考古学的バカンス

f0047623_5233277.jpg


どこもかしこも カリフォルニアオークの落ち葉に覆われている
f0047623_524481.jpg

さて! 私用の”小さな道具”を取り出して 完全武装で”発掘作業”にとりかかる

左側のほうき2本のみが 私が操れる重さと長さ・・・・
    (これを買ったことが大きな誤りの分かれ道だったことに ずっと後に気付いた!)
    (こちらの女性は そんなことをせずに魔法の一言を発するのだ)
    (『Honey?Can you do that for me?"』ハニー・デユー?と略される表現)
    (そっか~ 頼めばよかっただけのハナシだったのだ!! 今更遅いけど ね)

日本の家電製品や家事に必要な道具はほぼ女性が使うことを前提に作られていることにも 気付いた


とにかく・・・・パリパリカサカサと音を立てる枯れ葉を”掘り続けていく”
f0047623_5243150.jpg

小さな仏さま と思っていた石が再び現れる
f0047623_5245178.jpg


f0047623_525767.jpg

増えたサボテンも枯れ葉を取り除き 土を入れ添える

f0047623_5253651.jpg

ようやく見えてきた 私が創った”思索の道”・・・・・・・

二本の椿の木を見つけた時にひらめいて以来 コツコツ庭の石を動かして作ってきた小道
岡倉天心の『茶の本』(本来英語で書かれた本なので手に入れ易い)を紹介し
何故 踏み石が直線に並んでいないのか
何故 二本の椿との間に対称的に道を作らないのか
何故 椿を大きく伸ばさないのか
等々 繰り返し 説明し続け ようやく手に入れた小さなスペースである

何しろ ようやく踏み石らしく並べ終わった頃 仕事から帰ると
喜々として『石が歪んでいたから 真っ直ぐに並べ直しておいたよ!』と言われた

美しく咲いた椿を小瓶に飾る 枝をちょっと斜めに傾けて あくまでも一輪のみ
すると いつの間にか椿が真っ直ぐに生け直されている

そんな美意識の違いを日々感じながら暮らしていた頃の思い出が甦る

良い 悪い ではなく ただ 違う・・・ことを認め合う

この経験から 今の仕事で出会う人々との接し方に大きなヒントを得た


f0047623_526301.jpg

無駄遣いはできないものの やっぱり 散水は必須条件 ちょっとだけ


f0047623_5264939.jpg

小さな水たまりにも 宇宙が拡がる

              (もみじの葉と水たまりの面積とのバランスが悪いのはご愛嬌と・・)



過去3年ほどは傾斜のある裏庭を歩くことさえままならなかった

f0047623_5271222.jpg

箒を持ち自作の坪庭を再び見ることができた 大満足の昼下がり
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2015-09-28 06:30 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/24515183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2015-09-28 08:00
自作の思索の道ですね(^^ゞ
すばらしいです。
>良い 悪い ではなく ただ 違う・・・ことを認め合う
平和への道はそこから始まる…たったそれだけのことなのに、
何故にと思います。

思い切って手術なさってほんとうによかったですね。
自分で動けることの喜びがあふれていて私まで嬉しくなりました。
Commented by mother-of-pearl at 2015-09-28 13:25
pallet-sorairoさま 自作の思索の道も、実際には余りの暑さに
すぐに室内に逃げ込むことが多いのが現実です・・・('_')
乾燥して爽快ではありますが、お肌と思索には向いていないかも。

違いの違いを分かり合う、分からなくてもいいから少なくとも認める。
単純なことに思えるのに、実はとても難しいことなのですね。
小さな誤解や先走りが、大きな分かれ道の始まりになってしまう・・・。

術後9カ月が過ぎ、そろそろ先生の手を離れても良いのですが余りに
行き届いた病院のチームに、まだ時々甘えています。長年の間に
失った筋力をとり戻すにはまだ時間が必要ですのでがんばります!
Commented by cocomerita at 2015-09-30 17:13
Ciao mother-of-pearl さん
お帰りなさい
十分過ぎるほどにエネルギー充電なさっていらっしゃったことと想像します

カリフォルニア にこの思索の道
そして 茶の湯を思わせる石の窪みに溜まったお水に なんと紅葉!
渋い!
素敵です
Commented by mother-of-pearl at 2015-10-01 02:07
cocomeritaさん 今晩は
急速充電完了致しまして、無事に戻りました。

砂漠気候の土地で日本的なしっとり空間を望むのは無謀だと
痛感した年月を過ごしました。今回久々に”発掘”できて
その姿を眺めたら 水まきをせずにはいられませんでした。
今のLAは散水制限があり、これを維持するのは不可能だと
つくづく思いながら、束の間の思索を楽しんできました。
庭に転がっていた石の中でも溶岩は面白い味を出していて
窪みの水溜りも楽しみました。

国を出てみると、意外な程、自分の中に和の感覚が刷り込まれて
いることに気付き面白いですね。
<< またね & ただいま! きんかんジャム カリフォルニア版 >>