温かくしてお休みなさい!

f0047623_2241959.jpg

一日ずっと家にいられた日曜日

大根の面取りをしながらお料理上手の北国の友を思う

深鍋をストーブの上に乗せ ことことと出汁をふくませていく

ゆで卵やこんにゃくや練りものも入れ

f0047623_2241911.jpg

あっさり味のおでんをふうふう吹きながら

遠くから友が届けてくれた美味しいひの菜漬けを頂く

七草には遅れたものの
芹の歯触りと風味を楽しむ

f0047623_2241918.jpg

黒船を教えてくれた彼女は今はパリの空の下

新しくお店を見つけたこと知らせよう!

f0047623_2241972.jpg

もちもちした歯触りの小振りのどら焼きを味わいながら

屋根の雨音に耳を澄ます

雨音が消え雪になったら明日は早めに目覚ましをセットしなきゃ!


ブログを通して言葉を交わす多くの友のひと日の終わりに思いを馳せる

気掛かりだった彼女が頑張り続けていることを知り
思いよ届けと 強く祈る夜半


明日からまた一週間が始まる

大切な人達 皆が
それぞれの朝を元気に迎えられますように!


************************************
[PR]
by mother-of-pearl | 2016-01-17 22:41 | 気分爽快 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/24873875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by unburro at 2016-01-18 12:13
私も、昨日は大根を煮ていました。
モツ鍋の残り汁を出汁で薄めて、大根と馬鈴薯、ゆで卵を入れて
おでん的なモノ、になりました。

遅れて来た冬が、遅刻した事などなかった様な顔で、
どっかと居座ったような昨日、
日本中、たくさんの家で大根が煮えていたことでしょう。

「黒船」のどら焼き…
先日、出先で、このどら焼きをお土産に、と貰った夫は、
荷物になるから面倒だ、と次に行ったお店(Bar)にあげて来た、と言い、
私と娘は、ええっ〜⁉︎と、非難轟々 、夫はダジタジ、
え?欲しかった? え、美味しいの? あ、ごめん。
という事件がありました。
Commented by mother-of-pearl at 2016-01-18 21:57
unburroさま 今晩は☆

今夜は星も凍りついているようですね。
ぶ厚い大根から上る温かい湯気を見るだけで、ホッとしますね。
体の芯から温まる根菜の煮物が食卓に並ぶのは、(私都合で)週末が多いのですが。

え~っ!あの“QUOLOFUNE”を誰かにあげちゃった~!?
持って帰らない・・・なら、言わないで欲しかったですよね。

お2人の落胆ぶり、よ~くわかりますよ。

(お土産はご家族へ、というものなのだから)次回は絶対に持って帰るように、覚えて頂きましょう!
<< 下も 向いて歩こう♪ 街の中の形 >>