カテゴリ:嬉しかったこと( 422 )

春爛漫! の笑顔

地道に仕事を続ける年月の中で 時折 スポットライトが当たる日がある

過去3年間に それぞれ10カ月程の研修期間を得て 現場で経験を積んだ若者たちに出会った

週に一回一時間だけの学習・・・・しかも仕事優先の現場に投じられた若者たちは
信じられない程の 吸収力を見せ 短時間で学んでいった (それぞれの触角を尖らせて!)

香港・上海・シンガポールで仕事に就いている彼らが 申し合わせて東京に集合した
『一緒にランチしませんか???』 『もちろん!!!』
f0047623_11503513.jpg
滞在先から”歩いて来た”彼等と食事に向かったのは 旧知の場所 築地市場
f0047623_11512812.jpg
迷路のような細い道をスイスイと分け入っていく”外国人の彼等”について行く楽しさ!
f0047623_11510826.jpg
(料理好きな長男が家庭を持ち始めた時 名入りの包丁を求めた店(正本)も 向こうに見えた)
二階に上がって行く彼等お勧めの食堂は ローカル色満載で まるで”昭和を描いた映画”のよう
大ぶりの牡蠣フライ定食を堪能した  
(明らかに私は食べ過ぎ!同じものを注文した彼女は半分残していた・・・いつも美しい彼女達の秘訣を見た!!)


デザイン・スタイル・ホスピタリティー…すべてが大好きなホテルのロビーに向かう
ひと足早く活けられた満開の桜の前で 見事に咲き誇る彼等の美しい笑顔に見とれてしまった
f0047623_11515266.jpg
また 会いましょうね! 香港で! シンガポールで! そして 世界のどこかで!!


左に立つ彼女は 間も無く結婚してLAに移り住むという! 初めてのアメリカ生活がロサンゼルスとは!
次回は必ずあちらで会えるね と嬉しいハグで別れた

手渡された小さなクマくんを手に 歯科予約の前 向かい側のHONDAショールームで ほんわり時間を過ごした
f0047623_11521983.jpg

コツコツ歩んでいれば たまには 素敵なことが あるものです・・・・・ほんとうに
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////






[PR]
by mother-of-pearl | 2017-03-27 23:49 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(0)

晴れた日も雨の日も 明るく!(外壁塗装 完了)

狭い土地に見事に足場が組み上げられ 周囲への飛び散り防止のネットが貼られ
f0047623_22235630.jpg
f0047623_22243406.jpg
雨で中断した日もあれば
f0047623_22381149.jpg
スギ花粉が大量に飛散する晴れの日もあった
f0047623_22251247.jpg
何度も出入りしてくださった大工さんが気にかけてくださっていた数か所の補修も終わった
f0047623_22433317.jpg
f0047623_22435729.jpg

鉄製の窓枠の古いペイント除去から下塗り そして塗装・・・・
f0047623_22450451.jpg
f0047623_22452980.jpg
午後のお茶をお出ししていた時 あれ? そこは色が違いますね~・・・(・・?
(窓の外枠は 濃紺にお願いしてあった)
f0047623_22455616.jpg
夕方までに仕上げる予定で動いていた職人さんに 申し訳なく思いつつも 色の違いを指摘
予定時間より遅くなりながら もう一度色を塗り直してくださる影を 見守っていた


帰り際に 『いやあ 今日言ってくれて助かりましたわ~ 』と明るく言葉を残してくださり ほっとした
翌朝 確認した色に 大満足!! (申し訳ないと思ったものの 妥協はしなくて良かった 長いお付き合いになるのだから)
f0047623_22462666.jpg
かなり前に 古くなった木製ドアを白く塗っていたが 遂に 長年の希望であった色に塗り直すことができた!!
f0047623_22482548.jpg
LAのメキシカンタイルの店で注文し 時間をかけて作ったタイルのネーム・プレート
このタイルの色から選んだ三色が 今回の外壁塗装の基本の三色となった

偶々仕事のタイミングが合い 息子2の手が入ったことも 予想以上の嬉しい結果をもたらしてくれた
f0047623_16575995.jpg
『おつかれさん!』毎晩 せめてもの食事で労をねぎらうことができ 楽しい日々を過ごした


“古くて新しい我が家”  が出来上がった!

