カテゴリ:美味( 35 )

LAの地ビール醸造所 訪問 (Fall 2017 in LA)

今回の滞在中 ”若者たち”(ランチに来てくれた人達)と 日が落ちてからの時間を共有する機会に恵まれた
地元在住の彼らのお勧めに従い 普段自ら進んで飲むことの無い麦酒を楽しんでみることにした

先ずは ダウンタウンの工場跡地が驚く変化を遂げていた ANGEL CITY BREWERY
f0047623_13431248.jpg
ダウンタウン内のリトル東京エリアは 用事が済んだらサッサと引き上げる場所 というイメージがかなり払拭された
f0047623_13441573.jpg
古い部分をうまく残し ”廃墟”感を醸し出しつつ とても雰囲気のある場所に変貌していて驚いた!
f0047623_13444558.jpg
敷地内のフードトラックから ブリトーを買い 先ずは腹ごしらえ・・・
出来上がったブリトーをボンと渡され ワゴンの上に揃った様々なソースやトッピングは自分で

余りに大ぶりのブリトーに尻込みし 友人達と分けようと(プラスチックの)ナイフを探したが フォークとスプーンのみ
友人曰く  『アルコールを提供する場所だから ナイフは置かないんじゃないかな』・・・・なるほどね~
f0047623_13445708.jpg
さて 慣れないビールの名前をウダウダと読んでいると お試しセットがあるよ と勧められた
2セット頼み 皆で少しずつ味を試し お気に入りのグラスを新たに頼む
こんなにも個性がある飲み物であることを 初めて知った 
(実は私 “とりあえずビール!”とは無縁のままン十年)
f0047623_13451728.jpg
敷地の外に出て車に戻る道は 相変わらず 周囲に目を配り 足早に歩き抜けた

歩きながら常に左右前後に目を遣り 角はできるだけ大きく曲がり
停まった車からは離れて歩き 車道側にはバッグを持たない
楽しく友と歩く時でさえ忘れてはならないこの街(この国?)のジョーシキ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第二弾は MACLEOD Ale

Van Nuys という場所の中でも 夜(ビール醸造所だから当然)は余り行かないかな・・・と思う場所にあった
地元の友人達とでなければ不可能な体験ができたことを 改めて感謝しつつ 路駐の後 彼らの後について行く

地図上で場所を確認できても その近くに停められるとは限らないのが LAの”怖い”ところ
f0047623_13453925.jpg
こじんまりとした空間ながら とても活気に溢れ ”看板犬”が温かくもてなしてくれる心地良さ
f0047623_13460578.jpg
個人的には こちらのビールに感動!  まるで白ワインのような様々な風味や香りや味を楽しめるのに驚いた
よく来るらしい友人は 好みのビールをアルミ缶に詰めてもらい 持ち帰っていた
f0047623_13462756.jpg
カウンター席の真ん中には 大きな器に殻付きピーナツと皿が無造作に置かれ 客が好きなだけつまみに持って行く

立ったまま飲む人達 カウンターで隣の客と楽しそうに飲む人 カウンター横の隙間で 軽く食事をしている店の人
カジュアルで大らかな雰囲気の中で グラス一杯を傾ける至福の時

更に運の良いことに この夜はケルト音楽のグループの生演奏も聴くことができた 

仕事の後で気楽に立ち寄り 酔いが覚めたらサクッと帰って行く
素晴らしい演奏を聴きながら こんな暮らし方もあるんだなあ・・・・・としみじみ

友達のお蔭で ちょっとだけローカルライフを深めることができた楽しい時間となった

普段は決してビールには気持ちが向かない私の新境地開拓


両方の醸造所のメニューやサイトに 印象的なサービスが明記されている
Designated driver (指定された運転手 つまりグループで来て運転担当が明らかな人)には無料のソーダを提供したり
UberやLyftと言う運転サービスを利用する人には割引になるコードを提供したりして
車社会でのアルコール飲料提供ビジネスのアイデアをかいまみた
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


[PR]
by mother-of-pearl | 2017-11-12 16:17 | 美味 | Trackback | Comments(2)

さて!林檎の秋

f0047623_22431883.jpg

何故か秋風が立つまで封印していた り ん ご!!

