<   2007年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

♪I Left My Heart In San Francisco............♪

f0047623_0241466.jpg


             Someday over the Window............
                      I will find your smile

             いつの日にか この窓の向こうの空へ 再び
          
               そんな思いを抱きながら 雨の街を歩く


f0047623_029975.jpg

            隣り合わせ 背中合わせの出会いを見つめ
            数え切れない旅人を運んだベンチが 美しく 誇らしげに輝く

旅の思い出を胸に そして 旅への想いを胸に また歩き始める

More
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-31 00:52 | 心に響く | Trackback | Comments(22)

ありがとう・・・・・・・・・またね!

f0047623_1528782.jpg

            甘く冷たいスイカのジュースに 午後の光が透き通る
            最後の最後まで気遣ってくださったのんしさんが
            空港の先の不思議な町のTJ’sで買って下さったジュース

            語り尽くせぬ思いをお互いに抱きつつ もう少しだけと車を走らせて
            小さな町を また 歩いた 
            大好きなスーパー トレーダー・ジョー’ズを見つけて買ったのは
            青い水と1パックのブルーベリーとプロシュート(イタリアの生ハム)

のんしさんから おみやげに頂いたカヌレは晩ごはんと朝ごはんに・・
            (カロリーオーバーを承知で・・・・美味しかった~ (^o^)丿 )

スーツケースに入りきらない思い出を詰めながら 旅の終わりのページを閉じる
f0047623_16472642.jpg

飽食(?)の続いた後 更に好きなものだけの わがままディナーを楽しむ (^-^)
f0047623_1653582.jpg

               ホテルの部屋で ブルーベリーを一粒一粒食べながら
               またね!の笑顔を思い出し 静かに静かに思い出を反芻した夜

明るい朝の光の中で見るSFO(サンフランシスコ国際空港)は とても美しい建物だった
         (レンゾ・ピアノ設計の香港国際空港や関空にも共通するモダンなデザイン)
f0047623_15293670.jpg
f0047623_1530148.jpg

f0047623_15305710.jpg

                旅は いつもひとり・・・・・・・
                振り返らず まっすぐに歩いて行く緊張感が・・・・・好き

                左のエスカレーターを降りて ゲート95へ
f0047623_15313144.jpg

f0047623_15315047.jpg

f0047623_15435729.jpg

ふたつの橋が見えたとき 思わず涙が浮かんできた・・・・・・・・
『何度も あの橋を越えて会いに来てくださって ありがとう・・・・きっときっとまた会いましょう』  
f0047623_15533350.jpg



       長々とカリフォルニア・レポートにお付き合いくださって ありがとうございました!


                          

~>゜)~~~ の足
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-28 17:02 | 心に響く | Trackback | Comments(18)

Hills & Cables & Breeze 坂 道 と 電 線 と 潮 風 の 街

                                       (またまた 長いです・・・・・・)
サンフランシスコ 二日目の朝も爽やかな青空!
その青空より もっと爽やかな“二人”が  再び 登場!!
                  (無理なお願いを聞いてくださって 本当に有難う!)
f0047623_1283677.jpg

歩く 歩く・・・・・・坂道に慣れた二人は どんどん 先を歩いていく
                   『 待って~!!!』      
f0047623_1205922.jpg

キョロキョロ 写真を撮りながら遅れてついて行く私

          二人が 私に見せようとしてくれたのは・・・・この坂の上からの眺望
f0047623_123568.jpg

          ========潮風が 吹き抜ける========
f0047623_12101436.jpg

            どこまでも爽やかな青空と潮風 そして ケーブルカーの街
                           (ケーブルカーは撮っていませんが・・・)
高級住宅地のパシフィック・ハイツを散策した後のランチは タイ料理 
そして カフェでコーヒーブレイク
f0047623_12125886.jpg

nonshiさんがお勧めのベーカリーで買ってくださった美味しいマドレーヌを 三人で頂く
f0047623_12152424.jpg

                        (写真のカヌレは 後でおみやげに頂いたもの)
美しい街並みや お洒落なお店を楽しみながら 満ち足りた時間が過ぎていった
f0047623_1219536.jpg

 
               息抜きに立ち寄るはずだったサンフランシスコの二日間
               “天使”のような二人のマジックで キラキラ輝く思い出に変わった

               ほんとうに ほんとうに たのしかった!  ありがとう!!!             
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-28 12:25 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

