大歓迎!!の想定外

f0047623_1291565.jpg

                                   甘~い 贈り物

しっとり雨の東京をご案内した後 グループのリーダーさんと しばしメール交換
ご帰国後 すぐにメールをくださるスピード感が嬉しい(〝忙しい”を言い訳にしない敏捷性が好き!)
恵比寿駅で聞いた音楽について お互いに調べた情報を交換したり 次回の来日を示唆されたり・・
その中の一言 『Sachertorteを送りました』に?? 『あ~ザッハトルテね!』と気付くのに数秒かかった

(デコラティブな)ケーキ類には興味がない私・・・・・なのに これは例外中の例外になった!!
『チョコレートケーキです!』と シンプルに主張する存在感が見事!
毎晩 2センチくらいのスライスを嬉しそうに食べている私を見て 娘が笑った!!『珍しいね~(^-^)』

約一週間ほどかけ ゆっくりゆっくり“美味しいウィーン”を楽しんだ

f0047623_1293891.jpg

はるばるウィーンから届けられた美しい木箱入りの甘い贈り物!!!!
手書きの文字が添えられていた・・・・ということはウィーンのお店で求められたということ??感激です!!

f0047623_1148531.jpg

『甘い闘い』  老舗ホテル・ザッハーとデメルの間で 7年に亘る裁判闘争まで起こったという伝統的なお菓子

門外不出のはずのレシピが流出してしまった・・・とか・・・杏ジャムをどの部分に塗るか・・・とか
“大問題”が色々あったらしい・・・・・

“本物”の証明(6点)のひとつが この“箱の四隅の金具”である とのこと
確かにデメルのサイトで見た ほぼ同型の木箱には この四隅の金具がついていない



どこの国でも本家争いはあるけれど 競い合った結果 どちらも美味しくなるのなら それも良し!!
(故郷の小さな町でも 本家とのれん分けした店の競い合いがあり 新参の店の方が商売上手だったりする・・・)


次回 お会いできたら『私の好きなデザート ビッグ3のひとつになりました!』 とお伝えしよう

サバランとクレームブリュレとザッハ・トルテ!


いつか ウィーンのホテル・ザッハーにも泊まれるかな・・・・☆   
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2012-05-11 02:17 | 美味 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/17495729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oko1225 at 2012-05-11 14:31
かなり濃厚そうなザッハトルテ。。。
酒飲みの私には?!
サバラン、クリ-ムブリュレならokですよ~。
ザッハにそんな物語があったとは知りませんでした。
風格を纏ったチョコレ-トケ-キの王様ですね。
Commented by smallcountry at 2012-05-11 22:33
その争いのことを聞いたことがありました。その頃の私はデメル贔屓だったので少し残念に思ったものです。マリアテレジアでしたっけ!?自分で子育てしたくても、子供を姑に取り上げられて、その反動がザッハトルテに向かったお姫様。感覚的でアバウトな焼菓子作りばかりの中で、温度計を使ってケーキ作りをするのはザッハトルテくらいだと思います。だから特別で当然♪
Commented by mother-of-pearl at 2012-05-12 01:57
oko1225さま はい、しっかりと濃厚なケーキでした。私も同様に!?と
思って構えたのですが、本物のもつゆるぎない味は、説得力がある、
そんな気がしました。薄くスライスしつつ、ではありましたが、毎日これを
頂くのを心から楽しみにしていた自分に、驚いたほどです。
まさに、王様の風格にひれ伏した感あり、です。
Commented by mother-of-pearl at 2012-05-12 02:06
smallcountryちゃん デメルにも是非行ってみたくなってしまいました。
ダイエット計画、また先延ばしですわ~(T_T)

王妃さまにはそんな悲しい行動が隠されていたのですか!
老舗争いは、往々にして後発の方が“良い仕事”をしているように思えます。

チョコレートの扱いがとても真面目なことにも感心しました。『決して
冷蔵庫には入れないように』との注意書きがありました。(ワインの場合
と同じく“室温”という観念の違い、ヨーロッパの邸宅と日本の家では
室温が違うのですが・・) 溶け出す前に食べ終わりましたからセーフ!
Commented by british-green at 2012-05-13 13:12
老舗vs本家とかっていう図式、万国共通なんですね・・・。
こちらとしては、美味しけりゃそれでいいんですけどね(笑)

ザッハトルテ、デメルのを食べたことがあります。デパ地下で買えるの。
お砂糖入れないホイップクリームで食べたら、そりゃまあ美味でした!
見てたら食べたくなっちゃった(爆)
Commented by mother-of-pearl at 2012-05-14 00:57
british-greenさま そうそう、こちらはより美味しくなる競争ならどんどん
やってください!って感じですよね。

ホイップクリームと一緒に、というのは正統派の食べ方らしいですよ。
ケーキを受け取る仲介をして下さった”ウィーンの紳士”も、『クリームと
一緒に食べた?』と開口一番 そう尋ねましたから。(私には甘過ぎて無理~)
デパートでも買えるなら、私も試してみようかな~。珍しくはまりました。
Commented by harunoyokihi06 at 2012-05-17 23:54
こんばんは。
木箱に入ったホテル・ザッハーのチョコレートケーキ!
七年にも及ぶ甘い戦いがあったのですね。

私もデメルの方は食べる機会がありました。
緊張していたせいか 味は覚えていません。(笑)
今度じっくり味わってみたいな~。
もちろんホテル・ザッハーのものをウィーンでね。
Commented by mother-of-pearl at 2012-05-19 01:11
harunoyokihi06さま こんばんは。 デメルのケーキを召しあがった
のですか!それも素敵でしょうね。・・でも覚えていない??相当緊張
なさっていたのですね~。また改めて味わってみてくださいね。
どうも、皆さんのご意見では砂糖抜きの生クリーム添え、がいいようです!
ウィーンへも、是非!!!(^-^)
Commented by nageire-fushe at 2012-05-26 19:55
わ~~~ホテルザッハのザッハトルテ!!!!
自分大好きなのです。デメルも同じレシピらしいけど
やはりホテルザッハです!!
ウィーンのホテルザッハのカフェで食べた時にはすごい衝撃でした。
これがベストです。これ以上のものはありません!!!
Commented by mother-of-pearl at 2012-05-27 22:17
nageire-fusheさま そうなんです~~~ (^-^)
普段、余りケーキ類は好きだとは思っていなかったのですが、これを
ひと口頂いた時は、大袈裟ではなく“衝撃”が走りました!
『美味し~~い!!!』
少しずつスライスして、約一週間、毎日毎日、食事より楽しみにしていた
自分に驚いています。
これがベストですか!!そうだったのですね!!!幸せな再確認です。
<< Street Car Nati... スーパームーン >>