City LA

f0047623_0143315.jpg

ダウンタウンLA を走り抜ける時
f0047623_0154415.jpg

    フリーウェイ405を飛ばして 好きな建物に会いに行く時
f0047623_0164993.jpg

         冷たい冬の風さえも 爽やかに水のしぶきを吹き散らす時
f0047623_0184381.jpg

                       美しい夕映えのショーが始まろうとする時

f0047623_0192686.jpg

閉館間際の美術館の床に 足音が響き渡る・・・・頃
f0047623_0214976.jpg

                         そろそろ街角にワインの香りが満ちてくる頃


・・・・・・・・どんな時間も いつも変わらず 爽やかな空気をたたえる街  LA・・・・・・・
f0047623_036443.jpg

                            懐かしさに 心がきしむ
[PR]
by mother-of-pearl | 2007-01-31 00:41 | 気分爽快 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/4479864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by twohotchocolates at 2007-01-31 01:11
あぁ、本当に懐かしい景色ばかりです。  最後の1枚はラルフスのところですよね? テレビでLAが映ったりすると、ついつい見入ってしまい、同時に、もう自分はこの街の住人ではないのだなと思い切なくなります。心がきしむという表現、すごくよくわかります。
LAの街並みを見ると、楽しい思い出、苦しい思い出、全てがわっと沸いてきて、心がザワザワ…  当地での暮らし・仕事に少し消化不良のままの帰国だったからですかね。
Commented by bs2005 at 2007-01-31 01:14
懐かしさに心がきしむ

すごく実感伝わってくる表現ですね。流木民さんは今はどこらへんで暮らしておられるんですか?
Commented by mother-of-pearl at 2007-01-31 01:47
twohotchocolatesちゃん よく分かったねえ(@_@;) さすが!
おっしゃる通りです。道の向こうはユニバーサルの丘ですね。
色々な映画にサラッと出てきますから 突然心をワシヅカミにされたような気持ちになる時がありますよね。最近 Heat を観ていて何度もそう思いました。どこに住んでも いつまで住んでいても何かしら心残りはあるものでしょう。世界中を飛び回って居心地の良い所を探してくださいね。古巣も忘れずに・・・・(^-^)
Commented by mother-of-pearl at 2007-01-31 01:50
bs2005さま 12月には戻っていたのに僅か一ヶ月余りで 既に懐かしがっております。
・・・・今 流木はTOKYO近辺を漂流中です!
Commented by igossouLA at 2007-01-31 03:21
改めて写真ってオモシロイと思いました。撮る人の視点、そのときの気持ち・・・同じものを見ていても、違う捉え方だったり、感じ方だったり・・・そんな空間たちばかりですね。見慣れた景色も、違った場所に見えて、なんだか楽しいです。心がきしむのですね・・・壊れないうちに早く帰ってきてくださいね!↑twohotchocolatesさんも!!!
Commented by smallcountry at 2007-01-31 05:53
ベルギーも好きだけど、ここに遊びにきて、やっぱり「最初に住んだLA」が一番思い入れがありダントツに愛着があることを確信しました。ピンクの建物が異様に懐かすぃ~!!あの青空の下に自分が存在したなんて想像出来ないくらい眩しい写真ばかりで☆でも、いつの日か、また返り咲くことを夢みてるんです。念じてれば叶う!? ^^
Commented by natsuvalley2 at 2007-01-31 07:36
私、日本に帰りたいんですぅ~!だからmother-of-pearlさんと
居場所を交換したいくらい~。
無い物ねだり、なのかな私。。。
↑この角度から見上げるダウンタウン、私も大好きです!!
煉瓦造りの街角は、どこだろう?(^^)
Commented by mother-of-pearl at 2007-01-31 10:53
igossouLAさま それぞれの視点によって違うものになっていく面白さ・・本当にそうですね。そして それは世界観、人生観にも同じことが言えますね。そして 無いものねだりは果てしなく続いています (⌒▽⌒ゞ でも 海の向こうにみんなの笑顔が待っていてくれるという事実は本当に心強いです。ありがとう!!
Commented by mother-of-pearl at 2007-01-31 10:56
smallcountryちゃん ピンクに壁を塗ってしまうアッケラカンとした美意識が 今は懐かしいですよね。あの青い空にはヤケに合ってるし。こちらに戻って壁をマスタード色に塗り替えたかったけど やっぱりなんだか違う気がしてそのプロジェクトはストップです(⌒▽⌒ゞ
いつの日にか また“返り咲いて”下さい。願い続ければ 必ず叶います!!
Commented by mother-of-pearl at 2007-01-31 11:05
natsuvalley2ちゃん 今 その心境になるのは しごく当然のことです。そういう時は“日本のスーパー”とか 行かないことをお勧めします。見れば見るほど日本じゃない、と確信するばかりだから、ね。アメリカン・ダイナーとかに目を向けた方がいい。
体はひとつなので一箇所にしかいられないけど 心はどこにでも飛ばせるから、ね(^_-)-☆ 
この煉瓦造りの街角? ふふっ (^-^) 秘密、秘密!・・・なんてね。
LAよりかなり内陸の田舎街で ふと見つけた場所です。探検してみる?

