<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

City LA

f0047623_0143315.jpg

ダウンタウンLA を走り抜ける時
f0047623_0154415.jpg

    フリーウェイ405を飛ばして 好きな建物に会いに行く時
f0047623_0164993.jpg

         冷たい冬の風さえも 爽やかに水のしぶきを吹き散らす時
f0047623_0184381.jpg

                       美しい夕映えのショーが始まろうとする時

f0047623_0192686.jpg

閉館間際の美術館の床に 足音が響き渡る・・・・頃
f0047623_0214976.jpg

                         そろそろ街角にワインの香りが満ちてくる頃


・・・・・・・・どんな時間も いつも変わらず 爽やかな空気をたたえる街  LA・・・・・・・
f0047623_036443.jpg

                            懐かしさに 心がきしむ
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-31 00:41 | 気分爽快 | Trackback | Comments(18)

Mirror is Mirror........................ 鏡 は 鑑

鏡の中の自分
f0047623_10532560.jpg

鏡に自分を映す時 きっと あなたは 微笑んでいるでしょう?

自分の醜い姿を正視するのは “勇気”が要るから
鏡を覗きこむときは “良い顔”をしていることが多いはず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子供達が小さかった頃 毎日 毎日 次から次に
限りなく口からほとばしり出ていたのは      小言ばかり

     『早くしなさい!』
       『いい加減にしなさい!』
         『何度言ったらわかるの?』     (^。^;) 

自己嫌悪にかかってしまうほどだった

そんな日々 私は台所の流しの前に 小さい鏡を置いていた
子供に小言を言った“その顔”を すぐに見るために

子供たちは この顔で怒られてるんだ・・・しかも下から見上げて・・・
なんて 醜い顔をしてるんだろう

我ながら 嫌になる

自分でさえ避けたいほどの表情を 家族には見せてしまう・・・・

自分への戒めとして キッチンの片隅に いつも鏡を置いていました

 
        あなたの大切な人に 最も美しい笑顔を!!!(*^_^*)
         One thing I would say,

"Have a nice day!" 今日も 元気で!!!
f0047623_11331897.jpg

[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-28 11:34 | 心に響く | Trackback | Comments(20)

Illusion/Future       幻想 そして 未来

f0047623_218715.jpg

        鏡に映る姿を覗き込んでいるうちに くらくらしてきた!
        あ・・・いえ・・・・自分にうっとり・・・とか じゃなくて・・・
f0047623_2185465.jpg
f0047623_2191714.jpg

(ある場所の通路の真ん中に立ち 向こうとこっちを撮ったうち 一枚を逆さにしたもの)
        丸いもの 光るもの好きが行き着いた理想の部屋に近いスタイル
                 というか 単なる幻覚??       
                
久々に 『 2001年宇宙の旅 』 を見たので 頭おかしくなったかな?
        1968年の映画だなんて 信じられない!!!
         私が欲しいスタイルは 全て ここにあったなんて!
  (画面の前に陣取って 写真を撮るという可笑しなことを また やりました)
f0047623_2264922.jpg

黒い革 全てが真っ白な内装の中の真紅 美しいトーンのベージュと薄紫
そして 会議の席に等間隔に置かれている水差しやグラスの形まで完璧!


2001年は 既に過去になってしまった
40年後の今 この映画に描かれていた“未来”が 既に実現していることにも驚く
進歩なのか 破壊なのか 一概には言えない科学の力

     不朽の名作は 既に 多くの場面が私の脳裏に刷り込まれている
     
    
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-26 02:41 | 美しいもの | Trackback | Comments(12)

Midnight Kitchen..................................真夜中のキッチン

f0047623_1232784.jpg

真夜中のキッチンの灯りを落とし ふつうの日が終わる

穏やかな日常が再び戻ってきた安堵感が満ちていく

        久しぶりに 焼いたアップル・ケーキをカウンターに置く
          真夜中に活動する“妖精たち”のために・・・・
              ・・・・・・朝には 減っているのが楽しみ・・・・・
f0047623_1233077.jpg

子供達が幼稚園児だった頃 よく一緒に焼いた簡単レシピ
お手伝いをする子供の手で不ぞろいに ぶ厚く切られたリンゴの方が
美味しいことを発見して以来 リンゴは わざとぶ厚く切ることになった