ちょっと かわい過ぎたかな???と 思わなくも無い・・・・が
通りから奥まった場所にひっそりと建つ 近隣で最も古い家に住み続けてきた年月
これから更に住み続ける為には ポジティブに楽しんでいきたい!
改めて そう思わせてくれる明るい気分をもらえる家になりました   
f0047623_16581912.jpg
(これから植える花は コントラストを楽しむ為に 暖色系にするつもりです!)
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////





[PR]
by mother-of-pearl | 2017-03-21 17:20 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

ただ今 ラッピング中

春の兆しを感じる頃になり ただ今 我が家まるごとラッピング中
f0047623_16050812.jpg
床補修工事で出会って以来 台所の改修 床や天井の補修 など 何度もお世話になったチーム
昨年暮れの台所の床と天井 風呂場の天井 
更に気に入っていた床材が復刻したのに伴い 以前貼った床材の総貼り換え・・・をお願いした
http://ryuboku.exblog.jp/27007655/
http://ryuboku.exblog.jp/27362827/
何度もお世話になるうちに 我が家のことを心から気にかけてくださる大工さんの助言に従い

遂に 古家の外壁塗装を決意した!!! (資金を貯めるのに時間がかかったのも事実)


見て見ぬふりをしてきた外壁は・・・・・・確かに もう限界にきていた
f0047623_16061217.jpg
f0047623_16064686.jpg
f0047623_16070247.jpg
暑すぎる季節より 蚊が飛び交う季節よりいいんですよ と寒さを気遣う私に 職人さん達は答えてくださる
少人数で効率良く足場を組んでいき

あちらこちらの金物の古いペイント落としが終わり 下塗りが始まった
f0047623_16353494.jpg
f0047623_16355151.jpg
折り良く 外仕事を厭わない息子2が手伝ってくれることにもなり 我が家の外装に家族の手が入る有難さ
f0047623_16090466.jpg
仕事から戻り 温かいものを作って待つ 毎日が続いている
f0047623_16095071.jpg
毎日 きちんと後片付けをして仕事を終える ”日本の職人さん”の仕事ぶりを 堪能する日々
f0047623_16092902.jpg
塗装のプロたちの仕事ぶりを見せてもらえる日が 楽しみ!!



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

[PR]
by mother-of-pearl | 2017-03-15 23:02 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)

春は そこまで

久しぶりの青空の日 周囲の木々の枝を見上げながら 坂道を下った
f0047623_13014694.jpg
f0047623_13020815.jpg
f0047623_13023525.jpg
くっきりと描かれた線画のような枝に ぷつぷつと蕾が膨らみ始めている

ある年の春 桜の花々の流れを見下ろした場所にも 冬枯れの枝がざわつき始めていた
(ある年・・・・http://ryuboku.exblog.jp/18999201/#18999201_1
f0047623_13044091.jpg
f0047623_13072531.jpg
春は もうすぐそこまで!!!!
                花粉でクシュクシュしながら 春を待ち焦がれている




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

[PR]
by mother-of-pearl | 2017-03-14 13:55 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(0)

手作りお雛さま 

2017年 早くも弥生????!!!!
f0047623_18243477.jpg
我が家のお飾りは 年々小規模になっていく中で ”里帰り”したお雛さまを飾った

かれこれ30年前に 素晴らしい師との出会いで 組み木の世界を垣間見た時期があった
小刀で木を削ることが好きだった私には 大当たりの趣味を見つけた
f0047623_18265508.jpg
当時住んでいた田舎町に 今では組み木の権威である小黒三郎さんの義父に当たる方が教室を開いていた!!
(サイン入り本に地方紙の新聞の切り抜きを挟んだまま大切にロサンゼルスに持って行ったものを 今回 持ち帰った)
f0047623_18274344.jpg
ようやく ようやく好きなことに出会った!と 喜んだのも束の間で 半年もしないうちに転勤を命じられ
泣く泣く家族で大移動を余儀なくされた

完全に磨く作業まで終わっていなかった作品を手に 新しい土地(今の住まいの町)に向かった
f0047623_18280370.jpg
未熟な作品ながら 父母の元に送って以来 ずっと飾ってくれていたものを見つけ
留守がちになった実家から そっと持ち帰ってきたお雛さまを 飾った
f0047623_18271963.jpg


これから 時間を見つけてサンドペーパーで磨いていこう!!!

