雨と雨のすき間

駅に向かい 歩き始めた足元に
美しい薄緑色が視野に入る
f0047623_10171793.jpg
先を急ぐ道でありながら 思わず足を止め 携帯のカメラを向けた
羽化したばかりの オオミズアオ!!
『どうして こんな所にいるの? 早く翔び立っちゃいなさいよ 空気悪いからね』

仕事先の駅に着き 日傘を差してトコトコ歩き始めた
リハビリ後 歩くことが苦にならなくなったのは 有難いこと

、、、なのに体重計の針は無情な現実を指し続ける
まあ 食べてるわね 元気いっぱいに

若い人達が大勢歩く道で 次次に追い抜かれ ふと気付いた事実
『あ〜!歩幅が狭いんだわ〜〜!!』

今日は3センチだけ広く を意識してみよう!!

あ 前を行くオネエサンにちょっと近付いた!!
次回は誰かを追い抜けるように 歩いてみよう


綺麗だなあ と生け垣の葉っぱに見惚れたりすることは止めず、、、、
f0047623_10174902.jpg
葉柄? 托葉?(?なんていう名前なんだろ?)が黒だなんて オシャレな葉っぱだこと
f0047623_10182251.jpg
f0047623_10184169.jpg
こんな部分に気を取られ 立ち止まるなんて挙動不審者かな?


我が家の窓枠と同じ色に塗り替えられた柵を見て イエス!!
(この色は初めてですよ とか言われながらも妥協はしなかった)
f0047623_10214674.jpg
晴れても 降っても、、、、歩く楽しさ!!
(但し 仕事や買い物という目的に向かってのみ、、な私です)
////////////////////////////////////////////////////////



[PR]
by mother-of-pearl | 2017-06-13 10:01 | 気分爽快 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/27890595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2017-06-13 10:40
オオミズアオ!
あの翡翠色(と私は勝手に思っていますが(^^ゞ)の美しさには
いつ見ても引き付けられてしまいます。
それにしても、mother‐of‐pearlさんの通勤経路で
見られたということの方に驚いています。
私は山へ行った時にしか見たことがありません。
Commented by unburro at 2017-06-13 13:36
本当に翡翠のような蛾ですね。
大きさは…と調べたら、結構大きいですね〜
目の前に飛んできたら、ちょっと恐いかも、です。

成虫は口が退化して無くて、飲み食いしないで、寿命は2週間くらい、とか。
卵を産むためだけに生きて死ぬのですね。

卵からだと、1年間の命だそうですが…儚いものですね。

歩幅を広く!
初夏の街を、闊歩して下さい。
Commented by mother-of-pearl at 2017-06-14 01:38
pallet-sorairoさま
翡翠色・・・あの美しい色に相応しい表現ですね。
家の近くで見かけましたので、私も驚きました。
ただ、開発が進みましたが僅かに森が残っていますので
きっとその辺りに生息しているのでしょう。
子どもの頃はクスサンの繭を見つけると嬉しかったものです。

雨に降られて羽根を傷めていないといいのですが。
Commented by mother-of-pearl at 2017-06-14 01:50
unburroさま
結構大きい蛾ですので、無視できませんでした。
(虫だけに・・・・?(^^ゞ   )

卵を産む為にだけ生きて死ぬ・・・
生き物の原点はそこにあるのでしょうね。
成虫になったセミやこの大型蛾の寿命などを知ると
なんだか哀れな気もしますが、命を全うしている姿には
心打たれます。
私のLAの家の庭のオークや屋久杉から見たら、私達も
短命なのでしょうね。

同じようなことを、機内で娘と話しました。
公転を基準にすると一年の長さは、惑星によって大きく違うんだよね、と。

などなど色々と考えながら、また明日も歩幅に集中して歩きます!
<< Mission accompl... LAから東京へ または マン... >>