色々な言葉が交わされてきた真夜中のキッチン

3分の1ではない 親の思いを それぞれの子供に伝えてきた場所
不安にかられて涙ぐむ幼い心の声に 耳を傾けてきた場所
たまには 押さえきれない怒りを吐き出してしまったこともある場所
食器を洗いながら 水音に紛れて涙を流したこともあったなあ・・・・

多くの外国の友達が このキッチンで 料理をしたりカクテルを作ってくれたり 
一緒にお皿を洗ってくれたりする“小さな国際交流”の場所にもなっていた

私がLAで生活していた頃 たった一人でこのキッチンを守り通してくれた息子
再び 一緒にキッチンに立てる日が来るとは思わなかったよ・・・とつぶやいた

その息子にありがとうのお返しをすることができました
生まれて初めて手術・入院をした彼に付き添っていた日々が 終わった
妹や弟の思いやりを 側でみていることもできたし
優しく しっかりと彼を支えてくれる美しい人の存在を確かめることもできた

年末から年始にかけての僅か3週間に起こった嵐のような日々が
ようやく 落ち着いてきた安らぎを感じながら 灯りを消した夜

     穏やかだけれど とても強い確信が  静かにみなぎってくる  
f0047623_1443190.jpg

                          CONVICTION                        
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-22 14:08 | 心に響く | Trackback | Comments(22)

Blog Anniversary     ブログ記念日

f0047623_2130088.jpg

          20年来の友達から 美しい蘭をもらいました

          今日は 私の “ブログ記念日”

一年前の今日 2006年1月20日 生まれて初めてのブログを書いた日です
一番目は音楽の喜びを書きました
自分らしさが出し切れず あがいていたLA生活の中で ようやく辿り着いたのが
再び音楽のある生活でした 音楽を共に楽しむ仲間を見つけ出した喜びが
今までと同じ風景を全く違うものに見える力を与えてくれたものです
クラシックを演奏する集まりの後で 帰り道はガンガンにロックを聞きながら
夕陽が美しい210フリーウェイを飛ばした日のことを 思い出します 

あれから一年が経ちました
f0047623_2146975.jpg

         パリから届いた素敵な“ジャバラ”との記念撮影の為に 
         弦を緩めたままのビオラを 久しぶりに取り出しました
         (でも まだ日本のグループに戻る余裕はないなあ・・・・)

やる気満々で戻ってきたのに 思うようにいかない仕事に焦った日々
まるで 感覚が麻痺してしまったような心を抱きながらも
ブログを通して知り合った素敵な友達に 助けてもらいました

更に

わずか3週間前は 再びLAに戻り 再会を楽しんでいたことを
思い出す暇もないほど 最近は 色々な出来事が起こりました
心が痛むことが 多過ぎました・・・・・・さすがの私も凹んでた

だんだん気を取り直し始めた私を励ますかのように 
驚くほど多くの友達からのメッセージが届きます
f0047623_21561318.jpg

大好きなtictactoeinlaちゃんから
f0047623_21563285.jpg

永遠の25歳 パリのマドモアゼルからは可愛らしいクッキーも添えて
f0047623_21565586.jpg

立ち話をしただけだったのに 綺麗なお姉さんから素敵なカレンダーが届いてしまった!
f0047623_21413156.jpg

そして 大好きなレストランのマネージャーから達筆なお便りを頂いて“有頂天!”
曰く 『今年はお食事をご一緒しながらお話をしましょう』・・・だって!\(^o^)/

長年 探していた本を 偶然見つけてしまって これまた有頂天!!
f0047623_2222638.jpg



『もう ブログ止めようかなあ・・・』  『そろそろ現役引退の年齢なのかなあ・・・』

・・・・・・・・・ってのは 嘘!  凹んでる場合じゃないわ!!!