            そして いつか 娘に受け取ってもらおう・・・・ (5段飾りをもらう負担は 彼女には負わせない)





**************************************************************








[PR]
by mother-of-pearl | 2017-03-03 18:37 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)

青空の下の出会い


車を停めた場所で あるいは車の窓から 今回も(一瞬も含めて)様々な出会いがあった
砂漠の真ん中の小さな集落には山からの雪解け水が流れ 穏やかな池で陽射しを浴びていた
f0047623_10595962.jpg
f0047623_11001857.jpg
興味深い看板に気を取られていると 
f0047623_11003599.jpg
あ!驢馬さん!!! 何故か呼び捨てにはできなくなった(^^)
f0047623_11005549.jpg
車との衝突事故を防ぐ為 と 希少生物の保護の為 だと想像しつつ 
赤色灯を点滅させドライバーに注意を喚起しつつ 平原に追いやるお巡りさん(?)の姿があった
f0047623_11011716.jpg
思い切り爆音を立てて 突っ走る二人は文句無しの”安定感”があり 正に完璧なカップル
f0047623_11021069.jpg
素敵な車ですね! と声をかけるとニッコリと微笑み返し ハンドルを切ってみせてくれる

f0047623_11024322.jpg
真冬でさえクーラーが必要な場所で・・・・ 上り坂をぐんぐん漕いでいく実に健康的な人々
f0047623_11022828.jpg
いやあ~~~ 元気です かの国の人々は!!!!




我が家に戻ればいつもの仲間が闊歩している
f0047623_10585564.jpg
f0047623_10591551.jpg
f0047623_10593192.jpg
最近 孔雀の数が増えた (ということは野生のコヨーテが激減していることの現れなのか)


そして なによりも心からの笑みが湧きあがるのは 大好きな友に再会できる時
f0047623_11025984.jpg
次回のコンサート(5月には渋谷でスプリングコンサート)の為に編曲作業に没頭する中で 駆けつけてくださったマエストロ ♩♩♩
f0047623_11031778.jpg
http://ryuboku.exblog.jp/26959888/

また東京で!と 約束できる幸せ






[PR]
by mother-of-pearl | 2017-03-01 09:05 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)

つなぐ つながる つないでいく

f0047623_1683371.jpg


月日を感じさせる一冊の絵本

子育てが始まったばかりの頃 繰り返し繰り返し読んだ(見せた?)一冊の絵本
こればかりは 捨てられない物リストに保管中
f0047623_1691159.jpg

今も出版されている全く同じ一冊を見つけ 本の愛読者だった子の息子に手渡すことができた!



f0047623_20170872.jpg
・・・・・・・・・・・こんな光景を目にすることができるとは・・・・・・・・・

人生は螺旋階段を上るようなもの 
いつか見た場面に再び 三度 出会うことがあるけれど
時の階段をゆるりと上った自分は よく似た光景を少しばかり上から見下ろしている

常々そう思っていることを 実感する出来事が続く


三人の子供達が幼かった頃 遠くの街から取り寄せては大切に使ってきた木の玩具があった
                           (以下3枚の写真はネットから拝借)                         
f0047623_16291761.jpg

f0047623_1630529.png

音符を書き込むように細長い紙にパンチで穴を空け 手回しの機械にかけると音楽が流れる
f0047623_16382860.jpg

手回しのオルゴール

LAの家に持って行ったきり ずっと箱の中にしまったまま
最近持ち帰ろうとして 開けてみた時 残念なことを発見した
経年劣化により肝心な音を再生する部分(プラスチック)がポロポロと崩れてしまった!!
調べて調べて調べ尽くして・・・・ほぼ諦めていた時
思いがけない場所で(ほぼ)同じ玩具を今も取り扱っていることを発見した!!!!!!

ニキティキ 広尾店

いつもは一階のスーパー(MEIDIYA)にすら立ち寄ることもなく 次の仕事に向かう
この日は 珍しく二階にも上がって行ったお蔭で 懐かしい店が健在であることを知り
更に 諦めていた木製オルゴールの機械部分の修理ができることを調べて頂けた!!
(次回のLA行きで持ち帰り 修復できれば かつて作った自作の音譜も再生できそう♪♪♪)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<そして もうひとつの つながったストーリー>

ずっとずっとお互いの時の流れを見守り合ってきた若いお友達が 最近ママになったことを知った

彼女に会ったのは私がLAから戻った直後のこと 
あの時 仕事の大転機を迎えていた彼女はその後見事難関を突破し 今の仕事に就いた
私の憧れの国々(ネパール・ブータン・モンゴル)に関わり続けてきた美しき人
一緒にコンサートに行ったり 好きなイタリアンシンガー(Eros Ramazzotti)の話で盛り上がったり・・
自分の息子たちと同年齢の彼女が しっかりと歩む姿を見せてもらってきた

『自分の髪を結って花嫁衣裳を着ます』一段と美しく輝いていた彼女に ワイングラスを贈った

赤ちゃん誕生の知らせに まるでバアバの心境で 木製のおしゃぶりを贈ることができた
f0047623_16362825.png

我が家の子供達が使ったものと全く同じものを受け取ってくれて ありがとう!!!