Commented by tictactoeinla at 2007-01-31 11:48
普段何気に通っている道や、FWY越しに過ぎていく景色も、こうやってみると愛しく感じます。私も、ジプシーのように流れてましたので、心に色んな国の景色を刻んでます。音楽や景色って、あっという間に自分がいた頃に戻らせる力がありますよね。あと、匂い(臭い)も・・・←食いしん坊の私だけかも???
もう少し、暖かくなったらお弁当片手に あの美術館に散歩がてら出かけたいです!今度こちらに来られる時には、Villaの方にも一緒に行きましょうね~♪
Commented by miholanta06 at 2007-01-31 13:58
あのね、私は「旅行者として」LAに魅力を感じられないでいたんです。住んでいる(た)人たちからは「いいよぉ」と聞いているものの。他のアメリカの街は差はあるもののどこにも魅力を感じるのに。
でもね、ここでmother-of-pearlさんのLA賛歌を聞くにつれ、私は逆きしみ。なんだかおもしろそうだぞ、私にも魅力を感じられる日が来るかな?それはいつかな?とかね。私をどんどんきしませてくださいませ。
Commented by mikik55 at 2007-01-31 14:02
近代的なLAがm-o-pさんのお写真で、すっきりと鮮やかなイメージですね。
私も主人も毎日通ったダウンタウンのビル街が
違う世界のように今は思えます。
アメリカをLAを思い懐かしんでいらっしゃるんですね?!
Commented by mother-of-pearl at 2007-01-31 22:02
tictactoeinlaちゃん 色々な土地の風の匂いを覚えている、って素敵なことですね。まさに“五感”ときには“第六感”も総動員して記憶を呼び覚ますんですねえ~。あちらにもこちらにも住める、という状況になれたらいいなあ、と望んでいます。また会いましょうね!
Commented by mother-of-pearl at 2007-01-31 22:07
miholanta06さま 世界中でアメリカが唯一違った場所・国であるように LAがアメリカの中では特異な街であることは実際に住んでみて分かりました。良くも悪くも・・・。大都会というとNY等のような高層ビルを想像しますがLAはこのダウンタウン周辺だけですから。とにかく遠くへ拡がった不思議な構造の街です。でもお天気は最高ですよ!最後の写真のような青空とさらりとした空気は どこにもない贅沢さです。
Commented by mother-of-pearl at 2007-01-31 22:20
mikik55さま 目の前にないもの、を恋しく思うのは私の悪い癖です。LAにいた時はそれはもう色々と不満な点が見えていたのに・・・(⌒▽⌒ゞ 私は根っからの田舎者なので 逆に都会的なものへの憧れが強く、ダウンタウンの“見た目”は大好きなんです。もうちょっと安全だったらなあ、と何度思ったでしょう。

明日は大変なんですよね。お大事に!
Commented by reev at 2007-02-03 20:20
こんばんわ♪

写真がストーリーになっていて、楽しく拝見しました。
都会の冷たい雰囲気の中に、人の温か味が感じられます。
それに、ビルの片隅にある自然と空の大きな自然がいいですね。
Commented by mother-of-pearl at 2007-02-04 00:40
reevさま 好きな場面を思い出しながら並べた写真でしたが、ストーリーを感じ取って頂けて、うれしいです。それぞれその場面に一緒にいた人たちのことを思い出していましたので 伝わったのでしょうか。LAでは本当に素敵な仲間と再会できて幸せでした。
そして広々とした青空は やはり世界一でしょう!!
<< Tranquillity ... Mirror is Mirro... >>