初めての外泊 in LA!

f0047623_1773142.jpg

静かな眠りを誘う 優しさ溢れるおもてなし


f0047623_1785027.jpg
f0047623_179257.jpg

『LAに来たらいつでも泊まってください』
何度も嬉しい言葉をかけてもらっていたものの 帰る所がある身ではなかなか実現できず
今回初めて一泊楽しませて頂くことになった

f0047623_17113196.jpg

『どちらを使ってもいいわよ!』『じゃ 窓が2つある方にします』
二人の大学生の息子さん達が高校生の時まで使っていた部屋を選ばせてくれた

ご家族で来日した時まだ高校生だった二人 モデルでもできそうな風貌とセンスの良さに驚いた
その秘密の一端を見たような気がした
f0047623_1810511.jpg

メキシカンタイルを取り入れてみたいと思っている矢先 多くのヒントをもらった”子供用”バスルーム

彼女のブルーの使い方に 降参!
あの時 ブルーの壁の私の部屋を見て 『息子さんの部屋を使ってるの?』と聞いた訳が 今わかった~
(しつこいくらいブルーだからね その部屋に飛行機やロボットやボールベアリングが並んでるし・・)
”十分過ぎる”大人は どんな色使いをすべきなのか じっくり考え直してからペンキ塗りをしよう!

f0047623_17432396.jpg

f0047623_17172258.jpg

次第に色を帯びていく部屋を眺め 静けさを楽しんでいた

f0047623_17182479.jpg

早朝の静寂の中で 美しいリビングをゆっくりと歩く・・・
            まだ眠りについている人達を起こさぬようにそ~っとそ~っと
f0047623_17195416.jpg

早くも目覚めたワンちゃん一匹 しっぽを振ってついてくる(^^♪ (左下にホワホワのしっぽ)
f0047623_17225128.jpg

”息子さん”が音楽創作に勤しんでいる間 昨夜はずっとこのソファで話しこんでいた
f0047623_17243128.jpg

どの角度から見ても 美しい
f0047623_17254019.jpg

私の為だけにコーヒーを淹れてくれた後 2匹の犬を車に乗せて 散歩に出かけて行った

最近も長期間ミュージカルのステージに立っていた人は 身体を整えることが暮らしになっている

帰宅した彼女はいつもの紅茶を淹れ グルテンフリーのクッキーを持ち庭に誘ってくれた
f0047623_1727395.jpg

f0047623_17281233.jpg

f0047623_17284750.jpg

f0047623_1729956.jpg

コーヒーカップを持ち 時間が来るまで プールサイドで昨夜の話の続き・・・
f0047623_1730353.jpg

すっかり懐いたハスキー君がずっとお伴をしてくれた

f0047623_17544999.jpg

快い時間を与えてくれたことに 心から感謝し ”息子さん”の車に乗り込む

『12月には また息子をよろしくね!』
『はい!ご心配なく』
f0047623_1733492.jpg

また この扉をくぐれる日が楽しみ 

                        ありがとう そして またね!

                        本当の心の休暇を頂きました 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-10-04 17:34 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/26235095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanamomo08 at 2016-10-05 00:11
こんばんは。
映画の世界でしか知りえないスケールの大きさに驚いています。
家の中といい、外といい、主婦一人ではなかなか管理できないですね。
気持のいい空間であることが写真からもわかります。
らんぷの色が落ち着きますね。

まるで素敵なインテリア雑誌をめくっているような気分でした。

12月はまたブルーの部屋でお迎えですね。
彼は日本の家や、部屋や、料理にも魅了されているはずです。
素敵な交流に乾杯したくなりましたが、これから休みます。
どうぞ、気をつけてお帰りなさいませ。
Commented by unburro at 2016-10-05 01:19
ベッドの足元の、パッチワークのような…アレ、
ベッドスロー⁉︎でしたっけ、アレが、ホテルではなく、
家庭のベッドにあるのを見たのは、初めてです…
ああ、やっぱり、実用のものなんだ〜って、変なところに感激^ ^;

本当に素敵な、居心地の良いお住まいですね〜
家は人、ですね。
Commented by mother-of-pearl at 2016-10-05 06:07
hanamomo08さま
スケールの大きさには入口から既にぶっ飛んでしまいました。
私が泊まった一室だけで私の狭小住宅一階分じゃないか、と思います。
私の家ではまるでテント生活のように思ったでしょうね(^^)

映画の世界・・・まさにそこで生きてきた方だからこそ可能な
暮らしなのでしょう。勿論一人で管理はしておらず、月~金で
お手伝いさんが来ますし、週一で庭師さんが来ていました。
インテリアデザイナーさんが”指示に従って”様々なインテリアを
導入したというお話も伺いました。指示を出す彼女のセンスが
素晴らしいからこそ、ですが。

家事全般を自分の手で管理する、私は自分が生きてきた暮らしが
好きです。我が家に滞在中の青年には、食後の食器を洗うことから
”教えました!”初めはスポンジをすすぐことをしなかった程!

家事をどうするか、は人や国や暮らしぶりによって違いますが、
彼女の人柄に大いに惹かれ会う度に刺激を受けるのが楽しみです。
もう残すところわずか、となりました。では!

Commented by mother-of-pearl at 2016-10-05 06:17
unburroさま
ベッドスロー(bed throw)と数々のクッションは、ホテルでも
未だに殆ど使いこなせていません。家ではソファがあっても
その床に座ることさえある私ですので、ベッドの上でクッションに
もたれてテレビを観たり本を読んだり、ができません。
余りにもきれいなパッチワークでしたので、そ~っとそのままに
してbetween the sheetsに潜り込み、寝相よく寝ました(^^ゞ
ホテルで言う”ターンダウン”作業で、クッションはデスクの上に移動。
その下にはほどよく使い込まれた柔らかいコットンカバーの枕がセットされ
日頃枕をはずす私も心地よく枕に頭を埋めて眠れました。

ホテルのように美しく、そして居心地の良い空間は見事でした。
家は人、本当におっしゃる通りですね!
<< 再び 空へ サポタ SAPOTA >>