ついに! ついに!!

f0047623_16433998.jpg

                       アポロ11号 宇宙飛行士 バズ・オルドリン博士             

                       夢の夢の そのまた夢のヒーロー
                      
Buzz Aldrin, an American Hero
Magnificent Desolation:
The Long Journey Home from the Moon

Wednesday, June 2
De Neve Auditorium on the UCLA Campus


f0047623_16591715.jpg

いきなりスタンディング・オベーションで迎えられる彼は やはり最高のアメリカン・ヒーロー
f0047623_16594092.jpg
f0047623_16595852.jpg
f0047623_1701547.jpg


戦闘機のパイロットだった彼は MITで宇宙工学の博士号を取った後 NASAで宇宙飛行士となった
『博士号の論文が 宇宙船のランデブーに関するものだったので “当たり”だったね!』と
ユーモアたっぷりに楽しく語り続け 夢中で耳を傾ける

大学の教授にもなれた彼は とても雄弁で しかも 手の動きがとても美しい・・・
まるでオーケストラを指揮するマエストロのようにも見える

実際に 写真を撮って頂いた時に間近に感じた彼の印象は とにかく笑顔が穏やかで柔らかい人・・・

この夢の出会いをもたらしたのは Adrienne(エイドリアン)さんからの一通のメール

この人は東京からはるばる来た と一言添えてくれたAdrienneさんのお陰で 色々と話させて頂いた
Adrienneさん自身 Fly Me To The Moon という映画で 彼と一緒に吹き替えの仕事をしたと 話が弾んでいた
(LAで会うと 彼女はそんな凄い人なんだ~!と感じさせられることが多い けれど 私には良い友達)
f0047623_16463950.jpg

戦闘機に乗っていた頃のBuzzさん
f0047623_164718.jpg

アポロ11号を乗せ 宇宙に向かって噴射開始!!!
実際のアポロは先端部分で 下の大半が 地球の引力から脱出する機動力をもつサターン
ヒューストンのNASAで サターンを見た時は その巨大さに 度肝を抜かれた!)
f0047623_1647316.jpg

太平洋上に着水し 戦艦ホーネット(去年 見に行った)に引き上げられた後 検疫の為 数週間隔離されていた時の話

『やることないから 三人で アポロ着水の映像を繰り返し見てた時 他の飛行士に言ったんですよ
世界中の人が見てたっていうこの歴史的なシーン 俺達 見逃したなあ! って』・・・・大爆笑!  


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここからが 彼のSpeakingの本題ーーーーーーーーーーーーーー

最大級の名誉と体験をした後 彼のみならず 多くの宇宙飛行士たちが 精神的な葛藤を経験していくのです
                                

Aldrin氏は 先ず 奥さんがアルコール依存症に陥り 更生の努力も空しく離婚に至る
その後 彼も 深いアルコール依存症と鬱病と闘うこととなる 
f0047623_16475786.jpg

ようやく その苦しみから立ち上がった頃の新聞記事が 大きく映し出され 会場がシーンと静まる

その後 彼の人生の大きな支えとなる人と出会い 再婚し 新たな人生に踏み出していった過程が語られていく
f0047623_1744541.jpg

明るく ビジネスに長けた奥様のサポートにより 多方面で活躍を続けている彼の写真が紹介される
↑ これは ラップに挑戦したときのもの

様々な質問に答える彼が また とても素晴らしかった!

UCLAの学生さんが立ち上がり 質問する姿がちょっと奇妙・・・
きっと質問事項を書き止めてから 質問しているんだろうな・・・・でも何聞いてるか さっぱり分からない・・・
やっぱり 相当難しいこと 勉強している人達の話すことは 理解不能だわ・・・と耳が日曜日になりかけていたら
f0047623_17492172.jpg

f0047623_17552422.jpg

質問に答えていたオルドリン博士曰く 『ところで さっきから読み上げていたブラックベリーの内容 君 分かってるかな?』
f0047623_18411641.jpg

さすがです 博士!!!!!!!!!!!!!会場に 笑い声が 弾ける!!!!!!!!!!!!!

あっと言う間に時間が過ぎ 名残惜しく見つめていた時 ふと 気づいた
f0047623_1801448.jpg




                           この 足が ・・・・・月を踏みしめた・・・!
[PR]
by mother-of-pearl | 2010-06-03 17:21 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/13879306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mtrvtk at 2010-06-03 21:49
凄い・・・この足が月に降り立った足なのですね!(ジーン)
頭のいい人は話も面白いですね。まさにアメリカのヒーローです!

暗い中での撮影、ご苦労さまでした。お陰で、ぼくまで彼の話を
一緒に楽しめた感じがしてます。
Commented by mother-of-pearl at 2010-06-04 13:28
mtrvtkさま ・・・講演会の間中、まるでダンスをしているか、
指揮をしているように、優雅に動き続けるBuzz博士ですが、ふと
一番動きの少ない足元でも撮ろうか、と思いつきました。
そして、ハッとしたのです。この足!!!!月に立った足だ!と。

サインや記念撮影の会場は専属の方がいてカメラは使えなかったの
ですが、講演会場は、意外とOKでした。ビデオを撮っている人も。
ほとんどブレていたのですが、これでも良い方です。
見難くて申しわけないのですが、せめて臨場感だけでもお楽しみ
頂けてよかったです。とにかく、人生で最高に興奮したかも・・・。
Commented by おかみ at 2010-06-04 20:14 x
おぉー  ついに!  ですね。 私まで興奮を味わわせていただきました。
ヒーローの隣で微笑むmother-of-pearlさんも拝見したかったです。

ヒーローは賢いだけでなく、ユーモアのセンスも併せ持っている、素敵な方なんですね。

日本以外の国で生活をした経験だけでも、物の見方や考え方に変化があるのに、もっとスケールの大きい宇宙にまで行ってしまった人は、一体どれ程の変化を来すのか、見当もつきません。

-精神的な葛藤- について、お話を伺ってみたいです。

Commented by mother-of-pearl at 2010-06-05 03:11
おかみさま ついにお会いできました!
あがったことの無い私が、珍しく朝からず~っと緊張していました。
でもご本人にお会いした途端、柔和な笑顔と気さくなお人柄に誘われ
フツーに話せてしまい、驚きました。日本から来た、ということを
気に掛けてくださって、3回もお話する機会を頂けました!

来週早々帰国しますので、お会いして爆走トーク楽しみましょう!
Commented by tictactoeinla at 2010-06-08 02:58
この足かぁ~~~~。
月の大地を踏みしめ、地球の大地も踏みしめた足。
スゴいです!!!
そして、m-of-pさんの緊張振りをお聞きして、またまたグ~っと
近くに感じました。
Commented by mother-of-pearl at 2010-06-10 01:58
tictactoeinlaちゃん この足よ~~~~。
写真を見たり、NASAに行ったり、で十分喜んでいた私で
まさか、ご本人に会えるとは夢にも思っていませんでした。
何十年も、ヒーローとして人々の心を湧かせてくれている、
その事実が先ずすごい!と思いました。それだけの偉業を成し
遂げてしまえば、それはやはり鬱病にもなって当然だな~、と
お話を聞きながら、壮絶な人生を想いました。
人生を踏みしめて歩く為に素晴らしい伴侶に出会うことは
月まで行くより、難しいことなのかもしれない、とも。
<< ゆったり ディナー Daily Basis Con... >>