旅 真只中 (2)

f0047623_1325935.jpg

ストライプ状に日差しを避けながら・・・・・・
                        それは 無理!

くっきりと腕時計型に日焼けの跡を残し ひたすら歩き続ける

f0047623_1345073.jpg

こちらでは滅多に出会わないセガ・フレードのコーヒーのロゴを見つけたカフェに入ってみる
f0047623_1354735.jpg

ウィンドウの中には 限りなく甘く大きいサイズのものばかり並ぶ・・・
やっと見つけた”チーズとベーコン”入りのスコーンと『セガ・フレードのコーヒー お願いします』

『・・・う~ん・・・・なんだか違う気がする・・・・でも ま・いっか!』

f0047623_1382710.jpg

床がギシギシときしむアンティーク・ショップをうろついて
今回もまた 目指すはフィエスタ!!

《形あるものは いつかは壊れる》を体感した震災以来 せっせと毎日使い始めたフィエスタ
少しずつ 少しずつ 買い集めていくのも 楽しみなもの

今回は 新しい形と色を見つけた   

もう帰ってもいい くらいに満足  

物への執着心は この程度まで低下・・・(いいことです)
f0047623_1425237.jpg

代わりに 消えないのは 食べ物への執着!!(^_-)

どの街に行っても 必ず 尋ねるのが 「美味しいケイジャンのレストラン ありませんか?」

お決まりの 《キャット・フィッシュ》つまり なまず 料理
独特のスパイスの効いた粉をまぶし 焦がし気味に焼いた典型的なケイジャン料理を堪能

f0047623_1462111.jpg

そして ただ今 スタバ中

無料のWifi が使えるという理由で 片隅のテーブルを占拠 

「予定変更の依頼」や「もうちょっと宿題をください」メールに答えつつ
朝ご飯のビスケットを頬張る
f0047623_1485676.jpg

実は これ 朝ご飯メニューの中から選んだビスケット+スクランブルエッグ+ソーセージ
全部はさんだ状態で運ばれてきたので ”すぐさま” バラバラに分ける
「私はビスケットが食べたいのですよ~」
ソーセージ(スパイスの効いた肉)のパテと卵も別々に・・・・
肉汁が染み込む前に ビスケットをはがせて セーフ!!!

・・・・アメリカ生活の最中に 苦手意識がとれなかったもののひとつに
《全部一緒にかぶりつく》スタイルの食べ方がある
別々に食べたら それぞれが味わえて美味しいのに ね
口中調味 って コンセプトは無いんだね この国には
(皿の上で 既に全部混ぜられてる・・・・だから早食い 大食いになるんだよ?)

f0047623_1541498.jpg

ほら ね? こうやって ビスケットとして 楽しめた!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(左端の衝立の後ろから出てくる)オネエサンが 何回も食べ物入りのパッケージを落とす!!!
呆れるほど 何回も落とす
で 「あ~ら ごめんなさい!」と大して悪びれもせず また作り直して 持ってくる

あ~~~

f0047623_157231.jpg

窓の向こう側では 朝から元気にみんな 泳いでる

ここは青空大国

では また 歩いてきます!!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2014-07-15 01:06 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/22539850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by unburro at 2014-07-15 11:33
《全部一緒にかぶりつく》スタイル・・・
最近の日本も、○○丼ブーム、で困った事になっていますよ!
御当地名産品を全てのっけるスタイル、はアメリカンなのか?
Commented by mother-of-pearl at 2014-07-15 22:39
unburroさま おっしゃる通りですね。
○○丼ブーム、私も同じように憂えております。
確かにお手軽ではありますが、まさに全部乗せ、状態の
食べ方は、いずれ恐ろしい結果につながること・・・・。
せめて「ちゃう、ちゃう言葉に違和感を感じる」私は、
それぞれの味を楽しんでいこうと思います。
<< 旅 真只中  (1) 旅の途中 >>