湿度の海へ 再びダイブ

f0047623_0324251.jpg
f0047623_033482.jpg

無機質で透明な空気が流れる広大な空間に 限りなく有機的な人・人・人が行き交う空港

まさに ”誰も私を知らない” この空間に身を置く時間が大好き!

ロサンゼルス国際空港は大きくU字型にターミナルビルが構成されている
外国籍(つまりアメリカ籍ではない)航空会社が集結するのはU字の底の部分
トム・ブラッドリー・ビルディング
f0047623_0335370.jpg

長年の工事が順次完成を迎え 徐々に国際空港らしい(?)免税店が顔を揃え始めていた
f0047623_042653.jpg

爽やかな香りが漂うフルーツ・スタンドを通り過ぎる
f0047623_0444423.jpg

Vanilla Bake Shop ( LAX店は開店したばかり)
f0047623_129147.jpg

ああ!遂にこの地にも この繊細な甘みが受け入れられる時代が来た!
f0047623_1301497.jpg

まるでお菓子みたいに可愛い!!!・・・・いや お菓子だし!
(サイズは可愛いけど 砂糖と粉の固まりだよ~ 食べ過ぎ注意!と 余計なお世話をつぶやく)


f0047623_0455399.jpg

窓越しに まだまだ進化を続けるLAX(ロサンゼルス国際空港)の姿を確かめ
空港内のWifiに接続し 連絡メールの確認をしつつ 搭乗までの時間を過ごす

「全ての電子機器の電源をお切りください」
このアナウンスに従って 携帯電話やコンピューターの電源を切る瞬間が なんだか潔くて快感!!
もう これから10時間余り 何があっても何もできません! 
透明人間になってこの世から消え去る・・・そんな時間に突入する

機内サービス(物的・人的)が充実した航空会社は 今回も期待を裏切らなかった
上出来のジン・トニックで軽く酔うことで乗り物酔いに先手を打ち
映画の操作に慣れるのに少々時間を要し 映画を3本観ているうちに
機体は 黙々と太平洋を飛び越えてくれる・・・・・本当にありがたい
f0047623_0474624.jpg

いやあ~~ それにしても 冗談抜きで蒸し暑い!!!

f0047623_138698.jpg

どこにいても 私は私 
どこにいても 私は  ベーグルとコーヒー 


帰国後 翌日から仕事の一週間が過ぎ また新たな週が始まる

                            (書ききれなかった出来事は 思い出として続きます)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



               
[PR]
by mother-of-pearl | 2014-07-28 01:45 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/22627878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by unburro at 2014-07-28 22:45
<”誰も私を知らない” この空間に身を置く時間>
私も、これが好きで、一人旅にこだわります。

シンガポール航空のジントニック・・・
今度、飛行機に乗るときはSIAにしようかな・・・
Commented by mother-of-pearl at 2014-07-29 01:49
unburroさま
一人旅の醍醐味は人生そのものに思えてきます。
たまに袖擦り合う出逢いはあるものの
基本は一人。

SIAはジントニックが売り、ではないのでしょうが、
男性CAさんが思い切りよくジンを入れたようです
unburroさんの一人旅が近々叶いますように!
Commented by こんの at 2014-07-29 12:32 x
壮大で、優雅な旅! 羨ましいです

当方は、せいぜい120Kmほど先の日本海へです(笑)
Commented by mother-of-pearl at 2014-07-30 06:50
こんのさま おはようございます。
>壮大で、優雅な旅

こんのさまにおっしゃって頂くと、そう思えてきました。
ありがとうございます。

実際は低予算の一人旅なのですが。 (いわゆるお土産も殆ど買いませんし)

こんのさまが写し出す緑の世界には妖精が住んでいるようで、
十分旅した気分になりますね。

実は日本海を未だ見たことがありません!
<< 真夏日 三銃士 再会 >>