<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

不思議な金の粉が降り注いだ日・・・・・・

f0047623_1814393.jpg

                             小さな “大琳派展”

二度もお出かけになったという方にも触発され 最後の駆け込みでも行ってみたかった大琳派展

その日を 結局諦めてしまった理由・・・・・それは

1人のイスラエル人の女の子との出会い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心の“日本レベル”が下がってきたかな~と感じた時 ちょっと時間を割いて訪れる所 全国伝統的工芸センター

見事な美しさで 日本の匠の技が 惜しげもなく展示されている場所
一点ものの美術品とは違い “その気になれば”購入も可能である工芸品
美術館で 手の届かぬ超絶技巧にため息をつくより 気が休まることもあり 時々出かける
                        

工芸センターの3階はたくさんの資料を閲覧できる図書室になっていて
その奥には 工芸教室も開かれていることは 最近知ったばかり(残念ながら 来年3月で全て終了するとのこと)
毎週通う教室は 今は全て諦めてはいるけれど 一日体験教室があることを知る
同行のスウェーデン人の友人と二人 参加できる日を相談していた時 声をかけてきた人がいた
『あの・・・私も聞いてみたかったんだけど 説明してもらえませんか?』

聞けば 日本の工芸に興味があり滞在中という彼女は 滞在時間も終わりに近づいている様子

『ちょうど 明日もやってるらしいから 明日来てみたら?』
『でも 日本語分からないし・・・・』

@@@::::****XXXX~~~~!!!!!#####xxxxxWWW^~~~^;

この間 約30秒

考えました だって明日は大琳派展行こうと決めてたんですから~ (~_~;)

30秒後に私の口から出た言葉は  『OK! 明日 私が来ることにするわ!』

f0047623_2343766.jpg


・・・・・で こういうことになりました!

実は 工芸センターの教室の中で 唯一 参加してみたかったのが この沈金教室だったのですから 文句は無い

漆器に惹かれ いつかは と願ってはいた その機会をもらった気がする出会い

漆の板に鋼の刃物で線を入れる練習は 想像以上に難しく 望んだ桜の花びらは とても無理~!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で 初心者向けの 松 パターン に 挑戦・・・・・・・・・・・
f0047623_2352347.jpg

                   本場の石川県からいらした先生が 最後の仕上げに金粉を施してくださっているところ
                   この後 一晩休ませ 翌日翌々日にかけて湿った箱の中で金を沈ませ ようやく完成 
                   沈金の 文字通りの意味を知った

突然の出会いで “マイ 琳派展”を楽しめてしまった 『ず~っと前の日曜日』

                                       俵屋ご一門には 申し訳ないことをしました・・・が・・・



                       次回は 12月14日(日)15日(月)に参加可能です
                       私は14日(日)にまた行きます!(¥2000で上記の作品制作できますよ)

                                      あ あのう?あなたはもっと上手にできますって!

・・・・つ 次の日 もあるのよ・・・・
[PR]
by mother-of-pearl | 2008-11-23 17:10 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(16)

回 復!!!

今回も 颯爽と秋の巴里を駆け抜けた二人のガールズに 心からエールを送ります!!!
                              お つ か れ さ ま~!
f0047623_16325815.jpg

                              長い時間 ブログアップできずにいたにもかかわらず
                              そっと 見守っていてくださって ありがとう

                              仕事の忙しさは何の支障にもならないのですが 
                              痛みは けっこう 強敵でした・・・・・
                              でも もう すっかり 回復



実際 仕事を休んだ訳でもなく 色々な出来事も 平気な顔をして こなしてきていました
そのひとつが 我が家の小さなスペースに 薔薇を植えること・・・・

2年前に愛犬を失って以来 年を越して続く命を預かる気力に欠けていました
だから 草花も一年草に限って植えていたのですが それも ようやく癒えたようです

2年ぶりに 自転車をこいで懐かしい花屋さんに出かけた日 前から探していたアイスバーグ(氷山)と言う白薔薇に出会った
それだけで大満足だったのだけれど お店のオーナーのお勧めで ピンクの薔薇も混ぜて植えることに決定!!!

