小雨の有楽町で古の武将に遭遇

f0047623_16185183.jpg
どんな気分の時でも 晴れ晴れさせてもらえる場所

東京を東から西に横断することの多い仕事柄 色々な通り道を見つけてきた
生憎 雨が降り始めた日 数秒頭を巡らせ 地下通路だけで目的地に辿り着く経路を決めていく

地下鉄有楽町線→有楽町駅下車→ビックカメラ側の改札口を出るとそのまま東京国際フォーラムの建物に入る
都庁の跡地は様々な文化的な催し物の発信地でもある

ここを通ると くじらに飲み込まれたピノキオの気分を味わえる  (^^)/

そうだ! 今日こそ あの場所に行ってみよう!
f0047623_16211785.jpg

f0047623_16215140.jpg
建物の対角の影に気付いてはいたものの『あれは誰??』と目の端に入れるだけで 確かめることなく年月が過ぎていた
いつもは足を向けたことのないエスカレーターを目指し 少しずつ 近づいていく
f0047623_16225070.jpg
遂に!! おお!!なんと凛々しいお姿。。。。。
(弓道に憧れ続けているので 弓を持つ人にカラッキシ弱い・・・・LOTRのレゴラスしかり・・・)


f0047623_16243712.jpg
f0047623_16234099.jpg

太田道灌・・・・さま   でしたか!!
江戸城築城に至るまでの歴史的物語を”ざっと読み” (こういう読み物が大の苦手・・・すぐに目が泳ぎ始める!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高校の三年間新卒で田舎の若者達の指導に燃えていた素晴らしい先生方に出会った
日本史・世界史・地理・英語・家庭科そして大恩師の音楽 この6人から薫陶を受けた幸せは今も体に染みついている程

ある日の日本史の授業で語られた太田道灌の”物語”に興味深く耳を傾けた

      ”七重八重はなはさけども山吹のみのひとつだになきぞあやしき”

      ふ〜〜!!!!『申し訳ございませんが お貸しできる蓑がございません 』って言えば良いのに、、、
      伝わらなくて帰っちゃったじゃない!
      偶々 ”教養のある家臣”がいたから説明してもらえたけれど 
      何々??その後 猛勉強して教養を深めた??  それは良かったね~ 

      研鑽を積んだからこその逸話も思い出した
      ”そこひなき渕やはさわぐ山川の浅き瀬にこそあだ波はたて”
      戦の最中に川を渡るべき場所を見つけられた というエピソードもあった

      (太田つながりで かつて愛読した太田愛人さんの言葉”浅き流れは音を立てる・・”も久しぶりに思い出した)

表面的には 超!がつく程の真面目なコだった私が 内面的に崩壊(?)し始めたのはこの頃だったな~

      教養がある人同志”だけ”が作り上げていく世界 
      文字も読めない”庶民”を置いていかないで~!!   
      だからこそ 分かり易く単純しかも短い念仏を導入した仏教が爆発的に広まっていったんだろうね~
      わかりたいもの・・・・誰だって・・・・素直に
      更に 分かったかどうか 確認したいし・・・・・

そこはかとなき情緒など醸し出せず 単刀直入 明朗会計(?)な 方向を目指し始めたきっかけの授業を思い出してしまった
気絶するほど遠いむかし 17歳のある日
      

f0047623_16252754.jpg

毅然と立つ像の周りをぐるりと歩き 室町時代の武将に想いを馳せる

江戸城築城の物語を声に出して読み始めたオバサンが ガンガン話しかけてきたので そろそろ退散!
f0047623_16265754.jpg
初めて見る角度からの建物も やはり美しい

外は雨
f0047623_16240341.jpg
このまま 地下道を歩き 歩き 歩き続け 隣り駅の東京駅の地下街へと向かった
一滴の雨にも濡れることなく・・・・・・
              ・・・・・・・だって 蓑 無いし・・・・・・・

 

仕事の合間の15分の寄り道を満喫した

広大な地下通路をひたすら歩いて移動する ”全天候型散歩 in 地下都市”
            //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




[PR]
by mother-of-pearl | 2017-09-18 01:17 | 気分爽快 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/28157271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by unburro at 2017-09-24 15:16
レゴラス!良いですね〜
オーランド・ブルーム…も悪くない(笑)
弓引く男は、美しい。
この太田道灌の立ち姿も、体幹がサスガ…
片肌脱いだ背筋など、拝見したいものです。





Commented by mother-of-pearl at 2017-09-24 21:52
unburroさま

〉弓引く男は、美しい

本当に身体中の筋力のバランスが整った
素晴らしい姿ですよね。
体幹に目を向けるあたり、さすが!です。

洋弓ではなく美しい張力のバランスが見える弓が好きです。
肩甲骨の柔軟性を誇る射手は肩凝りとは無縁なのだろう、
と妙なことを考えてみたり。

片肌脱いだ背筋!?なるほど、ね。
次回は後ろ側から、しばし妄想に励み(?)たいと思います(^_−)
<< 穏やかな光と風 16年経った今日 >>