カテゴリ:美しいもの( 164 )

雨の神楽坂 (乙部なるみ展 へ )

初めての駅に降り歩き始めた私に 冷たい雨が降り注ぐ
マフラーを頭に巻き コートの襟を立て 足早に歩いて行く
久しぶりの友の笑顔を想いながら 地図を片手に見知らぬ角を曲がる楽しさ
f0047623_09375513.jpg
あった!!!!パリの花屋さんを思い出させる なんとも魅力的なお店に心が躍る!
ジャルダン ノスタルジックhttp://www.jarnos.jp/
数々の魅力的な色合いの花々に満ち溢れた店内に 彼女の作品が飾られていた

f0047623_10182723.jpg


乙部なるみさん   
http://narumiotobe.com/ 
去年の夏は南フランスの友人を訪ね シルクスクリーンの制作を楽しんだ と聞いていた

ひときわ美しい赤の壁に 黒のフレームで額装された色とりどりのアネモネが映える
f0047623_10190319.jpg
半年間のご無沙汰を埋め尽くすように話が弾み 客足が途切れた時 彼女の美の根源とも言えるノートを見せて頂く時間を得た
美しい表紙の分厚いノートには 様々なスケッチが描き込まれていて アーティストの源を拝見するようでドキドキした
 
お互いの明日を励まし合い また会う約束を交わし 再び雨の街に踏み出す
傘を持たずに歩く私を 優しい店主さんが心配してくださる・・・
その隣りで『貴女らしいわ(^^)』と なるみさんが微笑む
f0047623_10360099.jpg
素敵な時間と 美しい作品を ありがとう!!!!

彼女に出会ったのは日曜日の東京国際フォーラムのマーケット  
美しい絵が強烈な印象で心に残り 一旦通り過ぎたものの 数時間後に引き返した日が 有り難いおつきあいの始まりだった

雨の中を歩きながら 『どこに飾ろうかな・・・』『フレームはどれにしよう~』と心の中は賑やかだった



改札口への階段を下りる前 ふと振り返った道の向こう側に 魅力的な建物を見つけた
f0047623_10192869.png
選りすぐりの器や衣服の他 ビンテージの北欧家具も扱っているセレクトショップは
敬愛する建築家 隈研吾氏のデザインによるものであることを ・・・・帰宅後知った


嬉しいおまけ付きの 雨の日のできごと
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






[PR]
by mother-of-pearl | 2017-03-11 10:23 | 美しいもの | Trackback | Comments(4)

できること と できないこと (My first Quilt!!!)

f0047623_2025453.jpg

どうしてこんなに手芸が苦手なんだろう・・・・私 (T_T)

私が編み棒を持つと 妹たちがクスクス笑って見ていた
『もうすぐ ほどくよ・・!』と
マフラーでさえ まっすぐ編めず 何段か進むと ほどいてやり直し!!
多分 二段目のすくい方がおかしいんだね と理屈では分かっていたけど

家庭科の授業で ”仕方なく”こなしていた作品は 全てオモシロストーリーつき
やれと言われれば やることはやるんです なんとか

編み棒で編んだ靴下(奇跡だよ まったく!)は 左右で出来上がりサイズが異なり
提出の前夜 必死でアイロンで伸ばしてみたり
靴下なんて最悪でしょ?2つも作るんだから・・・・(そんなレベル)

人生最初で最後のゆかた作りは 縫い目の印をつけるヘラが強すぎて 破れてしまった!
ブラウスを作れば 型紙通り切った(つもりだった)のに 右袖が二つできてる~!!!!

