等と歩き
f0047623_14411260.jpg

                            私が 何を畏れ
f0047623_14422524.jpg

                            どんな静けさを好み
f0047623_1443349.jpg

                            何に美しさを感じるのか・・・・・・・を 語り
                            三つの国の年齢の違う三人が 様々な心のあり方を語り続けた旅
f0047623_1444486.jpg

                           ボストンの知性と スウェーデンの美

                           生き生きと輝く聡明さと 異文化を受け入れる柔軟な心の二人と共に過した 
                           短くも満ち足りた週末のひととき


僅かな時間に 母に会え こよなく愛する叔母や妹にも会ってもらうことができ 大満足の時間となった
f0047623_1447196.jpg

築後100年以上の叔母の家は 今では素晴らしいアートプロジェクトの発信の場に変身し 
叔母は 多くの若きアーティストたちとの交流の場を提供し 彼等との交流を楽しんでいた
f0047623_1449454.jpg

                                   この街が世界に誇る特産品の竹細工 

クラフトセンターで この日 竹を編んでいたのは 偶然にも 叔母の家を借りて住んでいるアーティストさんだった!!
しかも 私と同行のスウェーデン人の彼女が沈金のクラスに参加した全国伝統的工芸品センターに 彼女が来年3月に 実演に来るという!!!
なんという 嬉しい偶然の重なり!!!
f0047623_145148100.jpg
f0047623_14521070.jpg

                          国宝の冨貴寺   (雨の為に 中の壁画は見られず・・・)
f0047623_14523639.jpgf0047623_14525244.jpg














              あれ?あれ??                 え~?? 何これ~っ!!!!  ワハハ (´ ▽`).。o♪♪
                                ローカル空港のユーモア に 一本!!   


f0047623_1453203.jpg

                               ふるさとの山々に   『またね!』と 手を振り
f0047623_14534210.jpg
 
                               大好きな羽田空港に 『ただいま!!!』と 微笑む


                                                  大きな鯨のお腹の中にいるピノキオになったような気がする

                                                  この空港が大好き・・・
                                        
                          
[PR]
by mother-of-pearl | 2009-11-03 06:26 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(12)