とびっきり美味しい誕生日

f0047623_23483110.jpg

真っ白のクロスの上に 磨きこまれた銅のカップ 

空港からの帰り道 都内で娘と待ち合わせ 彼女の誕生日を祝う


f0047623_23494656.jpg

絶大なる信頼を ”微塵も”裏切らず 常に進化し続けるシェフが作る一皿目は真鯛のカルパッチョ
f0047623_23522384.jpg

これだけの為にでも足を運びたくなる ポップオーバー
・・・・何度尋ねても 販売の予定は無い・・・という名品を大切に味わう
(言うなれば シュークリームの皮の味のパン)
f0047623_2354112.jpg

『ビーツ 好きだって言ってましたよね(^_-)』満面の笑顔で登場したシェフ
よくそんな昔の一言まで覚えていてくださったものです!
f0047623_23553790.jpg

特にお願いはしていなかったのに 私達の心は既に読まれていた!!
1995年に味わって以来 ずっとずっと揺るぎのない味 マッシュルームスープ
何度か挑戦して作ってみたものの 完敗   今夜も大満足の美味しさに笑顔がこぼれる


f0047623_2359017.jpg

メインのひと皿 新鮮なサーモンは コクのあるソースとの相性が素晴らしい
f0047623_001931.jpg

かつて高校生だった娘を初めて連れて行った時 彼女を虜にしたラムが登場した!
しかも ポークまで添えられて!!!

・・・・・サーモンのあたりで既に満腹しているのに この美味しさで完食してしまった

”別腹”なんて言えないボリュームで 運ばれてきたデザート
f0047623_024834.jpg

こんなに美味しいお祝いは無いね~ (^^♪

デザート皿の手前には 先ほどお渡しした九州土産のお菓子まで添えられている!

下の階のカフェでの名物でもある8時間の水出しコーヒーを用意してくださった!!
別の日にこのコーヒーを楽しみに連れて来なければ と思っていた心は 読み取られていた
f0047623_062774.jpg

『8時間もかけて作るんだって』 まるで自分が淹れたかのように説明する母に 娘は苦笑

いつの間にか 窓の外にはネオンが輝き始めていた
f0047623_0263094.jpg


『初めてお会いしてからもう20年になるんですね・・・・』
私の中では 未だに彼を超える人はいない CHEF KATO
f0047623_095950.jpg

味覚を守るため 氷水など飲まないというストイックな姿勢で前進し続けるプロフェッショナル


怒涛のような数週間の区切りの夜を 美味しく満たして頂きました
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-09 00:13 | 美味 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/25312652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by unburro at 2016-06-09 10:41
良い店、良い料理、素晴らしいシェフと巡り会い、
付き合い続ける為には、良いお客であり続けないといけません。
きっと、腕の振るい甲斐のある素敵なお客様なのですね。

素敵なお店で、楽しい時間を過ごす為には、
優雅に泳ぐ白鳥の水面下の水掻きの動き、のようなものが肝心なのだと思います。
背筋を伸ばして、でもリラックスして見える姿勢…とか(笑)
私は、最近、心身共にナマってきているので、
良いお店に行くのが、少し億劫になってきています。
イカン、イカン、頑張ろう…と、素晴らしいお料理を拝見して気合を入れました。
Commented by hanamomo08 at 2016-06-09 19:38
お嬢さん、私と一緒の六月生まれですか?
おめでとうございます。
思いやりのあるシェフの奏でる初夏のお料理、見た目も涼しげでおいしかったのがわかります。
鯛のカルパッチョ、美しい!
かつて10代の娘と赤坂のホテルで食べたフレンチの味を思い出します。
10代なりの正装をして、ちょっとすまして食べたお料理、美味しかったな~。

お母様の笑顔を見てご自宅にもどり、ゆっくりとしたお嬢さんとの時間だった事でしょう。
お母様、良かったですね。
こちらもおめでとうございます。
Commented by mother-of-pearl at 2016-06-09 21:00
unburroさま
レストランは食事を提供するだけのところではなく、
客とお店側の心が行き交う場であることを教わりました。

美味しい一皿を届けよう、とキッチンでは真剣勝負が繰り広げられているのでしょう。
そんな緊張は微塵も見せず、にこやかにサーヴしてくれる人も大切ですね。
ですから背筋を伸ばし、隣の席とは少し距離のある場所で頂く時は毎回新しい発見があり、楽しいです!

まさに年に一度の楽しみでした!
たまには、ね!
Commented by mother-of-pearl at 2016-06-09 21:25
hanamomo08さま
実はこれ、5月末の週末のでき事てした。
娘は私と同じ5月生まれです。

今年はこのシェフが新しいレストランに移られたので、
追いかけて(?)みました。
期待を遥かに上回るおもてなしで、様々な意味での癒しを頂きました。
お嬢様との素敵なお食事の思い出は、ことある毎に甦るのでしょうね。
カルパッチョが供された時は、ちょうど夕暮れ時で光の加減も美しかったです。
これ以上ない新鮮さに、キリッと柑橘系の風味も効いたソース。
正に一期一会の一皿でした!

母と妹家族との新しい生活は始まったばかりです。
毎日気を抜けない妹の“ガス抜き”に一役買いたいと思います。
<< こちら カリフォルニア ただいま! HND!!!!! >>