サンフランシスコ 夕暮れ版

              桟橋に夜風が吹き始める
f0047623_21502051.jpg

              テキサスのアラモの砦を思い出させる夜景
f0047623_21511266.jpg

              
f0047623_21541612.jpg

              窓越しに灯りがつき始めたサンフランシスコの街を眺める
f0047623_2155877.jpg

              ・・・・・・・・そう ここは牢獄の窓

f0047623_2158922.jpg
f0047623_21583911.jpg










明るい青空のサンフランシスコを案内してくださった“天使の”のんしさんに引き続き
もう一人の心強い“ヒーロー”が現れて サンフランシスコ夜の部が始まった!

             『アルカトラズに行く予定なんだけど 一緒に行く?』とメールがあり
             映画“ROCK"の舞台ともなった牢獄の島を訪ねることになった

サンフランシスコ湾の中の島 アルカトラズ島は 凶悪犯の刑務所として知られていた
マフィアのボス アル・カポネや 映画“Birdman"の主人公が収監されていたことで有名な
アルカトラズは 維持費がかかり過ぎることや老朽化が理由で 1963年には閉鎖された

最終便の観光船でさえほぼ満員で出発するほど人気がある観光コースらしい
半ば浮かれ気分で遺跡のような島=ロックに上陸したものの 
かつての独房=セルが集合している内部に入ると 次第に無口になっていった

             果てしない絶望と狂気の暗闇が 襲ってくる・・・・・
f0047623_22162356.jpg

        コンクリートの壁に映る窓の明かりが 教会のステンドグラスに見える
        映画の題材にもなった脱獄劇や暴動も何度か繰り返されたらしい

影響され易い性格なので そそくさと建物の外に出て 海の向こうの夕陽を眺める
f0047623_22174490.jpg

外では彼も しっかりと撮影を楽しんでいる
f0047623_2231445.jpg

             深く考えるのは止め 夕暮れの島の風景を眺めていた
f0047623_22321548.jpg

f0047623_22253041.jpg

約束通り持ってきてくれていたジャケットを借り 冷たい潮風に震え上がりながらも
                         何故か 心はポカポカと温かい・・・・(^-^)

また会えたね・・・・
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-26 23:28 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(14)

ふらりとサンフランシスコ             (長編です・・)

f0047623_0393531.jpg

              寄り道した美しい街 サンフランシスコ
f0047623_0401792.jpg
f0047623_0404235.jpg

海を渡る橋を越え 天使のような笑顔が待っていてくれました

LAでは今回一度も潮風に吹かれていなかったので 
海に面したフェリービルディングに直行して下さり 海岸沿いを歩くだけでもワクワク!!
f0047623_0463216.jpg
f0047623_0465533.jpg

フェリービルディングの中のたくさんのお店は まさに“Eye Candy!"(目の保養)
お花屋さんのレベルも高く どのお店もディスプレイのセンスが上級で楽しくてたまらない
f0047623_0474395.jpg

f0047623_048747.jpg

              魅力的なレストランがたくさんあって 決めるのが難しい
              ランチタイムになり 賑わい始めたテーブルで 先ずはいただきます!
f0047623_0553518.jpg

               多くのファンを持つ彼女を独り占めにしてのランチは夢のよう・・・・!
               (この写真のアングルでお気づきの方もいらっしゃるでしょう!!)
               (↑彼女が私のカメラで撮った一枚・・・・さすがです!)              f0047623_0582176.jpg
                





私が撮ると 
 こうなる・・


なんとベタな写真





お昼の後は キャプテン・スパロウが待つ(?)ユニオン・スクウェア!!!     
f0047623_103794.jpg

     ★↓彼女が撮ると こ~んなにドキドキなマジックがかかってしまう★
f0047623_124178.jpg

     坂道の多い街をアップダウンしながら 心ゆくまで堪能させて頂きました
f0047623_172824.jpg

      ( ↑こ~んな所にもキャプテンが待っててくれた!?)