冷蔵庫の梨を食べ終わるのを待ち兼ねたように
スーパーの林檎のコーナーから二個手に取った
買い物袋の一番上に置き 美しい紅色をチラチラ見ながら自転車をこぐ

生をかじるのはもう少し安くなってから、、、

今夜は お待ちかねの我流デザートを焼く!
夕方から そう決めていた

夕食には 昨日から煮込んでいた大根とスジ肉に練り物を加え おでんを仕上げる

ただ 今日はおかず作りは気もそぞろ
冷凍パイ生地を室温に戻す間 溶かしバターを用意する
伸ばしたパイ生地全体にバターを塗り 薄切り林檎をテキトーに並べ
少しだけ砂糖を振り 溶かしバターを落とす
(こうすると 砂糖とバターが程よくキャラメライズされて美味しくなるのです)

薄焼きのパイは 短時間にサラッと焼き色がついたら出来上がり
f0047623_22573064.jpg
レシピも名前も知らないまま いつの間にかお気に入りのデザートになった

********************************************************************
パリ郊外のレストランで 友人達がすっかりフランス語にスイッチしてしまい おいてきぼりを喰らった時
焼き立てのデザートの美味しさに救われた夜の思い出

何とか再現しようと試行錯誤の末 オリジナルの味は 当の昔に忘れてしまった

瑞々しい桃や梨を思いっきり楽しんだ後
様々な林檎を存分に味わい尽くそう!!

あ〜〜通年で衰えを知らぬ食欲

ダイエットは あさってから、、、かな?


ま いっか



..................................................!!!!!!...................................






[PR]
by mother-of-pearl | 2017-10-07 22:42 | 美味 | Trackback | Comments(0)

便利商店

f0047623_20474528.jpg

近所の『ベンリー商店』の最近の変化が面白い

幅広い世代を対象にした商品開発が急激に進んでいるのが分かる

大雨の影響で 玉ねぎが高騰した時
ふと立ち寄った近くの『ベンリー商店』で百円均一の野菜コーナーを見つけた!
小粒の玉ねぎが一袋百円!は とても有難かった

それは今も続いていて その日その日の市場から選んだ百円の野菜が並んでいる

茄子 ピーマン 玉ねぎ 空芯菜 里芋 生のピーナッツ オクラ ジャガイモ コーン 等々
日々 顔触れが変わる百円均一野菜コーナーは今も続いている
駅直結のデパートと遠方のスーパーの中間地点に住む身には有難い存在になってきた
レジに立つ店長さんにお礼を伝えたこともある

新鮮な野菜を目指して行くことが増え ついでに見つけたのが 冷凍のミックス野菜
グリルされ 美味しそうな焼き目がついている
f0047623_20082844.jpg
鮭のムニエルに添えたり
f0047623_20094995.jpg
鶏肉のソテーに添えたり
f0047623_20124134.jpg
彩り鮮やかなグリル野菜(ズッキーニ 赤と黄色のパプリカ 茄子)が1袋200円足らず は有難い

最近 とみに見直している現代版『ベンリー商店』
しかも店名の7時から11時ではなくずっと営業中

はい セブンイレブンのイタリア産野菜ミックス グリル野菜 お勧めです!



.........................................................................................


[PR]
by mother-of-pearl | 2017-09-10 22:47 | 美味 | Trackback | Comments(2)

大粒のぶどう 藤稔

f0047623_10463449.jpg
思いがけない贈り物が届いた!!

温度管理されながら大切に届けられたのは
初めて見た大粒のぶどう

その名は 藤稔り

大粒ぶどうの最大級だと思っていた巨峰より 更に大粒!!

少しでも酸味があると 果物でさえ食べるのに〝勇気“が要る私
が その美味しさに手が止まらない!!

f0047623_10525112.jpg

娘と息子も こればかりは遠慮してはいられない!とばかりに 手が止まらない

美味しかった!!

贈ってくださった方にお礼を伝えつつ できれば改めて注文したいと尋ねたほどの美味しさ

贈り主が住む地元の生産者さんを教えてくださった
今期の生産は 残念ながら終了したそうだが 来年は必ず注文するつもり
生産者さんを思い浮かべながら 実りを頂く楽しみを味わっ

ごちそうさまでした 本当に本当に美味しかった
f0047623_10595510.jpg
実は ぶどうの芯の形が可愛いらしくて こっそり(?)乾かしている


何に使うかは 寒い季節までナイショ!!(^.^)

************************************************************************
ぶどう と言えば
、、、、ずっと憧れているルームフレグランス

大大大好きな香りが漂うインテリアショップに
何度 足を運んでいることだろう(現在進行形かっ

『赤ワインのデキャンティングしてる?』
そんな魅惑に満ちた香りが空間いっぱいに広がる

トップノートは複数のベリー その後バラとスミレの香りにワインのタンニンが 素晴らしく調合されている
イタリアはフィレンツェの調香師の見事な仕業!! やっぱり ね


f0047623_11053850.jpg

スティックがぶどうの小枝
私にとって今は幻となったメーカーのフラスコ型のデキャンタと同じ形
フラスコ型のボトルそのものが惚れ惚れする美しさ

(ただ どう考えても我が暮らしとはバランスが取れない価格が 歯止めをかける)

手が届かないものがある というのが良いんですよね〜〜〜 負け惜しみでなく!

