思いが溢れる週末

f0047623_2317685.jpg

この日を迎えられるとは・・・・・・・・・



きょうだい4人全員が顔を揃えたのは先週末のこと

入院6週間後 初めて外泊許可の下りた母との時間を過ごせた

母は『みんなが顔を揃えてくれるなんてね~』と何度も何度も繰り返した

入れ代わり立ち代わり母を訪ねてはいたものの まだまだ現役で仕事をしている身には
帰省のタイミングを合わせるのは難しく 父が亡くなって以来のことだった

数週間前 病院で顔を合わせることを想定して皆で帰省の予定を揃えた
あの時は まさかこんなに元気に回復した母を囲んでの集まりになるとは思いもしなかった
f0047623_23182452.jpg

(グラスを持つ母の右手・・・数週間前 病院にかけつけた時は 弱弱しく握り返していた手!)

それぞれが思い思いに持ち寄った食べ物を 台所で調理する
はるか彼方の記憶の世界を掘り起こしては笑い声に満ちた 一期一会の夕食

懐かしい故郷の味の数々  そらまめ 採れたてのタケノコとわらび 茹でたばかりの蛸!!

幼い頃のそれぞれの好物をさり気なく用意してきた一人一人の思いが熱く伝わってくる
f0047623_1321547.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
到着した空港のロビーで”発見”した懐かしい酒造の一本
f0047623_1332816.png

                           (萱島酒造のサイトからお借りした写真)

夏限定というひや酒(720ml)を一本と 羽田空港で見つけた『ブリマグロのカマの煮つけ』を持参

『ねえちゃん もうおみやげはいいから・・・ね』   =甘いものは要らないからね 
と解釈し 選んだ”辛口のおみやげ”は やはり好評!!


萱島酒造の五代目ご夫妻の奥様と私たちきょうだいは 子供時代 書道教室で席を並べたお友達

彼女の消息を二人の妹たちから聞きながら 懐かしい思い出話が続いた幸せな夜


お蔭様で 母は退院の日を迎え 長く続いた一人暮らしにピリオドを打ち
末の妹夫婦家族との暮らしが始まりました

感謝でいっぱいです


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-06-05 18:36 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/25292025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2016-06-05 20:36
よかったよかったと
パソコンに向かって何度も
うなずいてしまったわたくしです。
Commented by mother-of-pearl at 2016-06-05 21:20
pallet-sorairoさん 
パソコンのこちら側で ぺこり ぺこり m(__)m
と頭を下げて 応援にお礼を申しております

ほっとしました・・・・・(*'▽')
Commented by saheizi-inokori at 2016-06-05 21:45
皆がそろうということは何にも代えがたい喜びですね。
ましてご馳走があるのならもういうことなし!
Commented by mother-of-pearl at 2016-06-05 23:17
saheizi-inokoriさま

皆が揃うことの意義を深くご理解頂き、嬉しいです。
故郷の食べ物、山に生えていた物、畑で採れた物、目の前の海から水揚げされた物。
あんなに美味しかったのですね!!
素直に全てが嬉しかったです。
Commented by unburro at 2016-06-06 07:58
よかったですね。
うれしいですね。
写真から、文面から、安心が伝わってきました。

「優しく育った子供たちを見ると、自分の人生は間違ってなかったな。
と思う」 と晩年の母が言っていたの思い出しました。
きっと、お母様も、そう思っていらっしゃることでしょう。

「萱島酒造」チェック!しました(笑)
Commented by mother-of-pearl at 2016-06-06 12:53
unburroさま ありがとうございます。
この安堵の時間が少しでも長く続くよう、願わずにはいられません。

unburroさまのお母さまはお子さんの立派な成長を実感なさり、さぞかしお幸せだったことでしょう。

何よりの親孝行をなさいましたね。

早速地方の酒蔵をご覧くださったのですね。
天領の日田市には薫長酒造(にごり酒は最高!)、臼杵の小手川酒造には宗麟という名酒、そして亡父が愛した八鹿酒造の八鹿、など
御多分に洩れず、日本には隅なく良い地酒がありますね。

(なんだか豊後の国の広報担当になった気分!)
<< ただいま! HND!!!!! 雲の上は いつも青空 >>