一歩また一歩の積み重ね (2年半検診)

f0047623_12040419.jpg
病室で窓の向こうの工事現場を眺めていた日々から 2年半(以上)が経過した

交差点の角の広大な工事は既に完了し 数多くの家族の暮らしが始まっていた
お世話になった病院が 小さく見えてしまった

f0047623_12060093.jpg
近づけば相変わらず 頼もしく迎えてくれる建物を
今は懐かしい思いで見上げる
f0047623_12062223.jpg

ふ〜っと深呼吸し 意を決して一歩を踏み出した日は 今は遠いムカシ
今日は階段を上って行こうっと!!

今回は手術箇所だけではなく 全身のX線写真を撮った後
診察室の受け付けに進む
予約時間通りに診察前のディスプレイに 番号が表示される

手術箇所を取り巻く筋力がゼロだったことを思えば 今は押さえる医師の手を押し返す力もついた!

次の術後3年検診ではリハビリ室で運動機能の復活を計りましょう
と いつもながらテキパキと指示を出す主治医は
ではまたI2月に と笑顔で送ってくださった


見舞いに来てくれた子供達の後ろ姿を見送った交差点が見える
雪が降りしきる日もあったなあ........
手術を体験していた本人より それを見ていた子供達の方が心配だったのだろう
f0047623_12330235.jpg
それぞれに ありがとうメールを送ろう

予定通りに検診を終えることができ
次の仕事にも 余裕を持って移動できた

東京の真ん中辺りから ひたすら西へ
f0047623_12350670.jpg
それから ぐ〜んと都内を横断し 東を目指す
f0047623_12352679.jpg
電車の中で 座れる席を探すことも無くなった

有難い 有難い!!

〝交換した部品〝を 少しでも長持ちさせる為にも 地道な努力をしなければ ね

と 自分に言い聞かせる
.......................................................................................






[PR]
by mother-of-pearl | 2017-09-09 16:18 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/28132877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-09 19:37
順調な予後、何よりです。
私にも部品交換した場所があります。
お互い、大事に長持ちさせましょう(^^ゞ
Commented by mother-of-pearl at 2017-09-09 23:42
pallet-sorairoさま
部品交換のお仲間でしたか!
登山を楽しんでいらっしゃるご様子から
想像もしておりませんでした。
立派に復活とメンテナンスをなさっているのですね!
とても心強くなりました。ありがとうございます。
Commented by w-scarecrow at 2017-09-10 01:09 x
ひとまず安心なんですね。
よかったっ。
私なんか躰のギシギシいってますが、精神的な覆す勢いがあればと日々感じています。
へこたれないようにと心に念じて。
写真の心象風景、沁みます。
Commented by mother-of-pearl at 2017-09-10 14:55
w-scarecrowさま

回復を喜んでくださり、ありがとうございます。

まさに〝へこたれない〝ように様々な方法で自分を引き上げていきたいですね。

なんでもない街の一角で、わ〜っと心が揺れ動くことがありますね。
街を歩いていると、すれ違う人々の背景にある物語りに想像を巡らせ、
足が止まる時があります。

できれば背中を後押ししてくれるパワーを見つけたいですね。
Commented by unburro at 2017-09-11 01:25
ピットインの先輩!
超順調な回復ぶりは、1年遅れの後輩である私の、
何よりの励み、希望、憧れ、です\(^。^)/

心配し、支えてくれた家族への感謝…
私も、ちゃんと言葉で伝えよう、と思いました。
Commented by mother-of-pearl at 2017-09-11 18:37
unburroさま

いつも熱い声援を頂き、大きな励みになっております。

ピットインはタイムロスにも見えますが、
交換すべきと判断したら、 タイミングを逃さず!ですね。
手術直後は痛みや不具合との闘いにへこたれそうになる時もありました、ね?
出産と同じで、誰にも代わって貰えないんだなあ、と覚悟を決めたら
案外黙々と進めた気がします。
まだまだ油断せず、お互いに繊細かつ果敢に行きましょう!! オー!!
<< 便利商店 青空の下 一歩前へ! >>