そんな”武勇伝”は数知れず・・・ やれやれ
教室では真面目に過ごし ベンキョーはこなしていたが
実は ナイフで木切れを削り トンカチでサクサク箱を作るのが得意で
一人田んぼ道を歩いては 虫を見つけたり蜘蛛の巣に見とれたり
ポケットはどんぐりや貝殻でいっぱいの子だった

幼稚園児の母親は皆手芸が得意 というカテゴリーに突っ込まれる 新たな恐怖時代を過ごしたなあ
『クリスマス会は”オカアサマ”の手作りプレゼントを』だって・・・
お道具入れのバッグは作ったものの(ミシンで直線縫いはOKなので)
それに刺繍やアップリケなんて 無理! 
布用のクレヨンで息子が好きな消防自動車ジプタを描いた 
(そんな私にリング・ピローを頼んだ息子 勇気あるなあ と今も冷汗)

_________________________ マエフリ 長すぎ!_______________________________

な・の・で! パッチワークなんて もう考えただけでも卒倒しそうな世界
布を”型通り”に切って また 縫いつないでいくんでしょ????ひゃあ!!!

でも だからこそ(?)憧れは募るばかり

大好きな友達が ”大草原の小さな家”のローラ・インガルスの優しいお母さんに思えてくる

ジャーン!!!
f0047623_12452044.jpg

信じられないことが起こった
f0047623_12461069.jpg

ようやく 家の修繕が落ち着き 初めて長男の奥さんのお母さまを お招きできた日
彼女は 『気にいって頂けるか心配ですが』とおみやげのバッグを手渡してくださった

開けてびっくり!!!!!浦島太郎の玉手箱より 舌きりスズメのつづらよりすごい!
f0047623_1249614.jpg
 
ひと針 ひと針 手縫いの大作を眺めているうちに 感激の余り涙が出てしまった

裏返して 更に感動! そこには 私と縁がある弦楽器の模様が!
f0047623_12503870.jpg

彼女が大切に育てた娘さんと 私が大切に育てた息子が出会うより はるか前に創った時
既に何かのご縁が そこに芽生えていた

そう二人で語り始めた 奇跡のランチタイム・・・・

キャンドルに火を灯す頃まで 楽しい時間が続いた
f0047623_1252307.jpg



補修終了後に お客様が続いたおかげで 否応無しに片付けが進んだ・・・
街はクリスマス一色の週も半ば 次は 懐かしい顔が訪ねて来ます
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-12-20 02:15 | 美しいもの | Trackback | Comments(0)

サポタ SAPOTA

f0047623_19312667.jpg

『サポタ 熟れてるからどうぞ!』
広々とした庭を案内しながら 黄色に熟れた実を指先でぽろりともいでくれた
サポタとアボカドとグレープフルーツそしてザクロがたわわに実る豊かな庭!

そして彼のお母さんはコーヒーを飲まないのに 私の為に深煎りローストのコーヒーを淹れてくれた
f0047623_1934187.jpg

『じゃ 私は犬を散歩に連れて行ってくるからゆっくり朝ご飯楽しんでね』と車を出した
f0047623_19363538.jpg

明けたばかりの空が広がる窓越しに 庭師が丹精込めた美しい庭を眺めていた
f0047623_19382979.jpg

『電子レンジじゃ美味しくないよ』 と 私のために丁寧にオートミールを作ってくれているのは
f0047623_19384829.png

あの時 ステージでキーボードを操っていたカレ!
f0047623_19412120.jpg

どこを見ても美しい物だけで満たされているキッチン
f0047623_19423922.jpg

f0047623_19431942.jpg

買ってきたばかりの一束を無造作に生けたたチューリップも 見事に決まっている!
『あら!ちびちゃんが落ちてたわ!』と 即座にピッタリの花器を出して 飾る
f0047623_19444249.jpg



彼女のセンスで創り上げた暮らしの場は 感動的な美しさに満ちている
揺らぐことのない審美眼に基き 途方もない時間をかけて作り上げてきた”本物”の空間
f0047623_19481176.jpg
 
以前にファミリールームであった部屋は 新たにダイニングルームとなり
美しいボードが作られていて 穏やかな器の色合いと背景の色の絶妙さにため息が出る・・・
明るい色どりのFiestaとは全く違う器は東海岸のもう一軒の家から移したという 
彼女のセンスで 文句なしにスパニッシュスタイルの家に溶け込んでいた
f0047623_19494644.jpg
f0047623_1950664.jpg

私の憧れの器Astier de Villatte アスティエ・ド・ヴィラット)に似ているなあ・・と思ったが
彼女は『好きな色と形を見つけてはeBayで買ってきたのよ』と楽しそうに説明してくれた
クルリとバックスタンプを見せては バラバラのメーカーの器であることを見せてくれる

・・・・結果 この統一感!!!! 

