One fine day ある晴れた日

f0047623_14124669.jpg

美しく晴れた雨上がりの日曜日                
                           (バスの車窓から撮った富士山と電波塔のツーショット)



首都圏を離れ 高速を二時間ほど北へ走ると 世界が一変する
f0047623_14132367.jpg



f0047623_13212067.jpg

土と炎が見事な形を見せる街 益子を初めて訪れる
バーナード・リーチの足跡を辿る暇もなく 生まれて初めての陶芸にチャレンジ

ロクロ組と手びねり組に分かれ 歓声をあげながら大人の遠足を楽しむ
f0047623_13244622.jpg

平らに延ばされた陶板を "切ったら終わり”の作品なのに できあがりを楽しみにしているのが笑える・・・
内心「あ~こんな隙間は洗いにくいんだけどな~ ま いっか」の連続で 作りたいものを作った
というより 作ったものを 良し!と した (^^ゞ
素人の厚かましさで 益子の土の色を全く尊重せず べったりと色の釉薬をかけてしまった“大胆不敵な”作品(と 呼べるのか?)

ある会社の行事に招待して頂き いわば“借りてきた猫”のはずだったのに しっかりと楽しんでしまった一日

f0047623_13293145.jpg

素敵なレストラン(↓)で よく煮込まれた美味しいカレーを頂き 「帰ったらカレー作ろう!」と燃える!!
f0047623_1331891.jpg



f0047623_1337714.jpg

冷たい空気の中の森の散策は 久々に脳の隅々まで酸素がしみわたっていく

 
いつもスーツで会う人たちと ジーンズとスニーカーで談笑しながら歩く幸せなひととき



栃木県に入る辺りから ブルーシートに覆われた屋根の家々が目立ち 賑やかな車内が静まり 皆 黙って外を眺めていた 
広域に亘った震災の一端を目の当たりにし それぞれが 心新たに物思う旅でもあった

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////





しばらくして 大切に荷造りされ 器が届いた!!!!

f0047623_13252069.jpg


f0047623_13254192.jpg

粘土が余ったからといって 小皿も作ってしまった!
早速 あれこれ盛り付けて 楽しく使い始める
f0047623_1326285.jpg


・・・まるで幼稚園児のように ぺたぺたと釉薬を塗ってしまったことを反省

f0047623_13273850.jpg

釉薬がかかっていない裏側の色の深みが なんとも魅力的で 先人の目の確かさに   うなる・・・


せめてもの罪滅ぼし(?)に 器の裏側にも 盛り付けてみよう!!




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by mother-of-pearl | 2011-12-17 07:13 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/16936481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by harunoyokihi06 at 2011-12-18 22:34
おばんです。
益子焼 あたたか味があってなんていいやきものでしょう。
花の師が益子が大のお気に入りで いい物をたくさん持っております。
気難しい方でしたが秋田のおいしい地酒に弱く 作ってくれたのだと
何度も師から聞かされました。
出来上がりが楽しみですね。
世界にたった一枚の作品、私にも地元の窯元で焼いたものが3枚ありますが・・・・・・・・・・・。
今でも行った方たちとの楽しかったおしゃべりがよみがえるんですよ。

富士とスカイツリー こんな快晴 ここで拝ませていただきましょう。
こちらは来る日も来る日も雪です。
Commented by mother-of-pearl at 2011-12-19 15:21
harunoyokihi06さま こんばんは。益子にお詳しい方たちには
お見せできないような“もの”を作ってしまいました(^^ゞ
自分の手作りのものは殆ど何も持っていないのですが、この年に
なって作ったものがどんな仕上がりになって届くのか、ちょっと
楽しみになってきました。
震災で登り窯を失った、という陶芸教室主催の方達の言葉が耳に
残ります。報じられない部分でも多くの方が被災していますね。

この日の晴れ具合は、まさに天のお恵みでした。
どうぞ、寒さの日々に負けず、温かい心でお過ごしくださいね。
Commented by british-green at 2011-12-20 15:31
益子にいらしたんですね?楽しいところでしょ?
益子は同じ栃木でも、我が家からは3時間かかっていました。
北関東道ができて、ずいぶん近くなったんですよ。

益子がある県東部は、震災の被害がけっこう大きくてライフラインの
復旧も遅れました。窯を失くした方も多いと聞きます。
ブルーシートは足利でもまだまだたくさんあります。
直したくても、あまりの被害の大きさに長い人は2年待ちだとか。

茨城になりますが、益子からそう遠くないところに笠間があり
そこの焼き物もなかなか良いのです。笠間稲荷や日動美術館
魯山人の住まいを移築した春風萬理荘と見どころもいっぱいです。
機会があったら是非そちらにもお出かけください。

東京の空も美しいですね~。
Commented by mother-of-pearl at 2011-12-20 16:25
british-greenさま 遂に行って参りました!楽しかったです。
が、自分の才能のなさに凹みましたね~ お皿の縁をまっすぐに
ということさえ、ちゃんとできないの~(T_T) 

笠間も面白そうですね。でも今回久々に再確認したことがありまして
やっぱり私は地面の上だと車酔いするようです。飛行機は大丈夫
なのに・・・本当に変ですが。三半器官、おかしいみたい・・??

東京の空は冷たく澄んできれいです。この季節が一番好きです。
お正月行事が落ち着いたら、いらっしゃいませんか?
Commented at 2012-02-16 17:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mother-of-pearl at 2012-02-17 00:57
鍵コメントSDさま ご連絡させて頂きます。
Commented by sarasa-reisia at 2012-02-25 15:07
焼き物は好きなんですが、作るのは難しそう・・・。
流木民さんが作られたお皿はすっきりとして素敵ですよ^^
とっても気持ちが良さそうなお散歩道。
こんな所をゆっくり歩いてみたいです。
サクサク・・・。
お友達との語らいも格別でしょうね。

震災の傷跡が、まだ色々なことろでそのままになっているのですね。
この事も重い現実ですね・・・。
Commented by mother-of-pearl at 2012-02-25 22:54
sarasa-reisiaさま ここまで戻ってご覧下さいまして、本当にありがとうございます!!
珍しく国内移動でしたが、爽やかな空気と景色を楽しみました。
手作り、ということはほぼ諦めているのですが、稚拙な出来では
ありますが、やはり形になって手元に来るのは楽しいものでした。
何しろ明るい人たちのグループ旅行でしたので、久々に笑い転げ
良い思い出になりました。

途中の道では、考えさせられることもありました。それもよかった
と思っています。
<< ダブル・・・の 幸せ 温かさ >>