ひとり静かに祝う (術後2年の日々)

f0047623_0131428.png

長い間信頼してきた人から新しい場所に異動した と手書きの知らせが届き
彼女の笑顔が甦った場所を訪ねた

f0047623_0133675.png

穏やかな輝きのカトラリーはチタンメッキのものだと教えてくれた
『私の体にも同じ部品が入ってます!』
今日も楽しい会話から始まり 注文を終えてナプキンを膝に広げる

メニューにあれば逃せないのが”ケイジャン”風味の料理
ニューオーリンズのスタイルだというエビの一皿にはパンが添えられている
ピリリと辛味とオレガノの風味の効いたスープも残さずパンですくい取る
f0047623_0135811.png


今日はメインに鮭を選び 先ずは添えられた野菜から楽しむ
蓮根とごぼうは薄く薄く切られ 美味しく素揚げ(チップス)されている
f0047623_0142446.png

鮭の下には美しく焦げ目のついた蕪がのぞいていた
(この日 ブログで蕪について読んでいたので彼女に教えてあげたくなった)
f0047623_014432.png

繊維質の多い外側は大胆にカットし 茎や葉もこんがりと美味しく料理されていた

メインの肉や魚はもとより 野菜についても熱く語ってくれる
軽井沢の農場で生産し運んでいるのだとか

ウェイター・ウェイトレスさん達は 担当の席に固定されてしまう訳ではなく
食材などについて話していると 他の人がそっと後ろから皿だけを受け取り下げていく
目配りの効いたサービスの心地よさ

さて デザートに選んだのはチーズケーキ
f0047623_0224534.png

ベリーのソースが大胆に描かれ 目も楽しませてくれる

一口食べたら なんだかいっぱいにクリスマス!!が拡がった
表面に振られたシナモンの味が クリスマスのクッキーを思わせてくれたらしい
少しずつソースと合わせながら私も絵を描いてみた
最後の甘味を振り切る(?)為に ミントの葉を含んで終わる
f0047623_023846.png


ランチにセットされている食後のコーヒーも 一杯一杯豆を選び 心をこめて淹れている

これまで深煎りばかりを好んできた私に 新鮮な驚きをくれた一杯のエスプレッソ
快い酸味が生きていて 納得の美味しさに 思わずバリスタさんとの話が弾む 
f0047623_0233532.png

食事の最後の最後まで 美味しさと楽しさを満喫させてもらった後 
次回に心を繋ぎ 午後の仕事に向かった
f0047623_024266.png

”彼女”が 幸せそうな笑顔で何人ものスタッフを紹介してくれる度に 私まで嬉しくなった


店を出る時 彼女やスタッフが 角を曲がるまで見送ってくださっていた
振り向いて彼等におじぎをし またね!と手を振った


術前であれば 駅から徒歩10分は遠慮したであろう距離を
今はもう何の不安もなく 歩いて行けるようになった
2年かかった復活を ひとりささやかに祝った日


(カロリーを消化すべく 表参道から渋谷駅まで歩いて行けた!)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-12-11 02:11 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/27265337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2016-12-11 11:18
>表参道から渋谷駅まで歩いて行けた!
素晴らしい!
私も嬉しい。
Commented by unburro at 2016-12-11 14:01
祝♪術後2年‼︎

素敵なお店、素敵なお料理。
日本じゃないみたい、に見えるのはカメラのアングルのせいでしょうか。
いやいや、mother-of-pearlさんがそこに居るだけで、
その場の空気が、欧米化する…のでしょうね〜
Commented by mother-of-pearl at 2016-12-11 20:08 x
pallet-sorairoさま

一緒に喜んでくださって、ありがとうございます。

山道をどこまでも歩き続けることに比べたらアッと言う間の距離ですね。
電車内で立ち上がる時、palletさんがブログで書いていらした一言(三点を確保して立つ)を思い出しています。
膝の裏側を座席に押し付けてから立ち上がります。
良いヒントをありがとうございます。
Commented by mother-of-pearl at 2016-12-11 20:19 x
unburroさま

『欧米か~?!』(^.^)

いえいえどこから見ても純和風の体型の私ですので、
きっとお店の雰囲気でしょうね。インテリアも素敵でしたが、
お料理を引き立てていた器も各々に美しく、
それを選んだストーリーを聞きたくなる程でした。

食べてしまえば消えてしまう贅沢ですが、
たくさんのヒントと、新たなやる気をもらえました!
1年くらいはまだまだ、と思うことも多々ありましたが、良くなっていくものですね!
<< 暮らしながらの補修工事 (その1) さらばガラパゴス >>