長く作り続けられているものを探し 絶やさず扱い続ける姿勢に 改めて感謝



つなぐものがあること つながる相手がいること そして つないでいくことの喜び・・・・・
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2017-01-23 23:12 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)

2017年のはじめの日

f0047623_23193174.jpg

昨日の続きの今日 ・・・・ のはずなのに やはり清々しい元旦の朝

f0047623_23211721.jpg

お誕生日には一生餅を背負わされて泣いていた子が 今では上手に歩き回る!!
滞在中の外国のお客様にも 笑顔を振りまき 皆をほっとさせた
f0047623_23222232.jpg

見事な協力態勢で大切に育てている2人を 頼もしく眺めつつ
f0047623_23234734.jpg

先ずは遊ばせてもらっている間に カウンターでお節を楽しんでもらう
 (今年はお重箱に入れず簡略化・・でもお節作りの後の腰痛も無い嬉しさ!)
f0047623_23253055.jpg

そ~っとカウンターの後ろの”秘密基地”に侵入しては 思いがけない遊びを発見していく
台所は危険がいっぱい うまい具合に通せんぼしながら 
全てのものに興味深々の小さな手の動きを楽しく見ていた

楽しい時間は アッという間に過ぎ去り
再び静けさの中で 両親から譲り受けた大切なお椀をそっと拭く
f0047623_23281899.jpg


お腹が空いたことさえ忘れていた幸せな一日で 新年が明けていった
f0047623_23332219.jpg

・・・・とは言っても やっぱり お腹は空いた!
そういう盛り付けの『一人お節』って流行ってるらしいよ と新しい言葉を聞いた


f0047623_2335223.jpg

年末で閉店になったプランタン銀座で20年以上前に買った半月盆
お手頃価格で手に入れた後 何度も何度も登場し食卓を引き締めてくれた
私の行く先々にずっとついて来てくれた(?)お盆の裏も表も楽しんでみた


冷凍保存したいくら漬けは解凍後も美味しいことがわかり 次のシーズンが楽しみになった


賑やかに年が明けました
今年も どうぞよろしくお願いいたします

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
[PR]
by mother-of-pearl | 2017-01-01 23:42 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)

たくさんのありがとう

遅ればせながら の ありがとう 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

f0047623_15575771.jpg

クリスマス・ディスプレイと共に並んだボトルは ラムと干し柿
f0047623_15585760.jpg

丹精込めて作られ 美しく詰められた干し柿が届いた日
温かい友の想いが伝わり 胸が熱くなった
一個一個の皮を剥き へたに紐を通し天日で干していた彼女の様子を再び思い浮かべた


f0047623_1632297.jpg

ありがとう・・・本当に・・・・ありがとう
大切に頂きます

長く楽しむにはどうしたらいいだろう と考えた末 ラムに漬けてみることにした
ラム・レーズンならぬラム・パーシモン(^^)/
f0047623_21431941.jpg

ただ今 熟成(?)中

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
f0047623_1662325.jpg


遥か遥か遠くの国に暮らしている大切な友が 2年ぶりに 懐かしい顔を見せてくれた
親子ほどの年齢差をものともせず 話が合う友として たくさんの心に残る時間をくれた若きお友だち

滅多に買えないマルコリーニのチョコレート 
贅沢な香りと美しいパッケージを楽しめるクスミの紅茶

しっとりと時間を過ごしたい時に 大切に頂いています 
パッケージを眺めるだけでも和みます

ごちそうさま&ありがとう
  
あ~あ でも やっぱり また会ってたくさん話をしたいな~ Miss you!!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
端正な佇まいの美しい箱をしばし眺めていた
f0047623_1624890.jpg