大切な家族と 友達と ブログの仲間がいれば がんばれます!
これからも ボチボチ飛ばします(???)ので 
f0047623_2095184.jpg

                よ★ろ★し★く★
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-20 22:22 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(26)

The Blog of Wrath     今日はちょっと “怒りのブログ”です

スタインベックの代表的な作品 『怒りの葡萄(ぶどう)』
英語のタイトルは The Grapes of Wrath

今日は このタイトルを借りてみました

心の深いところで ふつふつと怒りがたぎっています

ブログでリンクしているだけではなく 真夏の東京で実際にお会いして以来
心の交流が続いている25歳の可憐な少女の心を持ち続ける人
cinephileさんのブログに侵入し そればかりではなく 勝手に記事を削除する
卑怯な人間が いるということに対して・・・・

ブログを始める前は ブログという“仮想”空間に対する恐れがありました

日々の生活 そして人生は 楽しいことばかりの連続ではありません
ブログに自分を晒すことにより 思いもかけない苦言や反論を得ることの
負担を恐れていました ・・・・そんな暇はないよ・・・と

幸いにも 一番初めに紹介してくれた“日本の良心”のような女性のフィルターを
通したお友達の輪に入っていけたお陰で その危惧は裏切られ この一年は
ブログを通して素晴らしい方たちに巡り会えました 

        たまには 怪しいコメントやトラックバックが入ることはありますが・・・
        そんな時は 勇気をもって“バッサリ 消去”でした

手の込んだ嫌がらせによって 美しい笑顔のcinephileさんの困惑している顔が
思い浮かび心が痛みました
リンクしている者同士として 一言 書かずにいられませんでした

いつも ここに立ち寄ってくださっている方に 
こんなネガティブな気持ちを分けてしまって ごめんなさい

私が心の底に沈めている鋭い刃が ギラリと光ってしまった出来事でした

不当な蔑み 人の尊厳を犯すこと そして卑怯な手口 ・・・・・大嫌いです


こんな時は 思いっきり身体を動かそう!
怒りは汗と共に流し去り
        貴女の美しい笑顔が より一層強さを増しますように!
f0047623_1471495.jpg

本当に優しい笑顔は 強さの裏打ちがあればこそ・・・・・です

f0047623_14115218.jpg

          彼がやっつけてくれるよ!!きっと!
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-17 14:22 | 心に響く | Trackback | Comments(18)

妄想バトン

25歳のお誕生日を迎えたばかりの cinephileちゃんから 
『 妄想バトン 』を頂きました (すごいバトンがあるもんだねえ!)

妄想・・・・・ねえ・・・・・
ま これは大波小波の人生を生きていく上で必要不可欠なものだと 
日頃思っていますし 『心に思うことは誰にも止められない』のも事実

ということで

過去20年以上に亘って 心の中に生きている妄想ストーリーを暴露!

そ!そんなこと考えてたの!? って 卒倒しないようにね (^_-)

あくまで 妄想 妄想
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    一年に一度だけの 彼に会える日が 巡ってきた
    体中が凍えそうな木枯らしが吹く日

    このバスの向こう側には 彼が最後に乗っていた車が 今もそこに・・・
f0047623_0293163.jpg

    ターコイズブルーのペイントが微かに残るChevy
f0047623_0303743.jpg
    
f0047623_0312325.jpg

    シートに座って 暗くなるのを待つ


f0047623_0321842.jpg

    “ Hi!” ・・・・・・・・・・『 エディー!』
    約束通りに 懐かしい笑顔が そこにいる!

妄想1:朝起きたら『エディ』が隣に寝ていた。あなたならどうする?
妄想2:そんなことをしているとエディが目を覚ました。どうする?
    妄想1と2は 悲しいけれど もうなくなりました
    エディに会えるのは この錆び付いたChevyの中でだけ しかも夜だけ
    ただ エディの隣りに座り 見つめるだけで満たされています
f0047623_0413119.jpg

          ただ 言葉もなく 見つめ合う・・・・・・・・

妄想3:エディに作ってあげたい自慢料理は?
    会える時間は限られているので 彼が毎朝食べていたシナモンロールを
    今朝焼いて 持ってきました 熱いコーヒーもポットにいれて・・・・
    彼は 昔と同じように シナモンロールをナイフとフォークで食べる

妄想4:エディとドライブに!どこに行く?
    デス・バレー! よく二人で車を飛ばして行った所です

妄想5:あなたのためにエディが歌ってくれるって。
    そう!これがエディと私が過した日々の思い出の歌
  
妄想6:あなたに何かをしてくれるって。時間は5分。
    じゃ あの曲を一緒に歌って?私もコーラスつけるからね

妄想7:あなたがエディに何かをしてあげられます。時間は5分
f0047623_0504396.jpg

    冷え切ったエディの手をそっと温めてあげる・・・永遠の5分
     

    そして 美しい笑顔を残して エディは 消えていった     また会おうね
f0047623_151996.jpg

                                              またね


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   なんての は どう??? (*^_^*)

当初のご要望であったゲバラでの妄想には お応えできませんでしたが
cinephileちゃん どんなもんでしょう?


