<   2007年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

               雨 のち 晴れ

                 ようやく 青い空が 微笑んだ
f0047623_1129155.jpg

                 初々しく輝くツタの若葉
f0047623_11291635.jpg

                 ブルーベリーが可憐な花をつける
f0047623_11294640.jpg

                 タイムが芽吹き
f0047623_1130776.jpg
        
                 実生のあけびのつるが ブルーベリーに巻きつく
f0047623_11302395.jpg


 留守をしていた数年間にも 子供達が守り続けてくれた緑たちが
 今年も元気に若葉の季節を迎え 控えめな花をつけている
f0047623_1149588.jpg

                         鬼田平子・・・・・↑この花の名前です ホント!
 
                


                            もうすぐ仕上げる仕事の合間にちょっとひと息

鬼田平子・・・・って?
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-30 11:41 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(18)

♪More than words    口には出さないけれど

 10年以上も前の ある日曜日の午後
 高校生だった息子1の部屋から 美しい音楽が流れてきた
 
 当時 FM局でよくかけられていた“♪More than words"

      Extreme : GARY CHERONE & NUNO BETTENCOURT
               (ゲイリー・シェロンとヌーノ・ベッテンコート)の美しいデュエット
  

・・・・・・・・・・・と思いきや 実は息子と彼の親友がギターを爪弾きながら歌っていた・・・・・

息子と 多くの楽器を操る彼の親友はよく二人で演奏を楽しんでいた
偶然か必然か この少年たちは 後に 二人ともボストンで青春を過すことになる・・・・・

              (※ Extremeはボストン出身のバンド  惜しくも解散
                 NunoBettencourtはギターのカリスマ 今は他のバンド結成)

言葉では語り尽くせない思い出と経験と美意識を獲得し それぞれ大人の扉を開けた二人

               そして 今 彼は新しい生活に羽ばたいていった
f0047623_1256843.jpg

               
               空っぽの部屋で ちょっと遊んでみる・・・・・・
f0047623_12562753.jpg

                                     ・・・・・・・例えば こんな風に・・・

空の巣症候群・・・・・・?????!!!
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-28 14:11 | 心に響く | Trackback | Comments(12)

Silent Blue          沈黙の青

BLUE 1
f0047623_13444182.jpg

BLUE 2
f0047623_13445352.jpg

BLUE 3
f0047623_13451552.jpg

BLUE 4
f0047623_13452666.jpg


     BLUE 1 失くしたピアスを懐かしむ水色の涙  
           華やいだ夜のざわめきが蘇る
   
     BLUE 2 祖母から母へのオパールの指輪を再生
f0047623_14292979.jpg
          バイクの後部座席から降りヘルメットを脱ぐ時に
          片方落としてしまったブルーオパールのピアスと
          祖母の帯止めから母の指輪になり 孫の私へと
          譲られたオパールの指輪を合わせてデザインし
          ペンダント・トップに変えた 
               
     BLUE 3 父と母 二人揃って祝ってくれた最後の誕生日の思い出            
          両親から贈られたお祝い金で買ったラピスラズリの一粒
          高校時代の初恋の人=ツタンカーメンを想う石

          
     BLUE 4 いわずと知れた(?)ブルーボトル
          息子が置いていったボンベイ・サファイアのボトル
          眺めるだけのGin&Tonicは しらふで横たわる



        ★ たまには こんな風に 静かに身の回りを見つめてみる ★

                                  Enya ♪Watermark(2分28秒) 

                   ( ・・・・それにしても よくピアス失くすなあ・・・・・ブツブツ・・・・ )
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-26 14:16 | 美しいもの | Trackback | Comments(14)

SAKURA 2007       2007年のさくら花

f0047623_10152314.jpg

             遠い空の下へ 今年の桜を届けよう
             花を愛でる間も無く 働き続ける友へ
f0047623_10335355.jpg

             ひらひらと桜吹雪の舞い散る散歩道で見つけた桜の花 ふたつ
             
             手帳に 閉じ込めた2007年の春
             やがて葉桜の季節へと 時が動いていく

遠くの空から届いたもの
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-25 11:12 | 美しいもの | Trackback | Comments(18)