手のひらに 宇宙が拡がる・・・・!!!
f0047623_16254194.jpg

f0047623_1626170.jpg


年の瀬も押し迫った慌ただしい日々の終わりに ほっと一息つき 小さな宇宙の中にお茶を点ててみる
f0047623_16273793.jpg




小さくも広大な宇宙を届けてくれた友が住む空に向け ありがとう いつか会えたらいいねとつぶやく

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ブログを通してたくさんの友に出会えたことに感謝し 来年も変わらぬお付き合いが続きますように・・・と祈る年の瀬

数年お預けにしていた障子紙の貼り換えもできるようになったことが嬉しい
f0047623_23512187.png





のろのろ更新のブログではありますが 来年もよろしく・・・・

では 良いお年を!!
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-12-30 23:53 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(10)

翌朝のサーモンパイ

f0047623_16513961.jpg

我が家に滞在中のお客様は クリスマスの夜はお出かけ
東京時代のバンド仲間の家で 本格的なクリスマス・ディナーを楽しんで帰宅した

翌朝の朝ご飯に 『残り物だけど サーモン・パイ食べる?』
『はい食べます!!!ナニコレ??チョーうまい!!!』
『ね~ 私も美味しくできたと思う(^^)』


ただ今 一名様 滞在中!!!!


5月下旬から始まり ヨーロッパ各地そして全米でのコンサートツアーを続けていたCody Carpenter君
f0047623_15264347.png

ヨーロッパ各地から美しい風景の写真を送り続けてくれていた
f0047623_1520353.png

f0047623_1522084.png



f0047623_15273256.png

全米のみならず熱心なファンが多いヨーロッパ各地でも素晴らしいコンサートが続いたらしい
巨匠 John Carpenter氏に楽屋でお会いできた夜の感激が甦る

12月17日のテキサス州ヒューストンで今年の全ツアーを終えた後
LAに飛んで帰ったその足(翼?)で 21日に来日した


礼儀正しく寡黙な青年は 今回もまた 毎食毎食目を輝かせて美味しそうに食べ
一人で駅まで歩いて行き 都内各地での友人との約束に出かけていく毎日
全く手がかからないお客様 というより もう家族の一員になった感じさえ

折り良く 今回は年末に向け 私の仕事が一段落した時期なので
”和食の朝ご飯”も作る余裕があり 食事をしながら たくさんの話を楽しんでいる
f0047623_14484416.jpg

前夜のチキンカツがとても気に入ったらしく 翌日のランチはチキンカツをはさむ
           (私はまたいつものように 挟んでは食べず全部バラバラに盛り付け)
ランチプレートには 2人共通の好きな食べ物 ハッシュブラウンを作ってみた
クックパッドを見て作ったものの 2人して なんか違うね???
片栗粉を加えるレシピが多かったが 彼が即座に調べた英語のレシピでは逆に水に晒して澱粉を減らす・・・
じゃ やってみる と試した方がシャキシャキ感があり 英語版のレシピに落ち着いた
             (クックパッド 信じ過ぎず 色々なレシピを試すのが大事)

f0047623_151344100.jpg

また ある日は地元産の新鮮な蕪が手に入り 蕪尽くしのディナー
鶏ひき肉のハンバーグの付け合わせに蕪をグリルし スープも蕪
            (おぞましい盛り付けで 失礼)
             

時差ボケと寒さで『風邪を引いたらしい』と言うので 先ずは口からビタミンCを!!をせっせと果物も添える
『2日で大丈夫だ!』と元気復活!!!  


和洋を問わず鮭が大好きな彼の為 食卓に鮭の登場が増えた
脂がのって美味しいけれど 養殖の鮭は避けた方がいいんだよね ダジャレも交えて
f0047623_14543982.jpg

『最近は蕎麦が大好きになった』そうで 成田到着後 蕎麦を食べたとのこと
・・・ということで お蕎麦の日もあり 
我が故郷の名物料理“鶏天と野菜の天ぷら”を添えて

『魚や鶏肉は食べるけど 最近は牛・豚は食べないことにした』
『じゃ羊は?』と聞いてみると『食べない・・・』
『そういう場合は ”四足は食べない” って言うんだよ』と日本語を伝授 (^^)/


半年以上のツアーの間 ”日本に行きたい病”を抑えてがんばり続けた彼は ただ今日本満喫中!!
我が家を起点に ちょっと長目に大好きな日本を楽しんでいます!!!!





お母さんからも しっかり頼まれたことだし・・・(^_-)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-12-27 21:13 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(0)