例えば ダイニング・チェア
f0047623_20161484.jpg

リビングの片隅に置かれたアンティークチェアに影響を受けて 彼女がデザインしたものだと言う・・

f0047623_20171848.jpg


                    ・・・・・・・・・・・・・ふわ~ すごい~・・・
                    

f0047623_20191057.jpg

明け方早く目覚めた後 美しくてたまらない(?)部屋を一人堪能している時 
余りにも可愛くて 思わず座りそうになった椅子がオリジナルのアンティークだったとは
                    ・・・・はあ~  座らなくてよかった~~(;'∀')

彼女のことを本気で素晴らしいと思い尊敬できることがたくさんある
揺るぎない軸を持ち お金の力(だけ)で買い漁ったりしないこと
お手伝いさんがお休みの週末にお邪魔していても 自ら動き いつもいつも家中を整えていること
更にそれは物の整頓に限らず 家族みんなに心を配り 行動し続けていること 

短い時間ではありながら 彼等の家に滞在できたことで また新たな気持ちが湧いてきた

     『帰ったら 部屋を思い切り片付けて ペンキ塗りをしようっと!!!!』

『コンサートツアーが終る年末に また行ってもいいですか?』と遠慮がちに頼むカレの為にも

『できました~ ボクはオートミールしか作れなくてすみません』・・・・だって!!
f0047623_20251991.jpg

『こんなに大粒で美味しいオートミール 食べたことないです!』 と本気で伝えた

『どこの?』
『Trader Joe'sの』
『そうなの?じゃ今回買って帰ることにする!』

お手伝いさんが故郷から持参したという素晴らしい蜂蜜は買えないけれど 
f0047623_20284428.jpg

甘い甘い 庭の木熟れのサポタ(サポテ)(英語のみでごめんなさい)は手に入らないけれど

                       私も 美味しく 清々しく 暮らしていこう!

                       そう 思えた嬉しい時間を頂いた (^^)v





(許可を頂いているので 彼女のお宅をもう少しご紹介します!)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-10-03 06:40 | 美しいもの | Trackback | Comments(2)

A Queen of the Night

f0047623_12493259.jpg

カリフォルニアの乾いた大地で 今も元気に咲き誇る大輪の白い花

かつて 愛犬が元気いっぱいに駆けまわっていた裏庭に咲き
今は鉢に移され ダイニングの窓から眺めることができる

その隣りにも見事な赤い花が!
f0047623_12495841.jpg

BETTYさんが遺してくれたひと鉢が 今年は見事に花をつけていた

月下美人という和名を 乾いた大地で思い出した

凛とした姿に 未だ見ぬ遠くの友を想った・・・・・
間もなく身体の”治療”に立ち向かう彼女

行ってらっしゃい&がんばって!と 大きなエールを送りたい!!!


そして大勢の“ブログの妹達”

家族が寝静まった夜半に 各々の貴重な想いを綴り続けている姿が浮かぶ

今日も素敵な刺激をありがとう


明日も また美しい花を咲かせてくださいね
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-07-15 13:25 | 美しいもの | Trackback | Comments(6)

今年もありがとう!

f0047623_10594412.jpg
f0047623_1101258.jpg
f0047623_1103739.jpg
f0047623_1105029.jpg

ただ ただ 美しさに心を奪われた日々・・・・


毎年 毎年 その美しさに 感嘆するばかり

足を止めたり 歩きながら見上げたり
f0047623_1111497.jpg


f0047623_111435.jpg

近づいて眺めてみたり

f0047623_115110.jpg

ひと日の終わり 家路を急ぐ足を止め もう一度 ありがとう とつぶやく

今年もありとあらゆるところで 楽しませてくれて ありがとう!!