働くモチベーションが上がるから (^_−)−☆


[PR]
by mother-of-pearl | 2017-08-26 10:45 | 美味 | Trackback | Comments(4)

ばいばい夏バテ その2 キヌア

一旦 火を通したらサクサク消費しないと ね
キヌアを煮た(茹でた)後 3分割したので次は何にしようかな〜〜

手抜きも甚だしいミキサー料理
買い置きのレトルト食品は 風味が好きなえんどう豆のスープ
f0047623_13404542.jpg
ミキサーにカシューナッツを入れ トロリとしたスープを少し加えて回す

ガーガーガーッ!!!

最近 色々な野菜スープを作る時 コクを出す為に
カシューナッツを加えることが ちょっとブーム
(あ〜 敢えてカロリーを上げてどうする!と一人ツッコミ)

残りのスープと茹でたブロッコリーも入れ 更に撹拌
キヌアをざっくり混ぜたら
f0047623_13452076.jpg
冷たいスープのできあがり!!!
スープボウルにたっぷり注ぐ

ひと口デザートには北の友の甘いハートがこもったイチジクのジャムを添えた

風味と舌触り豊かな冷たいスープで 暑い日の昼ごはん

ご馳走さまでした!


-------------------------------------------------------------------------------




[PR]
by mother-of-pearl | 2017-07-22 13:20 | 美味 | Trackback | Comments(4)

ばいばい 夏バテ

f0047623_13235494.jpg

これだけ食べられるなら 夏バテとは無縁

夏は苦手ながら 夏バテで食欲減退 が全く無い元気印!

今日も キッチンで張り切る
f0047623_13262204.jpg
ガーリックの香りを立たせ
f0047623_13270487.jpg
冷凍庫から鱈を取り出し 塩胡椒そして小麦粉を振り こんがりと焼く
f0047623_13282593.jpg
隣の鍋ではキヌアがスタンバイ
(梅雨が明けたら乾物もサクサク消費しなきゃね)
f0047623_13294682.jpg
玄関先のバジルをバッサリ
(この僅かな隙にも喰らいついて来るヤブ蚊! ガッツあるなあ)
f0047623_13302908.jpg
f0047623_13304524.jpg

イタリアンカラーの鍋が楽しい🎵
f0047623_13313256.jpg
味付けは塩胡椒 バジルで香りをつけたシンプルなソースの出来上がり
プランター栽培の小さなトマトが甘い! この夏はオレンジ色タイプ
蒸したブロッコリーは茎も頂きます
f0047623_13323696.jpg
初めて買ったリモンチェロ
氷たっぷりのグラスに注ぎトニックで割る

いただきま〜す!!



『夏は嫌いだ〜』と毎年ボヤキながらも 夏バテ知らず

こんなに食べられるなら ねぇ(^_-)


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





[PR]
by mother-of-pearl | 2017-07-20 01:22 | 美味 | Trackback | Comments(2)

春の楽しみ

f0047623_11083747.jpg

春キャベツ という〝食べ物〝 を知ったのは いつのことだろう...........

大らかな巻き具合に 如何にものびのび春を感じ
初めて料理した時の衝撃的な美味しさ!!
薄黄緑の柔らかい葉だけではなく しっかりした茎も外葉も剰すことなくザクザク切る

合わせるのは これまた別物の新玉ねぎ

ただただ炒めて いつもより多めに割り入れた卵でとじる

塩胡椒で味わったり サラサラのウスターソースで 楽しんでいたら
子供の頃の土曜日の昼ごはんを ふいに思い出した

半日を〝半ドン〝と呼んでいた時代
お弁当ではなく ウキウキ帰宅して母が作った昼ごはんを食べられた幸せな時間の思い出

〝大型連休(日本放送協会はカタカナ語を避けるらしい)〝が始まり
いつもより仕事はゆったりペース

キャベツたっぷり頂いて 案外静かな都内に向かう

では 行ってきます!!
f0047623_11244143.jpg
皆様 素敵な五月をお楽しみください

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

[PR]
by mother-of-pearl | 2017-05-01 11:07 | 美味 | Trackback | Comments(2)

金柑の甘煮


f0047623_11072720.jpg
年末年始を自宅で過ごした母が 庭の金柑を摘んだという
f0047623_11084380.png
『誰か 要る?』との弟からのメールに 『欲しい!!』と即答
まだ緑色の金柑が混ざってはいたが 美しい金柑が届いた
しばらく追熟を待ち ようやく甘煮にとりかかった
f0047623_11112774.png
ザクザク輪切りにして種を取りマーマレードにしたり 甘露煮(のようなもの)を作ってみたり・・・
f0047623_11131247.png
f0047623_11141201.png