・・・・まさかチャリで持ち帰れる量ではないので 牛糞入りの腐葉土と共に配達してもらい
ゆっくりゆっくり作業を楽しみました

(・・・・・・・・・・かなり 前の話ですが・・・・・・)
f0047623_1713183.jpg


アイスバーグは ロサンゼルスの生活そのものを思い出させてくれる薔薇
彼の地では 文字通り 真っ白な氷山のように 町の至る所で溢れるように咲いています
オークの大樹の木陰の我が家でも 長い間咲き続けてくれている大好きな薔薇です

f0047623_224857.jpg

f0047623_231976.jpg

                                    LAの家の庭のアイスバーグ


懐かしすぎて植えるのが怖かった・・・・のも 正直なところかな
この土地で どんな咲き方をしてくれるのか それを楽しみにできるほど 心も 回復した・・・・ということを 嬉しく思います

                        庭先の薔薇を摘む喜び・・・・・再び

                                   秋が深まりゆく季節に



                              
[PR]
by mother-of-pearl | 2008-11-23 16:53 | 心に響く | Trackback | Comments(4)

anniversary        記念すべき日 そして 明日へ

f0047623_29361.jpg


『去年の今日 僕は東京に着いたんだよ・・・・・一年経ったんだなあ・・・・・』

勉強中に ポツンとそうつぶやいたウィーンのジェントルマン

お誕生日にも 一緒に勉強していて シャンペンで乾杯し おめでとうが言えた

異国に来て 大きな組織の頂点に立ち 正に“孤軍奮闘”しているに違いない人

仕事のしがらみの無い私には 時々本音を出せるらしい

忙しさに拍車がかかる日々の中で 勉強する時間を死守してくれることに感謝したら

『この時間だけが 仕事を全て忘れられる貴重な時間なんだよ!』

と嬉しい言葉が返ってきた



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
教えている人々から たくさんの温かい心を受け取り たくさんのことを学ばせてもらえる日々
仕事で出会う人は 皆 遠い国からやって来た人たちばかり
初めての仕事が日本 という若い人から ベテランのプロフェッショナルまで 
皆一様に異文化の中で奮闘しながら 更に勉強する意欲と努力を持っている人たちに接していれば
元気を頂けるのも 当然です!



このところ 色んなことがあって体力減退気味ではありますが おかげさまで 心は元気です

例えば 満員電車の混雑で あっと言う間に肋骨にひびがはいっちゃったし・・さあ・・☆/(x_x)θ
呼吸するのも大変だった日々が ようやく過ぎ去りました・・・・わ



f0047623_2332246.jpgf0047623_23321962.jpg








すっかり寒くなりました

風邪ひかないように・・・・・!

外から帰ったら ウガイと手洗いを忘れないで・・・・ね!




大好きな街角には 既に イルミネーションが輝く季節になっていました!
[PR]
by mother-of-pearl | 2008-11-13 22:27 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(11)

WARP!!! 地下鉄からワープ!

f0047623_238563.jpg

                                エスカレーターの向こうは 異次元の世界

f0047623_239184.jpg

                                地下鉄駅構内で ふと 人が途切れる瞬間
                                
f0047623_2394238.jpg

                                線路のカーブの先には ただ暗闇が広がっているのでは・・・・

f0047623_03271.jpg

                                静まり返ったビルの地下通路を通り抜けると
f0047623_035482.jpg

そこには ネオンが輝き グラスの音が響くバーの片隅  
アメリカのどこかの町

まるで ジャンパーになった気分

ダーツに興じる人 葉巻を燻らす人 そして ギネスを飲み干す人・・・・ざわめきの中で誰かを探し始める
f0047623_18103035.jpg

あ・・・・・いた・・・・ またここでピアノ弾いてたんだね もう帰ろうよ  怒ってないからさ・・・・・


トム・ウェイツ (Tom Waits)のTake Me Home♪ を聞きながら
いつも 色んなストーリーに潜り込み 心の中で 酔いどれの“彼”を追いかけてみる・・・


                                         このシワガレ声が好きになって もう20年余り


                                        


                         


                        ♪ 


[PR]
by mother-of-pearl | 2008-11-04 00:21 | 心に響く | Trackback | Comments(12)