日本中の桜にありがとう


                           また来年ね!!




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-04-09 11:12 | 美しいもの | Trackback | Comments(10)

間もなく!

f0047623_18164498.jpg



あと僅か・・・・・あと数日で 美しく咲き誇る


f0047623_18193024.jpg


寒さが戻った街を歩きながら 春よ来い!早くこい!とつぶやいている
f0047623_18204333.jpg

間もなくこの国を飛び立つ友のためにも 開花を待ち望む春



そして すくすくと成長を続ける幼児に 初めての桜が圧倒的な美しさを見せてくれる日も近い


花の季節を前に心が躍る!


/////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-03-27 18:18 | 美しいもの | Trackback | Comments(8)

心に蘇る景色

春を待つ心が そろそろ赤の点滅に変わる頃

蘇るのは 青空と水のしぶきとダイナミックな色使い


f0047623_0522122.jpg

ゆっくり歩くことはないダウンタウンも 見上げれば美しい青一色
f0047623_0515385.jpg

古めかしいレストランには 休日のブランチを目指して人々が集まって来る

f0047623_0493357.jpg

噴水のショーを見つめながら 風に飛ばされるしぶきが快かった

f0047623_0492199.jpg

窓を開け 颯爽と走ったのは いつの頃なのだろう

f0047623_049876.jpg

インパクトの強いインテリアに誘われて 舌鼓を打ったメキシカンレストラン





・・・・・異国の風景を 思い出し かじかんだ心を和らげる・・・・・・・・・



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-03-16 22:05 | 美しいもの | Trackback | Comments(2)

街の中の形

f0047623_24221.jpg

f0047623_242279.jpg

f0047623_242295.jpg

少し回り道して街中の意匠を楽しむ
f0047623_242277.jpg

有機的な入り組んだ曲線より無機的幾何学的な形に目が向く

f0047623_24229.jpg

Astronomical Clock by Giulio Paoini
天文時計 読み方・・・・・分からない????

f0047623_242260.jpg

”愛”・・・・ねえ・・・・ 時々 裏側からも見なきゃね!

f0047623_242256.jpg

何故かルイス・カーンの名前が浮かんだ建物
f0047623_242223.jpg

仕事の前の ほんの半時間 上を見て歩いていた街角
さて そろそろ 次の仕事が始まる時間!
f0047623_242243.jpg


f0047623_242218.jpg

仕事が終わり駅に向かう頃 夕陽が美しい




                           日本です(^_-)-☆


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-01-14 02:04 | 美しいもの | Trackback | Comments(8)

祝う日

f0047623_22371669.jpg

久しぶりに訪れた美しい場所

見ているだけでドキドキするほどのグラス
ひとつひとつが微妙に異なるムラノガラスの美しさに再会できた!

ARMANI / RISTORANTE

f0047623_22382141.jpg

日曜日と重なった今年の誕生日は 一人で静かに祝おうと決めていた

思いがけなくマネージャーさんから贈られた泡の一杯で 美しい食事が静かに始まった
(予約を入れてくれた方の友人だったことが分かり 感謝感激)