アラモ→テキサス→LA→パリ→スペース      妄想爆走中

f0047623_121318100.jpg

             礼拝堂の中には 冷たい空気が流れ 
             人々のざわめきと かすかに葉巻の残り香が漂う

                ア  ラ  モ  の  砦
f0047623_12105342.jpg
 
            デイビー・クロケットがその名を馳せた激戦の跡地



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0047623_166253.jpg




と まあ ポスト・カードを眺めながらの妄想はこのくらいにして!

長い間考えていた“プロジェクト・いつか” のひとつが完成!!
f0047623_12162410.jpg

f0047623_12172865.jpg


       アラモを思い出させるテキサスのビール 
       滅多にビールは口にしないけれど シャープな切れ味が気に入って
       パーティーの度に用意して“みんな”に飲んでもらって集めたラベル
                            (本末転倒?・・・・ハイ そうです)
   
        そして TJ’sで一本$1で買えるスパークリング・ウォーターのラベル

LPレコードのディスプレイ用のフレームに入れて ようやく完成した

       LAのアーバンアウトフィッターズでこのフレームを買ったのは ↓のLPを飾るため
f0047623_12255321.jpg

       ピエール・ブーレーズの衝撃的な傑作 『春の祭典 (ストラヴィンスキー作曲)』

  フランスの現代音楽作曲家であり指揮者である彼のLPを買った20歳の私は
  その後一週間 学生食堂のうどんばかりを食べてお金を工面した思い出がある

  その後 大人になってアマチュア・オーケストラのメンバーになった時 
  楽団の指揮者がフランスの交響楽団で ブーレーズ氏のサブを務めることを知り
  オネダリした結果 本当にもらって来て下さった ブーレーズ氏のサイン!!\(^o^)/
f0047623_12563735.jpg

              宇宙飛行士のサインとブーレーズのサイン!! 
                  ・・・願い続ければ夢は叶う・・・・
                た★か★ら★も★の            

f0047623_1426336.jpg
アポロ宇宙飛行士のサインのフレームとの4部作を ディスプレイする場所作り
         さてさて・・・・・・・・・・・それは 次の 大きなプロジェクト!
               
  
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-22 13:15 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(20)

1947年のエアメール

   時は 1947年  太平洋戦争の戦火がようやく鎮まった頃

   ニューヨークのグランド・セントラル・ステーションで一通のエアメールが投函された
   宛先は フランスのニース
f0047623_13233741.jpg
 
   水茎の跡も鮮やかにしたためられた想い
   完璧な切手を選び 届けたかった想い

   戦火の下で出会った人を思いながら 
   ニューヨークの街角のカフェで 書かれた手紙なのだろうか   

   いつの世も 遠くの人に伝えたい熱い思いは同じ

手元の絵葉書を返すと そこには当時のNew Yorkの風景が見える
まだ ワールド・トレード・センター・ビルも無かった時代

ジョージア・オ・キーフとアルフレッド・スティーグリッツが腕を組んで歩いていた頃の街
戦後初のアメリカ兵とフランス女性の結婚として報道されたという 友人のお父さんが
大西洋を飛び越えて 新生活を始めた頃の摩天楼の街が 見える

大好きな建物・クライスラービルの象徴的な尖塔が黒いのは初めて見た
(空爆を避ける為に黒塗りされたのか・・・と勝手な想像をしてみる)
f0047623_13435449.jpg


   一枚のアンティークなポスト・カードで 映画一本分のストーリーを楽しみました        

               

実は・・・・・・・・!!!!
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-20 14:10 | 気分爽快 | Trackback | Comments(14)

東京/カリフォルニア  イリュージョン(幻想) つづき

f0047623_17152023.jpg

              駅の向こうに見えてきたものは!
f0047623_17162423.jpg

              ピンクの象さん!!!・・・じゃなくて
f0047623_17165646.jpg

              “あの”グレゴリー・コルベールの象!!

