南瓜の夜

f0047623_22104678.jpg


店先にはかぼちゃ色が溢れかぼちゃ味の甘味が溢れていた

今日はかぼちゃを食べる日だったの?

今日は 変な格好をしてワイワイ集まる日だったっけ??

ヴァレンタイン という“チョコレートを売る”異国の イベントより
更に経済効果は上がっている と聞いた

仮に お盆が海外に紹介された結果
浴衣ではなく法被 下駄ではなくスニーカーでBON ODORI としてだけ流行っていくようなものなのでは?
釈然としない思いではありながら
大きく柔らかい南瓜を彫り ロウソクを灯していた頃を思い出している



SPOOKYな事件だけは 起こりませんように

*************************************
[PR]
by mother-of-pearl | 2015-10-31 23:10 | 気分爽快 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/24626753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-10-31 23:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mother-of-pearl at 2015-11-01 21:16
鍵コメ23:43さま
ご家族お揃いで穏やかな週末を楽しまれたようですね。

美味しい食事を共にし、たまに甘いものを頂くのは至福の時間ですね。
かつて、習慣と言葉の壁に遮られ希望に満ちた若い命が消えてしまった事件。
偶々我が家の長男をアメリカに送り出した時でしたので、あの頃は一秒一秒心を絞られるような思いでした。

世の中全て、“お金儲けにつながるかどうか”で流行が創り出されていますね。

かぼちゃはやっぱり冬至の夜に頂くことにします(^.^)
Commented by unburro at 2015-11-02 17:20
本家のイギリス方面では、南瓜ではなく蕪でランタンを作った、
という話を、先日、聞きました。
アメリカに渡って、南瓜に変わってしまった、と
それがまた、逆輸入されて、イギリスでも南瓜が主流になってしまった、
何てこった!
と、一部の英国人が怒っているらしい…です。
Commented by mother-of-pearl at 2015-11-03 00:25
unburroさま 今晩は。

本家の蕪を彫って作ったランタン、見てみたいですね。
その時期に採れる野菜を用いたら、アメリカでは南瓜だったのでしょうが、
本元にまで逆輸出していたとは!

極東の島国は、またもやガラパゴス化が進み、仮装パーティーとしてのみ迷走していますね。
週末だったことが悪のり(私にはそうとしか見えません)に拍車をかけましたね。

いっそのこと、全員パンプキンに扮装して集まればいいのに!
<< 高層ビルは 見上げてこそ 楽の音 再び >>