               

しかも!
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-26 01:25 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(8)

ありがとう そして ただいま!

f0047623_1336401.jpg


            心の旅の最終章を奏でた場所は サンフランシスコ

                温かい心に支えられて過した日々を

                 時間をかけて御紹介していきます!








                       朝から雨が降り始めました 
                       空港から宅配便で届いたスーツケースが
                       すっぽりと ビニールで覆われていました
                        ・・・・・日本の そんな心遣いが 好きです 

                       ただいま!


             
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-25 13:41 | 心に響く | Trackback | Comments(12)

See you again!

f0047623_39301.jpg


♪You are so beautiful ................. to me...........
f0047623_310105.jpg


My Dear Friends,

You touched my heart deeply.

See You Again............Someday.........Thanks a lot!



        会いたいと願い続ければ 必ずまた会える
        多くの人の心に触れた 心の旅は ほぼ完結
        時間を割いて会いに来てくださった皆さん 本当にありがとう
        
        そして

        慌しいレポートにお付き合いくださってありがとうございました

        また   週末の東京から・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-21 03:17 | 美しいもの | Trackback

出会い 再び

f0047623_2502610.jpg

    LAの日々の最後に訪れたのは香港プロジェクトのBigBossの家

        文字通りため息が出るような豪邸での 懐かしい人々との再会!!
        改装工事中とハロウィーンパーティーでお邪魔して以来の訪問なので
        インテリア雑誌のレベルに美しく仕上げられた家に目を見張る

        技術と美意識と温かいハートのご夫婦ならではの 夢のような邸宅
f0047623_33201.jpg

        BigBoss自ら作ってくださったマルガリータの味は 格別だった!
f0047623_334462.jpg

        最後まで一緒にいたかったお友達カップルも同席できて
        LA最後の 夢のような時間が流れていった・・・・・


          ここでも 思いがけない出会い!!!!!!!!!!!
f0047623_34396.jpg

          20年以上 私の心に存在し続けているランプ
           彼の家で 微笑んでいた・・・・・・・



                     東京のブティックで見かけて以来 ずっとずっと探している
                     アジアのものだと思っていたけれど どうもモロッコ辺りらしい
                     ・・・・・・・・・・・・・北アフリカが 私を呼び始めた・・・・気がする
       
        
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-21 03:08 | 美しいもの | Trackback | Comments(8)

友達 友達 友達 友達 (^-^)

f0047623_16103079.jpg

              たまには違う雰囲気のカフェもいいじゃない?
              と 静かに寛げる空間に ご夫婦で誘ってくださった
f0047623_16112284.jpg

カラカラの空気の中で数時間を過した後  美味しいコーヒーと ちょっぴりスウィーツで一休み

御主人とは出張でいらした東京で会ったばかり 家族三人でパーティーにもいらして下さった
けれど もう一度会えないかな?との“リクエスト”で 短いコーヒータイムを楽しんだ
今まで語ったことのない “ロケット噴射”型の私の一面を知り 二人とも驚いていた(^_-)

ロケット系のジャンクヤードのお店(Norton Sales Inc.)の話や 航空ショーの話で
大いに盛り上がり この続きは 東京かLAでまたね と にっこり笑顔で手を振った

f0047623_16344416.jpg

駐車場からIKEAに続く入口横の階段を上がり この日最後の約束に向かう
f0047623_16365553.jpg

店の外まで良い香りが漂っているCPK カリフォルニア・ピザ・キッチン
乳製品を控えている割には 突然 “ピザな気分”になり ここで会うことにした
f0047623_16373018.jpg
f0047623_16381167.jpg