 先ずは 六本木ヒルズの森美術館で写真展が開催されたのに続き
 本体のNomadic Museum (ノマディック美術館)が東京にやって来た!
f0047623_17192482.jpg
f0047623_17194310.jpg

サンタモニカで2度も出かけて 堪能しているので 東京では行くつもりはなかった
・・・・とは言え 偶然 出くわした この“建造物”には やっぱりドキドキする!
f0047623_1757346.jpg


・・・・・・・・・何かが・・・・・違う・・・・・・きっと中の展示は同じなのでしょう・・・・でも・・
 (素顔の映画スターに突然スーパーで出会って『意外とカサカサしてる・・』と思うような)
 
サンタモニカの明るい日射しを差し引いたとしても 何かが違う・・・
“何か”ではなく 違いは明白  色が全く違うよ~
なんでコンテナに色を加えたんだろう・・・・・・・? (赤錆色のコンテナ一色だったのに・・)
なんで巨大な紙パイプの色を変えたんだろう・・・・?    (もっと黄土色だった・・・・)

全ての色彩から“色気”が失せている・・・・と思ったのは私だけかも知れない
もっと アンバー(琥珀=松脂)の色 もっと柿渋の色 もっと凝固した血の色を見たかった
それが サンタモニカで私の心を射抜いた魅力だったのだから


                        中には入らなかったから・・・・ま・いっか!

ひとつ 嬉しかったのは 東京会場では外部からでもミュージアム・ショップに入れること
f0047623_17574027.jpg


もちろん 入りました!同じ構造に懐かしさを覚えた
・・・・・カウンターにはちょっと お花と 笑顔が足りなかったな~・・・・・

        私流にフレームに入れて遊んでみました
f0047623_17301424.jpg

        色と風合いが大好きだったこの紙は 実は紅茶のティーバックの包装紙を 
        つなぎ合わせたものであることを オネエサンが教えてくれた
f0047623_17323322.jpg

f0047623_17333640.jpg

        写真家 gregory colbert (グレゴリー・コルベール)の素晴らしさと
        建築家 坂 茂(ばん・しげる)氏の創造性に敬意を払いつつ・・・・
        
        お宝のライセンス・プレートを ひしと抱きしめて帰路についた
f0047623_17541039.jpg

   
      
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-17 18:06 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(18)

東京/カリフォルニア  イリュージョン(幻想)

f0047623_22462622.jpg

            コクーン(まゆ)の中で眠っていた夢たちが
                  バリバリッと 目を覚まし始めた!                      
f0047623_22504983.jpg

            MOONEYES CAR SHOW 2007                   
                           アメリカの友人から情報をもらい 一人で出かけ
                           想像以上に大規模なカー・ショーに圧倒された   
f0047623_22554243.jpg

               ここは まるでカリフォルニア!!
               そ~んなデカイ車 どこで走ってるの?と思うような
               アメリカン・サイズの車ばかりが あるわ!あるわ!!!
f0047623_2251847.jpg

f0047623_22513795.jpg

             スワップミートも開かれていて 危険がいっぱい!!
                 
                 メタリック好きにはたまらないホイールキャップや色々な計器・・
                 でも さすがに東京・・・・・高い・・・・(*≧m≦)
                 ホイールキャップ4本セットで5万円とか6万円が相場・・・無理!
f0047623_22523566.jpg








f0047623_22525044.jpg

  ジャーン!! お目当ての ライセンス・プレート
     (なんといっても)テキサスのトラックと (オズの魔法使いに憧れて)カンザスを
     手に取っていたのを見て ショップのオーナーが裏から出して来てくれたのは
     アリゾナ(行った所)とニューメキシコ(行きたい所)
     もちろん “交渉”成立! ハッピーなお買い物でニッコニコ
                  偶然 初めに一番良い買い物をしたようで満足・満足(^-^)

f0047623_225626100.jpg

     空港が近いロケーションに恵まれて 飛行機もバンバン飛ぶし・・・・
f0047623_043721.jpg

     大好きなクラシックのフォード・トラックも見られたし・・・・
f0047623_2304275.jpg

     着いた駅はクールなデザインで気持ちよかったし・・・・
                 きょうは良い日だなあ~
f0047623_22583331.jpg


       
             
              でも
              夢中で歩いたので
              疲れた!
              おなかが空いた!