    ※ 久しぶりの 妄想&暴走で 息があがってしまったので・・・(^_^;)
      バトンは とりあえず ここで 置かせてくださいね


    

本当は ね
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-15 01:37 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(10)

Sur la table............ 食卓の上の幸せ

寒い冬の日に 笑顔の家族からご招待を頂きました
心の底から冷え切っていた時の出来事
f0047623_20213715.jpg

どこを見てもハッピーカラーに溢れた美しい食卓でした

初めてお会いした時に 天使のような笑顔だと思った人が
こんなに美味しいお料理も作る方だと知り 感激もひとしお・・・・
そして 幸運のフェーブは 何と私が頂いたひときれの中に!
f0047623_13112686.jpg

           まさにビギナーズ・ラックそのもの
           小さい子供さんもいたので ちょっぴり気が引けました
           ・・・・が・・・・・ラッキー!!!

この小さなフェーブのお陰で 明るいパワーを取り戻せたようです

午後のお茶の時間の後 いよいよ晩ごはんが始まります
バゲットや胡桃のパンをフォアグラのパテと共に頂き 
赤ワインのグラスを傾けながら 楽しい会話が続く
選び抜いた食材で作られた美味しいキッシュとサラダ!
長い間 御無沙汰していた数々のチーズを心ゆくまで楽しみ・・・
ギタリストの御主人のギターに 心と耳を傾ける至福の時間

私が大好きな車や飛行機やバイクの玩具がぎっしり詰まっている
坊やのお部屋での滞在時間が一番長かった気がする・・・・!
また 遊んでね(^_-)



豊かな暮らし方を見せて頂いた夜
帰り道の冷たい夜風の中で 固まっていた心がほどけていきました
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-13 13:19 | 心に響く | Trackback | Comments(10)

悲しみの季節

悲しい知らせを受けました

カリフォルニアの青空の下で出会った“大切なLAの娘たち”の一人である
natsuvalley2ちゃんのお父様が亡くなられた・・・・・・・・・と

年頭のお願い事が『今年はひとつだけのお願い』とあり
切ないほどの願いが伝わってきていた日々でした

まさか こんなに早く お別れの辛さを味わうことになろうとは・・・
帰宅後 大慌てで彼女のブログを読み その健気さが胸をうちます
・・・・・・でも 彼女の言う通りだと思います

元気な笑顔を見せてあげられて よかったね 
本当に 本当に そう思います

涙が乾いたら “おとん”の分まで いっぱいいっぱいやる事が増えるね!
f0047623_1625921.jpg


       実は 私も 年末にやっとの思いで連れ帰った愛犬をあっという間に
       亡くしてしまいました ブログには書かずに 突っ走ってきました
       後悔することでいっぱいなのですが せめて 自分の手の中で逝った
       ということを 救いだと思うことにします
       小さな身体で せいいっぱい生き抜いた生命に 教えられました

f0047623_16311793.jpg





でも貴女を守ってくれる人が側にいてくれて よかったね
貴女が守らなければいけない人も側にいて よかったね



これからは いつでも どこにいても どんな時でも
 
              “おとん”は貴女と一緒にいます

それを感じられるようになるまで 
       誰にも遠慮することなく 思い切り 涙を流して



                            でも 敢えて言います   がんばって・・・・・



 
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-09 16:44 | 心に響く

Final smiles             美しき炎 最終版 

f0047623_15453682.jpg
f0047623_154654.jpg
f0047623_154772.jpg


        思いがけない反響を呼び 驚いています
        『実は私(僕)も・・・・』と 色々な方からメールを頂き
        没後40年になるゲバラが 若き世代の心の中にも
        しっかりと生きていることを知ることができました

        今 みなさんと分け合える 最終映像です

f0047623_15532328.jpgf0047623_15535388.jpg












f0047623_15575240.jpg

         偉大な人を愛するには 命がけの覚悟も要るということ

Tシャツのロゴとしての彼ではなく 心の灯台として ゲバラを見つめ続けます
背筋を伸ばし あごをひいて 少し上を向いて 歩いて行こう!
f0047623_161274.jpg


                          F I N
     
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-08 16:06 | 心に響く | Trackback | Comments(4)