会う度に 面白い仕事の話 楽しい将来の夢を話してくれる若い友達との時間

そして またここでも 神様がセットして下さった偶然の再会が!!
やんちゃ極まりない高校生の兄弟と たくさんの時間を過した日々を一気に取り戻せた瞬間
おおおおおおおお・・・あのトンガリ・ヘアーだ!!!まさしくその男の子が後ろの席に!!
前日彼のバンドのコンサートがあったと知り ちょっと残念だったけれど 
会えたことが本当に本当に嬉しかった!!オニイチャンにもよろしくね!

     
     『オレはキミをアイシテル』 誰かから習ったばかりの日本語で教室に入って来た日
     『ちょっとちょっと 二人とも座ろうよ・・・』 『あのね・・・・・・日本語ではね・・・・・』
     この兄弟とは 日本語ではどうやって愛を伝えるのか真剣に語ったこともある

        
大好きな場所で会いたい人たちに会え 思いっきりカリフォルニアを味わった一日が終わる
f0047623_17221050.jpg

 


 
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-20 17:25 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)

フリーウェイを飛ばして

f0047623_14362410.jpg

         LAで最も好きな場所であるGetty Center Museum

         cinephileちゃんお手製のノートカバーをお守りのようにもって来て
         今回の旅の色々な場面で広げては 心の平静を保っている

         カリフォルニアの幹線ともいえる405フリーウェイを飛ばし
         友達との待合わせ場所に出かけた
         『ゲティーセンターの入口脇のベンチで 11時半!』
f0047623_14381538.jpg

         今まで何度か訪れたうちでは 最高のお天気に恵まれた日
f0047623_15214410.jpg

         彼女に初めて会ったのは 1994年の秋
         友人からの紹介で初めて会い 食事をして一緒にバンドの真似事をして
         数時間を過しただけの人だった彼女が 今は お互いに心の深い部分で
         つながり合う友達になっている

         彼女からの手紙やメールは いつも新しい言葉・表現・哲学がいっぱいで
         辞書なしで読めたことがないほど・・・多くのことを彼女から学んだ

         同い年の息子を持っている共通点もある(あった)
         私の息子が交通事故で瀕死の重態に陥った時 
         彼女の手紙に どれだけ励まされたかわからない
         それなのに その2年後 彼女は一人息子を事故で失ってしまった

         慰めることもできない年月が流れた
 
         それでも 立ち上がれる時は 手紙をくれた まだ友達だよね?と
         去年の暮に会えた時 ようやく息子さんの顔の彫刻を完成したと 見せてくれた
         その場所は ノートンサイモン美術館
         一度だけ高校生だった彼に会った私は その彫刻を見て涙が止まらなかった

         そして今回 彼女も大好きだというゲッティセンターでの再会
         アーティストの彼女と共に 石に見入り 花の美しさに足を止めながら
         まるで バトルのような会話を延々と楽しんだ
         アートの時代の話 石の名前 草や花の名前・・・・・
         こんなに充実した会話のやりとりができる相手は なかなかいない
f0047623_14585375.jpg

         木陰を歩き
f0047623_150130.jpg

         見事にデザインされた庭で咲き誇る花々をカメラに収め
f0047623_1512381.jpg

         涼やかな水音に耳を傾けながら
         全てを語った訳ではないお互いの心の奥に秘めた言葉を 確かめ合う         
f0047623_1553820.jpg

         癒えることのない深い悲しみを負った彼女が 一秒でも長く微笑んでいるなら
         私はまた ここまでフリーウェイを飛ばしてやって来ます! 
       
          
                    また次もここで会いましょうね
         
         
         
     
        
         

         
    

再びフリーウェイに戻り・・・
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-20 16:01 | 気分爽快 | Trackback | Comments(10)