年末年始を弟と過ごしていた自宅の庭で 金柑摘みを楽しんだ母の活き活きとした笑顔を想いながら 
金柑の香りを楽しむ日々




・・・・・・・・・なかなか新規投稿画面に慣れません (T_T) ・・・・・・・・・・・・・・・・












[PR]
by mother-of-pearl | 2017-02-12 11:19 | 美味 | Trackback | Comments(6)

真夏の思い出(ハモとオバイケと白ガラの夕餉)

「シライモ3本取ってきて~」
夕食の支度中の母に言われ 庭先の”シライモ”を数本切ってきた
まるで里芋の茎のような“シライモ”の皮をむき ササガキにして水に晒す

・・・・・夏休み中の夕方の一コマとして ずっと記憶にありながら 探せなかった“シライモ”
・・・・・あれは 私の記憶違いだったのだろうか と思い始めていた
f0047623_91812100.jpg

≪白がら≫!!!!  正式にはそういう名前だった

この夏ついに見つけた!!!“幻のシライモ”
イモガラという乾燥野菜が売られていた農産物販売所でのこと

f0047623_9204396.jpg

本来なら刺身のツマのような存在ながら この夜 私は爽やかな歯触りを思い切り堪能した!

骨切りをしたばかりのハモを 弟は見逃さず買っておいてくれた
家でゆがき 氷水でさらしたハモは絶品だった!
f0047623_9261428.jpg

f0047623_9262796.jpg

盛り付けは二の次で 一期一会のハモとハモの皮 そして太刀魚や鯛の刺身に舌鼓を打つ
食器棚の奥から見つけた祖母愛用の水色のガラス器を磨き 盛り付けてみた
f0047623_9514184.jpg

ふるさとの店先には 懐かしい食べ物が今も変わらず並んでいた   おばいけ・・
f0047623_9274966.png

(酸っぱいものは苦手な私も)湯引きのハモには酢味噌 そしてカボスを絞る
f0047623_9291486.jpg

懐かしい味 おきゅうと もモズクと共に楽しんだ

そして もちろん 最高のお伴は
f0047623_9312946.jpg

                            (私は 絶対的に 左!!)

一足先に帰宅し 掃除を始めた時 冷蔵庫の中に真新しい薫長1本を見つけた
当時入院中だった母を思い 母の日のお祝いに と弟が買っておいたものだった
(幸いにも母本人と楽しむことができた後 私はそっとラベルを剥がし記念に持ち帰った)

f0047623_9321421.jpg

冷たい”水菓子”に至る頃には 母も弟も私も 笑いジワでいっぱい



どうかまた この幸せな夕餉を楽しめますように・・・・・・・・(^^)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-08-20 09:54 | 美味 | Trackback | Comments(8)

キッチン付きバカンス

さて・・・どこにいても一日三食  残念ながら変わらないね

食レポ(番外編)は 自宅編

そう   お腹が空けば作りますよ キッチンがあれば ね(^_-)-☆

f0047623_14403860.jpg

庭のアボカドの大木を見上げ・・・・何 作ろうかな~
f0047623_14412822.jpg

去年は休憩中の感ありだった無花果は豊作!
お隣さんのレモンと花粉が混ざってしまったらしい ”ライ・モン” 香りはライム

毎日の朝食に そしてサラダに 木熟れの果物の美味しさを堪能した 
f0047623_1443521.jpg

                       
お決まりのおにぎりも せっせと作り (減塩対策に 塩でむすぶのは止めましたよ)
f0047623_14454393.jpg


塩分を気にしながらの ナンチャッテ和風料理も
f0047623_1448163.jpg
 
         (友人達とのディナーの為に仕入れたノルウェーサーモンを塩鮭風に仕上げた)

f0047623_14484222.jpg

去年 家族で日本旅行を楽しんだ他州に住む友人のために レシピ伝授の オムライス
『東京で食べたオムライスが忘れられない』と何度も聞いていたので手順の写真を送った

f0047623_14505883.jpg

f0047623_14495012.jpg

残りご飯の処理のチャーハンや 小腹が空いて おいなりさんも

なんだか 日本にいる時と変わらない日々だったなあ・・・・と思い返している
これも『どこにいても 私は私』の一部?

『キッチンがある旅をしたい』 なんて 20年くらい前は言っていたことを思い出し 苦笑

そろそろ 夢のホテル滞在のバカンスも望んでみましょうか・・・・・言霊を信じて
f0047623_2221918.jpg

f0047623_2223958.jpg

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-05 02:27 | 美味 | Trackback | Comments(10)