f0047623_22464164.jpg

それぞれにチーズやオリーブやバジルの香りが生きた美味しいパン

研ぎ澄まされたARMANI氏のデザインコンセプトに統一された器の数々
パン入れは 美しい黒漆

f0047623_22493282.jpg

次々に運ばれてくる前菜やパスタやメイン料理をうっとりと楽しむ間に
”わずか一杯”のシャンパンがじわじわと体に広がり 幸せな気持ちを増幅させる

今日は ワインは要らない・・・その代わりにキリリと泡の水を!
f0047623_22534366.jpg

ボトルの形まで魅力的
・・・・いやはや ・・・・とにかく全てが見事に統一されて心地よい

f0047623_22551961.jpg

何より嬉しかったのは ”一人でランチ”との予想に反し 
わざわざ休みを取ってくれていた娘と一緒に全てを味わえたこと

こんな素晴らしい空間での食事 一人で黙々と・・・ではなくて良かった!
f0047623_22572014.jpg

サーヴする人達の身のこなしが美しく まるでバレエを見ているかのよう
f0047623_22585999.jpg

爽やかな果物の香りを生かしたデザートを一匙一匙すくって 宴は終盤にさしかかる
f0047623_231167.jpg

美味しいエスプレッソと小粒の甘味で 幸せな時間が終わる


柔らかな風合いのシルクをふわりと畳み 小さく『おめでとう』と自分につぶやく
f0047623_2322346.jpg


幸せな気分でレストラン階を出ようとした時 もうひとつ嬉しいことが起こった

レセプショニストの女性が 以前勤めていたレストランで私を知っていたと声をかけてくれた!
こんなところでご縁が繋がっていくものなのだ・・・と嬉しくなる

このレストランを訪ねる時に欠かせない楽しみは 5FのARMANI CASAを見ること

(ドバイなどの)高級ホテルの内装に使用されているという美しい布や器の数々を
まるで美術館を歩くような気持ちで味わうことができる

レストランで使われているグラスと同じものを買うことはできないが
見とれるほどのデザインのグラスや様々なインテリア用品が並んでいる
                  (撮影禁止なので 写真をお見せできず残念)



一期一会の料理とサービスを 極上の器とインテリアの中で楽しむということ

また これから一年走り続ける為に と 奮発した日曜日のランチ・タイム

















///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2015-05-23 00:00 | 美しいもの | Trackback | Comments(12)

初秋のひと休み

f0047623_15595471.jpg

↑これが↑

f0047623_1559541.jpg

↑こ~んなになるほどご無沙汰してしまいました

そんな中 何度もいらしてくださった皆さん ありがとうございました

淡々と仕事に向かい合う日々を繰り返しながらも 色々色々な出来事は起こります

******************************************************************

もちろん楽しかったことも!

遠くに住む末の妹の訪問!

f0047623_15595489.jpg

三人の子供を育て上げ 家事と仕事と義理の両親の介護に努める妹に
「燃え尽きる前に自分の時間を・・・・」と ようやく誘い出すことができた

到着した日は 彼女の誕生日
f0047623_1053041.jpg

ホテル側の心づくしのお祝いを 皆で楽しむ!!
f0047623_15595478.jpg

家事や食事作りから解放された私達には すべてが嬉しいホテルの朝食の後
丁寧に淹れたコーヒーまで頂き 大満足の朝 彼女と甥と私の娘は”遊園地”へ繰り出す
                   (・・・私は 仕事へ・・・)

有難い偶然が 奇跡のように重なる 
ホテルでの夕食には来日したばかりのDisneyコンサートの指揮者さんまで同席して頂けた♪
仕事を終えて待ち合わせの時間に向かい 飛び乗った電車
ドアが開いたその向こうには 彼が座っている という奇跡!!
予定の調整が難しく 最後まで妹たちには知らせられなかったけれど 
結果的には全ての歯車がかみ合った

・・・・こんな日があるから また がんばれるんだね・・・・
心の中で そうつぶやいた幸せな時間
f0047623_15595411.jpg

f0047623_15595430.jpg

ディナーに誘い出したために 園内では見られなかった花火も 特等席(?)から眺められた

大人になった子供たちが いとこ同士としての絆を深めていくのを見守りながら
久しぶりに会ったとは言え 姉妹の爆走トークは止まらない!

f0047623_1559544.jpg

一番甘えっ子だった甥は 母を遥かに追い抜いていた
たくましい青年になった彼を頼もしく見守る・・・・
f0047623_1559543.jpg

ようやく最終日には私もお付き合いできて 高みに上った
いつもは見上げていたインパクトの強い建物を 今日は足元に見下ろす


634メートルの電波塔
f0047623_10482878.jpg



楽しい時間をありがとう!!!
送り出してくれた義理の弟にも 心から感謝の言葉を伝える




また会える日の楽しみを心の種火にして それぞれの場所に戻っていった









/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2014-09-24 06:59 | 美しいもの | Trackback | Comments(12)