フリーウェイを飛ばして

f0047623_14362410.jpg

         LAで最も好きな場所であるGetty Center Museum

         cinephileちゃんお手製のノートカバーをお守りのようにもって来て
         今回の旅の色々な場面で広げては 心の平静を保っている

         カリフォルニアの幹線ともいえる405フリーウェイを飛ばし
         友達との待合わせ場所に出かけた
         『ゲティーセンターの入口脇のベンチで 11時半!』
f0047623_14381538.jpg

         今まで何度か訪れたうちでは 最高のお天気に恵まれた日
f0047623_15214410.jpg

         彼女に初めて会ったのは 1994年の秋
         友人からの紹介で初めて会い 食事をして一緒にバンドの真似事をして
         数時間を過しただけの人だった彼女が 今は お互いに心の深い部分で
         つながり合う友達になっている

         彼女からの手紙やメールは いつも新しい言葉・表現・哲学がいっぱいで
         辞書なしで読めたことがないほど・・・多くのことを彼女から学んだ

         同い年の息子を持っている共通点もある(あった)
         私の息子が交通事故で瀕死の重態に陥った時 
         彼女の手紙に どれだけ励まされたかわからない
         それなのに その2年後 彼女は一人息子を事故で失ってしまった

         慰めることもできない年月が流れた
 
         それでも 立ち上がれる時は 手紙をくれた まだ友達だよね?と
         去年の暮に会えた時 ようやく息子さんの顔の彫刻を完成したと 見せてくれた
         その場所は ノートンサイモン美術館
         一度だけ高校生だった彼に会った私は その彫刻を見て涙が止まらなかった

         そして今回 彼女も大好きだというゲッティセンターでの再会
         アーティストの彼女と共に 石に見入り 花の美しさに足を止めながら
         まるで バトルのような会話を延々と楽しんだ
         アートの時代の話 石の名前 草や花の名前・・・・・
         こんなに充実した会話のやりとりができる相手は なかなかいない
f0047623_14585375.jpg

         木陰を歩き
f0047623_150130.jpg

         見事にデザインされた庭で咲き誇る花々をカメラに収め
f0047623_1512381.jpg

         涼やかな水音に耳を傾けながら
         全てを語った訳ではないお互いの心の奥に秘めた言葉を 確かめ合う         
f0047623_1553820.jpg

         癒えることのない深い悲しみを負った彼女が 一秒でも長く微笑んでいるなら
         私はまた ここまでフリーウェイを飛ばしてやって来ます! 
       
          
                    また次もここで会いましょうね
         
         
         
     
        
         

         
    




金曜日の午後 恒例の大渋滞の中 次の予定の場所へ向かう
さっさとフリーウェイを降りて 一般道でのんびり行くことにした
     気分はまるで トム・ぺティの音楽♪Free Fallin' そのもの
f0047623_1545628.jpg

(サーフィス・ロードと表現する)一般道を走りながら 懐かしい店の前を通り抜けていく
メキシコ製の植木鉢を大量に扱っている店に立ち寄り テーブルクロスを買う
時々映画のロケが行われていたダーツを楽しんだバーの前を通り過ぎ
ショッピングモールの店では 頼まれていたハンドソープを買った

次から次へと 思い出が甦る街角で 次の約束の友達を待つ・・・・・・

                         乾いた風が心地よく吹く

                                (一日の後半は続編で!)
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-05-20 16:01 | 気分爽快 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/5421751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikik55 at 2007-05-21 00:55
すっごい行動力、さすが!!!
素敵な場所で素敵なお友達との時間、じ~んときます!
気持ちの良い天気もお写真LAそのもの!
まだまだ沢山のお友達が待っていそうで、楽しみです♪
Commented by smallcountry at 2007-05-21 02:54
深い絆があるのですね。 お互いをいたわりあう気持ちが
伝わってきました。

この美術館の景色を見せて下さってありがとうございます。
Commented by igossouLA at 2007-05-21 09:41
ホントに気持ちのいい天気でしたね。ところどころ写っている影が優しいトーンで和みます。ゲッティセンターでの再会がとてもいい時間だったのが窺えます。花に囲まれた彼女の笑顔がとても印象的です。それにしてもノートンサイモンに作品が展示されているほどのアーティストなのですね・・・凄い!いつまでもmother-of-pearlさんと深いところで繋がっていて欲しいと願います。
Commented by natsuvalley2 at 2007-05-21 13:57
忙しいLA訪問でした。お疲れ様です。
Getty Centerはもう随分訪れていませんが、石油王の収集品よりも(笑)ここからの眺めと雰囲気が好きな私だったりします。(^^ゞ
お友達の話、、、読み進めて驚きました。同じく子を持つ親として、子供の死とは一番考えたくない事ですものね…。私だったら…どうしよう。。。
405の渋滞は、いつも日本からのクライアントを空港まで送り迎えしている友人いわく、「意外と1stレーンが進むのよ」との事でした。出口へ降りていく車が多いのでその分進むのだそう。へぇ~!
Commented by bamboorock at 2007-05-21 15:15
Getty Center、暫く行ってないです。全部廻り切れてないので時間があったら行きたいです。
そうだったんですか、友達の身の回りにそのような事が起きていたのですね。その彼女の作品には凄い気持ちが込められていい作品になっているのですね。ノートン・サイモンは近いので機会を作って行きたいと思います。
Commented by mother-of-pearl at 2007-05-25 15:02
mikik55さま 東京での感覚を持ったままLAにいると、こうなるんだ
なあ、とつくづく感じました。(・・・でも疲れました・・・やっぱり)
大好きな人たちに会いたい一心ですね(^-^)
Commented by mother-of-pearl at 2007-05-25 15:05
smallcountryちゃん 何度も訪れている美術館ですが、未だに
展覧会より建物そのものが魅力的で、まだ展示品を見ていない、と
いうおかしなパターンが続いています。(ヨーロッパの雰囲気の装飾
も展示されているのですが、どうも“空気”と合っていない・・・)
カラカラに干からびたチーズみたい・・・なの。 変な言い方だけど。
Commented by mother-of-pearl at 2007-05-25 15:08
igossouLAさま いかにもLAらしい立地とデザインの建物なので
無理がなくて、とても好きな美術館です。LAはLAらしく堂々とやって
いけばいい、と思うので。妙にヨーロッパを真似しないで。

太陽が元気だと、影も元気・・・・ですね(^-^)
木陰の黒いテーブルを、もっときれいに撮りたかったです。カメラを
使いこなせていなくて、ごめんなさい(せっかく教えて下さったのに)
Commented by mother-of-pearl at 2007-05-25 15:11
natsuvalley2ちゃん 405は空港までの道、というイメージでした
ので、ゲッティで早々と降りられてけっこうドライブも楽しかった。
帰り道Northの入口を見逃して次まで山道を走りました(⌒▽⌒ゞ
たまに、だと運転も楽しかったです。(金曜日だったので冷や冷やで
出かけましたが、案外大丈夫でした。)また、LAでしっかりドライブ
できるのを楽しみに、戻ります!
Commented by mother-of-pearl at 2007-05-27 05:47
bamboorockさま お返事が遅れてしまって本当に申し訳ないです!!Gettyは、建物も庭も広いので、少しずつ楽しめていいですね。いわゆる展覧会の部分は、私も殆ど見ていません。文字通り“絵になる”場面が多い所なので、是非ゆっくりいらして下さい。
<< 友達 友達 友達 友達 (^-^) 盛りだくさんの一日  >>