  

ガス欠!
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-16 00:00 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(14)

Flying Kiwi     キウイ・飛ぶ!

f0047623_12463517.jpg

                宙に浮く キウイ 発見!


             
                実は キウイ柄の器でした
f0047623_12472464.jpg

                  って それもウソ

             ガラスのボウルにキウイを貼り付けました~!
             

            『・・・・マジかよ~!!』と ボーイズの失笑をかいました(⌒▽⌒ゞ

            キウイの切り口が 余りにもきれいだったので 
            どうやって写真撮るかなあ~と無い智恵を絞った結果

            休みの日の朝っぱらから こんなことやってないで
            やること いっぱいあるのに・・・・ね~

お天気が良いとウキウキするね
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-14 13:19 | Trackback | Comments(12)

美しいひととき

       ブログでたくさんのきら星たちに出会えることに感謝しています
       

“ 更紗の国から ” のReisiaさんの素晴らしい手仕事を この目で見ることができました

                     
 Googleで検索した地図を片手に 初めての町を歩く        
 少しばかりふらふらと迷い込んだ街の賑やかだったこと

               辿り着いた会場は 堂々とした立派なお屋敷だった
f0047623_1033624.jpg


 着物の女性が大勢いて そこには別世界が広がっていた
 (まるで場違いな自分に引け目を感じてしまうほどの雰囲気に呑まれそうになる・・・・) 
 (着物が身につき 立ち居振る舞いが淑やかな 本物の日本の女の人たち)    
         
 はやる心を抑えながら そっと 作品の前に立つ

               はじめまして・・・・・・
f0047623_1314324.jpg

               彼女の作品だけを 見つめていた
               ようやく会えた歓びが 静かに広がっていく
f0047623_108120.jpg


糸を紡ぐところから 情熱をこめたお仕事をなさる彼女の作品を
いつかこの目で見たいと 思い続けていた

野生の蚕の繭から創った絹の写真も深く心に焼きついている
その布の本当の色は こちらでご覧下さい
               一枚の布ができあがるまでの長い道のり
               顔を近づけ 絹の布地の横糸を織る人々に想いを馳せる
               彼女の手が創り上げていった細部を見つめる
 
f0047623_13153957.jpg
  
f0047623_13161683.jpg
     
               柔らかな絹の布地の重なりを見ているうちに
               彼女が費やした時の長さを感じ 心がふるえた
               
               今 目の前にあの美しい布がある・・・・・

               布を織り上げ 新しい風合いの布を染める挑戦を続けたという
               更紗の国から届いた柔らかい布が帯となり 日本の伝統の衣装となる
               
               
               会場の静けさの中で 
               南の島や 星の国につながる壮大な海原の波の音が聞こえた

Reisiaさん 素晴らしい時間を頂き ありがとうございました
星の国でも ますますお元気でご活躍下さいますように・・・ 
 

   
                  ※ 許可を得たとはいえ 他の方の迷惑にならないようにと   
                     こっそり撮ったので 実際の色をお伝えできていないことを
                     お詫びします  
                     もっともっと爽やかな色合いでした    


追記:
↓ご本人(sarasa-reisiaさん)から コメントを頂きました!!
作品への思いが更に伝わりますので 是非お読みください!!     

 

NHK BS1で 13日(金)
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-04-13 10:43 | 美しいもの | Trackback | Comments(12)